リリメイド/趣味は大衆演劇♪難波のメイドキャバで貯金100万

フリーワード店舗検索
全国TOPへ
関西の風俗求人バイト

HajiQ(はじキュー)インタビュー

―実際にお店で働く、すいれんさんにインタビューをお願いしました。

―じゃあ始めさせていただきます。

はい、お願いします。

―よろしくお願いします。

はい。

―お名前と年齢お伺いしてもよろしいでしょうか?

すいれんで今は21です。

―すいれんさん、21歳ですね。

はい。

―ありがとうございます。入店歴はどのぐらいですか?

入店歴まだ4カ月ぐらいです。

―まだ入ったばっかりなんですね?

そうですね。

―ありがとうございます。ちなみに勤務時間は大体どのぐらいでしょうか?

勤務時間は8時からラストまで働いてます。

―ありがとうございます。

―次に夢や目標についても伺ってみました。

―夢や目標などってありますか?

夢は、えーと、私沖縄生まれなんで・・・

―あ、沖縄なんですか?

はい、沖縄でバスガイドをしたいんですよ。

―へえ。その地元を案内するっていう形ですか?

あ、そうです。

―いいですね。僕も学生時代に、沖縄に修学旅行に行ったことあるんですけど。

あ、そうなんですね。

―すごい楽しかったんで、また行きたいなと思ってます。

ハハ、ぜひぜひ。ハハハハハハ。

―はい、そのときにじゃあ案内してもらえるっていうのを楽しみに(笑)

じゃあバスガイドの練習として(笑)

―お願いします。

はい。

―すいません、ちょっと脱線しちゃったんですけど・・・

はい。

―お店で働くことになったきっかけや面接についてお聞きしました。

―このお仕事を始めたきっかけとかってなんですか?

きっかけは一応、ここに男の娘ディーラーっていう、しらこが居てるんですよ。

―はい。

それが、弟なんですけど、その弟の紹介で入ったんですよ。

―ああ、そうなんですね、弟さんのご紹介で。

そうです、はい。

―ありがとうございます。そしたら最初にお店を連絡した方法はじゃあ、弟さんですかね?

そうです。弟からつながって。

―なるほど、ありがとうございます。

はい。

―ちなみに面接はどこで行いました?

面接はリリメイドの店舗で。

―ありがとうございます。面接はどんな感じでしたか?

面接はね、結構、和気あいあいとした感じで。

―はい。

なんか、友達みたいな感じで接してくれたんです。

―へえ、なんか楽しそうな面接ですね。

はい。

―ありがとうございます。ちなみにお時間って大体どのくらいでしたか?

面接の時間は15分~30分くらいでした。

―じゃあ、15分から30分ぐらいで終わるんですね?

そうですね。

―ありがとうございます。

―次にお店を選んだ理由について伺っていきました。

―ちなみにこのエリアで選んだ理由ってのってお伺いしてもいいですか?

私、奈良に住んでるんですけど・・・

―はい。

奈良で夜のお仕事をしてて・・・

―あ、そうなんですね。

ちょっとここでぱっと変えたいなと思って。

―じゃあ、奈良から通われてるんですか?

そうですそうです。今は。フフフフフフ。

―結構大変ですね。片道どのぐらいかかるんですか?

片道40分とかですかね。

―アハハ、結構かかりますね。

フフフフフフ。

―ありがとうございます。

はい。

―えー、ズバリこのお店を選んだ理由をお伺いしてもいいですか?

理由は、実は最初普通のキャバクラやと思ってたんですよ。

―はい。

弟のしらこに聞いたら。メイドキャバやでって言われてメイドさん、無理やと思ったんですけど。

―はい。

まあ一回行ってみようと思いまして。

―なるほど、一回ちょっと挑戦してみようかなっていうので。

そうなんです。

―ありがとうございます。体験入店はそのときにしましたか?

そうですね、その日に、面接の日に一緒にしました。

―体験入店してみて、どうでしたか?

はじめは、体験で終わるかもと思ってたんですけど。

―はい。

楽しかったです。想像以上に楽しかったです。

―あ、そうなんですね、最近メイド服を着たりとかそういうのも好きになってきた感じですかね?

そうですね、最初はもう、えーってなったんですけど。そのうち好きになりましたね

―ありがとうございます。

―今働いてるお店の業種で働くのって初めてですか?

初めてではないです。

―あっ、そう言えば、奈良でやられてたっておっしゃってましたもんね?

そうですね。

―ありがとうございます。今、働いてる業種を選んだ理由ってあるんですけど、まあちょっと興味があってっていう形ですかね?

そうですね。興味があってちょっとやってみようと思いました。

―ありがとうございます。えー、ちなみに以前ってどのようなお仕事をしてましたか?

以前は奈良のラウンジとかスナックとか。キャバクラにはあんまり行ってなかったですね。

―じゃあ、結構飲み屋で働いてたのが多かったんですね、それ以外の?

そうですね、今まで1年ぐらいですかね。

―ありがとうございます。

はーい。

―えー、このお店に入店して良かったことってありますか?

良かったとこは。

―はい。

その、何ていうんですかね。系列店が、豊富なので、アットホームなことですね。

―ありがとうございます。

はい。

―職場になじみやすいってことですか?

いろんな人が居てるのでなじみやすいですね。

―なるほど。ありがとうございます。

―講習について質問してみました。

―お仕事の講習とかってありましたか?

講習は一応テーブルマナーとか、最初にする接客の仕方とか。

―なるほど、説明があったわけですね?

はい。

―どんな感じでしたか?

もう、テーブルマナーは基本的なことで、えーと、その特殊な呼び方があるんですけど。

―なるほど。

その、灰皿を、星のかけらって言ったりするんですけど、そういうのを教えてもらうんですよ。

―なるほど。ありがとうございます。確かに普通のキャバクラとかなんか、あの、な、ないですもんね、そういう形で。

そうですね。

―スナックとかでもないですもんね。

ないですね。

―なるほど、ありがとうございます。

はい。

―初めて、このお仕事をして、思い描いてたイメージと比較してどうでしたか?

思い描いたイメージ?

―はい。

最初は無理だと思ったんですけど。

―はい。

もえもえしてる子もおれば、お笑い担当みたいな、メイドさんもおって、もういろんな子が居てるんですよ。働きやすいです。

―ちなみに、担当って決まってるんですか?

担当は多分お笑いですね。

―お笑い担当で、。

そうですね。

―ありがとうございます。今までお客さんで、すごい印象的な人が居たらお聞かせ願いたいなと。

印象的な人ですか?

―はい。

なんかね、まあ結構よく来てくれる人なんですけど。

―はい。

その人がずっと石油王になりたいっていうこと言ってて。

―すごい夢ですね。

この間、そのお客さんが海外に行ったって言ったんです。

―はいはいはいはい。

それで、石油王になりたいって言うから。

―はい。

まあそういう、何ていうんですか。そういう国に・・・。

―あ、石油を掘りにみたいな。

そう、行ったんかなと思って。

―はいはい、はい。

俺は石油王になりたいから海外に行って。

―はい。

そしたら韓国やったっていうんで。

―ハハハハ。

韓国行ったのに空港でおみやげ買ったって、しかも、大阪土産を持ってきた。

―ハハハハハハ。

なんやこの人と思って。

―全然お土産になんないですよね。

ということがありましたね。結構最近の話で。

―ハハハハハ。せっかくだったら韓国の欲しいですよね。

フフフフフフ、いや、大阪土産?と思って。

―ハハハハフフフフフフフ。全然韓国感がないですよね。

全然もう、ほんまに土産話だけ

―アハハハハハ、話だけ持ってきたんですね。。

そうなんです。

―それ確かに印象的ですね。フフフフ。

印象的でしたね。はい。フフフフ。

―ありがとうございます。なんか嫌なお客さんとか居たらどう対処しますか?

私は結構、ずばっと言っちゃう方なんで。

―そうなんですか。

その、嫌やと思ったら、ほんまにやめて、みたいな感じになっちゃうんですけど。

―はい。

そう、それが一番効くかもしれないですね。

―なるほど。

なんかその、中途半端にもうやめてよっていうのやったら、なかなか、面白がって・・・。

―もう、嫌なことは嫌っていうので。

そうですね、私はもう、ぱっと言うように。フフフフ。

―ずばっとですか?

はい、もうボトル下ろすからみたいな。

―あ、もうそんなんだったら下ろすからみたいな形で。

そうなんですよ。

―逆にそれでのってきちゃうお客さんとか居るんじゃないですか?

それはもうノリですね。

―なるほど。

それでもいいよって言ったら、もう、オッケー、オッケーみたいな。フフフフフフフフ。

―なるほど、そういう逆に嫌なことでも逆にプラスになっちゃいますもんね。

そうですね。プラスになるんやったらもう取りあえずボトルここに置くねみたいな。

―うまいですね。

置いて、開けてから、はい、みたいな。

―なるほど、ありがとうございます。

―家族や知り合いにばれないようにするための秘訣を聞いてきました。

―家族や知り合いにばれないようにするための秘訣とかってなんかありますか?

いやそれ、ないんですけどね

―特にないんですか?

私の場合は家族も知ってるんですよ。

―もうみんな知ってるんですね。

さすがに奈良から通うっていうのはもうね、隠してもバレちゃいますよね

―そうですね。

ずっともういろんな飲み屋行ってたので。

―なるほど、じゃあもうオープンでやられてるんですね。

そうですね。

―分かりました、ありがとうございます。

―待機中について質問してきました。

―待機中とかっていつも何してますか?

待機中はみんなで、おしゃべりしたりご飯行ったり。寝たり。

―もう自由なんですね。そこは、待機中は。

そうですね、みんな一緒なんで、待機が。

―なるほど、ありがとうございます。スタッフの方って、優しいですか?

優しいです。優しいというかほんまに面白いです。なんかその待機中とか休憩中もずっと、しゃべって笑って、なんか、ワイワイしてる。

―なんかいいです、サークルみたいですね、なんか学生の。

そうなんです、ほんまに働きやすいなと思って。

―そうなんですね、ありがとうございます。

あんまり夜続かないんですけど、私。

―ここだったらできるかなって思います?

そうですね、ここだから続いてますね。

―いつもじゃあ短いんですか、もっと?

短いですね。

―1店舗どのくらいの期間で働いていましたか?

長かったときで半年なんですよ、でももう4カ月目でもなんか全然楽しいと思えるの、やりがいもあるし。

―ああ、なるほど。それいいことですね。

いいことですね。

―ありがとうございます。ちなみに店長ってどんな人ですか?

店長は、何ていうんですかね。

―はい。

さばさばはしてるんですよ。

―ええ。

さばさばしてる中に。ちょっと天然なとこがあって。そこがまた面白い。

―なるほど。ありがとうございます。

はい。

―ちなみに、待機所って個室待機ですか、集団待機ですか?

集団待機ですね。

―みんなでさっきワイワイしてるって言ってましたね。

そうですね。

―お店の自慢を聞いてきました。

―ありがとうございます。ちなみに、お店の自慢をお願いしてもいいですか?

もう、アットホームなとこで、その系列店が豊富なんです。

―はい。

その種類が多いので、それから。外にチラシ配りに行ったときとかも。その、メイドさんか、男装ホストか。コスプレ女子か、カジノどれがいいですか? みたいな

―そうなんですか。

結構みんな、何それって。

―確かに異色な感じですよね。

そうなんです。

―なかなか見ないお店ですもん。

なんか、いろんな種類があるんで。

―なるほど、ありがとうございます、ちょっとうちも見習って、ちょっと会社の雰囲気をちょっと変えてみます。

アハハハハハハハハ。

―ちょっとよくするようにちょっと心掛けてみます。ありがとうございます。

はい。

―えー、ちなみに指名や延長を取るこつとかってあったら教えてもらってもいいですか?

延長は結構その、まあ、楽しいと思ったら延長してくれるじゃないですか。

―お客さん、はい。

だからもう、盛り上げて、盛り上げて、延長交渉のときも、え、延長でいいやんな、ちなみに60分か1時間かワンセットあるけどどうする、みたいな。

―アハハハハハ。全部同じみたいな。

全部一緒やけど、延長でええやみたいな感じでやってます

―アハハハ。なるほど。確かにお笑い担当ですね。

アハハハハハハ。指名は。

―はい。

もう、あんまり自分からは言わないようにするんですけど。

―うーん。ああ、なるほど。

指名にはこだわらないようにしています。

―そうなんですね。

延長にこだわる

―どっちかっていうと延長だったりじゃあ、お酒も好きな感じなんですね。

お酒も大好きですね。

―どうやってお酒を飲むか延長を取るかで。

延長させるために。フフフフフフフフ。

―なるほど、じゃあ、指名は別にこだわらずに・・・。

指名はもう自由制なんで。

―自由制で。

はい。

―なるほど、いや、今良かったです。ありがとうございます。

はい。

―ちなみにシフトってどうやって決めてますか?

シフトは自分で提出します。

前半、後半に分けて。

―シフトは、1週間ごととかですか。

えーと、5日と20日に提出しています。

―自分でシフトを提出する形ですね。

そうですね。はい。

―じゃあ、もう、完全にまあ自由に出たい日だけ出るって。

自由に、だから、週1の子も居たら

―はい。

週1で、なんか何時から終電までとかも。全然いける感じです。

―なるほど、ありがとうございます。

はい。

―ストレスの発散方法とかってありますか?

ストレスの発散方法は。ボーイに八つ当たりする。

―アハハハハハハハハ。

ハハハハハハハハハ。

―ハハハ。すごいストレス発散法ですね。

言っていいんですかね。

―大丈夫です、大丈夫です。

そうですね、まあちなみに最近、タロウくんとかが一番八つ当たりを受けてると思うんで。

―でもそれ受け入れてくれるってすごいですよね。

ハハハハハハハハ。

タロウくんに八つ当たりするのと。

―はい。

まあ、女の子とお店が終わってからご飯行って、きょうさあ、みたいな

―あ、もう、ぶっちゃけた話をしちゃう。

その日の話をばーっとしゃべるとか。

―なるほど。ありがとうございます。

はい。

―確かにすごい、あのストレス発散方法ですね。

はい。フフフフ。

―ちなみにお金はどんなことに使ってますか?

私の趣味の大衆演劇が、メインですかね。

―大衆演劇ってどんな感じなんですか?

歌舞伎を分かりやすくした感じの。

―なるほど。

何ていったらいいんですかね。時代劇と、舞踊ショーみたいな感じです。。

―自分で演技されてるんですか?

いや、見に行ってます。

―あ、見に行ってるんですね。

はい、趣味で。

―そういうのもあるんですね。ありがとうございます。

はい。

―ちなみに、1日最高どのくらい使ったかってお伺いしてもいいですか?

服とか買ったときはもう3万とかですか、でもあんまり使わんようにはしてます。

―ちょっと金銭感覚が狂っちゃうようなことですか?

そうなんです。やっぱ貯金が趣味なんで、貯金も趣味なんで。

―すごいですね。

あんまり使わんように。フフフフ。

―すごいですね。結構あの、こういう業界だと、なんかもう稼いだ分使っちゃうとか結構ありがちですけど、

やあ、老後を考えてね。

―早くないですか、まだ。

いやあ、そこはちょっとシビアに現実的に。

―僕もちょっと老後考えたいと思います。

アハハハハハハハハハ。

―一応生命保険は入ってるんですよね?

そうです。やっぱ大事

―ありがとうございます。さっきちょっとあの、貯金の話も出たんですけど。

はい。

―ぶっちゃけ、貯金って幾らぐらい今たまってますか?

今で、そうですね、100万はたまって、もうそのまんま置いてあるんですよ。

―すごいですね。

今多分、、定期預金?のやつで、もう見てない、見てなくて振り込むだけなので。

―すごいですね。

100万ちょいとかですかね。

―じゃあ定期預金で?

そうですよね。

―めちゃくちゃ老後考えてるじゃないですか?

老後、女の子やから、何あるか分かんないじゃないですか?

―確かに例えば、結婚資金だったりとか。

そうなんですよ。

―そういうのもやっぱ結婚とかも。

先のことを考えて

―すごいですね。めちゃくちゃ、なんか最近の若い子にはない考え方を。

あ、ほんまですか?親がそういう人やからですかね。

―奥さんにするんだったら理想的な感じですね、それは。

アハハハハハハ、そうなんですかね。

―ハハハハハ。いや、そうだと思います。

―ありがとうございます。えーと、ちなみにこの仕事を始めて自分が変わったなって思うことってありますか?

そうですね。

―はい。

まあ、お笑いを。磨くようになりました

―担当がお笑いですもんね。

お笑いを磨くようになりましたね。

―なるほど。

やっぱり、かわいい子はいっぱい居てるんですよ

―ええ。

かわいい、担当とか。のり担当とか。

―ええ、ええ。

お笑い担当って難しいじゃないですか。

―一番難しいとこですよね。

そうなんです。どうやったら盛り上がるかっていうのを。考えるようになってから。

―はい。

ポイティブが、よりポジティブになりました

―ああ、プラスからまたプラスに。ハハハ。

だから、お客さんにぱっときついこと言われても。

―はい。

もう、取りあえず笑かしたる。こいつ絶対笑かせたるみたいな感じで。

―アハハハハハハハハハハ。なるほど。

はい。強気にポジティブに・・・。

―負けん気も強そうですね。そうやったらもう。

そうですね。

―絶対笑かしてやろうみたいな。

もう、最近それしか考えてないので。

―アハハハハ。

ネタ作りしか考えてないですね。

―ああ、逆に。

フハハハハハ。

―こんな話してると僕自身もちょっと飲み行ってみないなって思っちゃいますよね。

ぜひ来てくださいよもう、全店舗行ってくださいね。

―ありがとうございます。たくさんお金を稼げるようになって。生活ってどう変化しましたか?

いや、余計でも。

―はい。

その、稼げるようになったら。自分の時間が、つくれないんですよね。

―そうなんですね。

もう家帰って寝て、ていう感じで。

―じゃああんまり使う時間もそんなにない。

そうですね、もう休みは寝てるか。大衆演劇行くか。フフフ。

―なるほど。

どっちかです。

―寝るか趣味か。

飲みに行くこともなくなって最近は。

―プライベートじゃあんまり飲みに行ったりしないんですね。

そうですね。

―なるほど、ありがとうございます。最後になるんですけども。

はい。

―あの、これを読んでる女の子に何か一言あったらお願いします。

何か一言?

―はい。お願いします。

まあ、夜の仕事って難しいですけど。

―ええ。

夜の仕事も昼の仕事も、やっぱり自分に勉強になる仕事が一番いいと思うんで。

―そうなんですね。

私は今、自分が勉強できる所やと思って、頑張ってます。

―ありがとうございます。

フフフフ。

―これで、質問の方は以上になります。

ありがとうございます。

―ありがとうございました。

ありがとうございます。

―すいませんありがとうございます。

こんな記事も読まれています

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む