裸にならなきゃダメ?! 風俗バイト「面接の流れ」を徹底解説!【デリヘル/ソープ】

デリヘルやソープの面接って、いきなり実技講習や研修させられる?!裸になるの?!面接官ってどんな人?どんな質問されるの?働くまで帰してもらえないってホント?などなど…、誤解と疑問、不安だらけの風俗面接を徹底解説。応募から面接までの基本的な流れや内容、合否の結果や、もしも辞退したい時の断り方まで、じっくりご紹介します!知識あれば、不安なし!これから風俗のお仕事の面接にチャレンジ!という女の子はもちろん、他の風俗業種からデリヘルやソープに転職してガッチリ稼ぎたい!そんな方もぜひ参考にしてください!!

この記事に関連した求人

不安がいっぱい?!初めての風俗面接

効率よく高収入を稼ぎたい!未経験だけど、風俗のお仕事をしてみよう!! そう決めたとはいえ、まずクリアすべきは応募~面接。 風俗バイトの面接官ってどんな人?どんな質問をされるの? 恐くない?!その場で裸にされちゃう?! 働くまで帰してくれないんじゃないの? 

などなど、初めてなら分からないことだらけで、不安もいっぱいですよね(;’∀’) 

そんな方のために風俗バイトの応募から面接、そして面接後の流れまでをわかりやすく解説! 中でも特に代表的な【デリヘル】と【ソープ】の面接の内容を詳しくご紹介しますね♪ 

と、その前に! 

風俗面接の最も大きな疑問、不安にお答えしておきます! 

デリヘルやソープの面接って、裸になるの?

いきなり実技講習とかするの?!

いきなり講習はありません!

デリヘルやソープの面接を受けていたらいきなり実技講習が始まる、なんて噂がありますが、それはまずありません。 そんなことをしていたら今の時代はSNSでたちまち拡散されてしまい、お店は働く女の子からもお客様からも信頼されなくなります。 

特にソープのサービスは複雑なので初めての女の子には講習をすることが多いですが、それは面接後、女の子の希望の日時を聞いたうえで行われます。 

裸にもなりません!

講習内容も最近はDVDを観るだけや、キャストの女性講師が行うのがほとんどです。 男性スタッフがセクハラまがいの講習を行うことはありません。 

ボディチェックがあるお店も

ただし面接では、お店によってはボディチェックをする場合もあります。 (下着姿になる場合が多いです) 

それは体型ではなく、タトゥーやリスカの跡がないかを確認するのが主な目的です。 お客様の中にはタトゥーやリスカ跡のある女の子を好まない方もいます。 エントリーシートだけではウソをつく女の子もいるので、実際にお店が確認する場合があるのです。 

しつこく勧誘されたり、AVスカウトされない?

安心してください!普通の面接と大きな違いはありません。 

もし面接官があなたにお店で働いてもらいたいと思えば、当然そのお店の魅力やメリットを詳しく説明してくれたりなどの入店アピールはあります。でもそれはお店のことをよくわかってもらうためのプレゼンのようなもの。 

入店を決めるまで帰れないとか、AVスカウトなどは全くありません。 その場で採用が決まったとしても迷う時は 一度帰って考えてからお返事します」で、全く問題ありません。 

誤解だらけの風俗面接!

デリヘルやソープではセクハラ面接セクハラ講習があると思っている方も多いのでは? 

上でも説明したように、それは単なる噂や誤解です。
風俗面接では、金銭的なことや彼氏と同棲しているかなどなど、かなりプライベートな質問をされることがありますが、セクハラのためではありません! 

その女の子が希望する金額を稼げるためだったり、身バレ対策を万全にするためだったり、実際にお店で働き出してお客様とトラブルにならないためだったり。 

すべてが仕事上必要な質問なのです!!
いかがですか?
少しは不安が解消されましたか?だとうれしいな♪ まだまだ疑問がいっぱいですか?わかりました! それではさらに詳しく風俗面接を解説! まずは超ビギナーさんのために、基本編からスタートです! 

デリヘル/ソープ 基本的な面接の流れを知ろう!

デリヘルもソープも、基本的な面接の流れは同じ。 以下のような手順で行われます。 

応募

ネットの風俗求人サイトや求人雑誌などを見て、自分の希望や条件に合うお店を見つけたら応募します。応募方法はだいたいこの4通り。 

電話 
メール
求人サイトやホームページの応募フォームから
LINE
(最近はLINEを利用しているお店も増えています) 

いずれかの方法でお店とやり取りして、面接の日時を決めます。 面接の日時はほとんどの場合、お店側が応募する女の子の都合に合わせてくれますよ♪ 

面接官はどんな人?

面接官は風俗店によって異なりますが、大抵の場合は店長またはオーナーが担当することが多いです。つまりは採用決定権がある人が直接面接をするということです。 

面接場所

応募時に指示された面接場所に向かいます。大抵の風俗店はお店の事務所で面接を行いますが、ソープや箱ヘルなどの店舗型風俗店なら、お店の中に事務所があるのが普通です。 

デリヘルなどの無店舗型風俗店の場合はビルやマンションの一室を事務所している場合が多いです。 

どちらの場合でも普通の会社の事務所と同じ感じ。 怪しかったり怖い雰囲気はないので安心してくださいね(#^.^#) また、デリヘルでは女の子が不安を抱かないようカフェなどで面接を行うお店もあります。 

身分証明書は面接時に絶対必要!

風俗面接で必ず行われるのが、本人確認・年齢確認です。 顔写真付きの身分証明書は必ず持参しましょう。 

運転免許証
パスポート
住基カードなど 

また風俗店は風営法で「従業員名簿」の作成を義務付けられていて、そのために本籍地の確認を行います。 

身分証明書としてパスポートを出す場合は、生年月日も本籍地も記載されているのでそれのみでOKですが、パスポート以外の場合は本籍地記載の住民票が必要です。あらかじめ役所で取得しておきましょう。「年齢確認」「本籍地確認」は風俗アルバイトをするには不可欠なステップです。面接で採用が決まっても、これらの確認ができなければお仕事を始めることはできません。
面接の時は「生年月日」「本籍地」が記載された必要書類を絶対に忘れないようにしましょう。もし、面接当日までに書類を用意するのが難しい場合は、お店に相談してみてください。 

面接時に書類記入

風俗面接に履歴書は必要ありません。風俗のお仕事に学歴などの前歴はそれほど重要ではなく、お店も知る必要がないのです。 

その代わりどんな風俗店でもエントリーシート(面接シート)に記入するよう言われます。これは言わばプロフィールのようなもの。 基本的に記入するのは以下のような内容です。 

名前
連絡先

現在の職業
 ※『現在の職業 1.OL 2.学生 3.主婦 4.フリーター 5.その他()』のような欄お番号に〇を付けるだけの簡単な内容。勤務先や学校名などを書く必要はありません。

風俗バイトの経験の有無
 ※これはあくまでも参考程度の質問で、風俗バイトの場合経験があるなしで採用が決まることはありません。 最近は「未経験」の方がお客様に人気が高い場合もあり、経験のない場合も不安に思う必要はありません。 

このお仕事をしようと思ったきっかけ
 ※風俗面接に来る女の子は金銭的な理由がほとんどです。「お金をたくさん稼ぎたいから」という理由でも全くかまいません。 

さあ、このエントリーシート(面接シート)に記入したら、本格的な面接のスタートです。
面接担当者はこのシートの記入内容をもとに話を聞いてきます。 

面接時によく質問されることは?

面接官が主によく質問する事項を内容別に挙げてみますね。 

お金に関するコト 

借金があるかないか
1日いくら稼ぎたいか  など 

風俗のお仕事を選んだ女性にはさまざまな事情があります。 

例えばなんらかの理由で借金があってガッツリ稼がなければならない状況やシングルマザーで生活費を稼がねばならない場合、あるいは昼職があったり家族に内緒で限られた時間だけ風俗バイトができるという状況など。 

1日5万円以上稼ぎたい女の子と生活費の足しに1万円稼げたら充分という女の子ではお店として女の子の売り込み方も違ってきます。 

なので面接官もそれぞれの事情を把握したうえで「どんなペースでいくら稼ぎたいのか」を知る必要があるのです。 だからと言ってフル出勤できない女の子は採用されにくいことは全くありませんので、正直に自分の状況と希望を伝えましょう。 

身バレ対策に関するコト 

家族や彼と同居しているか
子供はいるか
連絡方法や連絡してOKな時間
顔出しOKかNGか  など 

風俗で働く女の子の場合、家族や知人には絶対内緒というのがほとんどです。 

そのためにお店は身バレをしないように対策をしてくれます。安心してお仕事をするためにも現在の状況を隠さずに話しておきましょう。 

出勤に関するコト 

お仕事ができる曜日・時間帯  など  

女の子がどれくらいの頻度で出勤してくれるのかは、お店としても必ず確認しておきたいポイントです。 

ほとんどのお店が「完全自由出勤制」が基本なので、無理する必要はありません。生活の負担にならないスケジュールを考えておくといいですね。
 

以上が風俗面接の基本的な流れと内容ですが、無店舗型のデリヘルでは他の風俗店お面接にはない質問もあります。 

デリヘルの面接 3つの特徴的な質問とポイント

デリバリー地域について ~デリバリーNGエリアははっきり伝える~

デリヘルではお店の場所によって、ある程度出張エリアは限られています。 

身バレ対策のためにも、自宅や彼氏の家の周辺、昼のお仕事で勤務するエリアなど、心配なエリアはデリバリーNGにすることができるので、面接時に前もってお店にお願いしておきましょう。 

勤務シフト ~自分の希望シフトを明確に~ 

デリヘルは他の風俗店と違い、24時間または朝方まで営業しています。 

勤務可能な時間帯が広いので、自分がどの時間帯で働きたいのかや日常生活に負担のないシフトを希望するといいですね。 

アレルギーなどの体質 ~ペットのいるお部屋も大丈夫?~

デリヘルの場合、ホテルだけでなくお客様の自宅に行くこともあります。 

最近は犬や猫などペットを飼っている人も多いですよね。 例えば猫のいるお客様のお宅へ猫アレルギーのデリヘルキャストが行けば、お仕事にならない場合も。何らかのアレルギー体質であることをきちんとお店に伝えておけばトラブルを避けられます。 

面接後について

風俗面接の採用・不採用の結果はどうやってわかるの?

面接も無事終了。さて、気になるのは合否の結果ですよね。 

はっきり言って風俗面接でオーナーや店長が面接官の場合は、その場で合否が決定されることがほとんどです。特に採用の場合は面接の途中でも「いつから来られますか?」など、働くことを前提にした質問を積極的に聞いてくることが多いので、 

「採用なのかな?!」とわかると思います。  

逆に不採用の場合はその場で断るよりも、「合否は後日電話します」と言われることが多いようです。不採用なら面接も簡単に短時間で終わることがほとんどなので、短い面接で「合否は後日」の場合は不採用の可能性が高いかも。 

ただし、面接官がオーナーや店長ではなく代理のスタッフなどだった場合は、オーナーや店長が後で検討して合否を決めることになるので、後日でも採用される可能性はあります。 

2,3日経っても連絡がなく、気になる場合は、直接お店に結果を問い合わせてみるといいですね。 

体験入店・講習や研修は後日でもOK!

デリヘルでもソープでも体験入店システムのあるお店がほとんどです。 

最初にもお話ししたように、サービス内容が複雑なソープでは体験入店前に簡単な講習や研修を受ける必要のあるお店も多いですが、DVDを観るだけだったり、キャストの女性講師による講習や研修がほとんどです。 

面接のその場で採用が決まった場合、講習を受けたり、体験入店はそのまますぐでもできますが、あくまでも女の子の希望が優先です。 

その日は面接だけで帰りたい場合は「今日は面接だけで」と言えばOK!強制的にさせられたり、しつこく進められることはありません。 

やっぱり辞退したい!そんな場合断っても大丈夫?!

面接を受けて採用されたとしても「やっぱりこのお仕事をする自信がない」 「このお店は自分に合わない」なんて思うことだってあるかも知れません。 

そんな時はもちろんお断りしていいんですよ! これも初めにお話ししましたが、「せっかく採用してくれたのに、断ったら怒られる?!」 「働くと言うまで帰してもらえない?!」 なんていうことは全くありません。 

その場できちんと断ってもいいですし、言いにくい場合や本当に即決できない場合は 「もう一度よく考えてから、お返事させていただきたいのですが」と伝えましょう。 

もちろんその場合は、断るにしても働くにしても、後で必ず連絡を! 

それが社会人としての常識ですよね(^_-)-☆  

 

さあ、これでデリヘル/ソープの面接のイメージがだいたいわかりましたか? 

当サイト【はじめての風俗アルバイト】(はじ風)では、 初めての方でも働きやすい、稼ぎやすい、デリヘルやソープの求人情報を豊富にご紹介しています。 

自分に合った風俗求人を見つけて、まずは応募!自信を持って風俗面接に臨んでくださいね! 

お仕事探しは「はじ風」で♪

The following two tabs change content below.
sambo

sambo

スポーツに汗し、原稿書きに冷や汗する体育会系ライター。 健康のため!?いいえ、すべてはこの世のお酒をおいしく飲むため!!