風俗店のお客様に連絡先を聞かれた!教えるメリットとデメリット

風俗店のお客様に連絡先を聞かれた!教えるメリットとデメリット

風俗で働いていると、お客様に連絡先を聞かれることがあります。しかし、お客様とのメールやLINEのやりとりにはメリットだけでなくデメリットも多いものです。 「指名を増やすチャンス!」と安易に連絡先を交換するのではなく、本当に教えても問題ないのかをよく考えた上で行動しましょう。今回は、お客様に連絡先を教えるメリットとデメリットについて紹介します。

この記事に関連した求人

はじめに※注意点

お客様との直接のやりとりは、メリットも多いですが「絶対禁止」にしているお店も多いです。店外営業(時間外営業)でのトラブルにはお店は対応できないため、女の子を守り切れないからです。

連絡先交換をNGにしているお店なら、苦手なお客様に口説かれても「お店の方針でダメなの」ときっぱり断ることができます。連絡先の交換に関しては、まず最初にお店の方針をしっかり確認しておきましょう。

反対に、OKにしているお店では仕事用の携帯を貸してくれるところもあります。これからご紹介するメリット・デメリットについてよく考えてから、対策していきましょう。

お客様と連絡先を交換するメリット

風俗で指名を取りやすくなる

お客様と連絡先を交換するメリットは、なんといっても指名アップのための営業ができるという点にあります。

たとえばデリヘルのような派遣型風俗店の場合、ネット上に載っている女の子のプロフィール写真はモザイクがかかっているため、お客様は直接会うまで女の子のことがわかりません。そのため指名をせずスタッフにおまかせしたり、ランキング上位にいる人気嬢に指名が集中することがあります。

そこで、女の子自らお客様に連絡先を交換しておくと、「せっかく交換してくれたんだし…」と情がわいて指名をもらいやすくなります。

このようにお客様に直接連絡先を教えて予約を入れてもらうやり方は『姫予約』と呼ばれています。積極的に『姫予約』を推奨しているお店もあり、売上ボーナスがつくことも…。お客様と連絡先のやりとりをして姫予約を増やせば、売り上げをアップさせられますね。

他のキャストへの浮気を防げる

お客様と連絡先の交換をすると、他のキャストへの浮気を防げるというメリットもあります。

メールのやりとりをするうちに、お客様とキャストの親密度は増していきます。連絡先を交換した馴染みの女の子がいるお客様は、他の子に浮気せずに繰り返し指名してくれるようになるのです。

風俗店を移るときに連絡できる

お客様に連絡先を知らせておけば、風俗店を移ったときにお客様を呼べるというメリットもあります。気に入って指名してくれるお客様に移籍先を連絡すれば、新しいお店でも安定して稼いでいけますね。

お客様と連絡先を交換するデメリット

キャストの個人情報がバレやすい

風俗キャストがお客様と写メやLINEをしているうちに、本名やおおまかな住所といった個人情報がバレてしまうケースは意外と多いものです。個人情報を知られると彼氏バレや旦那バレのリスクも高まる上、思わぬトラブルにつながることもあります。

写メの位置情報や自宅からの風景、よく行くお店の風景、LINEのタイムライン(公開範囲の設定含む)などはきちんと管理し、個人情報がバレないよう気をつけましょう。

特に個人用InstagramやTwitterをやっている女の子は、写メ日記や営業メール用の写真を使いまわすリスクがあります。「このペット、インスタで見た」「このカフェ情報、あの子の写メ日記と同じだ…」など、思わぬところから個人バレすることがあるので気をつけましょう。

メールのやりとりが面倒くさくなる

ひとたび連絡先を交換すれば、お客様は時間を問わず連絡してきます。仕事以外のプライベートな時間にお客様からのメールに返信するのはおっくうなものですよね。
指名確保のために昼夜を問わずメールのやりとりをすることが面倒と思う風俗キャストは、連絡先の交換を避けるのが無難です。

※この時間外営業が嫌で、キャバクラから風俗へ来る女の子もいるほどです。「お店にいる時間以外も拘束される」ことを忘れないようにしましょう。

お店以外で会いたいと言われる

お客様によっては、店外デートに誘うメールを頻繁に送ってくることもあります。お店を通さずに、時間を気にせず安く遊びたいと思っているお客様は、どうにかして風俗キャストを口説き落とそうとするのです。

連絡先を交換するときには「店外デートのお誘いをやんわり断り続けるのはかなり面倒」ということも頭に入れておきましょう。同伴・アフターがOKな店なら「それなら同伴で」と言えますが、そうでないお店にいる場合は要注意です。

まとめ

風俗店で働くときには、お客様とのメールのやりとりがお店で禁止されていないかどうかを把握しておき、NGな場合は「お店で禁止されているからごめんね」とはっきり断りましょう。

連絡先交換OKというお店であっても、お客様に連絡先を教えるメリットとデメリットをよく考えるのが、トラブルを防ぐためのポイントといえます。

断る時用に、個人の連絡先は入っていない名刺を用意して「また会いたくなったらよろしくね!」と渡しておくのも良いでしょう。店名と源氏名さえわかればお客様はまた指名できます。連絡先交換を断る際も、ほんのひと工夫して、次へとつなげていってくださいね。

お仕事探しは「はじ風」で☆

The following two tabs change content below.
Lightning

Lightning

美容・ファッション・恋愛テクニック系の情報収集が好きなので、記事もオシャレを目指したい!風俗で働く女の子をみんな可愛く♡センスアップのために今日もあちこちにアンテナ張って頑張ります!