『自宅待機OK』のメリットは?~デリヘルなど派遣型風俗求人の待遇~

『自宅待機OK』のメリットは?~デリヘルなど派遣型風俗求人の待遇~

高収入の風俗求人を見ていると待遇で「自宅待機OK」のお店があります。風俗業種には店舗型と派遣型があり、自宅待機OKなのは派遣型!実店舗を持たないからキャストを自宅待機させて、予約が入ると送迎ドライバーがキャストの自宅付近まで迎えにきてくれるというシステムです。派遣型の風俗ならではの働き方である「自宅待機」のメリットについてご紹介しましょう。

なぜ自宅待機できる風俗の仕事があるの?

風俗には店舗型と派遣型があります。店舗型はソープランドやピンクサロンのように店内でサービスする業種なので、キャストを出勤させて待機させておく必要があります。

一方、派遣型はデリヘル(デリバリーヘルス)やホテヘルのように、店内ではなくホテルなどへ出張してお仕事をする業種です。こちらは事務所内に待機所を設けているパターンと、自宅で待機させるパターンがあります。

自宅待機の場合は、お客様の予約が入れば専属の送迎ドライバーがキャストを迎えに行き、派遣先に連れて行くシステムなので事務所に出勤する必要がありません。すぐ仕事に行けるよう支度を整えておけば、何をしていても自由です。仕事が終われば自宅に戻り次の仕事まで待機しますが、続けて仕事が入ればそのまま次の仕事に向かうこともあります。(車中待機)

待機時間は自宅にいるから、時間を効果的に使える

実店舗を構えるお店に勤めていると、指名が入らない時間は待機室か個室で待つことになります。お店に出勤する必要があるため、往復の通勤時間まで含めると拘束時間が長くなりがちです。

その点、自宅待機だと通勤時間がない上に自宅にいるので、家事や掃除など自宅でやっておきたいことを片づけることができます。

お店の待機場の過ごし方も自由ですが、暇つぶしグッズは持参する必要があるため、やはり自由度は自宅待機の方が上。テレビを見る、パソコンでDVD観賞をする、勉強をするといった待機場では難しい過ごし方も可能です。

他のキャストに会うことがないから、人間関係に疲れない

店舗型の待機方法には集団待機と個室待機がありますが、いずれにしても同じフロアにキャストが集められて待機します。人が集まれば人間関係だけでなくタバコや食べ物のにおいが気になりますし、個室待機であっても電話の話し声、空調の温度設定など様々なトラブルが発生し気疲れするものです。

しかし自宅待機なら他のキャストに会うこともありませんし、待機場のルールに従う必要もないので、気疲れしなくて済みます。

お客様の元にしか行かないから、身バレが防げる

風俗店は一般的に人が集まる繁華街付近にあるため、繁華街に向かって出勤しなくてはなりません。歓楽街や風俗店街の中に入っていく姿を知人に見られたら、風俗店勤務ということがバレる可能性があります。その点、自宅待機なら出勤姿を見られることがないので身バレ防止に効果的です。

また、派遣先に送迎してくれる専属ドライバーの外見は「普通の男性・普通の車」なので、万が一知り合いに見られたとしても、彼氏や身内に送迎してもらっているように見えますから安心してください。どうしても心配な時は自宅近くではなく、少し離れた場所に迎えに来てもらうようにするといいでしょう。

まとめ

自宅待機は、時間を有効活用でき、人間関係や身バレのわずらわしさから解放されるため、自分の時間を持ちたい・マイペースで働きたいという人にぴったりです。派遣型の仕事をやってみたいなら、自宅待機OKの求人を検討してみてはいかがでしょうか。当サイトでは絞り込みで検索できるので、ぜひお仕事探しにご活用ください。

自宅待機OKの求人情報

 

The following two tabs change content below.
こばライト

こばライト

好きなことはパン作りと寝ること。家に帰れば1児の母。家事の時短ワザと家で出来る美容法を日々、研究中。