Japanese Escort Girls Club Osaka | 「HajiQ(はじキュー)」インタビュー記事【はじめての風俗アルバイト】

フリーワード店舗検索
全国TOPへ
関西の風俗求人バイト

HajiQ(はじキュー)インタビュー

目指せ貯金額4桁! 英語を学びながら 稼げるお店!

みなみさん(25)は『Japanese Escort Girls Club Osaka』に入店して4か月!英語を話す環境と生活のために『Japanese Escort Girls Club Osaka』で働くことを決めたそう。みなみさん自身、英語の環境に置かれていた時期もあり英語を話すことや海外の方の相手をすることに抵抗はなかったそう。

『Japanese Escort Girls Club Osaka』だから入店した!

―『Japanese Escort Girls Club Osaka』を、どうやって見つけられましたか?

ネットの求人サイトで見つけました。特にエリアはここがいいっていうのはなかったのですが、自宅から通いやすかったので「日本橋」エリアにしました。問合せ方法はLINEで連絡して面接を受けました。面接時間は1時間くらいで面接官は店長で、丁寧に優しい感じで対応していただきました。そのあと体験入店を2、3日ぐらいしました。 講習はDVDを見て、だいたいの接客内容を確認してお仕事スタートしました。

―『Japanese Escort Girls Club Osaka』は外国人の方がメインだと聞いたんですけど、皆さん英語って話せるんですか?

私は話せます。実家で外国の方をホームステイさせてあげるっていうのをしていたので、英語を話す環境があったので話せるようになりました。なので外国の方を相手にサービスしたりお話したりということに抵抗や不安はなかったです。

―このお仕事を始めたきっかけってなんですか?

生活費のためにと貯蓄ですね。ここは2店舗目なんですけど前のお店もデリヘルでした。『Japanese Escort Girls Club Osaka』は英会話の勉強になるかなと思って、業種で選ぶっていうよりもこのお店だから選びました。この業界に対しては特に悪いイメージも怖いイメージもなかったです。

―このお仕事について、知ってる方はいますか?

同業の子以外の友達は知らないですね。家族も知らないのでほとんどの人が知らないと思います。家族とは一緒に住んでいるのですが、コンビニのパートで働いているって話してます。

みんな気になる海外の方と日本人のお客様の違いは?!

―結構みなさん気になるところだと思うのですが、外国人相手の接客って、どんな感じなんですか?

基本的には英語での対応になります。あと、お店から翻訳アプリの入った携帯を支給していただいたりします。なので英語が話せなくてもコミュニケーションツールがあるのでそこまで言葉の壁は気にしなくてもいいと思います。英語っていっても、それぞれの母国語の訛りが入るので、しゃべりづらくて、聞き取りづらくて、ゆっくりしゃべってもらったりすることもあります。そういう意味では言葉が伝わらないからこそ、気を使っていただけるので安心します。

―外人の男性は優しいとか特徴って何かあるんですか?

基本的に皆さん、優しい方が多いです。いろんな国の方とお会いするので、みなさんの国のお話が聞けたりします。日本じゃ絶対、食べないようなサソリ食べるとか、クモを食べるとか・・・。普段海外の方ってお話する機会があまりないのでいろんな話がきけるのは『Japanese Escort Girls Club Osaka』で働いているからこそだなって思います。

―日本人の方とここだけは絶対に違うって何かありますか?

リアクションを求める方が多いですね。オーバーリアクションの方が受けがいいですね。うるさいぐらいでもいいと思います(笑)あと「ノー」とか否定せずに、極力「イエス」でプレイすると喜ばれます。基本的にジェントルマンなのでそんなにハードなことをされるわけじゃないから肯定してプレイするようには心がけてます。あとはやっぱり、レディーファーストの方が多いと思います。高級なホテルに行くこともたまにありますね。あとはチップもたまにいただけます。これは外国人ならではだと思います。

―どの国籍の方が多いんですか?

バラバラですね・・・。ヨーロッパの方も、アメリカの方も来られるんですけど。まだ、アフリカの方とは、お会いしたことないです。意外と近隣のアジア圏の方よりも、ヨーロッパ圏の方のほうが多いと思います。国によって優しい、優しくないとかはなくて皆さんよくしてくれます。日本人よりも気を使ってくださる方が多いイメージですね。

目標貯金額は4桁!達成後の夢は風俗業界の裏方のお仕事!

―気になるお給料について教えてもらってもいいですか?

1日6時間か、7時間くらいの勤務ですが、平均3万円くらいかな。勤務時間が短いので、1日の最高収入は5、6万円くらいだと思います。たくさんお金を稼げるようになって、貯蓄に回す分が大きくなったり、気持ちに余裕がでるようになりました。他ではあまり贅沢はしていないですね。月収は40万円か50万円くらいだと思います。貯金額は秘密ですが、4桁は貯めたいですね。

―夢や目標はありますか?

夢は自営業を考えています。ヘアセットが好きなのでそういう美容関係のお仕事がしたいですね。自分のサロンを持とうと思うと、かなりお金かかると思うんですけど、例えばこの業界だと、スタジオ勤務の方とかいらっしゃるのでそういうのもいいかなって。大きいグループだと、専属のヘアメークさんとかがいらっしゃって。仕事が入り次第働くスタイルもいいかなって思ってます。キャストとしてこの業界にずっといるつもりはないのですが、裏方としてサポートしたいなっていうのはありますね。4桁稼げたらプレーヤーは卒業したいですね。

―前職は何をされてましたか?

コンビニのアルバイトを掛け持ちしてました。『Japanese Escort Girls Club Osaka』で働いてからとを比べると2.5~3倍ぐらい収入は増えました。生活費のことを気にすることもなくなって、貯金もできているので満足です。

『Japanese Escort Girls Club Osaka』で働くメリット

―このお仕事のいいところと、悪いところってありますか?

いいところは、お金の余裕ができること。お金の余裕は心の余裕だと思うんです。悪いところはこの仕事をしてることって、なかなか人に話にくいじゃないですか。堂々と話しにくいというか、ちょっと隠してしまうというか、そこが気になる部分ですね。別に悪いことしているわけではないんですけど。

―このお仕事を始めて、みなみさんが変わったと思うことはありますか。

人見知りしなくなったと思います。無理やりでも話さないといけないので前は全然話せなかったのですが、今は話せるようになりました。コンビニで働いてたんですけど、
しゃべることって、定型文で決まってるじゃないですか。特に何もイレギュラーがなければ、会話することは、ほとんどないのでそこまでコミュニケーションスキルも必要じゃなかったんです。でも今は色々お話するようになって人見知りはなくなりましたね。

―最後にこれからこの業界で働く女性に何か一言お願いします。

もちろん簡単に稼げるような業界じゃないですし、しんどいことも多いです。だけど『Japanese Escort Girls Club Osaka』は普段接することのできない海外の方とお話できたり、楽しいこともたくさんあります。日本人のお客様が苦手って方とかも気軽にお問合せしてみて欲しいです。話を聞くだけでもいいので。合わなければ働かなければいいだけなので。居心地良ければ、働きましょう。あとは身バレがすごく気になる方にもオススメですね。まず知り合いに会うことはないですし、余計な心配をしなくていいので気持ちも楽です。

こんな記事も読まれています

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む