Club H(クラブアッシュ) | 「HajiQ(はじキュー)」インタビュー記事【はじめての風俗アルバイト】

フリーワード店舗検索
全国TOPへ
関西の風俗求人バイト

HajiQ(はじキュー)インタビュー

―実際にお店で働く、ミリさんに直接インタビューして来ました。

―よろしくお願いします。では、お名前とご年齢から教えてください。

ミリ26歳です。

―今、『Club H(クラブアッシュ)』様に入店してからどれぐらい経ちますか?

入店して3年です。

―結構長いこと働いてる感じですか?

そうですかね、アハハ。

―勤務時間とかも決まってるんですか?

週5日で、10時から17時までです。

―朝から夕方までの、普通の勤務時間帯ですね。他にお仕事はされていますか?

してないです。これ一本です。

―土日休みみたいな感じですか?

そうですね、基本、土曜と日曜日休みです。

―今はお1人暮らしですか?

結婚してるんです。子どもと三人で暮らしています。

一回、独身の時に入店してるんですよ。それで子供産むってことで1年ちょいブランクがあるんです。辞めてまた戻ってきて、トータルで3年なんです(笑)。復帰して1年半くらい経ちました。

―じゃあもう独身のときと半々ぐらいですか?

そう、そんな感じかな。

―ご主人はこのお仕事のことは知っていますか?

話してないです。ちょっと理解が薄い人やから、大丈夫なんです。

―あんまり深くは突っ込まれないんですね。サイトに顔とかは載せていないんですか?

目だけは出してます。

―結婚してから戻られてるってことは、働きやすいということですか?

そうですね。うん、働きやすいですね。

―次にお店への連絡方法や面接について伺ってみました。

―では、一番最初『Club H(クラブアッシュ)』様に連絡したときはサイトを見てですか?

そうです、サイト見て。

―そのときは他の店舗さんとかと比較とかってしましたか?

もともとはデリヘルで働いてたんですけど、ちょっと微妙やなあと思って。今まで店舗型のところで働いたことなかったし、働いてみようかなと思って探してたんですけど、店舗型って少ないじゃないですか?それでここを見つけたので入店しました。

―他も経験してこっちのほうがいいかなっていう感じですか?

そうです。

―面接はどこでされたんですか?

ここの事務所です。結構フランクな感じの雰囲気でした。

―面接時間はどのくらいだったか覚えてますか?

1時間ぐらいです。

―質問をしたりしていたんですか?

そうです。なんかめっちゃ緊張してて、店舗型っていうのが初めてでいろいろちゃんと説明とかもしてもらってたんです(笑)。

―ちなみに、『Club H(クラブアッシュ)』様は何店舗目なんですか?

数えれないかもしれない。結構いろんなところで働いてました(笑)。

―一番続いた感じですかね?

そうです。ここ一番続いています。

―次にこのエリア、お店を選んだ理由について伺ってみました。

―では、難波というエリアを選んだ理由はなんですか?

通いやすさですね。家から電車で1本なんで。私もともと奈良に住んでたので難波止まりというか、梅田はあんまり行かなかったんです。だから難波にしようかなと。

―最初はサイトとかも見たっておっしゃってましたけど、『Club H(クラブアッシュ)』様にした決め手って何かあったんですか?

勘?直感ですね。アハハ。

―なんか良さそうだなと思ったんですね。実際働いてても良かった感じですか?

そうですね、『Club H(クラブアッシュ)』は制服もあるのでそこが良かったです。デリヘルしてたときは毎日ちゃんとした服装じゃないといけないので。服装を気にしなくていいのは嬉しいですね。

―では、入店するときにご相談した方とかっていますか?

いてないです。1人、友達には相談したかな。

―お知り合いの方でこの業界働いてる方はいるんですか?

前のお店の子ですね。でもそれ以外はもう全員誰も教えてないんでほんまその子だけ。お店変わりますみたいな。アハハ。

―バレないように対策はされてるんですか? 

あまり意識しないことです。こういうのをやってるっていうことを、自分の中で普通の仕事と捉えることですね(笑)。会話の中でも普通の仕事と置き換えてしゃべるみたいな。

―あんまりそういう感じ出さなかったら突っ込まれないですもんね。

そうなんです。その仕事終わったら一瞬気を消します。

―次に求人内容と実際のお仕事してみての感想について伺ってみました。

―では、最初に求人を見た時の情報と、実際のお仕事の内容に違うところはなかったですか?

そうですね、特にないです。

―店舗型は初めてとおっしゃってましたが、体験入店はされましたか?

経験があったんで、特にしてないですね。

―じゃあもう面接してすぐ何日か後には働いた感じですか?

写真をまず撮らないといけないので、写真を撮って何日か後には働いてました。

―面接のときになにか必要なものはありましたか?

いや、面接のときは基本何もいらないですよ。写真付きの証明書と本籍地が記載されてる何かですね。

―じゃあ面接するときはもう軽い感じで来てくれたら?

もう軽い感じでしたね。説明も結構がっつりしてくれます(笑)

―次にこのお仕事を始めたきっかけについて伺ってみました。

―では、ミリさんが一番最初にこの風俗のお仕事を始めたきっかけって何だったんですか?

お金が欲しい。アハハ。一番はそこだったと思います。

―なんかそのときにアドバイスっていうか、そのお友達からこういうのいいよみたいなのは聞きましたか?

もう自分で調べてましたね。

―風俗業界以外になにか違う仕事とかもしたことってありますか?

化粧品や、エステの仕事もこういうお仕事と掛け持ちでしてました。結婚するってときにエステの仕事を辞めて、結婚するまではずっとこの仕事してて。

―それで復帰するときは、もう1本でいこうかなと思われたんですか?

そうです。

―次に入店してみて良かったことや待機方法、講習などについて伺ってみました。

―では、実際に入店してみて良かったことってありますか?

居心地はめっちゃいいですね。

―待機は集団待機ですか?個室待機ですか?

個室待機なんです。そこも良いところですね。

―やっぱり集団だといろんな方と関わってとかがあるからですか?

そうですね。個室やし、私服出勤じゃないし、終わってくれる時間がきっちりしているとこも良いと思います。

―延長してしまったりとかはないということですか?

絶対ないので良いですね。この時間までだったらきっちりこの時間で終わってくれるから。

―じゃあもうプライベートと完全に分けれるっていう?

そうです。なんか遅れそうとかそんなんもないし。割り切ってできる感じです。

―ちなみに最初は講習とかってありましたか?

ありました。今思えばほんまに一通り流れを教えてくれましたね。今まで働いてきたお店は講習ってなかったんです。ここが初めてやって、そのときはもうなんか早く覚えな、早く覚えなみたいな感じでやってたけど、今思えばきっちりちゃんと教えてくれてたな、と思います。

―分かんないままやるよりは教えてくれたほうがいいですもんね。

そうですね。私が未経験じゃないから余計に有難かったです。

―やり方とかも違いますもんね。

そうです。

―次にお客様のことについて伺ってみました。

―では『Club H(クラブアッシュ)』様のお客様はどういった方が多いですか?

お昼から夕方にかけてなので、サラリーマンの方が結構多いです。

―結構仕事の合間とかですかね?

そうです、仕事の合間の方多いですね。意外と平日休みの人とか。

―結構年齢層は幅広いですか?

いや、私は30歳半ばぐらいの方が多いですね。

―やっぱり女の子によっても違いますか?

違いますね。スタッフさんがお客様を見て女の子を付けてくれるので、むやみやたらにってことはないですね。

―その子に合った人を付けるんですか?

100%っていうのはなかなか難しいと思うんですけど、直接ご来店される方には「この人にはこの女の子が合うな」とかは考えてくれてますね。

―結構リピーターの方とかも多いんですか?

多いと思います。お店に付くお客様のほうが多いかな。

―次にお仕事を始める前のイメージと働いた後での違いについて伺ってみました。

―では、このようなお仕事を始める前に持っていたイメージと実際に働いてみた今とではどのような違いがありますか?

店舗型は初めてで慣れないし最初めっちゃ怖かったんですけど(笑)、いざ入ってみたらめっちゃいい所でした。みんなきっちりしてるなと思いました。

―スタッフさんは結構優しい方が多いですか?

優しいし、めっちゃきっちりしてます。今までの所がきっちりしてなかったんかもしれないんですけど、結構差はありますね。適当な所が多いかったんで、ここまできっちりしてくれる所ないと思います。

―私もお店の雰囲気とかいろいろ見てみて、あ、きっちりしているなと思いました。

うん、めっちゃちゃんとしてくれてるなと。最初は怖かったですけどまあ印象は全然違いますよね。アハハ。

―次に高収入のお仕事の良い所、悪い所について伺ってみました。

―では、この高収入のお仕事の良いところと悪いところを教えてください。

良い所はやっぱりお金をたくさんもらえるところですね。一生できる仕事ではないので、まともな金銭感覚を持ちつつ、ストレス発散でね。悪い部分っていったらもうほんまに使い過ぎることですよ。

あとは気持ちが全然違います。気持ちにも余裕ができますね。だからほんまに、それこそ一生できる仕事じゃないから、貯めて早く次の目標に上がれるようにっていう感じですね。

―貯金額の目標はあるんですか?

今、月に20万円貯めているので、貯金額の目標は2年で500万円貯めることです。

―堅実ですね。

そうです、私多分めっちゃ堅実だと思います。だから金銭感覚も普通だと思います。でも、前に夜働いてた頃はちょっとおかしかったかも。今より稼ぎが倍以上ちゃうんで。

―掛け持ちしてたからですか?

いや、『Club H(クラブアッシュ)』だけで倍以上違ったんですよ。夜に入ってたので。多分、一回1ヵ月のお給料3桁いったんちゃうかな。だから今よりはちょっと感覚がおかしかったかも(笑)

―それだけ稼いでたら、月に20万円貯めても全然余りますもんね(笑)。過去最高に1日でこれだけ使ったとかありますか?ブランド物だったり。

一番大きい買い物は10万円くらいですかね。ソファーとか家具を買いました。自分のために服を買ったりするよりは、生活のための物を買ってますね。

―お昼と夜とでは稼げる金額は結構違うんですか?

やっぱり夜のほうが入客数は多いですね。3、4人でサラリーマンさんがバーッと来られるのはやっぱり夜なんですよ。その代わり遊びで来てる分、自分のお客様にはしにくいです。でも昼のお客様は結構ガチなんですよね。

―ガチとはどういうことですか?

本当にプレイを楽しみたいとか、本当にいい子を探しているとかですね。だからリピーターなりやすいはお昼のお客様なんです。昼と夜では全然カラーが違います。お店の雰囲気も変わってきますね。

―じゃあ接客方法とかもまた変わってくる感じですか?

女の子がちょっとでもめんどくさそうにしてたら、お客様はちゃんと見てますね。「前と違う」と思って全然来なくなりますよ。夜は飲んで来る方が多いけど、お昼はシラフの人ばっかりっていう違いもありますね。だからきっちり見れるんだと思うんです。

女の子にも昼向き夜向きとかあるみたいで。そこらへんはスタッフさんとお話ししてアドバイスもらえたりするんです。

―アドバイスしてくれたほうが女の子のためですもんね。

うん、フォローとかきっちりしてると思います。例えば男の人ってどういう心理状態で来てるか今まで考えたことがありますかとか。あとは、風俗店で働くリスクについて。どんだけ内緒にしててもばれてしまったときはリスク大きいのできちんと教えてくれます。

―そうですね。良い面も悪い面も話してくれるということですか?

いいことだけじゃなくて全部教えてくれるのでありがたいですね。

―それもお店の信頼感に繋がりますもんね。

確かに私も友達からこのお店厳しいでって言われてました。でもいざ入ったら逆にそのきっちりさ良かったのかも。私に合ってる。デリヘルで働いてたときは時間がきっちりしてなかったから、外で待たされたりもありました(笑)。

―それもいやですよね。

『Club H(クラブアッシュ)』はきついっていうか、きっちりしてるからほんまにちゃんとした仕事みたいな感覚でできるかもしれない。

―次に実際に働いてみて自分自身変わったと思うことを伺ってみました。

―では実際にこの『Club H(クラブアッシュ)』様で働いてみて、自分自身のここが変わったな、というところはありますか?

男の人のことを考えるようになったかな。こうしたら喜んでくれるようになるかなとかを考えるようになりました。

―スタッフさんがそういうの教えてくれるって言ってましたね(笑)。

アハハ。そうです。今までは自分の中で「仕事、仕事!」と思ってたんですけど、今はお客様のこともちゃんと考えるようにしてます。だから接客態度もちょっと変わったと思いますよ(笑)。

―プロ意識みたいな感じですかね。

そうですね。

―最後にミリさんから一言頂きました。

―では、このインタビューを見る女性は未経験の方が多いんですが、そういう子に一つアドバイスをお願いします。

面接のときとかスタッフさんの対応を見ることですかね。お客様の電話予約の応対取るのも、お客様に一番最初に顔合わすのも男子なんですよ。だから男性スタッフの髪の色とか、ピアスやタトゥーがあるとか、言葉使いとかそういうところをきちんと見ておいた方がいいですよ。それは、一般のお昼のお仕事でも一緒のことだと思います。いい電話対応してくれたらやっぱりいい会社だなと思うじゃないですか。

女の子たちはやっぱりなにかしらの事情があってこのページにたどり着いたと思うんですよ。だからやっぱりそこで楽に稼げます、誰でもできますとか、あんな絶対嘘やからそんなことはやめてほしいですね。

―そうですね、大抵書いてますよね。

書いてるでしょ?楽々とか。誰にでもできる簡単マニュアルは誰もできへんから。ひどいとこはひどいです、お店の対応。

―甘いうたい文句とかは結構ありますよね。そういうのがしっかりしてるから長く続いてるんですね。

ほんまにそう思います。アハハ。いろんな条件がいっぱいあるけど、『Club H(クラブアッシュ)』に来て、ここのスタッフを見てほしいです。

―それだけ自信持って言えるぐらいですね。

このお店で働けて良かったです。

―ありがとうございます。では、インタビューは以上になります。ありがとうございました。

はーい、ありがとうございました。

その他「HajiQ(はじキュー)」一覧

オススメ求人

オススメ求人

検討中店舗

検討中店舗があります

オススメ求人