新宿シェイク/生理中OK新宿歌舞伎町のオナクラで月収40万円!

フリーワード店舗検索
全国TOPへ
関東の風俗求人バイト

HajiQ(はじキュー)インタビュー

―本日は、新宿・歌舞伎町のオナクラ「新宿SHAKE~シェイク~」さんにお邪魔いたしました。

―今日はよろしくお願いします。

はい、お願います。

―えーと、まずお名前と年齢をお伺いしてよろしいですか?

えーと、かな21歳です。

―はい。えー、かなさん21歳ですね。

はい。

―勤務時間や勤務形態についてお聞きします。

―はい。入店歴をお伺いしてよろしいですか?

えっと、2年ちょっとかな。

―2年ちょっとぐらい?

はい。

―ああ、結構長いことやられてるんですね。

そうですね。

―普段、勤務時間は、いかほどでしょうか?

うーんと、8時間ぐらい。

―8時間?

はい。

―短い時間もあるんですか? 2、3時間で終わる日とかも?

用事があるときとか、そうですね。ちょっと短くなったりとかします。

―じゃ、基本は8時間勤務ですか?

あ、はい。

―週に何日ぐらい出勤されますか?

週に大体3、4回くらいです。

―どうですか? きつくないですか? 8時間。

ま、今ここだけなんで特には、きつくはないです。

―休憩とか取れます? 8時間の間で。

あ、そうですね。大体もう待機してる時間とかで休んだり。

―まあ、そんな長いこと休むってことはないですよね?

そうですね。

―まあ5分休憩少し挟んで、自分の、っていうか。

はい。ウフフッ。そうですね。休憩したかったら休憩したいって、スタッフに言えば。

―ああ、自分で?

はい。

―ちょっと疲れたって言って、休む感じですか?

はい。

―はい、ありがとうございます。えっと、月収のほうをお伺いしてよろしいですか?

えー、あまり数えたことないんで。

―大体でも。

大体でも30万円から40万円ちょっととかは、やっぱりあると思いますね。

―はい。30万から40万円ぐらいですね。

はい。

―ありがとうございます。えー、夢や目標は、なんですか?

うーん、特に、まあ。決まってはないですけど。フフフ。

―特にないですか?

はい。

―まあ、でもやっぱり目標は貯金とかじゃないですか?

貯金はしてますね。はい。

―うん、そうですよね。昼間って何してますか?

うーん、昼職は特にしてないです。

―このお仕事1本ですか?

はい、そうです。

―まあ週3、4、8時間ぐらいやって。

うん。

―休みの日は友達と遊んだりとか、なんか勉強したりとか、するんですか?

休みの日は、大体うーん、友達と遊んだりとかしてます。

―ありがとうございます。

―この仕事を始めたきっかけを、お伺いしてよろしいですか?

うーん、きっかけは、やっぱり、まあお小遣い稼ぎとかかな。あと、前勤めてた飲食店がちょっとつぶれちゃったんで、ウフフ。

―ああー、居酒屋ですか?

居酒屋ではないんですけど。

―はい。

だから、その、次に働く所っ探さないとと思って。事前に、その、つぶれるっていうのが聞かされてて。

―ああ、ちょっと来月で、うち閉めるよ、みたいな感じですか?

ウフフッ。そうですね。それで、ちょっと仕事が減ってきたりとか、いつ休みになるっていうのが分かんなかったんで、まあ自由出勤の所がいいなって。

―ショックですね。ちょっと、びっくりしたんじゃないですか?

フフフ、はい。

―そうなんですね。分かりました。

はい。

―面接から入店までの流れついて教えてください。

―では、最初に、お店に連絡をした方法を教えてください。

最初は、メールで連絡しました。

―メールで?

はい。

―求人サイトとかそういうのを見てですか?

なんかホームページ?求人サイトからホームページに行って、そこでお店に連絡してって感じです。

―なるほど。結構お店いっぱいあるじゃないですか?

はい。

―なんでシェイクさんを選んだんですか?

うーん、取りあえずヘルスとかじゃなくて、オナクラがいいなと思って。

―ああ、ちょっと業種的にソフトなサービス内容のほうがいいかなと思って?

そうですね。内容を見て、うん。

―分かりました。サービス内容で目に付いたのが、ここのお店だったということですね?

はい。

―面接は、どこで行いましたか?

面接は、受け付けの所で。

―はい。受け付けですね。えっと、面接どんな感じでした?

うーん、どんな感じ?

―まあ楽しかったですか?(笑)

(笑)

―楽しかったっていうか、楽しくはないか。緊張しますかね?

すごく分かりやすい感じで説明してくれました。

―ああ、分かりやすい感じ。噛み砕いて説明してくれる感じですかね?

うん。はい。そうですね。

―でも分かんないところがあると、結構いっぱい聞いちゃいません?

いや、うーん、オプションの内容を見てなんか分からないっていうのは結構あったんですけど、プレー内容とかは、そんなに分からないっていうのはなかったです。

―えーと、面接時間は何分ぐらいかかりましたか?

大体30分ぐらいです。

―30分ぐらいですね。ありがとうございます。面接官の人はどうでしたか?

うーん、そうですね。普通な感じで。

―ま、でも2年ぐらい前だからあんまり覚えてないですか?

 

そうなんですよ。それにもう居ない人なんで、今。ウフフ。

―そのときは店長さんとかですか?

いや、多分スタッフさんでしたね。

―今は居ないスタッフさんなんですね。

うん、はい。入ったときの1週間ぐらいで辞めちゃったんで。

―あ、そうなんですか。

あんまり印象がなかったです(笑)

―分かりました。ありがとうございます。この新宿エリアを選んだ理由を教えてください。

前、池袋のヘルスで働いてたんで、ちょっと場所はかぶせたくないなと思って新宿にしました。

―そうなんですね。

そうですね。あと、まあ、家からも新宿だと来やすいんで。

―なるほど。1本で来れちゃうんですね?

うん。はい。

―ありがとうございます。えー、まあ、さっきと同じような質問になっちゃうんですけど、ずばり!このお店を選んだ理由を教えてください。

はい。まあサービス内容がソフトだったので。

―ソフトな内容で探してて、ここが目に付いたと。

はい。うん。そうですね。

―はい、ありがとうございます。彼氏や友人に入店を相談しましたか?

相談とかは、してないです。内緒にしてます。

―では自分の判断で?

はい。

―結構ガンガン自分で、積極的に色々決めちゃいますか?

 

うん。そうです。自分がいいと思ったら行動に移す感じで決めちゃいますね。

―そうなんですね。わかりました。ではこのお店は何店目ですか?

このお店は2店目です。

―最初はヘルスで次がここのオナクラですね?

はい。

―えー、ぶっちゃけ、求人内容と違うところはありましたか?

いや、そんなことないですね。

―掲載内容と一緒だっていうことで。

はい。

―はい。ありがとうございます。体験入店はしましたか?

はい、しました。

―面接したその日とかですか?

面接した日はちょっと夜遅かったんで、その2日目後ぐらいに。

―2日ぐらいたって体験入店したんですね?

はい。

―どうでした?

そこまで緊張とかしなくて本当スムーズにいきました。

―あ、でも2年前だからあんまり覚えてないですか?(笑)

 

そうですね、あんまり(笑)

―体験入店した時の最初のお客さんとかって、覚えてたりします?(笑)

ちょっと覚えてないです。

―2年前だと覚えてないですよね(笑)

―緊張とかあんまりしないですか?

うーん、あんまりしないですね。

面接のときに必要なものはありましたか?

あ、免許証とかそういう身分証が必要でした。

―なるほど。身分証ですね。ありがとうございます。

―また重複しちゃうんですけど、今働いてるお店の業種で働くのは初めてでしたか?

オナクラは初めてですね。

―わかりまし。以前は、どのようなお仕事をしていましたか?

前は飲食店と、あとはなんか工場のラインとか。

―飲食店と、工場のラインだと仕分けみたいなやつですか?

あ、はい。そうですね。

―僕も学生の時少しやったことありますけど、足痛くなったりして疲れますよね(笑)

そうですね、立ちっぱなしなんで。

―そうですよね(笑)

フフフフフッ。はい。

―「シェイク」さんのお店やお仕事について教えてください。

―あ、話反れてすみません(笑)シェイクさんに入店して良かったことはありますか?

うーん。スタッフさんとか結構相談に乗ってくれてたりとかして、人柄がいい人が多いのは良かったですね。

―なるほど。いろいろ優しく親切にしてくれると。

はい。あと、まあお客さまも結構いい人が多いですね。

―お店のスタッフさんとかお客さんとか環境がいいと働きやすいですよね。

―では、講習はありましたか?

講習はないですね。

―口頭で軽く説明してもらってぶっつけ本番、という感じですかね?

はい。

―接客とかプレイは探り探りな感じですか?

ああ、でも最初はそうでしたね。

―そうですよね(笑)

ウフフフ。

―分かりました。お店の雰囲気とか環境は、どうですか?

結構明るくて元気な感じで。

―明るい雰囲気だと楽しく仕事できるのでいいですね!

―基本的に、どんなお客さまが多いですか?

結構サラリーマンの人が多いです。

―サラリーマンですね。

はい。

―ありがとうございます。初めてお仕事して、思い描いてたイメージと比較して、どうでしたか?

うーん、そこまで違うって感じのはなかったですね。

―あ、そこまで。ああ。

うん、はい。

―まあイメージいたとおりって感じですね。

そうですね。イメージしていたとおりですね。あと、結構女の子が攻めるのが多いなと。前のお仕事は結構受け身だったんで、そこはちょっとギャップを感じましたけど。

―そうなんですね。ありがとうございます。

はい。

―今までお客さんで、すごい好印象な方が居たら聞かせてください。

うーん。まあ、あの、過剰に求めたりとか本当になしで、女の子が嫌がらない感じで接してくれる人とかルール守ってくれる人とかはいいなって思いました。

―優しくされると当たり前のことだけど嬉しいですよね。

そうですね。嬉しいのでそういうお客さんは印象に残ります。

―では、面白いお客さまなどの体験談があったら、聞かせてください。

うーん。面白いっていうか、なんかこの人すごいなっていう人は何人か居たんですけど(笑)

―ちょっと変な人ですか?(笑)

そうですね。すごい変態プレーが好きな人とか(笑)ウフフ。

―あ、変態なお客さんだったんですね(笑)

はい(笑)

―それでは逆に、嫌なお客さんだったらどう対処していますか?

まず、まあ注意はしますね。

―それはちょっと駄目ですよ、という感じですか?

はい。そうですね。

―それでは「かな」さん個人についてお聞きします。

―ありがとうございます。家族や知り合いに、ばれないようにするために何か秘訣とか、工夫はしてますか?

携帯の履歴とか消したりはしてますね。

―見られる可能性がゼロではないですもんね(汗)

―服装は変えたりとかしてますか?

は、それはしないですね。

―そうなんですね。分かりました。

はい。

―では、待機中はいつも何をしていますか?

テレビ見てるか、寝てるかです。

―ゆっくりできるのいいですね。スタッフの人は優しいですか?

まあ優しいですね。はい。

―めっちゃ優しそうですね(笑)

ウフフ(笑)

―いいですね。店長ってどんな人ですか?

店長はなんか変わってます(笑)

―アッハハハハ。変わってますか?

変わってる変わってる(笑)

―楽しそうでいいですね(笑)

―では、待機所は個室待機ですか?集団待機ですか?

待機は、個室待機です。

―個室だと色々気を使わないのでいいですね。

はい。

―では次に、あなたが思う高収入の仕事の良い所悪い所があれば教えて下さい。

うーん。良い所はやっぱりお金、収入がいいっていうところですね。

―はい。

あと悪いところは、ちゃんと貯金しないと、金遣いが荒くなったりとか(笑)

―なるほど。こういう仕事をすると結構タクシー乗るってよく聞くんですけど、タクシー乗るようになりました? そんなことはない?

あぁ。んー。でも、あんまり乗らないですね(笑)

―乗らないんですね(笑)

はい。

―まあバランスよく、お金とかも使い過ぎないように気を付けてやんないと、ちょっと使い過ぎちゃうってとこですね。悪いところは。

はい。そうですね。

―はい。そうしたらお店自慢をお願いします。

お店自慢。えー、そうですね。うーん。えー(笑)

―まあ、あの、あれですよね。みんな優しくて元気ですもんね。

ああ、そうですね。みんな優しいし、女の子もそんな怖い子とか居ないし。

―お店の女の子とは関わりあるんですか?

あ、すれ違う時とかたまに大部屋に行く時とか。

―なるほど。こんにちはって言って。

そうですね。結構あいさつとか、しっかりしてるし。うん。

―感じがいいんですね?

はい、感じがいいです。

―分かりました。指名や延長を取るコツを、ずばり!教えてください。

うーん。お客さんと、やっぱりコミュニケーションが一番ですね。

―まあ、だんまりやってたらそれはね。ちょっと難しいですもんね。

うん、そうですね。はい。

―まあ笑顔で感じよくやるっていうことですね。

うん。うん。

―はい。ありがとうございます。シフトは普段どうやって決めてますか?

シフトは、自分で自由に決めてます。

―今日はちょっと休もうかなってときは休むし、ちょっと今週は頑張ろうって思うときは、まあ週4とか入れたり?

はい。

―週5とかはないですか?

週5とかは、たまにはありますね。

―あ、週5も、たまにするんですね。

はい。

―自分のできる範囲で忙しくもできるし、休めもすると。

うん、はい。

―はい。ありがとうございます。

―今のお店に女の子の友達は居ますか?

お友達は居ますね。

―あ、居るんですか?

あの、紹介して入った子が。

―ああ、もともと友達で、その子に紹介して入店したんですね。

はい。もともと友達で、はい。

―ではそのお友達の人数なども教えていただいてよろしいですか?

人数は・・・まあ、じゃ友達って言える子は、その子ぐらいですね。フフフ。

―ま、1人か、2・3人ぐらいちょっと言葉を交わす人が居るっていう感じですかね。

うん。そうですね。

―はい、分かりました。生理のときって休めますか?

はい。休めますね。でも別に生理でも結構仕事できるんで、生理のときも仕事したりはしてます。

―なるほど。そうなんですね。ありがとうございます。

―えー、ストレスの発散方法を教えてください。

まあ寝るか、カラオケか。フフフフ。

―寝るかカラオケ。カラオケ好きなんですね?

カラオケ好きですね。うん。

―一人カラオケしないですか?

一人カラオケもしたりはしますね。フフフフフ。

―人の目を気にせずに歌えるっていうのはストレス発散でいいですよね。

うん。はい。

―あとは寝る。

はい。

―たくさん寝る(笑)

はい。ウフフフ。

―いいですね。ではお金は一体、何に使ってますか?

まあ洋服とか、あとマッサージとかに行ったり。

―マッサージ?エステとか?

エステっていうか、美容室でマッサージとかしてくれるんで、頭皮とか。うん。

―ああ。なるほど頭皮マッサージですね。

はい。そういうのに使うぐらいですね。

―そうなんですね。1日平均どのくらい稼げますか?

んー。大体1万5000円から、まあ2万円ちょっととか。多くて3万円ちょいとか。

―少ない時間のときは1万円だけど、長く働くと3万円以上とか?

うん。そうですね。

―そんな感じですね、はい。あと今までの1日の稼ぎで最高金額は、どのくらいですか?

それは5万円ぐらいです。

―5万円ぐらい?

はい。

―へえ、すごいですね。土日ですか?

えー、どうなんですかね。ちょっと覚えてない。フフフ。

―5万円稼いだとき疲れたって感じですか?

ウフフフ。そうですね。

―やった、もうへとへと、みたいな(笑)

はい。フフフフ。

―オッケーです。はい。

―では1日で何に最高どれくらい使いましたか?

えー。うーん。やっぱり美容代とかで。

―ああ。美容室行くって言ってましたもんね。

うん、そうですね。それで、うーん、どんくらいだろう。

―なんか、ついでにシャンプーとかも買っちゃうんですか?

そうですね。

―トリートメントと、とか言って。

それ全部、そこで買ってるんで。まあ5万ぐらい。

―1日、美容室で5万使ったんですか?

フフッ。あ、でもストックとかで、まとめ買いとかなんで。

―あ、まとめ買いっていうと、シャンプーとかトリートメントとか。

はい。買い置き。

―あとはカットと、カラーと、パーマとか。

はい。

―いろいろ頭皮マッサージやりながら、まあ、そういう商品も買って5万ぐらい使ったってことですか?

フフッ、はい。そうですね。

―おお、すごいですね。ありがとうございます。

―ぶっちゃけ貯金は、いくらありますか?

大体200~300万円。

―300万円ぐらい!(驚)

そうですね。

―すごいですね。ありがとうございます。

はい。

―えー、たくさんお金を稼げるようになって、生活って、どう変化しましたか?

うーん。ま、遊びたいときに遊べるようになりましたね。

―ああ。ま、旅行行きたいっていったら、旅行行っちゃうし。

うん、そうですね。

―1人で行ったりもします?

1人はないですね。

―友達と、どこか行こうって言って?

はい。うん。

―おごるよ、なんて言って。ハッハハ、それはないか。

ウフフフ。それはないですね(笑)

―わかりました。

―ぶっちゃけ、目標金額はありますか?

まあ500万円ぐらいは。

―500万円ぐらい。じゃ、あと200万円ですよね。

はい。

―はい、頑張ってください。

はい。

―えー、目標の金額の500万円稼いだ後もこの仕事を続けますか?

うん。あ、うーん、まあ続けれたら続けるかもしれない。

―まあ、そのときになんないと分かんないと。

そうですね。

―はい、ありがとうございます。

はい。

―では、前職と比べて収入はどれくらい増えましたか?増えましたよね?

そうですね。安定してるんで、まあ増えましたね。どのくらいかは、ちょっと分かんない。

―まあ2倍3倍ぐらいですかね。まあ、アッハハハ。

うん。ウフフフフフ。

―まあ、大体そんな感じですかね。仕事を始めて自分が変わったと思うところはありますか?

うーん、あまり変わってはないと思う。

―始める前も始めた後も特に変わったということはないってことですね。

うん。うん。うん。

―はい。そうですよね。結構貯金したりとかして生活も、まあ安定して。

うん。はい。

―まあ精神的に楽ってことですよね。

そうですね。

―なんか余裕があるってことですよね。

はい。

―はい、分かりました。

―えー、最後にこれを読んでいる女の子に一言お願い致します。

ウフフ。え、どんなことを?フフフ。

―ま、何でも、何でもいいですよ。

ウフフフ。ええ?

―まあ、これから働こうかなって思ってる人たちに対してとか、どういう仕事内容なのかなって、気にしてる女の子とかに向けて。

うん。うん。うん。

―何でもいいですよ(笑)

えー、プレー内容とかも自分で選んだりできるんで、気兼ねなく仕事できます。

―はい。無理なことは無理って、自分でも言える環境だから。

うん。うん。そうですね。結構NG出してる子も多いんで。

―ああ、意外と?

うん。オプションが。

―これ無理、これ無理って言う人でも、ちゃんと働けるってことですよね。

うん。はい。

―自分のペースで働けるからいいですよ、ってことでいいですか?

うん。はい。

―はい、分かりました。今日はありがとうございました。

はい。ありがとうございました。

こんな記事も読まれています

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む