四国屈指の風俗エリア【道後温泉】旅レポ!/愛媛県松山市

四国屈指の風俗エリア【道後温泉】旅レポ!/愛媛県松山市

四国に初出張した「はじ風」営業マン、噂のファッションヘルス街「道後温泉」エリアにも行ってきました!旅の様子と愛媛県の高収入風俗求人情報を合わせてご紹介いたします。

はじ風の中国・四国インタビューで、四国へ出張した営業マン!前回は記念すべき第一回・香川県高松市のソープランドへの様子を記事にしました(記事はこちら)。今回は愛媛県松山市の道後温泉エリアの様子を中心にお届けいたします。
※当記事の写真は全部営業マンが撮ってきました!

道後温泉とは|愛媛県松山市

道後温泉

「道後温泉」(どうごおんせん)とは、四国の愛媛県松山市にある温泉のことです。愛媛県だけでなく四国屈指の観光地で、とても古い歴史があり「日本三古湯」の1つといわれています。「道後温泉駅」があり、その周辺にホテルや旅館街、土産物屋や商店街(いわゆる温泉街)が広がっています。

さらに歓楽街・風俗街があり、ファッションヘルスのような店舗型風俗店が多く存在しています。

道後温泉駅(周辺)

道後温泉駅

道後温泉街への最寄り駅は伊予鉄道城南線の「道後温泉駅」です。この駅の周辺に温泉街、公園、城跡、博物館や四国霊場(第五十一番札所石手寺)などがあり、まさに観光駅ですね。

伊予鉄道

赤い車体が目立ちます。

道後村 案内図

市内にはいろいろなところに案内板があるので、観光してても迷わなそう。

まつやまマップ

バス乗り場

道後温泉バス時刻表

駅を出たところにバス乗り場があります。松山空港行き(右から2番目の水色の列)が一番多いようです。

道後温泉高速バス乗り場

高速バスの看板があったので見上げると…。東京行(新宿)がある!しかも片道11,000円!大阪(梅田)なら片道6,900円!調べたところ、この値段は閑散期の大人片道料金で、超繁忙期はプラス3,000円くらいかかるようです。※いよてつ高速バス

松山→横浜・新宿までの大人片道運賃(高速バス)

閑散期通常期繁忙期超繁忙期
11,000円12,300円13,000円13,800円

ちなみに運行時間は12~14時間。夜の20時ごろバスタ新宿を出発し(夜行バス)、道後温泉につくのは翌朝8時ごろのようでした。そう思うとバスで行けないこともない…。ちなみに電車や飛行機を使って行こうとすると新宿→道後温泉で約4万円くらいします。そのかわり所要時間は4時間ちょっと。時間をとるか料金をとるかですね。

出稼ぎする?愛媛県の風俗求人

坊ちゃん列車&カラクリ時計

坊ちゃん列車

「道後温泉駅」は「坊ちゃん列車」という観光列車の発着駅でもあります。「坊ちゃん列車」とは夏目漱石の小説「坊つちやん」に出てきた汽車で、2001年に復元運行されました。運行区間は2系統あります。

(1)道後温泉―大街道ー松山市駅
(2)道後温泉―大街道ーJR松山駅前―古町
坊ちゃん列車

乗車料金は大人1乗車800円、子供400円です。これに乗って市内観光すると楽しそうですね(^^)/
松山城観覧とセットになっている「松山城らくトクセット券」もあります(大人1,700円、小児740円)。

坊っちゃんカラクリ時計

坊っちゃんカラクリ時計

道後温泉駅の正面にある「坊ちゃんカラクリ時計」!8時~22時の間に1時間おき(シーズンは30分おき)にからくり時計が動きます。タイミングよく写真撮れました!小説「坊つちやん」の登場人物が出てきます。↑上の写真が、扉が閉じている状態で、↓下の写真が、いっぱい人形が出て来てる状態です!

坊ちゃんカラクリ時計

子規記念博物館(正岡子規 記念博物館)

正岡子規記念博物館

アクセスは道後温泉駅から徒歩約5分!松山市立 子規(しき)記念博物館は、愛媛県松山市生まれの俳人・歌人「正岡子規」(まさおかしき)の世界を通して文学に親しもうという文学系博物館です。つまり地元から輩出された文人の記念博物館というわけですね。「誰それ?」と思った方も、この俳句は聞いたことがあるかと思います。

柿くへば 鐘が鳴るなり 法隆寺』(柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺)

子規の作品で最も有名な句で、『古池や蛙飛びこむ水の音』(松尾芭蕉)と並んで俳句の代名詞になっています。ちなみに秋の句。法隆寺(ほうりゅうじ)は奈良県のお寺です。

道後温泉 本館&商店街

道後温泉本館(別名:坊ちゃん湯)

道後温泉本館

某ジブリ映画に出てきた温泉施設のモデルのひとつとされる、近代和風建築の本館!なんとこの地域には約3000年前(縄文時代)から温泉のようなものがあったとか…。なお、この本館の中の4棟が国の重要文化財に指定されています。

道後温泉本館

横からみた図。

道後温泉本館

入口アップ。入浴料は410円~1,550円(複数お湯があるため)。

椿の湯

椿の湯

こちらは商店街のまんなかあたりに位置する「椿の湯」。市民に親しまれている公衆浴場だそうです。

椿の湯

本当に温泉(湯量)が豊富なんですね!

商店街

道後商店街

「道後温泉駅」から「道後温泉本館」まで続いているアーケード式の商店街「道後ハイカラ通り(道後商店街)」。観光客相手のお土産屋さんやご当地グルメなどいろんなお店があります。

道後商店街

夜だったのでちょっと閉まってましたけど(´;ω;`)

商店街の猫さん ニャー

愛媛県の風俗求人を見る

道後温泉ソープ街(歓楽街)

それでは四国屈指の歓楽街、道後温泉ソープ街(ファッションヘルス街)の様子をお送りいたします!

道後温泉 ソープ街 簡易地図

地図もあるので安心!(たぶん)

ニュー道後ミュージック(ストリップ)

ストリップ劇場あり!

松山市二番町 飲み屋街

飲み屋街あり!

道後温泉 ソープ街 (箱ヘルビル)

これが有名なファッションヘルス密集ビル…。

道後温泉 ソープ街 道後温泉 ソープ街

完全にネオン街!

道後温泉 ソープ街

こういう風俗ビルが建っているあたり、今も活気があるのがわかります。

道後温泉 ソープ街

そうこうしているうちに最初のヘルスビル周辺が混んできました!すごい。
道後温泉の風俗街の夜の様子、少しでも伝わりましたでしょうか?たくさんの風俗店が密集していて、客足も良いみたいですね!

おまけ

道後プリンスホテル (゚ロ゚;)エェッ!

宿に入ったら、お布団がぴったりくっついている…。
男性営業マン2名です(しかも上司と部下)。や、休まらない…。
※でもきれいなお部屋ですね!

愛媛県の高収入風俗求人

四国屈指の風俗街、道後温泉エリアの様子をお送りしました!地元や松山周辺にお住まいの女の子も、普段は見ない「夜の歓楽街」の様子が少しでもイメージできたかと思います。観光でも有名な土地なので、旅行がてら出稼ぎアルバイトをしてみるのもいいかもしれません。

今後この中国・四国地方のインタビューが増えていくのが楽しみですね(^^)/
現在「はじ風」で掲載している、愛媛県の高収入風俗求人の情報は下のリンクから見られます!
これを機に興味を持って下さった方は、ぜひ一度チェックしてみてください。

愛媛県の風俗求人を見る

The following two tabs change content below.
水蜜

水蜜

東京在住のライター。趣味でカメラもやっています(初心者)。 時々風俗インタビューにも同行します。 気になるエリアは道後温泉。猫のお腹にモフりたい。