THIS IS ♀ はなまる華組 | 「HajiQ(はじキュー)」インタビュー記事【はじめての風俗アルバイト】

フリーワード店舗検索
全国TOPへ
関西の風俗求人バイト

HajiQ(はじキュー)インタビュー

―実際にお店で働く、ひめさんに直接インタビューして来ました。

はなまる華組ひめさん1

―今日はよろしくお願いします。

お願いします。

―では、まずお名前と年齢をお伺いしてよろしいですか?

ひめ18歳です。

―ひめさんは、こちらの『THIS IS ♀ はなまる華組』様に入店されて、どのくらいたつんですか?

まだ2週間ちょっとぐらいですね。まだまだ不慣れで分かんないことばかりです(笑)

―1回出勤すると、大体何時間ぐらいなんですか?

大体6時間~7時間ですね。

―ひめさんは10代ということですけれども、このお仕事をする他に、何か習い事などはされてないんですか?

いや、フリーターでこのお店で働いているだけです。

―ひめさんは今、お一人暮らしですか?

実家暮らしです。

―通勤時間はどのくらいなんですか?

30分ぐらいなんで、そこまで近くはないですかね(笑)

―実家暮らしで、電車通勤ですかね?

そうですね。電車通勤です。

―お店を探すときに、なるべくちょっと遠い地域のお店のほうがいいな、とか、できれば近いほうが良いとかはあったんですか?

友人が先にこういう業界で働いてたんです。先輩なんですけど、この付近でやってて、やっぱり難波、梅田、日本橋がそういう店いっぱいあるよっていうことで先輩に教えていただいたんです。

―その先輩はいくつ上の方なんですか?

三つ上ですね。

―ひめさんは、初めてこの業界に入ったのがこの『THIS IS ♀ はなまる華組』様だったんですか?

そうですね。急にぽんて飛び込んだ感じです。

―前からこの世界はちょっと興味があったんですか?

そうですね。キャバクラとか、夜のお仕事にはすごく興味がありました。

―それはなんでですか?

自分の中ですごく華やかに見えたんですよね。なんか縛られないっていうか。

―自分の働きたいときに働けて、結構稼げますもんね。

そうですね。

―服やおしゃれは好きですか?買い物は結構する方ですか?

そうですね、服とか、ドレスとかも好きですね。

―次にお店に入店するまでの流れや面接について伺ってみました。

―この『THIS IS ♀ はなまる華組』様に入店されるときは、まずその先輩に相談をしたんですかね?

そうですね、先輩に1回相談させてもらいました。

―この人に聞いたら間違いないかな、みたいな感じですか?

そういうわけではないですけど、唯一こういう世界を知ってる方だったんで(笑)

―少し参考になればいいかなという程度ですかね。その方は同じお店の先輩とかではないんですか?

全然違う系列のお店です。先輩に話を聞いて私もできそうかなって、本当に軽い気持ちで始めましたね。

―この『THIS IS ♀ はなまる華組』様の求人はどうやって探したんですか?

親にばれたくないので夜にスマホでサイトを見ながらっていう感じですね。

―どんなワードで検索をするんですか?

難波、風俗みたいな感じで。

―難波、風俗だと男性用のサイトが出てくると思うんですけどそれを見るんですか?

それに飛んで、下のほうに女の子用サイトとか載ってるんで、そこからまた飛んでいきました。

―この「はじめての風俗アルバイト」も検索して、見つけて、問い合わせたんですかね。問い合わせ方法は電話、メールどちらですか?

メールで最初質問OKだったんで、最初はメールをさせていただきました。

―お問い合わせフォームですか?

そうです。

―最近LINEで問い合わせる人もすごく多いんですけどLINEを使おうかなとは思わなかったですか?

最初メールでやり取りさせていただいて、面接の日時が決まりそうになったときに、LINEにお願いしてもいいですかっていうことで途中でLINEに切り替わりましたね。

―面接はこちらでされたんですか?

そうですね。

―問い合わせた当日にすぐ面接だったんですか?

はい、スタッフさんに車で来ていただいて出張面接をしていただきました。

―遠い所まで来てくれたんですかね?

そうですね、地元まで来ていただいて。

―それは、喫茶店とかでやったんですか?

車内でお話ししましたね。そこからお店行こうかっていう話になって、連れて行っていただきました。

―書類とかは書いたりしたんですか?

そうですね、源氏名とか、これは出来てこれは出来ないという風なことは書きました。

―次に体験入店について伺ってみました。

はなまる華組ひめさん1

―当日は体験入店はされたんですかね?

1回じゃあ、1人、2人接客してみますかっていう感じで当日に体験入店しました。その日は1人だけつきましたね。

―怖くはなかったですか?

怖いっていうより、緊張のほうがすごくて。でもスタッフさんから変な講習とかも一切なくて、口頭説明で、面接中も「質問ない?」とかすごく細かく聞いてくださったので安心して接客できました。

―未経験だと逆に、口頭だけじゃなくてもうちょっと教えてほしいとかはなかったですか?

不安はあったんですけど、その日に付いたお客さんが、「初めてなんです」って言ったら、すごく教えてくださったんです。

―新人のときに優しいお客様につけてくれるのが、この業界のいいところでもありますね。体験入店のときのお給料はどのくらいだったんですか?

1万円ぐらいです。

―体験入店は終わってみてどうでしたか?

緊張はしたんですけど、そのお客様が優しい方だったんで、「男の人はこっちのほうが気持ちいいよ」とかいろいろ教えてもらいました。

―そこで続けられそうと思ったんですかね?

そうですね。

―その時に次の出勤の確定日とかも決めたんですか?

その日は「また、ご連絡させていただいていいですか?」っていう感じで帰りました。無理に入店させられることはないので安心しました。

―その日、1万円もらった時の気持ちってどうでしたか?

やっぱりうれしかったですね。こんな短時間で1万円ももらっていいいのかなと。

―ものの2時間ないくらいで1万円ですもんね。そのときは何分コースだったんですか?

60分です。

―60分で1万円!

そうです、ほんとすごいなと思いました。

―次にこのお店で働くことを決めた理由について伺ってみました。

―ではこの「はじめての風俗アルバイト」っていう求人サイトを見てくれたということでしたが、この地域にも沢山お店がある中でどうして『THIS IS ♀ はなまる華組』様を選んだんですか?

やっぱり待遇ですかね。

―なんの待遇が一番魅力的だったんですか?

個室待機場あったりとか、寮もあったり、あと終電後まで働いてもちゃんと地元まで送ってくださったりして待遇がすごくいいな、と思います。

―それは求人サイトの待遇の所に書いてあるんですか?

はい、書いてありました。

―実家暮らしということで寮は利用されないと思いますが、寮が完備されてるっていうことは女の子に手厚いお店なんだなっていうイメージがあって良いですよね。他のお店には同じような待遇の所はなかったですか?

あったんですけど、ぱって目に付いたのがこのお店だったので。取りあえず、体験させていただこうっていう感じでした。

―何店舗か候補はあったんですか?

そうですね。何店舗かあったんですがいざ話を聞くと、他の店舗さんは書いてること違うとかがあって。実は送迎車がなかったりとか、寮が完備されてないとか。

―次にこの業界で働くことになったきっかけについて伺ってみました。

―実際に問い合わせてみないと、分からないところもあるかもしれないですね。この業界って華やかでお金も稼げるっていうイメージがあると思うんですけど、その分勇気も必要かなと思います。ひめさんはこの業界で働いてみたいと思ったきっかけってあったんですか?

本当になくて(笑)初めは普通に就職してたんですよ。ぱって辞めてしまって、仕事を辞めたことがきっかけに、こういう世界に飛び込んでみようって思ったんです。

―なんのお仕事だったんですか?

介護士をしてました。

―差し支えなければ、介護士のお仕事はなんで辞めたんですか?

好きな仕事なんですけれど、お給料の安さと精神面のきつさがあって辞めました。

―それで、前から興味があったこの業界で働き始めたんですね。

そうですね、ちょっと働いてみようかなという風に思って。

―この業界にはデリヘルとかエステとかいろんな業態があると思うんですけど、ひめさんは何でホテルヘルスを選んだんですか?

エステとか、ツーショットキャバクラとかって、時給制なんですよね。

―そうですね。

でも、ホテルヘルスはそうではないのでお給料もかなり変わってくるのでいいかなと思います。自分が頑張れば頑張るほど認めていただけるっていうか。一度お会いしたお兄さんが「また会いに来たよ」って言ってくださるときが一番うれしいですね。

―指名してくれたときですか?

そうですね、それが嬉しくて。

―ホテヘルのほうが自分の頑張りがお給料に反映されるから魅力的だったんですね。

はい。デリヘルは、自宅デリにやっぱり怖いイメージがあって不安だったんでホテヘルにしました。ホテルだと、なんかあったときにスタッフさんが駆けつけてくれるので良いですね。

―それは先輩から聞いてた予備知識ですか?

それはそうですね。事前に色々聞いていたので。

―次にお仕事をする前と働いた後でのイメージの違いについて伺ってみました。

―よく聞いてたんですね。では、このお仕事をする前に何となく持っていたイメージがあると思うんですけど、実際働いてみてギャップはなかったですか?

お客様によるんですけどやっぱりいい人もおれば、ちょっと雑な人もいたりします。でも、そういうときはスタッフさんに言うようにしてますね。

―すぐ、スタッフさんに相談するんですね。

すごく親身になってお話しを聞いてくださるんですよ。相談したら、30分休憩をくださったりもしますね。

―ひめさんは「ああいう人はNGです。」とか、言ったことはありますか?

まだないですけど、あまりにもひどい場合は、そういうこともできるよって教えてくださいました。

―ひめさんはこのお仕事のことは誰にも言っていないんですか?

秘密ですね。

―次にバレないための工夫について伺ってみました。

―ばれないために工夫とかは何かされていますか?

その日、いただいたお給料はすぐ自分の口座に入れています。あと、親にはキャバクラで働いてるって言ってます。キャバクラならお触りもないので。

―お店の写真もかなりぼかしを入れてるんですか?

もう、首下しか見えないようにしてもらってますね。

―それもOKなんですね。

下着とかでも、ばれるときはばれるんで。それも嫌な子は、ネット完全NGっていう子もいます。スタッフさんに相談したら親身に対応してくれるんですよ。

―できればちょっと、完全NGのほうが良かったとか、そういうのはないんですか?

いや、特になくて。スタイルだけならだったら別に大丈夫かな、と思いました。パソコンで写真を修正してくれてほくろとかも全部消してくださったりするので。

―次に勤務日数や気になる給与面についても伺ってみました。

―今、2週間くらい働かれていると思うんですけど、週何回ぐらいで勤務しているんですか?

私は週3回ですね。

―これからも週3回ぐらいですか?

週3~4回ぐらいで働こうと思ってます。

―6~7時間ぐらい働くと、1日どのくらいいただけるんですか?

新人の私でも2、3万円はいただいていますね。

―最高だと、どのくらい稼いだんですか?

最高でちょうど昨日、3万3000円でした。

―このまんま週3回で3万円だったら、月収は40万円弱ですね。

そうですね。

―40万円いきたいですか?

40万円欲しいですね(笑)

―18歳で月収40万円ってやっぱり大金だと思うんですよ。ひめさんは稼いだお金を何に使ってるんですか?

今はもう貯金ですね。

―貯めたお金を使って何かをしたいとかはあるんですか?

実家を出たいんです。一人暮らしの資金集めです。

―でも、すぐできるんじゃないですか?このまま2カ月、3カ月でできそうですね。

そうですね、3カ月目くらいでできそうですね。

―やっぱり一人暮らしの方がいいんですか?

そうですね。やっぱり身内ばれが怖いんです。一人暮らししてる方が安心だと思うので。

―次に趣味について伺ってみました。

―まあ、一人暮らしの方が安心ですよね。ひめさんはなにか趣味とかはないんですか?

趣味はコンサートですね。

―バンド系ですか、それともアイドル系?

アイドルのジャニーズが好きで。

―そうなんですね、ツアーも言ったりするんですか?

結構行ってますね。

―最近はどこまで行ったんですか?

冬はまだこういう業界に入ってなかったんで。名古屋、大阪ぐらいです。

―去年ぐらいですね。これからの予定も、もう出てるんですかね?

夏に全国5大ドームのツアーがあるんです。

―結構、追いかけるつもりなんですか?

でも今の目標は一人暮らしをするっていう方が大きいんで。ちょっと我慢して大阪だけでいいかな、みたいな。

―またちょっと落ち着いてきたら行きたいですよね?

本当は行きたいんですけど、1回置いて、次のツアーに回そうかなと思ってます。

―1人で行く派なんですか?

そうですね。1人で行ったりもします。あとはそのヘルスの先輩とも行きますね。

―先輩も好きなんですか?

追っかけをするためにこういう業界入ったみたいなもんなんで(笑)

―チケットも高いですもんね。

そうなんです。

―新幹線代だったりとか、北海道行きたいっていったら飛行機も取らないといけないし、ホテルもお金かかりますからね。やっぱりチケットは全然取れないんですか?

全然取れなくて。転売のチケット買ったりします。

―掲示板を見てですか?

掲示板見たりとか、サイト見たりとかで買ってますね。

―そのために頑張ってお金稼がなきゃっていうのもありますよね。

そうですね。ジャニーズのためなら頑張れますね(笑)

―最後にひめさんから一言頂きました。

はなまる華組ひめさん1

―介護士をしていたら時間もないし、お金もそんなにはないですもんね。ひめさんは予備知識として先輩がいたから、何となくこの業界のことは分かっていたと思うんですが、この業界のことを全く分からないけど興味があって働きたいっていう子もいますよね。そういう子に向けてひめさんなりのアドバイスをいただけますか?

私、こういう業界に興味はあったんですけど体形にすごくコンプレックスがあったんです。

―全然体形、悪くない感じがしますけど。

興味あっても、私、おっぱいちっちゃいからとか。ちょっとぽっちゃりしてるから向いてないんちゃうかなみたいな何かしらコンプレックス抱えてる子がいてると思うんですね。私も2週間前は、結構ぽっちゃりしてて、ちょっと引き締めてから働き始めたんです。

―断食したんですか?

ちょっと、夜ご飯を野菜だけにしたりとかしました。

―入店する前にちょっと痩せようと思ったんですね。

そうですね。だから、別に体形とかそういうことは関係なく、自分がこの店良さそうやなって思った所に、取りあえず面接に行ってみて欲しいですね。

―直感もやっぱりありますよね。

そうですね。

―ホームページでしか見れないから実際に問い合わせて話聞いていかないと分かんないですよね。

ちょっと行くのが嫌だったら、LINEなり、電話なりで雰囲気を聞くこともできます。あとは、今はもうあんまりないとは思うんですけど、スタッフさんと裸になって講習を受けるとことかもあるからそういうところもちゃんと見といた方がいいと思います。そういう店よりやっぱり口頭のほうが良いし、お客様から直接教わるほうが、身にもなると思います。

―分かりました。貴重なご意見、ありがとうございます。質問はこれで以上になります。

いえいえ、そんな。ありがとうございます。

―ありがとうございました。

こんな記事も読まれています

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む