風俗初心者の女の子なら【体験入店】で不安を解消!初めての人に優しい制度

風俗初心者の女の子なら【体験入店】で不安を解消!初めての人に優しい制度

未経験で風俗バイトを始めるのは、なかなか勇気がいりますよね。『体験入店』とは面接した後にお試しでお仕事をしてみる制度で、1日だけの接客でいいですし、お給料も支給されます。より自分に合ったお店を探すための、体験入店の活用方法をご紹介いたします。

この記事に関連した求人

風俗業界に入る前は誰でも不安!

「もっと収入を増やして生活にゆとりがほしい」、「緊急で副収入がほしい」など風俗店での勤務を考える理由は人それぞれです。でも、本当に未経験で業界のことが何もわからない状態だと、高収入を稼ぐ期待より不安の方が大きいですよね。

中には、風俗は未経験だけどキャバクラやガールズバーなど飲み屋系のバイト経験はある方もいるでしょう。しかしお客様と性的な行為をする風俗業種は、接客方法も変わるので、悩みも多いと思います。

そこでおすすめなのが「体験入店」の活用です!体験入店とは、正式入店する前にお試しでお仕事をしてみる制度です。お試しとはいっても、働いた分のお給料はきちんと支給されますし、合わないと思ったらその日限りで辞めることができます。無理をしても長続きしないので、お店としても「女の子とお店の相性が良いか」を見るために効率がよい制度というわけです。

体験入店のメリット

条件やお給料が良くなる

体験入店はお店によって期間や待遇、条件などが異なりますが、一般的に通常勤務するよりも条件がよくなることが多いです。

例えば、通常はお給料が完全歩合制のお店が、体験期間中は時給保証が出たり、バック率が多めになったりすることがあります。最初は固定客などいなくて当たり前なので、お店に来たフリーのお客様を優先的にまわしてもらえたりもします。

お客様向けのサイトに力を入れているお店なら、ホームページ上で「新人入店!」などと紹介して、指名を取りやすくしてくれるところもあるでしょう。

店の雰囲気をつかめる

給料面以外でも体験入店のメリットはあります。未経験だと「お客様はどんな人だろう」という不安があると思いますが、体験することでお店の空気や客層、人数などもつかむことができます。地元の人と観光客や出張組のどちらが多いか、年齢は高めか低めか、そうした客層は立地や金額が異なれば変わってきます。

指名を得るには、テクニックだけではなく「会話をしている時の雰囲気」が重要になったりします。話やすい年齢層のお客様が多いお店の方が、入店後の指名を取りやすいので、そうした部分も意識してみましょう。

反対に「話がかみ合わない世代の人ばかりくる」という店に無理して入店してしまうと、ストレスも増えますし指名もとりづらいので、体験入店の段階で見極めて辞退したほうが無難です。

体験入店が終わって数日後に本入店の返事をしてもよいお店もあるので、いくつかまわってみて、見比べるのもいいでしょう。

初めてでも大丈夫!講習をしてからお仕事体験

体験入店の流れ

体験入店の流れはどのお店も基本的には同じです。

1.応募
2.面接
3.説明や相談(採用/不採用が決まる)
4.仕事内容の講習
5.体験入店開始
6.問題がなければ入店

となっています。

お仕事講習を受けられます

風俗未経験の方は、お仕事内容や風俗用語、実際にお客様が来たらどのような流れで対応すればよいのか?ということもわからないと思います。そのためお店では、口頭説明の他に、講習時間を設けてくれることがあります。どこも基本は受講料などなく無料で講習を受けられ、担当してくれる人は店長だったり、先輩キャストだったり、専属の女性講師だったりします。

昔は男性スタッフが教えてくれることがほとんどだったようですが、最近ではそれに抵抗を持つ女性も多いので、マニュアル本やDVDを用意して口頭説明だけで講習を終わらせる店も増えてきました。そうしたお店でも、相談すれば実技のやり方を教えてもらえたりします。
※経験者さんの場合は、実技講習は省略されて口頭説明だけになるケースが多いようです。

もちろん講習を受けた時点で「自分には難しい…」と思ったら、正直に伝えて辞退しても大丈夫です。

ガッツリ入らなくてもOK!まずは1回だけでも…

体験入店に挑戦してみたのはいいけれど、1回接客してみたら、やっぱり無理だと感じることもあるかもしれません。そこで辞退しても大丈夫なのですが、不安な方はあらかじめ「まずは1人だけ対応してもよいですか?」と伝えておくとやりやすいです。それでできそうならある程度の時間まで働けばいいですし、無理ならそこで終われます。

また、体験入店は一日だけではなく2、3日続けてできる場合もあります。「1週間は体験期間」としているお店もあるので、そのあたりはお店と相談してみてください。

体験入店をしないで「即採用、即勤務OK」のところもあります。これのメリットは、絶対にそのお店で働きたい人やすぐに正式入店して稼ぎたい人に向いているということと、「即採用の代わりにいつやめてもOK」なので気負わずに辞退できるという点です。

いずれにしても、お店から無理な引きとめや勧誘はないので、体験入店をしてじっくり考えてみてください。
※強要をしてくるようなお店は、なおさらその時点で辞退したほうが無難です。

体験入店の際の注意点

条件の変化に注意

体験入店の注意点はいくつかあります。まず、体験期間中は通常の待遇よりも良くなっていることが多いので、「体験入店ではたくさん稼げたのに、本入店後には思っていたより稼げなくなった」というケースがあります。体験入店のときにはしっかりと好条件で働きつつ、通常は条件がどうなるかも聞いておくことが大切です。

お客様や店舗スタッフを大切に!

体験中は新人扱いなので、お客様が珍しがって指名しやすくなっています。この期間のお客様を大切にしておくと、正式入店したあとの本指名やリピートにつながります。何もしなくても稼げるからと接客を手抜きしていると、正式入店後にガタッと指名が落ちることもあるので、気を抜かないようにしましょう。

また、お店のスタッフに礼儀正しくしておくことは大切です。スタッフに対して上から目線や冷たい態度をとってしまうと、正式入店することになってからギクシャクしてしまい、フリーのお客様を優先的につけてくれないなどということにもつながります。

辞退しても大丈夫

体験入店をすることで、本入店を断わりづらくなってしまうというデメリットもたしかにあります。しかしあくまで体験なのですから、断るのは悪いことではありません。無理して続けるよりずっと良いです。きちんとしたお店なら「やっぱり無理でした」と正直に伝えても怒らないので、無理のない判断をしていきましょう。

まとめ

体験入店で得られる情報は大変貴重です。お店も風俗という業種なので、入店希望者は大切にしてくれます。仕事が難しいと思ったのであれば断っても大丈夫ですので、自分に合うお店探しをすることが大切です。

初めての時は誰でも不安で当然ですので、まずは体験入店で雰囲気を知りましょう。風俗だからといっても決して特別なことはありません。気持ちよく働けるお店を探してください。

お仕事探しは「はじ風」で☆

The following two tabs change content below.
はじ風編集部

はじ風編集部

はじ風編集部は『はじめての風俗アルバイト』に掲載中のおすすめ店舗のご紹介や、業種解説、女性向けコラムなどなど内容盛りだくさんのブログを随時更新しています♪気になるお店の求人ページと合わせてご覧ください(^^)風俗求人をお探しならぜひ【はじ風】で!