新宿 ストロベリージャム | 「HajiQ(はじキュー)」インタビュー記事【はじめての風俗アルバイト】

フリーワード店舗検索
全国TOPへ
関東の風俗求人バイト

HajiQ(はじキュー)インタビュー

週末は日収6万円!みんなが優しい新宿の老舗ヘルス店

新宿歌舞伎町のファッションヘルス『ストロベリージャム』でインタビュー!

―よろしくお願いします。最初に、お名前年齢をお願いします。

もにか」です。20歳です。

―『ストロベリージャム』に入店してどれくらい経ちました?

3ヶ月ちょっとくらい。

―なんか1年目くらいの貫禄ありますね(笑)お仕事は慣れましたか?

それよく言われます(笑)結構慣れました。

―普段はどれくらい勤務してるんですか?

週5日とか出てて、大体9時~18時です。他にお仕事はしてません。

最初に『ストロベリージャム』の求人を見付けたきっかけ

―最初にこのお店を知ったきっかけって覚えてますか?

私3月まで専門学校行ってて、それで留年して学校辞めて『どうしようかな』って思ってたら当時の先輩が『風俗どう?』って言われてそれでですね。先輩はソープで働いてたんですけど、どういう所がいいですか?って聞いてそれで求人サイト見てたら『ストロベリージャム』が一番上に出てきたので『とりあえず行ってみよ』って感じで行きました。

―その時は、なんてワードで調べましたか覚えてますか?

歌舞伎町・ヘルス・求人』みたいな感じだと思います。

―ヘルスで決めて探されてたんですか?

ソープでも良かったけど、ソープは入店の際に住民票いるじゃないですか。あれが面倒臭いから、ヘルスで良いかなって。

―風俗自体いろいろな業種があると思いますが、例えば派遣型のデリヘルとか、その中であえてファッションヘルスを選んだ理由ってあったんですか?

店舗型が良かったんです。移動がどうしてもめんどくさくて。実は一度ピンクサロンの面接に行ったんですけど、実際行ったらホテヘルだったんですよ、しかも人妻店(笑)それはないだろって思って。

―それはひどいですね。それは新宿だったんですか?

その時は池袋でした。それでいざ面接行ったらホテヘルで、しかも面接行ったら実技講習までやらさせて「そんなことある?」と思ってやめちゃいました。

―それはほんとにひどいですね。確かに店舗型だったら面接に行って違うお店でしたみたいな事はないですからね。

新宿歌舞伎町エリア+ピンサロ以外を選んだ理由

―新宿の他にエリアの候補とかあったんですか?

新宿・池袋です。さっきの池袋ピンサロの前にも、別のピンサロの体験入店行って、そこは普通のピンサロだったんですけど辞めちゃいました。

―それは何で辞めちゃったんですか?

友達と面接に行ったんですけど、体験入店で実際にやってみて冷静に考えて不衛生だなって思っちゃって、やっぱりお店にシャワーがないし性病とか感染しやすいのかなって思ったら怖くなっちゃったから辞めました。

―確かにお店によっては消毒などしっかりされてるお店がありますが、どうしてもシャワーがない分少し心配かもしれませんね。それで池袋の後になんで歌舞伎町だったんですか?

今住んでるの所が千葉なんですけど、千葉の栄町にもヘルスとかいろいろあるけど、身バレも嫌だしプライベートで新宿・歌舞伎町来るから、仕事帰りに飲みに行きやすいかなって(笑)

―確かに一石二鳥かもですね。でも千葉から栄町って結構距離がありますが、都内に引っ越してこようと思わないんですか?

一人暮らしは親が「駄目」って言うからまぁしょうがないかなって(笑)

応募の時の連絡方法と、面接のときのこと

―今って電話とかLINEとかメールとかあるんですけど、何で連絡しました?

確かLINEだったと思います。楽だし、メールだときっと気づかないから(笑)それですぐ返ってきたので日程決めて面接に行きました。

―面接ってどこでやりましたか?

ここ(店内の個室)です。

―面接の際に何か必要な物とかありましたか?

顔写真付きの身分証ですね。それだけだから楽でした。

―面接どんな感じでした?

店長さんと座ってお話ししました、お給料とかお仕事内容とか。このお店はしっかり面接の際に説明してくれたから信用できるなって思って決めました

―他のお店となんか違かったんですか?

池袋の面接の時は何か曖昧でした。だから何かおかしいなと思って、だってピンサロで時給1万越えっておかしいじゃないですか、普通に考えて。

―ない話ではないですけど、難しいかもですね。『ストロベリージャム』では、面接時間はどれくらいかかりました?

1時間ちょっとでした。

店長さんは明るくて話しやすい♪普段も色々おしゃべりします

面接官の人はどんな感じでした?

店長が面接してくれるんですけど、明るくてしゃべりやすい人でした。

―勤務中とかも店長さんとは話したりするんですか?

めっちゃ喋りますね。こないだ潮干狩りの話とかしました(笑)

―潮干狩りに行くんですか?(笑)

この間行こうかなって話をしてて、そしたら店長が「俺こないだ行って来たよ」って言われて、そしたら取りやすいスポットとか満潮の事とか携帯で調べてくれて(笑)

―潮干狩り行きたいなんてなんか珍しいですね(笑)

行きたい。何か楽しそうじゃないですか、あれ(笑)

風俗求人の内容ってどう?

高収入のお仕事をするにあたって、誰かに相談とかしましたか?

さっき話したソープで働いている先輩には相談しました。それで一緒に調べてもらってって感じですね。

―この『ストロベリージャム』は正確には何店舗目になるんですか?

体験入店合わせてだと3店舗目かな。ちゃんと入店したのはここが初めてです。

―面接した日に体験入店もされたんですか?

その日に体験入店しました。

求人内容と違うところありました?

特に気になる所っていうのはなかったですね。求人通りだったと思います。

―ちなみにお仕事の講習とかありました?

実技講習はなかったです。池袋で一応講習は受けていたので(笑)だから店長さんが口頭で説明してくれました。未経験の方とかは多分あると思いますけど、でも実際講習は一度は受けた方がいいと思いますね。

風俗のお仕事を始めたきっかけ

―もにかさんが、高収入のお仕事を始めたきっかけってなんだったんですか?

専門学校に通ってたので、奨学金を返すためです。学校は2年間通ってて、親が返してくれていたけど後200万円くらいあるから。

―200万円って結構あるんですね。何の専門学校行ってたんですか?

リハビリです。理学療法士。

―なんか難しそうですね。なんで留年しちゃったんですか?

なんか結構勉強が難しくて、再試験とかも結構落としちゃってそれでですね。

『ストロベリージャム』に入店して良かったこと

―『ストロベリージャム』に入店して良かったことってありますか?

お店のスタッフさんが全員優しいですね。だから働きやすいです。後、お客様とかも嫌な人もいないし。歌舞伎町はお客さんのクセとか強そうだなって思ってたんですけどそうでもなかったです。

―基本的にはどういうお客様が多いんですか?

年齢は幅広いです。10代の方とかも来たりしますし、後は30代~40代とかいろいろな年代の方が来てくれます。後この間元AV男優の方が来ました(笑)

―え?若い方ですか?

70歳くらいのおじいちゃんでした(笑)ビックリしますよね(笑)でもなんか逆に面白かったです(笑)

働きやすい!『ストロベリージャム』の環境

お店の雰囲気とか環境はどうですか?

良い感じです。働きやすいし、個室だから他の女の子との関りもないから楽ですね。

―確かに他の女の子と会わないから気を使わなくていいかもですね。シャワーも一部屋に必ずあるからシャワールーム行く為に部屋を出る必要もないし。

やっぱりホストと縁がある!?風俗を始める前に思っていたイメージ

―初めてこういう風俗業界に入る前って、業界に対してどういうイメージがありましたか?正直で良いですよ。

働いていう人はみんなホスト狂いだと思ってました(笑)まぁ実際私の周りがホスト狂いが多いから、そのイメージがどうしても先行しちゃって(笑)

―なるほど、何かは他にありますか?怖い人がいたらどうしようとか。

確かに歌舞伎町だから怖い人が来るのかなって思ってたんですけど、意外にそうでもなかったですね。後、飲み屋街だから酔っ払いが来て無理矢理何かされたりとかも心配してたんですけど、実際は言ったら聞いてくれるし、しかもお客さん寝ちゃうし(笑)

―寝ちゃったら邪魔しちゃ悪いですからね(笑)

一応起こそうとはするんですけどね(笑)最終的には時間が来て店長に起こしてもらってお客さんは帰っていきます(笑)

身バレ防止に気を付けていること

―もにかさんは今ご実家暮らしだと思いますが、家族とかにバレないようにする工夫ってあったりするんですか?

派遣の仕事をしてるって言ってます。普通に就職したら9時~17時じゃないですか、週休2日でそんなに貯金が増えてもおかしいなって思われるし。でも派遣ってわりかしお給料が高いから。「都内だから高いよ」って言って、シフトも9時~18時とかにして普通の企業が動いてる時間に合わせて出勤してます。

―「今日の仕事どうだった?」とか聞かれたりはしないんですか?

基本的には仕事に付いては聞かれないから、細かくは特にって感じですね。

待機中について

―ちなみに待機中はいつも何してるんですか?

寝てるか、携帯いじってるかですね。後は受付でボーイさんとしゃべったりしてますね、基本的には自由です。

高収入のお仕事のメリット・デメリット

―もにかさんの思う、高収入の良いところと悪いところってありますか?

やっぱりいい所はお金の面だと思います。普通に1日何万円も稼ぐって無理だと思うのでそういう所はとても魅力的ですね。悪い所はすぐ使っちゃうところですかね、日払いですぐ手元に来ちゃうので金銭感覚がどうしても(笑)

―お金は大体何に使うんですか?

買い物がメインですね、服とか。後は先輩について行ってホストを少々・・・(笑)

―ホストは月に数回とか行かれるんですか?ホストって何となく高そうなイメージですけど。

付き合いなので月に1回程度です(笑)結構しますね、この間1人で行った時があって(笑)それでその時はなんやかんやで2時間で20万円ぐらいしました。

―2時間で20万円って凄いですね、普通にお給料レベルの値段じゃないですか(笑)

そうですね(笑)でもそれがあってからはホストに行くのは辞めちゃいました。やっぱり自分で稼いだお金だし、自分の為に使おうと思って。

『ストロベリージャム』での実際の収入

―今1日平均だとどれくらい稼げるんですか?

平日は1日で3~4万円ぐらいで、週末になると6万円ぐらいは稼げてますね。

―さすが新宿歌舞伎町!かなり安定して稼がれてるんですね。

そうですね。入店してお客さんが付かなかった日とかもないので、しっかり稼いで帰れてます。

―ちなみに今3ヵ月やってみて一番稼いだ日の金額とか覚えてますか?

1日8万円ぐらいだったと思います。ただその日はお店の女の子が体調不良でお休みが重なっちゃって、結構接客しました(笑)

―でも8万円って凄いですよね、冷静に考えて。普通のお仕事じゃどうやっても1日で稼げる金額じゃないですからね。ちなみに普通のバイトをしていた時は月にどれぐらい稼がれてたんですか?

多い時で月収7万円とかだけど、平均4~5万円みたいな感じ。学校に行きながらだったので。でも2日あれば1ヵ月バイトしたお給料稼げるんだからやっぱりすごいなって思います。

稼げるようになって貯金も増えた!

―こういう高収入のお仕事始めて、高い買い物とかしました?ホスト以外でお願いします(笑)

ホスト以外(笑)何だろう?でもそんなにしないかな?そういえば最近ブランド物のバッグは買った!それも20万円くらいだったけど。

ホストとバックで既に40万円使ってるじゃないですか、凄いですね。でも今もにかさんはご家族と一緒に住んでると言ってましたが、ブランド物のバックとか持ってたら『どうしてそんなにお金あるの?』みたいな感じになりませんか?

最近「お金遣い荒いね」って言われる。「貯金どんくらいあるの?」って言われて。まぁある程度の貯金額言うんですけどバレないですね(笑)

―素直に貯金額を言うんですか!!?

言っちゃう(笑)でも実際はちょいちょい使っちゃってるのでまだ数十万円しか貯まってないんで大丈夫かなって。

高収入になってからの生活の変化や目標貯金額

―『ストロベリージャム』で働いてお金を稼げるようになって、何か生活の変化とかありますか?

今まではバイトだったから、1ヶ月に使える金額とか決まってるじゃないですか。けどあんまり気にしなくて良くなった(笑)

―奨学金とか返しててそれは凄いですね。ちなみに、貯金の目標金額とかありますか?

とりあえず先に奨学金返して、それで100万円ぐらいは貯めたいですね。

今後の夢ややりたいこと

―何か将来の夢とか目標とかありますか?

今サーフィンやってるんですよ。それで海沿いに家建てたいなっていうのが目標であり夢ですね。その建てた家でサーフショップとかやりたいです。

最後に、もにかさんから未経験の子に向けてアドバイス

―これが最後になります。やっぱり初めての子って、どこのお店に働きに行けば良いかわかんなかったりするんですよ。そういう子に向けて、一言アドバイスみたいなのをいただければなって思います。

実際求人サイトと違う事書いてあるお店もあるから、1回いろんなとこ体験入店して、自分に合ったところで働くのが一番いいかと思います。やっぱり何事も自分の目で見て確かめれば納得も行くと思うし、自分が働くところだからよく考えて在籍を決めればいいと思います。
後、はじめての子であれば『ストロベリージャム』みたいな店舗型のお店で働くのが一番いいと思います。なんだかんだ言って店舗型のお店は安全ですし、移動がないから楽ちんですしね(笑)

―了解です。インタビューは以上です。今日はありがとうございました。

ありがとうございました。

こんな記事も読まれています

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む