生理の時はどうする?風俗で働く女の子の乗り切り方

女の子にとって切っても切れないのが「生理」問題。体調不良なら休むこともできそうですが、風俗という仕事柄、毎月起こる生理はなかなか悩ましい問題です。
そこで、風俗で働くなら知っておきたい「生理の乗り切り方」についてご紹介しましょう。

風俗店では「生理休暇」がもらえる

風俗のお仕事では下着姿や裸になることが多いため、ナプキンやタンポンの使用ができません。「生理中の女の子はちょっと……」というお客様もいらっしゃいます

このことから、風俗店では一週間程度の「生理休暇」をもらえるケースが多いです。

ただし、生理の重さは人によって異なります。一週間では不安だという方は「自由出勤のお店」を選ぶという方法を選んでみてはいかがでしょうか。現在の風俗店は自由出勤のところが増えてきています。

また、一口に風俗といってもいろんなサービスがあります。男性会員とテレビ電話で会話をするチャットレディやオナニーのお手伝いをするオナクラ、ソフトなセクキャバであれば衣類を脱ぐ必要もありません。生理中でも普段通り勤務できるので、初めて風俗店に勤務するという方はソフトサービスのお店を選んでみるのも良いでしょう。

海綿を使って乗り切る方法

服を脱ぐタイプの仕事なら、ナプキンやタンポンは使えないので、生理の時は海綿を使います。
海綿とは海に生息する生き物からできているスポンジのこと。アミノ酸とコラーゲンからできているため体にとても優しい素材です。
これをピンポン玉の大きさにカットして水で濡らし、固く絞った後、膣の奥に入れます。中に入れると元の大きさに戻って経血を吸い取ってくれる、という仕組みです。

出す時はノズルを外したシャワーでお湯を勢いよく膣の中に入れると、水を吸って重たくなった海綿が下に降りてくるので、つまんで取り出します。
タンポンのように紐が出ることもないのでお客様に気づかれにくいです。ただし、指入れなどされるとバレてしまうので、生理中はお店に頼んで指入れNGにしてもらうのが良いでしょう。

海綿を使用する時のポイント

海綿の大きさは、大きすぎると取り出しにくくなりますし、小さすぎると経血をキャッチしきれず染み出してくるので、サイズには気を付ける必要があります。
あまり長く入れておくとニオイが出てくるので、お客様ごとに取り換えましょう。洗って再利用もできますが、衛生面に不安が残るので使い捨てにするのが基本です。

慣れないうちは、取り出せなくなるトラブルもよく起こります。珍しいことではないので、店長や先輩に頼めば取り出してくれますが、どうしても恥ずかしい場合は産婦人科に行けば丁寧に処置してもらえます。

生理休暇あり/生理中でも勤務OK!

風俗店で働く以上、「生理中の働き方」をしっかりと決めておくことが大切です。生理中でも出勤しなければならないケースもありますので、お店に入る前に生理休暇や仕事内容をしっかり確認しておきましょう。

「はじ風」では生理中でも勤務可能なお店の紹介もあります。
自分の希望や体調に合わせてお仕事してくださいね!

生理中勤務OKの求人情報はここ!

 

The following two tabs change content below.
外部ライター

外部ライター

外部ライターによる寄稿記事です。