AROMANIA(アロマニア)/池袋非風俗アロマエステで稼ぐ!夢はコロンビア永住

フリーワード店舗検索
全国TOPへ
関東の風俗求人バイト

HajiQ(はじキュー)インタビュー

―それでは、よろしくお願いします。

よろしくお願いします。

―まずはお名前とご年齢をお伺いしてよろしいでしょうか?

橋本すずかです。20歳です。

―『AROMANIA(アロマニア)』様に入店してどのくらいになりますか?

今、10カ月目です。

―10カ月ですか。以前からエステやマッサージのお仕事をされてたんですか?

全然してなくて、マッサージは初めてなんです。

―初めてエステをやり始めたってことですね。今は学生さんですか?

今はフリーターです。

―『AROMANIA(アロマニア)』様1本でやられてるってことですね?

私、掛け持ちで3つアルバイトしてるんです。結構いろんなことやってみたいなって思ってて。

―このお店では普段の勤務時間はどのくらいなんですか?

1日7時間ぐらいですね。私はめっちゃ鬼出勤なので、週6日くらい出てます。

―週6出勤で、あと残り二つのアルバイトもやられてるんですか?

残り二つはお昼から夕方で、その後に『AROMANIA(アロマニア)』って感じですね。そういう時は、3時間ぐらいの時もあります。

―ちなみにその二つって、どんなお仕事なんですか?

カフェのバイトと、球場のビールの売り子です。

―一つの球場でやるんですか、いろんな球場でやるんですか?

一つです。神宮前の球場(明治神宮野球場)ですね。

―すごいですね!あんまり休んでないんじゃないですか?

そうですね、でも1回寝れば大丈夫な感じなので。

―短い睡眠時間でも大丈夫ってことですか?

はい。

―すごいですねえ。三つ掛け持ちしてて、『AROMANIA(アロマニア)』様が今10カ月ぐらいで…。

そうですね。三つ始めたり、辞めたりしながらって感じです。

―最高、何個掛け持ちでお仕事してたんですか?

最高やっぱり3個が限界ですね。朝昼晩みたいな。

―すごいですねえ。ちなみに今ってお一人暮らしですか?

今は実家です。ここへは電車で30分ぐらいです。

―『AROMANIA(アロマニア)』様はマッサージがメインのお仕事じゃないですか、どうしてエステのお仕事をやろうと思ったんですか?

やっぱりお給料がいいのと、池袋とか都心のほうで働きたいなって思ってたので。お金を貯められて、将来に活かせるところがあればいいなって思ってました。

―それでエステなんですね。一番最初、どうやってお仕事探しをしたんですか?

インターネットで「高収入、女性」みたいなので検索して、求人サイトを見ました。

―求人サイトに『AROMANIA(アロマニア)』様が載ってて、お仕事内容などを見て、エステをやりたいな、って感じだったんですね?

うん。そうです。

―その求人サイト経由で応募したと思いますが、最初はメールでしたか、電話でしたか?

LINEだったかも…。

―LINEで、「すぐ働きたいんですけど」みたいな?

はい。でもすぐじゃなくて、その時私、結構太ってたから「2カ月ぐらい時間いただいて、ダイエット頑張るので、そしたら入店してもいいですか?」みたいな感じでした。

―やっぱり痩せてないと働けないんですか?

いや、全然そんなことはないんですけど。なんか、私が恥ずかしかったから…。今もちょっと太ってるんだけど。

―全然そんなことないですよ!最初は、自分の中で痩せてから働きたかったんですね。

結構、露出もあるので。

―『AROMANIA(アロマニア)』様ってそんなに露出あるんですか?セクシーな感じ?

そうですね。水着よりはもうちょっとあるかな、ぐらいですけど。脚とかすごい出ちゃうじゃないですか。お腹とかも…。

―ああ、それで体を絞ったんですね。それは面接のときに聞いたんですか?

いや、LINEです。求人内容が「コスチュームがすごくかわいいので、お勧めです」みたいな。「探してるのは、太り過ぎず、痩せ過ぎずみたいな人」みたいな感じだったので、私はちょっと太り過ぎかなって思って絞りました。

―その時、面接は店長さんがしてくれたんですか?

はい、店長が面接してくれました。

―店長さんはその時、「別に今のままでもいいよ」みたいな感じだったんですか?

そうですね。なんかLINEで最初ずっとやり取りしてて、そのあと2カ月後に初めてお店に来て、店長と会ったんです。なので「じゃあ今日からよろしくお願いします」みたいな感じでした。

―一番最初は、講習とかありましたか?

講習はありました。最初はまず店長と、始まってから終わるまでの流れを教わったかな。

―お仕事の流れを一通り学んだんですね。

お客様をご案内して、お茶を持って行って…みたいなのが書いてある紙のマニュアルがあるので、それを読んだりもしました。

―マニュアルを読んでから、店長さんが流れを説明してくれてって感じですか?

そうそう。店長が「こうやるんだよ」ってやってくれて。私も実践してみて、「気持ちいいですか?」とか言って。

―こんな感じでやるんだよ、っていうロールプレイングですね。その講習って、1~2時間くらいかかりますか?

そうですね、2時間ぐらいかなあ。

―2時間講習をして、その後すぐ接客に入ったりしましたか?

私はすぐでした。

―じゃあ結構、お上手だったんですね!

いや、その日の体験入店みたいな枠が取ってあって、そこをお客様が取ってくれたんです。「初めてなんですけど、よろしくお願いします」みたいな。アハハ。

―そうなんですね。色々コースがあると思うんですけど、何分くらいのお客様が多いですか? 

70分か100分コースのお客様が多いです。

―70分もやると、結構疲れません?

そうですね。でもそんなすごい頑張ってマッサージしてほしいっていう人よりも、一緒にお話とか、密着してたいみたいなお客様が多いので…。

―施術内容的には、アロマオイルとかパウダーとかを使うんですか?

アロマオイルを使ってます。パウダーとかそういうのは特にないです。

―基本的にはアロマオイルを使ったマッサージで、お話も交えながら接客するんですね?

そうですね。

―70分、100分コースが多くて、忙しい日は休憩を挟んだらすぐ次、みたいな感じですか?

うーん、休憩は無いときが多いかもしれない。

―じゃあ、一人終わったらすぐ次、次、って?

そうそう。なんか結構、お客様と一緒にいて時間が押しちゃったりするんですよ。で、もう次の人来てるよ、みたいな。

―やばいやばい、全部の工程終わってない、みたいな(笑)?

アハハ!そんな感じのことも、多々あります。

―ちょっと夢中になっちゃって、これやり切れてない、みたいな。

そうそう、あります(笑)。

―『AROMANIA(アロマニア)』様は店長さんが女性ということなんですが、男性のスタッフさんはいらっしゃらないんですか?

男性スタッフはいないです。

―女性だけで運営されてるんですね。お客様は男性の方が多いですか、女性の方もいらっしゃいますか?

お客様は全員男性です。まれに女性も来るみたいですけど、一人ぐらいしか知らないかな。

―女性のお客様は若干1名ですね。面接はこちらの事務所で行ったんですか?

はい、ここでした。

―何か必要なもの、持ってきてとか言われました?

いや、特になかったですね。制服とかもお店が用意してくれるので。

―なるほど。やっぱり面接官が女性だと心強くないですか?

そうですね。男性より、よかったと思います。

―お客様は男性じゃないですか、苦手意識はないんですか?

いや、最初はもうめっちゃ緊張しました。私ずっと女子校だったんですよ。だから男の人と全然話したことないし。

―免疫なかったんですね。

今も結構、緊張してるんですけど…(笑)

―でも一週間ぐらいやってくると、やっぱり慣れてくるものなんですか?

どうかな、一週間じゃ慣れなかったです。1カ月ぐらい経ってから、お客様が2回目とかで来てくれて。ああ、知ってる人来た、とかなってくると…。

―指名してくれたんですね。

はい。知ってる人が増えると、全然違いますね。心強いです。

―前回も担当してますからね。初めましての人より、緊張も少ないですよね。

そうですね。

―すずかさんは首都圏で働きたいとおっしゃってましたが、ズバリ『AROMANIA(アロマニア)』様を選んだのは、どんな理由が大きかったんですか?

なんか雰囲気が思ったより良くて。清潔感あるじゃないですか、この壁の感じとか。

―僕も思いました。すごい素敵なお店だなって。すずかさんは面接来た瞬間に、内装とかを見てそう思ったんですか?

はい。

―求人サイトに載ってた求人内容と、違うところとかは特になかったですか?

そうですね。なんか、結構エッチなお店なのかなって思ってたんですけど、全然そんなことなくて。働いてて楽しいなって思います。

―その時見てた求人サイトは、ちょっとエッチな風俗系の求人も載ってたんですか?

はい。思ったよりエッチじゃないのもあったり、みたいな。何で探したかあんまり覚えてないんだけど。

―ちょっと不安もあったけど、求人内容に「風俗じゃないよ」みたいな感じで書いてあって、話だけでも聞いてみようかな、みたいな?

あ、もう本当にそんな感じでした。

―じゃあ特に、こういうエステのお仕事やろうかなって誰かに相談はしなかったですか?

特に相談はしなかったです。

―まあ全然やましいことじゃないですからね。ちゃんとしたお仕事ですから。

はい。

―すずかさんは掛け持ちでいろいろお仕事をされてますが、他にこういうお仕事したいなとかはありますか?

結構いろいろやってるんですけど、最終的には将来海外でお仕事したいなって思ってます。そのために留学するお金とか、勉強するためのお金とかを、ここで貯めようかなって。

―海外で、どんなお仕事をしたいんですか?

アハハ。あの、コーヒー豆で有名なコロンビアに行きたいんです。コロンビアの、コーヒー豆を栽培する農家に行きたくて。

―へえ!僕の友達にもコーヒー作りたいって言って、ニュージーランドに行ったやつがいますよ。

本当ですか?なんか、そういうの聞くと嬉しいですね。

―そいつが今何やってるのか、わかんないですけど…。

フフフ。

―まあ、それは置いといて。コロンビアのコーヒー農家ですね。何かきっかけがあったんですか?コーヒーが好きだからとか。

いや、コーヒーはあんまり好きじゃないんだけど。フフフ。

―アハハ!

なんか、一昨年イギリスに留学してて、そのときにコロンビアの友達がめっちゃいっぱいいたんです。で、コロンビア人はめっちゃいい人が多いなって思って。実際にコロンビア行ったら、めっちゃいい場所だったから。

―あ、実際に行かれたんですね。その栽培農園みたいなのも行ったんですか?

行きました。

―それで、私もこういうコーヒー豆の栽培してみたい、みたいな?

うーん。コロンビアに、何でもいいから住みたいなって思って。アハハ。

―ワハハ!期間を決めて行きたいんですか、それとも永住したいんですか?

やっぱり永住したいです。

―まじですか、そんなに?日本は嫌ですか?

日本、好きですよ。まあ2年ぐらいはコロンビアに行きたいかな、ってことで。

―結構留学とか、海外とかは行かれてるんですか?

そうですね。

―はい。『AROMANIA(アロマニア)』様の話に戻りますが、お仕事していくと一通りの工程は覚えていくと思います。70分、100分以上の高いメニューとかもあるんですか?

そうですね、130分コースとかあります。

―130分のエステの工程って、やっぱり難しいものですか?

結構お客様によっては、後ろの面はやらなくていいよ、みたいな人もいます。背面よりも前だけでいいみたいな人もいるんですけど。それで100分とか130分とかだと、結構時間が余っちゃって。どうしよう、みたいな。

―一つの工程をゆっくりやるしかないですよね。うまいことやるしか。

そうですね。もうなんかふざけたり、一緒にゲームしたりとか。フフフ。

―へえ、ゲームとかもするんですね。しりとりとか?

アハハ!しりとりしてもいいんだけど…。

―あっ、もう忘れてください(笑)。まあ忙しい日もあれば暇な日もあると思うんですけど、待機中とかは皆さまどんな感じなんですか?

女の子にもよるんですけど。結構ここで、待合室みたいな感じになってます。

―今ここ使っちゃってますね。申し訳ない。

全然、大丈夫ですよ。ここでテレビ見たり、マンガ読んだりとか。女の子がいっぱいいるときは、みんなでしゃべったりしてます。

―女の子は全員で何人ぐらいいらっしゃるんですか?

在籍中の女の子は、23人ぐらいはいると思います。

―すごいですね!集客的には、やっぱり普通に週末が忙しいとか、平日が忙しいとかありますか?

うーん、やっぱり週末の夜はいっぱいお客様がいるかな。

―その時は女の子は、何人ぐらい出勤するんですか?

多いと9人とかです。でも3~4人のときもあったりで、バラバラですね。

―人少ないと忙しいですよね。じゃあ、例えば70分お客様を担当して、お給料ってどんな感じなんですか?

えっと、指名か指名じゃないかによって違うんですけど。指名があると、プラス1,000円になるんです。基本は70分4,000円で、100分6,000円、みたいな感じです。

―その基本給に、指名料がプラスになるんですね。多いと1日何人ぐらい担当されるんですか?

1日5人とかかな。

―すごいですね。5人接客するとけっこういきますね。日給は平均だとどれくらいですか?

平均2万5000円とかです。

―最高で1日どのくらい稼ぎました?

うーん。3万円いかないぐらいかな。2万8000円とかかな。

―すごいですね、しかも週6出勤で。

ね。鬼出勤ってやつですよ。アハハ。言われてますからね、お客様にも。

―いっぱい出勤して、って?

いや、「お前、鬼出勤だな」みたいな。「いつもいるよね」って。アハハ。

―ハハハ、すごいですね!じゃ、月給にすると50万円ぐらいまでいっちゃいます?

50万円はいかないかな、どうかな?あんまりしっかりしてないんで、数えたりしてないんですけど。

―日払いですからね。まあ月収40万円ぐらいですかね?鬼出勤で。

うん、それぐらいですね。

―しかも『AROMANIA(アロマニア)』様のお給料だけじゃなくて、他のアルバイトもしてるんですもんね。本当、頑張りますね。

いやいや。

―今は海外に行く資金をいっぱい貯められてるんですね。いくらぐらいまで貯まりました?

えーと、この間コロンビアに行って、それでちょっと使っちゃいました。

―あ、もう行っちゃったんですか?アハハ。

結構ちょくちょく行ってて。それで使っちゃうのもあるんですけど。

―1回行くと、どのくらい滞在するんですか?

2週間ぐらいかな。

―結構いきますね。お1人で行くんですか?

1人で行って現地の友達と遊ぶ、みたいな感じです。

―ふうん、すごいですね。1往復して、あっちで生活するとどのくらい使っちゃうものなんですか?

飛行機代と生活費で、30万円ぐらい。結構かかるんですよ。飛行機代が往復17万円とか。

―飛行機代が17万円で、あっちで2週間で12~13万円ぐらい使っちゃうんですか?

そうですね。

―すごいですね!でも目的があってそれに向かってお金を使えるって、本当に素晴らしいことだと思います。その経験がこれから人生の糧になりますもんね。

そうですね。

―うん、すごいですね。キラキラしてますね。

ウフフ。

―このエステのお仕事を始める前は、カフェや売り子がメインだったんですか?

いや、クロネコヤマトでバイトしてて。

―本当にいろいろやってますね。仕分けとかですか?

そうそう。なんか、朝5時出勤とかで。4時半に起きて5時に行って、仕分けて戻ってきて、『AROMANIA(アロマニア)』に来る、みたいな。そんな感じでした。

―働きますね!ずっと働きっぱなしだから、学生の頃から生活ってあんまり変わらないですか?

確かに。そうですね。

―たまに海外に行っていろいろ勉強したり、遊んだりして、ですね。コロンビアではエステやったりとかしないですか?

ね(笑)。『AROMANIA(アロマニア)』みたいなのを向こうで作ったら、流行るんじゃないかなと思うんだけど、どうかな。

―まあ、将来の夢はコロンビアのコーヒー農園で栽培ですからね。

栽培はべつに(笑)。向こうに住みたいだけなんで。コーヒーは、なんかコーヒーぐらいしかできることないかなって。

―あ、そうなんですね。このエステのお仕事をして、自分の価値観が変わったなみたいなのはありますか?

そうですね。なんか、お客様の満足度って、すごい大事だなって思いました。70分とか100分とか、何しててもどっちにしろ4000円もらえるけど、お客様をすごく大事に思う気持ちが強くなりました。

―お客様を大事にして、次回もまた来てくださいね、みたいな感じで?

そうです。楽しんでもらえるように努力するようになったかなって思います。

―エステのお仕事してから、そういう気持ちがどんどん育ってきた、みたいな感じですか?

そうですね。わかんないけど。

―多分そうだと思います。だって同じ人と長い時間100分ぐらい過ごすって、結構つらいと思うし。楽しんでやるんだったら、全然つらくないと思うんですけど…あれ、着地点がわからなくなった。

アハハ!ウケる。

―すいません(笑)。ではこれが最後になります。『AROMANIA(アロマニア)』様はちょっとセクシーなエステだと思うんですけど、全然、風俗とかじゃないですよね。

うん、そうですね。

―そういうお仕事で働いてみようかなって迷ってる女の子に向けて、すずかさんからアドバイスを頂けますか?

そうですね。やっぱり結構露出とかも多いので、最初はすごい緊張しちゃうと思います。でも他のアルバイトだと稼げないようなお給料を1日にもらえるので、そこを糧にというか…。お金ももらえるし、お客様とも仲良くなるとすごく楽しいし。エッチなことされたら、ちょっと断ったりするのは最初は大変なんだけど。それを頑張れば、きっと楽しいし。

―ハハハ、かわし方さえ覚えれば大丈夫ですか?

はい。お客様がエッチなことをやり始めたらガシッて「やめて!」みたいなのよりも、「もう~エッチ!」みたいな、「こちょこちょしちゃうよ?」みたいな。

―雰囲気を壊さないようにね。

そうそう。そういうのを頑張れば、痴漢とかされたときの対処法にも、なるかもしれないし。

―ポジティブですね(笑)!

アハハ。まあ、すごく、いいことはいっぱいあると思うので、お勧めです。

―お勧めですか。やっぱり目標を持って何かをやりたいんであれば、絶対的にお金が必要ですからね。すずかさんは自分の夢を叶えるために、頑張ってらっしゃるから。

そうですね。それが一番大きいと思います。

―このエステのお仕事を1回やってみて、やってみるとこれだけ稼げて、いいよ、みたいな。

そうですね。お金も稼げるし、人との接し方とかも学べるし。コミュ力が付きます。ウフフ。

―そうですね。それでは、インタビューは以上になります。ありがとうございました。

はい、ありがとうございました。

こんな記事も読まれています

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む