ぴゅあSweet/100万円貯金もすぐに達成!池袋駅近くのオナクラ

フリーワード店舗検索
全国TOPへ
関東の風俗求人バイト

HajiQ(はじキュー)インタビュー

―今日は池袋西口にあります、オナクラ・ハンドサービス「ぴゅあSWEET」さんにお邪魔しました。よろしくお願い致します。

―最初にお名前と年齢を伺ってもいいですか?

「ぴゅあSWEET」のみれいです、20歳です。

―このお店に入られてどれくらいになりますか?

はい、1年経ちました。

―1年。じゃあもう結構ベテランさんな感じですか?

そうですね。はい。

―大体どれぐらいのお時間で働いていらっしゃるんですか?

短い時は4時間、5時間ですかね。長い時はもっと6~7時間とか居ますね。はい。

―なるほど、それじゃ結構な金額を毎月稼いでいらっしゃるような感じですか?

いや、んー…結構ばらばらですね。出勤がばらばらなんで。

―そうでしたか。お仕事は基本的に夜ですか、昼間ですか?

はい。基本、夕方から夜ですね。

―昼間は他のお仕事とか、あるいは学生さんですか?

昼間は学生をしてます。

―学生さんなんですね。学校終わってからお仕事だと、疲れないですか?

はいはい、結構大丈夫ですね。疲れないですね。アハハハ

―大丈夫ですか。タフですね。アハハ。

―最初にこの仕事を始められたきっかけみたいなことをお尋ねしたいんですけども。こちらの「ぴゅあSWEET」さんが最初のお店ですか?

はい、そうです。

―あ、本当ですか。ぴゅあSWEETさんを選ぶにあたって、みれいさんがこだわったことって何ですか?

こだわったこと。初めてのお店はここなんですけど、オナクラ店って、ちょっとダミー店みたいな感じなのが多いんで…。

―うーん、なるほど。

ちゃんと、お客さん用のホームページもあるところを探して、ここに来ました。

―あ、お客さん用のホームページを見られたんですね。

はい、そうですね。きれい…な感じだったので。

―求人がいっぱい載ってるサイトとかありますが、そういうのではなく、自分で一生懸命お店探して?

そうですね。求人サイトもみますけど、まずはお客さん用の方から見ました。求人の方から見るとなんか、怪しいなって。ウフフフ。

―ここは池袋なんですけども、場所もこだわりとかはあったんでしょうか?

場所のこだわり…駅に近いことですかね。なんか新宿だと歌舞伎町とかで駅から遠いかなっていうのと、基本私が池袋に来ないんで、普段。

―あ、なるほどですね。あえての池袋

あえての池袋ですね、エヘヘヘ。

―最初にお店にご連絡された方法っていうのは電話ですか?

メールですね。はい。

―面接の場所は、この事務所でしたか?

そうですね。ここでした、はい。

―最初どんな感じだったですか?

最初、緊張しました。

―お時間は結構かかったですか?

いや、でも1時間ぐらいでしたね、はい。

―面接自体や入店を決めたポイントというか、どんな感じでした?

んー。オプションとかの説明が丁寧で。

―あ、お店のシステム?

はい、そうですね。お店の説明が分かりやすかったんで。

―スタッフさんは?

スタッフさんの対応もすごい良かったです、ンフフフ。

―良かったですね、フフフ。それ大事ですよね。

大事ですね、ンフフ。

―じゃあ、最初営業サイトを見られて、そこに載ってる求人みたいなのも見て、それで面接に来られたんですね?

そうですね。

―入店、あるいはこの仕事を始められるときに、誰かと相談はされましたか?

相談…周りにヘルスとかやってる子はいますね、はい。

―その子に相談してみたりした?

しましたね。でもなんか忙しくて病気とかの心配もあったんで…。その子に相談したら、もうちょっと他にもどういうのがあるのか頑張って探してみなよみたいな。

お店探すのは、自分で探したんですね?

はい。

―で、この業界で働くにあたってのアドバイスみたいなこともしてもらって

そうですね、はい。

―最初にみれいさんがこのお店に電話されたときの印象と、実際に来られてお仕事を始めて、大体ばっちり合ってる感じですか?

そうですね。そんな違うところはないかなーって思いますね。

―面接の内容と、実際にされているお仕事の内容も、同じ感じ?

はい、そうですね。

―繰り返しになるかもしれませんが、お店を探される時の一番のポイントとしては、やっぱり営業サイトのイメージが最初にありましたか?

はい。そうですねー、そうですねー。

「ぴゅあSWEET」さんは、柔らかい感じですよね。

そうですね、ふわっとしてますね。

―面接してすぐ入店されたんですか?

そうですね。後日体入してお仕事。

―最初に講習みたいなものはあるんですか?

何もないです。そのオプションとかコースの説明とお給料の説明だけですね、はい。

―その説明だけで自分で実際に始めるのは、戸惑いはなかったですか?

ありました。でも最初のお客さんとかが、多分お店に来られたことあるお客さんで。

―常連さん?

常連さんみたいな感じのお客さんだったんで、逆に教えてもらいました。

―アハ、お客さんから。

「タイマー押した?」とか「電話かけた?」とか、すごい心配してもらいました。

―なるほどですね。いいお客さんを付けてもらったって感じで。

そうですね。 新人さんには、お店の方も最初はこう気を使われるというか、女の子の働きやすいようにスタートさせてくれる感じですね

―なるほどですね。今お客さまの話が出ましたが、どんな人が多いんでしょう?

変態さんと、ドMですね。

―変態?へヘヘヘ。

変態さんとドMさんですね、フッフッフ。

―そうなんですか。ドMの人が多いんですね。

多いですね。Sの人はほとんど居ないですね。はい。

―そうですか。お店のプレイ内容ってイメージそんな感じでしたっけ?

割とそっち寄りだと思います。それか、普段Sだけどちょっと違う世界を体験したいみたいなお客さんが多いですね。

―なるほど。外でバリバリしてる人ほど逆に夜Mだったりします?

しますね、エヘヘヘ。

―その辺納得します、フフ。なんか面白~いお客さん、あるいは変なお客さんていました?

変なお客さん?

―みれいさんの印象に残ってる…

印象に残ってる。ずっとビンタしてほしいって。

―ウハハハ!

コース時間が90分や120分だとして、30分ぐらいずっとビンタしててほしいって言われて、なんかよろめいたりしたら、また戻して。

―アハハハ、みれいさんビンタしたんですか?まじビンタですか?

まじビンタですねー。(笑)

―あー、すごいですね。逆に嫌なお客さんとかはいます?

嫌なお客さんはあんまりいないんですよね。「何か困ったことない?」とかスタッフさんにも最初の頃気を使ってもらったんですけど、特にそんなトラブルとかも1年間、何もなくて。

―お店のカラーで、やっぱり良いお客さんが多いんですかね?

そうですね。エヘヘ。

―「ぴゅあSWEET」さんは、オナクラ・ハンドヘルス店で、お客様が来店して受付をするタイプなんですけど、それはこだわりのポイントでした?

んー、やっぱり1回お客さんとスタッフさんが接してくれるので、それはいいかなと思いますね。

―いろんな業種というか種類がこの業界もあるんですけど、その辺はみれいさん、結構ご存じでした?

電話だけの受付もあるって聞いたんですけど、酔っぱらいのお客さんとかが多いから、なんか危ないって。

―なるほどですね。受付があればどんなお客さんかきちっと分かりますよね。お仕事に出勤されて、お客様が来るまで待機するような場所はありますか?

あ、あります。

―集団待機室?

いや、個室です。個室待機です。

―全部個室で?

全部個室で、はい。

―でも待機室で待ってる時間もないですよね?

アハハハ。そうですね

―忙しそうですもんね。入られて1年ということで、みれいさんなりに指名のお客さんたくさんいらっしゃると思いますが、なんか指名を取るコツみたいなものはあります?自分で心掛けてることとか?

コツや心掛けてること?責めてほしいと言われて責めることが多いんで、エヘヘ。時間いっぱいお金頂いてるんで、その時間はちゃんといっぱい楽しんでもらえるようには心掛けてますね。

―なるほどですね。大体お客さまの要望に応えていくような感じですか?

そうですね。聞いちゃいますね、どんなふうにしてほしいか。

―みれいさん自身は、どっちかっていうとどっちなんでしょ?

どっちかといったら、責めるの楽しい。ンフフフ。

―じゃあ大丈夫ですね、ハハハ。お店の女の子いっぱいらっしゃると思うんですけど、女の子同士の接触はあるんですか?

話したりとか、声掛けてもらったりとかします。

―んー。女の子同士みんな仲良いんですね?

話すことは話すかなって感じですね。

―それぐらい?

そうですね。

―このお仕事ってやっぱり体も使いますし、ストレスとかもあると思うんですけど、どうですか?

えー、あんまり感じたことないですね、はい。

―あ、本当?じゃあ仕事自体が楽しい?

そうですね、エヘヘヘ。

―楽しいお仕事でお金もどんどん貯まっていいですね!

ンーフフフフ。

―1日に最高どれぐらい稼いじゃったとか、月にこんなんなっちゃったとかって教えていただけますか?

最高は年末年始が忙しくて、年始に一日8万円ぐらいかな。でも15時から23時でしたね。8時間ぐらいですか。

8時間で8万円。

でしたね。びっくりしました、それは。

―ちょっとしたあれですねえ。1カ月のコンビニのバイトの月給ですね。

コンビニの月給、ンフフフ。そうですね

―忙しかったですね。

忙しかったです、ンフフフ。

―ひと月これぐらいって自分なりの目標とかもありますか?

特に目標はないですね。一応貯金はしてて、1カ月に何万円かは回せるようには…。

―何万円しか回さないんですか?使っちゃう派ですか?

いや、そんなには使わない。多分1カ月そんなにがっぽりは稼いでないんで。

―あんまり出勤日のない時もあるから…?

そうですね。ばらばらなんで、はい。

―出勤日数によってということですねー。

―最初このお仕事始められる時はきっかけや目標みたいのはあったんですか?

きっかけ?

―やっぱお金をいっぱい稼ぎたいってとこですか?

いっぱい稼ぎたい、貯金をしたい。

―貯金額に目標があったりは?

貯金額の目標。取りあえず100万円を超えることだったんですけど。一応目標は達成しました。

―すぐですよね?

ですねー、エヘヘヘ。

―なるほどですね。結構貯金もしつつ、色々お金も使いつつみたいな感じですか?

そう、でもそんなに大きい買い物はしないですね。ブランド物とか全く興味ないんで。

―あ、興味ないんですね。みれいさんの趣味は何ですか?

趣味。ンフフフ。

―好きなこと、好きなもの、没頭してることとかなんでも。

美容関係のことは好きですよ、ネイルとか。

―なるほど、そっちのほうのお仕事もしたい?

はい、したいですね。美容関係。

―この仕事始められてお金たくさん入ることで、みれいさんの生活変わっちゃったりはしてないですか?

変わったりはしてないですね。はい。

―昔と変わらず、変えないようにしてる?

そうですね。変えないようにしてますね、ンフフフ。

―周りの友達とやっぱり収入格差みたいな?アハハハ。

そうなんですよね、フフ。言えないでいます。

―そうなりますよね。特に最終的な目標金額を定めてとかではなく?

そうですね。目標は自分なりには一応あるんですけど、お金かかることもいっぱいあるし。今歯の矯正してるんですけど、歯の矯正って高くって。もう始めたんですけど、それでこの前50万円ぐらい払いました。

―自分で稼いだお金で!すごいですね!

どうしてもやりたかったんで、それもまあ仕事始めたきっかけの1個かなとは思ってますね。

―なるほどですね。この仕事はしばらく続けていくんですか?

そうですねー、はい。

―以前の自分と比べて、私こんなとこが変わったとか。いいこと、悪いこと、なにかありますか?

うーん、接客業っていったら接客業なんで、商業高校でマナー講習受けてた頃よりもうちょっとレベルアップしたかな?敬語の使い方とか、高校の時から結構厳しかったんです。お客さんもたまに「見た目ギャルっぽいから、もうちょっとキャピキャピしてるのかな」って言われてプレイしたら、「あ、そうでも。普通の子なんだね」みたいな。

―昔から人と接することに抵抗や人見知りとかもなかったほうですか?

人見知りはしないですね、はい。

―じゃあ、このお仕事に向いてたということかな?

ンフフフフ。

―それでは最後に、この業界でお仕事しようかな、どうしようかなって悩んでる子がいっぱいいるんですけど、そういった子たちに向けてみれいさんなりに何かメッセージがあったらお願いします。

ンフフ。やっぱり、スタッフさんの対応とか、お店の書いてある求人と合ってるかどうかは、しっかり聞いたほうがいいかな。自分がしっかり納得して始めたほうがいいかな、と思いますね。

―しっかり吟味して、ちゃんと分からないことは聞いて。そうですよね。

そうですねー、全部聞いて、はい。

―違う所があったら、辞めればいいっていったらそうだけど。その前にいいお店探しをしっかりして。

そうですね。はい。

―分かりました。今日はこれからお仕事ですよね?

そうですね、これから。

―7月忙しいと思いますけど、体壊さず頑張ってください。

はい。ありがとうございます。

―今日はどうもありがとうございました。

ありがとうございまーす。

こんな記事も読まれています

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む