新大阪秘密倶楽部/月収は3ケタ⁉化粧品販売から一転…新大阪のM性感!

フリーワード店舗検索
全国TOPへ
関西の風俗求人バイト

HajiQ(はじキュー)インタビュー

―そしたらインタビューを始めさせてもらいます。よろしくお願いいたします。

お願いします。

―『新大阪秘密倶楽部』の「ちなつ」さん基本情報

―まず失礼なんですけども、お名前とご年齢だけお伺いさせていただいてもよろしいでしょうか?

ちなつです。26歳です。

―入店歴はどのぐらいになりますか?

今年の6月で多分4年です。

―かなり長いですね!

―ちなつさんの勤務時間を教えてもらってもよろしいでしょうか?

私は大体、朝9時から夕方17時くらいまでです。

―ちなつさんは昼職とかされてるんですか?

今はしてなくって、週に何回かだけ趣味で学校に通ってます。

―学生さんっていう感じなんですかね?

はい、そうですね。

―今は1人暮らしですか?

1人暮らしです。

―最初は何で見つけた?お店への連絡方法

―では、最初にこのお店を見つけた方法を教えてください。ちょっと昔過ぎてあれなんですけど…。

確か携帯で調べましたね。前、阪急沿線に住んでたのでその沿線で探しました。一番最初にいっぱい出てくるのの一番上にここが出てきたんですよ。

―あ、お店のホームページというか…。

そうです。何個か出てくる中で、ちょっとクリックしてみたらなんかいきなりお店の人とチャットできるようになってたんですよ。

―ああ、はい、ありますね!

こういう業界来たことなかったんで最初よく分かってなくて、「ただただ話を聞きに行くだけでもいいですか?」みたいのを送ったら、すごく親切に対応してくれて「意外といいな」と思いました。

―それはメールか電話ですか?

それもそのチャットでやり取りしました。

―じゃあ、そのサイトを見て…っていうことですね。

そうですね。そのままじゃあいついつ行きますって感じになって、多分次の日ぐらいかな…?

―あ、それはちょっと待ってください、まだちょっとごめんなさい。(笑)

アハハ。はい。(笑)

―話を聞いて即決!『新大阪秘密倶楽部』の面接

―面接はどちらで行いましたか?

面接はここの部屋です。

―事務所ですね。

はい。

―面接はどんな感じだったか覚えてますか?結構昔だと思うんで申し訳ないんですけども…。

私、面接だと思ってなかったんですよ。

―どういうあれのアポイントだったんですか?もうその前から働く気で行かれたんですか?

チャットのときにどんな感じかよく分からなかったんで、「ちょっとお話聞きに行ってもいいですか?」っていう感じで聞きに行ったらそれが面接だったっていう。

―ああ、なるほど。

フフフフフ。(笑)

―びっくりしますよね。

えっ? みたいな。

―別に持ち物もなんか用意しなかったっていうか…?

その日はなんにも、ちょっといろいろ用事があった帰りだったので自分の荷物だけしか持ってませんでした。

―ちなみに面接時間は何分ぐらいでしたか?

1時間なかったんじゃないかな?そんなになかったと思います。

―1時間ぐらいですね。面接官の人はどうでしたか?

なんかすごい優しかったです。

―面接官の方は男性ですかね?一対一ですか?

そうです。一対一の面接でした。

―「ちなつ」さんが新大阪エリアを選んだ理由とは?

―ちなつさんこのエリア選んだ理由は先ほどおっしゃってた「阪急沿線だった」っていうことですよね。

そうなんですよ。

―その阪急沿線の中でも、一番上に来てたから…。

そうです。一番最初に出てきたからそこから見てみようと思って、出てきたところがこのお店でした。フフフ。(笑)

―誰にもバレずに4年間!完全未経験で『新大阪秘密倶楽部』へ!

―入店されるときに、彼氏やご友人にはご相談とかはされましたか?

なんにもしてないです。

―ちなつさんは、こういったお仕事はもちろんこのお店が1店舗目ですよね?

そうです。

―ずっと移籍もせず『新大阪秘密倶楽部』なんですか?

はい、ここだけです。

―長いですね。

やっぱり長いんですね。

―長いです長いです。

―入店後のギャップは一切なし!面接ではまず業種の説明から…

―では、携帯で調べたときに求人内容とかも書かれてましたよね?

書かれてたと思うんですけど、私あんまりそういう用語がよく分かってなくて結局なんなのかがよく分からなくって…。フフフフ。(笑)

―それで事務所でいろいろ詳しく…。

「これはこういうことをするお店で、ここはこうです。」みたいなのを一つずつ教えてもらった感じです。まずそこから説明してもらったんですよね。

―給与体系のとことかは見てないんですか?

書いてあったと思うんですけど、よく分かってなかったから、ちゃんと見てなかったです。

―じゃあ、最初にそのお話を聞いた時と、実際働いてみて違うところはありましたか?

なかったです。

―プレイ見学もOK!?『新大阪秘密倶楽部』の体験入店について

―ではちょっと昔のことを思い出していただきたいんですけども、体験入店はされましたか?

見学みたいなのはしました。

―あ、見学ですか?

2回ぐらい見学しましたね。

―見学って何されるんですか?お店の中を見たりとか?

いや、女の子が普通にプレイを行ってるのを一緒についていって見てるっていう…。

―お客様はそれ、大丈夫なんですか?

なんかOKな人がいるから。アハハハハハ。(笑)

―すごいですね。それが新しいプレイみたいになってますよね。(笑)

ウフフフ。(笑)

―では、面接されてどれぐらいで入店されましたか?

もうその日に取りあえず「じゃあ来ます」って決まりました。

―そうなんですね。面接のときに必要なものは持ってきてなかったと思うんですけど、後日なにか持っていきましたか?

結局何がいるんだったっけ?えっと、免許証と住民票ですね。

―身分証ですね。

そうですね。それは持ってきた記憶がありますね。

―それは後日でも大丈夫だったんですか?

はい、大丈夫でした。

―高収入のお仕事を始めたキッカケとは…?

―では、ここは核心なんですけども、ちなつさんがこのお仕事を始めたきっかけをお聞きしてもいいですか?

一番初めはちょっと海外に行きたかったので、お金を貯めたいと思って来ました。

―それはもう叶いましたか?

いや、海外危なくなってきたから結局行ってないんです。

―フフフフフフ。(笑)

フフフ。(笑)

―経済が変わっちゃいましたもんね。

そうなんです。なんか危なそうだから。

―最初は右も左も分からずに入店したけど…

―では、次の質問行かせていただきます。これももちろんそうだと思うんですけど、今働いてるこういう業種は初めてですよね?

初めてです。

―ちょっとこの質問もちょっとかぶっちゃうんですけども、この業種を選んだ理由っていうのは特に業種とかも分かってらっしゃらなかったんで…。

そうですね、全然分かってなかったです。ウフフフフ。(笑)

―フフフ。(笑)検索したときに一番上にあったから行ったみたいな感じですよね。

そうです。どこまでするのかも知らなかったです。でも、結果面接してくれた人が良かったから入りました。

だから4年も続いたわけですもんね。

うん。そうですね。

―でも完全に未経験なんですね。

はい、そうです。

―「ちなつ」さんの前職は女の子が憧れるあの職業!

―このお仕事始める前はどういったお仕事をされてたんですか?学生さんとか…?

大卒で化粧品メーカーに勤めてました。

―それを辞めて面接ですか?

いや、最初は並行して働いてましたね。

―どのくらいの期間、掛け持ちだったんですか?

1年半ぐらいかな?

―こっち1本に絞ろうと思われたきっかけとかってあるんですか?

やっぱり両方だと体がしんどいので…。

―『新大阪秘密倶楽部』に入店して良かったことは?

―このお店に入店してよかったことは、何か一つ上げるとするならば何ですか?

えー、楽しいですね。アハハ。(笑)

―具体的にどういった感じですか?これ見てる女性が未経験の、ちょうど4年前のちなつさんと一緒のような方が多いので…。

ああ、なんだろう、楽しい。(笑)

―お店の雰囲気がいいとかそういう感じですかね?

それもそうですけど、女の子同士が程よく仲が良いし…。(笑)

―いい感じに仲がいいと。(笑)

うん。お客様もいい人が多いですね。

―講習は女性講師が担当!最初のプレイも先輩がついて来てくれる!?

―最初は講習とかっていうのはありましたか?

ありました。

―『新大阪秘密倶楽部』はどんな感じの講習になってるんですか?

男性のスタッフさんが口頭で説明してくれました。

―口頭なんですね。

あと、女性の先生もいるんですよ。その先生がお尻とかの模型みたいな人形でここがこうで…って説明してくれます。

―生身の男じゃなくて。

そうですね。生身はちょっと。(笑)

―マネキンみたいな感じなんですかね?

そうそう!そんな感じの人形を使って教えてくれます。

―基本、生身の講習はない感じですね。

全然ないですね。

―そこが結構一番心配されるんですね。逆に言うとすぐ、実践になってくるんですかね?お客様で初めて実践ことですよね?

でも最初はベテランのお姉さんと一緒に3人で行って、「こうやるんだよ」みたいなのを見せてもらいながらやる感じでした。

―そんなんできるんですか!

―『新大阪秘密倶楽部』は人間関係も事務所環境も良好!

―ちょっとかぶってしまうんですけど、こちらのお店の雰囲気とか環境はどういった感じですか?

いいです!まあ、私ここしか知らないんですけど。

―まあ、そうですよね。

でも、みんな仲が良いと思いますね。

―待機場をさっき見させていただいたんですけど、すごく掃除とかもされててキレイですよね。

そうですね。

―落ち着いた男性が多い?『新大阪秘密倶楽部』のお客様

―お客様はどういった方が多いですか?

年齢はもうさまざまです。結構高齢の方もいるし…でもサラリーマンの人結構多いかな?

うん。若い子も多いけどね、春休みとか。

―結構皆さん紳士的な方が多いんですかね?

優しい人が多いです、やっぱり。

―そうですよね。

―「M性感」に対する最初のイメージと、働いてみて感じたこと

―では、ちょっと思い出していただきたいんですけども、ちなつさんこういったお仕事始める前ってどういうイメージ持ってましたか?でも、結構楽観的でしたよね。聞いてる感じ…フフフ。(笑)

正直よく分かってなかった。アハハ。(笑)

―怖いとかそういうイメージはなかったんですか?

でもヤバいところだったら帰ろうと思ってはいました。アハハ。(笑)

―若干の危機感というか…。

もし危ない所だったら帰ろうかなとか思ったけど実際全然そんなことなかったです。

―真逆ですもんね。

うん。そうですね!

―お仕事のことは何て言ってる?「ちなつ」さんの身バレ対策

―先ほどご友人に入店の相談してないっておっしゃってたんですけども、ご家族や知り合いの方は今このお仕事のことはご存じなんですか?

知らないですね。

―そのアリバイ対策じゃないですけど、お仕事のことはなんておっしゃってるんですかね?

一応、実家はちょっと遠いですし家の近く別に知り合いもいないんですけど、家族には会社辞めちゃったので、「友達の仕事手伝ってる」って言ってます。

―ああ、ご友人のお仕事ですね。内容までは言ってないんですか?

一応ほんとに手伝ってることはあるんでそれを言ってます。

―とにかく食べています!!待機時間の過ごし方

―では、待機場のことをお聞きしたいんですけども、こちらは集団待機と個室待機どちらですか?

半個室みたいなところです。

―ちなつさん待機中はいつも何をされてるんですか?

ご飯とか食べるんですけど、でも写メ日記とかあげてるよ!

―自由ですね。ご飯とかも食べれるんですか?

ご飯めっちゃ食べてます。フフフ。(笑)いつも食べてます。

―待機室は小さなプライベートルーム!快適に過ごせる環境

―個室待機っていうことだったんですけども、待機室の設備とかってどんな感じなんですか?

鏡もあるし、ソファがあるし、ちっちゃいテーブルがあるので結構快適です。

―いいですね。マンガ喫茶みたいな感じですか?

ああ、そうなのかな?ちょっと行ったことなくて…。

―すいません…。

アハハハハ。(笑)

―でも快適ってことなんですね。

はい、快適です。

―店長・スタッフはみんな知識豊富で面白い!

―では、スタッフさんや店長さんはどんな人ですか?優しいですかね?

スタッフの人は基本みんな優しいです。

―紳士的な方が多いですよね。

うん、おもしろい人も多いです。

―ちなみに店長さんってどういった方ですか?

店長さんは、おもしろい。ウフフフ。(笑)

―結構おしゃべりな感じですか?

いろんなお話してくれます。フフフフ。(笑)多分、知識が豊富だと思う。

―「ちなつ」さんが思う高収入バイトの良いところ・悪いところ

―では、ちなつさんが思う、この高収入のお仕事のいい所と悪い所を1個ずつ上げるとするならば、何がありますか?

いい所は、お金貯まるところです。

―ですよね。

悪いところはなんだろうなー…。

―今年の6月で4年っておっしゃってたじゃないですか、1回たりとも辞めよっかな?とかちょっとどっか行ったろうかな?みたいなのは無かったんですか?(笑)

いや、私途中で1回違う会社に転職したんですけど…。

―継続しつつですか?

はい。なんですけど会社のほうを辞めちゃいましたね。

―ハハハ。(笑)こっちが居心地良すぎてってことですか?

そうですね。

―じゃあ悪い所ないんですかね、こちらの職場に関しては。

個人的にはないです。今のソファが残ってくれれば、他に言うことはないかな。フフフ。(笑)

―月収は3ケタの時も…!みんな気になる「ちなつ」さんの月収

―では次はお金の話にいっちゃいます。ズバリ、月収をお聞きしたいんですけども、ザックリでいいんで教えていただけますか?

大体平均どれぐらいだろう?8、9…。

80万、90万、100万円…?

ウフフフ。そのへんをウロウロしてる。(笑)

―すごいですね。化粧品メーカーだったら無理だと思いますね。

うん。無理ですね。

―ハハハハ。(笑)OKです。

―働いたお金は一体何に使われてるんですか?

旅行に行ったりは結構してます。

―国内ですか?

国内。海外はちょっと…。アハハ。(笑)

―ですよね。情勢がちょっとよろしくないですからね。

でもそうですね。旅行ぐらいかな。

―平均でも5~6万円!?圧倒的に稼げるM性感店!

―1日平均ではどれぐらい稼がれてますか?

大体5~6万円ぐらいですね。

―コンスタントにそれくらい稼いでるんですか?

そうですね。

―勤務時間が9時から17時とお伺いしたんですけど週どのぐらい出られてるんですか?

―勤続4年の「ちなつ」さんの最高日給はズバリ……

今は学校の授業がない日に来てるんで、週5日です。

―週5日で100万円っていいですよね。

はい。

―先ほどは平均日給聞いたんですけども、この4年弱で1日の最高金額ってどれぐらいだったんですか?

10万円を超えたときが1回あったんですよ!

―すごいですね!

年末はありました。

―それは9時~17時ですか?それともプラスされたんですかね?

そこはちょっと覚えてないけど…。

―10万円は超えたという記憶はある…?

はい。あ、でもちょっと延ばしたかも、20時ぐらいまで。分からんけど。(笑)

―アハハハ。(笑)でも、すごいですね10万円は。

うん。そんな時もありましたね。

―このお仕事を始めてから買った高価なものは…?

―結構使われたりもするんですか?旅行が趣味なんですよね?

旅行と、あとは洋服買ったりとかするんですけど、そんなにめちゃくちゃ買うわけじゃないです。

―ではその中で一番大きい買い物ってなにかありますか?これはちょっと金額高かったけど奮発しちゃったな…みたいな。

カバン!

―ちなみにおいくらですか?

そんなに高くなかったです。多分5万円ぐらいですね。

―いやでも1日でそんなに…。

―旅行のときにバッと使ったりはありますか?

旅行のときはせっかくだからいいお部屋を取ります。せっかくなんで。

―いいですね。

―では、これはちょっと答えられなかったら答えないっておっしゃってくれてもいいんですけども、貯金額は…。別に無理して答えなくてもいいですけどね。

じゃあ秘密で。ウフフフフ。(笑)

―内緒ですよね。ごめんなさい。すいません無礼なこと聞いてしまいました。

全然いいです。(笑)

―『新大阪秘密倶楽部』で働き始めてから変わったこと

―では、このお仕事を始められてから生活の変化って何かありましたか?

あんまり不安はなくなりましたね。なんか老後とかこの先のことも…。

―じゃあ結構貯金があるって感じですよね。フフフフフ。(笑)

まあ、老後は絶対年金もらえないし…とか考えたら、そうですね。

―ちなみに今も阪急沿線のほうにお住まいなんですか?

今は引っ越しちゃったので違います。御堂筋利用です。

―ちなつさんは今、夢や目標はありますか?

将来的な目標…まだ悩んでるんですよね。ウフフフフ。(笑)

―今、探し中みたいな?

うん。迷ってます。迷子です。

―模索中ですね。

はい。ウフフフ。(笑)

―目標金額は1000万円!貯まった後もこのお仕事は続ける?

―貯金額は聞いてないんですけど、目標金額とかあるんですか?もしかしてもう超えちゃいますか?

いや、まだもうちょっといきたいですね。

―ちなみに目標とされてる金額はどれぐらいですか?何歳までにこんぐらい貯めるみたいな目標あれはお聞きしたいんですけども…。

フフ、何歳までに…?

―まあ、年は最悪なくてもいいです。

フフフ。(笑)どれぐらいやろうな。

―目標金額なんで1000万円とかでもいいです。あとプラス1000万円とか…。

そっか。1000万円で!(笑)

―すごいですね。じゃあその1000万円を稼がれた後もこのお仕事は続けられますか?

状況が良ければ続けたいと思う。自分の周りの環境が大丈夫だったら。

―ハハハハハ。(笑)

アハハ。(笑)

―始める前から高収入の「ちなつ」さん!それでも月収3倍…!?

―では、前職が化粧品メーカーだったってことなんですけど、月収って覚えてますか?

月収は大体30万円ちょっとぐらいですね。

―結構多いんですね!

頑張ってたんで。フフフフフ。(笑)

―フフフ。(笑)今が100万円であれば3倍ぐらいですか?

そうですね。だいぶ増えましたね。

―もはや職業病!?「電車の中で男性を見ていると…」

―このお仕事を始めて、先ほどは生活の変化を聞いたと思うんですけど、自分自身が内面的に変わったな、と思ったことってありますか?

いやー、責めるの楽しくなりました。アハハハハハ。(笑)

―急に…急に下ネタに。

いや本当に!

―口下手だったりシャイな人が、しゃべれるようになったとか、口下手がなおったとかが多いんですけど…そういうの特にない?

そうですね。前も接客してたので。

―ああ、人見知りとか特にないんですね。

まあ、あるんですけど、極度のではなかったのでそんなに変わってないです。

―男性を見る目とかも特に変わってないんですか?

いやー、ちょっと電車の中で男性を見るときに、怪しい目をしてしまうときがたまにあります。

―どんな目ですか?

なんかこの人ちょっと股間が…みたいな。アハハハハ。(笑)時々注目して見てるときがありますね。

―ハハハハハ。(笑)

ウフフフ。(笑)

―すごいですね。

うん。駄目だな。

―いや、駄目ではないと思います。(笑)

―相談相手は女性スタッフだけじゃない!みんな優しいお店です!

―では『新大阪秘密倶楽部』の自慢を一つ上げるとするならば…他のお店のことはご存じないと思うんですけども、こちらのお店の一番いい所って何ですか?

一番いい所なんだろう…優しいところ?

―みんなが優しいってことですか?スタッフさんを含め。

うん、そうですね。女の子も優しいです。めっちゃ親切ですよ。分からんこととかは教えてくれるし。

―さっき女性の先生がいらっしゃるって言ってたじゃないですか?そういう方は常駐されてるんですかね?

そうですね。ほぼいますね。

―それは大きいですよね。男性には相談できないこととかもやっぱあると思いますんで。

うーん、でもいなくても他の人に聞いても色々教えてくれます!

―あ、本当に仲良いんですね。

はい。大体、解決すると思います。

―最後に「ちなつ」さんから『はじ風』をご覧の皆さんにメッセージ

―ではこれが最後の質問ですね。これを読んでる方は、4年前のちなつさんみたく、業界のことを知らない未経験の方が多いんですよ。昼職されてて、ちょっとお金が足りなかったりとか、働きたいけどまだ若干怖いっていうイメージが付いちゃってて勇気が出ないっていう方がいるんですけど、そういう女性に向けて何か後押しできるような一言をお願い致します。

本当に私自身が全然なんも知らずに来て続いてるので取りあえず来てみたほうがいいと思います。

―取りあえず動かないと始まらないってことですよね。

多分来たら印象は変わると思います。意外と安心、安全。アハハハ。(笑)

めちゃめちゃクリーンですもんね。

うん。運がよかったと思います。

―インタビューさせていただいてて、4年続いてる人は僕、初めて見ましたけどね。

そうなんだ!

―しかも未経験ですもんね。

そうそう全然知らない。

―それは本当に未経験の方が来やすいって意味なんで、良いお店って証拠ですね。

うん。めっちゃいいと思います。

―では、インタビューは以上になります。では、お忙しいところ有難うございました。

有難うございました。

新大阪秘密倶楽部(西中島|SMクラブ・M性感)

こんな記事も読まれています

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む

検索結果0