風俗の【写メ面接・LINE面接】で合格したい!応募の際の注意点と撮り方のコツ

この記事に関連した求人

風俗求人でよくある「写メ面接・LINE面接」の実態やメールに添付する写真の撮り方などをご紹介します!出稼ぎで風俗店を探している方や、直接風俗店に面接に行くのが不安という方はまずメールでお店とやり取りしてみましょう!

写メ面接・LINE面接とは

風俗求人で「写メ面接可能」「LINE面接OK」などと書いてあるお店は、直接事務所へ面接に行く前にメールやLINEなどで一次面接をしてもらえます。

これは、出稼ぎを検討している遠方の女性や、風俗未経験で「お店に行くのが不安」「自分の容姿でも雇ってもらえるか不安」という女性に配慮した面接方法です。

メールやLINEでお店の人とやりとりをして、容姿の写真や簡単なプロフィールを送り、合否を出してもらえる仕組みです。

やり方は簡単で、応募の際に「出稼ぎ希望なのですが、写メ面接はしてもらえますか?」のように伝えるだけで大丈夫!そこから先は、何を送ればいいかなどお店が詳しく説明してくれます。

送る内容の例
身長・体重・スリーサイズなどの簡単なプロフィール
顔写真・全身写真・バストアップなどの写真

お店からは合否の他に、採用の場合はバック料金(お給料)や保証金額、勤務期間などの待遇面の連絡が来ます あなたの希望する条件と折り合いが付けば、キャストとして仮入店決定! 

あとは直接お店に行って簡単な面談(最終面接)だけで体験入店もしくは正式入店となります。もし不採用でも、交通費がかからないので無駄は少ないですよね。

このように写メ面接・LINE面接はとても便利で簡単な方法ですが「メリットは?」「注意点は?」「どんな写真送ればいい?」などの質問・疑問もよく聞くのでご紹介いたします。

メリット・デメリット

メリット色々!出稼ぎや初心者向け

写メ面接のメリットは、なんといっても面接に行く時間や交通費を節約できるところです。合否がわからないのに新幹線で面接に行って、不採用だと全部無駄になってしまうので…そういう無駄がないのが一番の利点です。(※出張面接に対応していたり、面接交通費を支給しているお店もあります)

その他のメリットもたくさん!出稼ぎさんだけでなく、風俗未経験や初心者の女の子でも安心できるポイントが色々あります。

メリットいろいろ
直接会わないので緊張しない
お返事を考える余裕がある
もしもイヤでも断りやすい
遠い地域の求人も視野に入れて探せる
同時に複数店舗に応募して様子を見ることもできる

ちなみに写真やメールアドレスなどのプライバシーは守られるので、合否に関わらず心配はいりません。お店側は法律を守りながら営業していますし、あとから入店強要などもしてきません。どうしても気になるならこちらからブロックや着拒するなどしておくと良いでしょう。

デメリットも少しあります

写真とプロフィールだけで判断されるということは、当然デメリットも少しあります。実際に会って話せば「この子は愛想がいいな」とか「優しい雰囲気だな」など外見以外の魅力をアピールすることもできますが、メールやSNSではそうもいきませんよね。

いくつかデメリットをあげておくので、これを踏まえた上で写メ面接を検討すると良いでしょう。

デメリットの例
外見だけで判断される(写りが悪い子はちょっと不利)
写真加工で盛りすぎると、不採用や保証金額減になることもある
実際の店舗や他のキャストの雰囲気がわからない
LINEの場合はタイムラインの公開範囲に注意

写真加工アプリで盛りたい気持ちはわかりますが、あまりにも実際の自分とかけ離れてしまうと、入店時に「あれ?違う…」と思われて不採用にされるリスクがあります。そこまでされなくても、保証金額を減らされたり…。これはかなり傷つきますよね…。

しかし自分自身を偽らなければ、メールであっても正当な評価は受けられます!高級風俗店で働きたいからと言って見栄を張ったり、嘘をついたりすると働くときに自分自身が嫌な思いをします。お店に送る写真はよく考えた上で撮りましょう。

LINEで連絡を取る際は、タイムラインの公開範囲に注意です。全体公開の設定にしていると、風俗店を友達追加した際に過去のタイムラインが見られてしまいます。プライベートなことを書いている人は投稿範囲や内容に注意しましょう。

正しい写真の撮り方

三大鉄則&加工アプリの有無

送る写真は「デコらず・盛らず・隠さず」が三大鉄則!結論から言うと、加工アプリの使用はNGです!もちろんプリクラ画像を送るのもNG。

お店によっては肌をきれいにする加工くらいは目をつぶってくれる場合もありますが、 これも現地に行くまでどう判断されるかわかりません。やはり一切加工しない写真がイチバン。服や背景の色、明るい場所を選ぶなど工夫して、自分が自信を持てる最高の写真を送りましょう! 

顔写真のポイント

あまり上目づかいにし過ぎるとあざとくなったり、怖い印象になったりするので少しだけあごを引き、ニッコリ微笑むように口角を上げましょう。

この時、ポーズをするのはおすすめしません。ポーズをとることで輪郭が隠れてしまうからです。特別なことは何もせずに、真正面から顔がはっきり分かるように撮りましょう。

顔写真撮影のポイント
きちんとメイクする(濃過ぎるメイクはNG)
明るい場所を選んで、顔全体に光が当たる状態で撮る
必ず正面から撮る(横顔や斜めから撮るのはNG)
微笑む程度の笑顔(顔の原型、目や口のつくりががわかる範囲)
ポーズは取らなくていい

全身写真のポイント

全身写真は頭からつま先までが写っている写真のことを指します。上半身のみや、角度をつけすぎているものはやめておきましょう。

衣装に関しては、風俗店によってリクエストが違うことがあります。

【例】
ボディライン・傷跡・タトゥーを確認したいので、水着か下着姿を送ってほしい
だいたいの姿がわかればいいので普段の洋服でいい

下着や水着をリクエストされるとちょっとひるんでしまうかもしれませんが、お店としては理由があって頼んできています。エロすぎるデザインやおばさんっぽい下着は避けて、清楚かつほんのりセクシーなものを選びましょう。バストアップブラで谷間をくっきり出すくらいの演出は許される範囲です。 

洋服の場合は、体型を隠さずボディラインのわかる洋服を着ると良いでしょう。どんな服がいいか迷ったら、お店の営業用サイト(お客様向けホームページ)をチェックし、在籍女性たちがどんな衣装で撮影しているか見るのも良いですよ。

枚数は、特に指示がなければ「正面・横・後ろ姿」の3種類あれば完璧です。ちょっとくらいスタイルに自信がなくても、正直に自分を見せる方が、採用担当者への印象もアップしますよ!

全身撮影のポイント
全身が映る姿見(鏡)の前で撮る
ポーズは取らなくてよいが、猫背などには気を付ける
タトゥーや傷跡がある場合は、それのアップも撮っておく
容姿不問の求人もあります

交渉は人柄で勝負!

素直に・謙虚に・礼儀正しく

写真面接とはいえ、ある程度の人柄やマナーも見られています。文字だけのやりとりでも「初めまして」や「よろしくお願いします」「ありがとうございます」といった挨拶は基本中の基本!

適当な返事や、絵文字やスタンプの乱用は避けましょう。上から目線で高い保証金額を要求するのもマイナスイメージです。お店は「接客がきちんとできそうか」「性格の良さでお客様に人気が出るか」なども気にしているので、ルックスに自信があってもなくても性格美人を演出したいですよね。

「未経験ですが頑張ります!」「初めてなので色々お聞きしてしまうかもしれませんが、頑張りますのでよろしくお願いいたします!」のように謙虚な姿勢をアピールすると良いでしょう。

「この子は良い子そうだな」と思えば、ルックス(写真)がイマイチでもお店側は好意的に受け入れてくれる可能性が高いです。

NG行為に注意

写メ面接で送った写真と実物が大きく異なるのはNGです。いざお店に行くときに、メイクや髪形をがらりと変えないようにしましょう。ロングヘアの写真で採用されたのに、行くときにショートカットになっていたらお店的には「求めていたイメージと違う…」となってしまいます。

また、写真が良くても態度が悪いと不採用になることもあります。LINEでいきなり保証の話を聞いてきたり、要望が多かったりするとマイナスイメージ。直接会った時の態度もチェックポイントです。

風俗とはいえひとつのお仕事ですので、最低限のマナーは守って面接に挑みましょう。

待遇面の確認を忘れずに

出稼ぎの場合は宿泊施設(寮)や交通費のことも気になりますよね。写メ面接で採用された際は、事前に確認しておくと無難です。

なんだか色々聞くことがあって嫌味にならないか不安…という場合は、「色々お伺いしてすみません」とワンクッション挟んだり、「面接交通費支給と書いてありましたが、領収書など何かこちらで用意するものはありますか?」のように丁寧に聞いていくと良いでしょう。

きちんとしたお店なら、寮のことや交通費のことなどを説明してくれるはずです。少しでも不安をなくして、スケジュールを組んでいきましょう!

写メ面接・LINE面接は、遠方からの出稼ぎや初心者の女性にとって便利で安心な面接方法です。直接お店に行くのが難しい場合は、ぜひこの待遇があるお店を検討してみてくださいね!

お仕事探しは「はじ風」で!

当サイト(はじ風)では写メ面接の他に、オンライン面接に対応しているお店の求人も多数掲載しています。自分の希望に合ったお店を探して、まずは応募してみてください。

オンライン面接OKの求人情報

※オンライン面接についてはこちらの記事でも解説しています!

オンライン面接(Web面接)OKの風俗求人について!【メリット・やり方・注意点など】

オンライン面接(Web面接)OKの風俗求人について!【メリット・やり方・注意点など】