風俗で働くなら知っておきたい!バイブを使ったプレイテクニック

風俗で働くなら知っておきたい!バイブを使ったプレイテクニック

風俗店は基本コースとは別に、オプションのプレイや道具を用意しているのが一般的。中でもバイブは「大人のおもちゃ」として男性が真っ先に思い浮かべるグッズなので、使ってみたいというお客様も多いものです。こうした道具はキャストの体に負担をかけずプレイができるので、できるようにしておくとお得です。今回は、風俗で働くなら知っておきたいバイブを使ったプレイテクニックをご紹介します。

風俗でバイブプレイ向きのお客様はどんなタイプ?

バイブは男性器を模した大人のおもちゃで、一般的に男性が女性に対して使うことが多いものです。女の子が感じているところを見たい、女の子のアソコに出し入れして視覚的に興奮したい、女の子を思い通りにすることに興奮するS気質、という男性に人気があります。

裏を返せば、「女性にいじめられたい」というM気質の男性や、M気質ではないものの新しい刺激が欲しいという男性にも使えます。

手コキやフェラの刺激は部分的なものですが、バイブの振動はそれだけで性器全体を刺激しすぐに射精まで導いてくれるという性質の刺激です。電動で動き疲れ知らずのバイブを使えば、キャストは体力を温存しながらお客様を気持ちよくできます。

風俗のお客様へのバイブを使ったプレイ方法

バイブの刺激は強いので、プレイの始めは下着の上からがおすすめです。振動の強弱を選べるなら弱めにして、できるだけ優しい刺激から始めましょう。キスやタッチ、M気質のお客様には言葉責めなどもプラスして焦らしながら興奮を高めていきます。

完全に勃起したら、刺激を少しずつ強めにしていってもOKですが、亀頭は特に敏感な部分なので避けた方がいいでしょう。バイブは一定の刺激がずっと与えられるので、ペニスに押し付けたままだとすぐに射精感が高まってしまいますから、時々離して焦らしてあげます。

ペニスの裏側は神経が集まっていて感じるポイントなので、ゆっくり移動させて反応を見ましょう。陰嚢とペニスの境目あたりをバイブで刺激すると、振動が亀頭に伝わるので少しずつ快感を高めるのに効果的です。

もちろん、乳首にも効果があります。乳首に使う場合は、直接バイブを当てるよりも触れるか触れないか程度の距離のほうがより快感を得られるので、試してみましょう。

風俗でバイブプレイ時に気を付けたいことは?

バイブの刺激は強いので、いきなり素肌に押し当てる、皮膚が薄い部分にしつこく押し当てるようなことはやめておきましょう。バイブの振動は男性の射精感を強制的に高める効果があるので、ずっと当て続けるのも控えた方がいいでしょう。

また、直接体に触れさせるものなので「お店にあるものを使う」「コンドームを使用する」といったお店の指示を守るようにします。バイブやローターなど直接粘膜に触れるグッズに関しては、一般的にはお店はお客様の私物の持ち込みを禁止しています。お店が用意しているバイブはきちんと消毒を行っていますが、個人の所有物はきちんと手入れされているかどうかわかりません。ですが、中には私物持込みができるお店もあります。その時もお店の指示に従った使い方をしましょう。

まとめ

風俗店では多くのオプションを用意しており、キャストにYES・NOを設定させます。対応できるオプションが多いほどオプションバックももらえるので、できるだけ対応できるオプションの数は増やしておきたいところです。バイブプレイはキャスト自身が使うにしても、使われる側になっても、肉体への負担が少なめなのでプレイのバリエーションを持っておくと強みになります。オプションを活用しながら、無理なく高収入を稼ぎましょう!

お仕事探しは「はじ風」で☆

The following two tabs change content below.
Lightning

Lightning

美容・ファッション・恋愛テクニック系の情報収集が好きなので、記事もオシャレを目指したい!風俗で働く女の子をみんな可愛く♡センスアップのために今日もあちこちにアンテナ張って頑張ります!