立川リラックスクラブTRC/病気にならないエステ店!大学の学費も支払い完了♪

フリーワード店舗検索
全国TOPへ
関東の風俗求人バイト

HajiQ(はじキュー)インタビュー

―はい。今日は1日お願いいたします。

よろしくお願いします。

―こちらのお店は立川リラックスクラブですね。お名前は?

まりんです。

―まりんちゃん。今おいくつですか?

えっと、22歳です。

―それは実際もそうですか、それともお店用?

いや、ちょっと違います。実際は1個下です。今年22歳になります。

―下。それ珍しいパターンですね。普通、なんか…。

なんか20歳にしたら、勝手な妄想なんですけど色気を感じないかなと思って。

―ああ、なるほど。逆に。まあエステですからね。若けりゃいいってもんじゃない。

と、思って22歳にしました。

―なるほど。こういうお仕事は初めてですか?

風俗は初めてです。キャバクラはずっとやってました。

―キャバクラ。キャバはどちらでやってたんですか?

キャバクラは東村山と国分寺でやってました。

―キャバクラのときって結構稼げました?

キャバクラは稼げましたね。

―そうですよね。どのくらい?

週2日しか出なかったんですけど、週2日で1カ月15万円とか。

―すごいですね。なんで辞めちゃったんですか?

人間関係が…。

―彼氏ができたとか?

いや、お客さんと。

―ストーカーみたいに?

なっちゃった。アハハ。

―なっちゃいますよね。しょうがないですね。それでこの業界にすぐ入ったんですか?

そうです。でも最初掛け持ちでやってて。

―入るきっかけは?

入るきっかけは、まあ普通に。あんまり風俗に抵抗がなくて

―はい。

でも、やっぱ病気が怖いから。できそうなのあるかなと思って調べてて

―それはネットで探したんですか?

ネットです。なんか風俗自体初めてで、病気かからないとかそういので検索して。出てきたのがエステで、エステを知って。

―なるほど。それは新しいパターン。

本音で言うと、「風俗、ゆるい」とかそういう感じで多分調べて。

―風俗、ゆるい。なるほどね。そういうのが…。

なんか、そんな自分に負担がないやつを探しました。お給料とかじゃなくて。

―じゃあそういうサイト作りをすればいいんですね。うちも初心者向けのサイトなんですよ。『はじめての風俗アルバイト』っていうので、どっちかというと給料とかも、入店祝い金とかそういうのも正直に書くようなサイトを目指してます。では、ゆるいのいったら、じゃあ。

エステが出てきて、「立川、エステ」で調べて出てきた

―立川で働くっていうのは決めてたんですね?

なんかやっぱ家からちょっと遠いくらいがいいのかなと思って。あんま近いと。

―ちなみに家はどこら辺?

それは内緒です。

―うちのサイト9割が女の子が見るんで。あと、お店関係の人がたまに見るぐらいなんで。そうですか。立川でやろうとしたら出てきた。おしゃれなホームページですもんね。

フフフ。そうですね。

―やっぱりちょっと安心感があった感じですか?グループだし。

安心感はありました。でも、最初の面接すごい緊張して。

―面接はこちらでやったんですか?

この部屋は撮影だけなんですけど。この上でしました。

―はい。

でもなんか、初めてのことすぎて言われてることが何なのかよくわからなくて、正直。

―でも、一回やってみようかみたいな?

そんな感じですね。なんかそのまま流れでその日にお仕事を。

―まりんちゃんはかわいい顔してるけど、性格意外と男前みたいな?

あー、結構多分サバサバしてます。

―ちなみに血液型は?

Oです。

―O型。

でもネットに載せてるのはちょっと違う。

―あれ?じゃ、まずいのかな。

なんか、私ここのサイトにはO型って書かれてて、他のサイトにはA型って書かれてる。だから、OかAでお願いします。

―わかりました。

アハハハ。なんかよくわかんないです。私もなんか多分、最初すぎて適当に言ったから。

―あんまり時間守らないタイプですか?

やばいです。今日も遅刻です

―アハハハ。

面接の日も遅刻しました。アハハハ。

―今、入ってどのぐらいですか?

入ったのが多分9月か10月だったと思うんですけど。

―まだ2カ月ぐらいですか?

それはないですね。じゃあ3カ月ぐらいだと思います。

―3カ月くらい。

はい。でも全然新人の部類だと思います。

―エステだと筋肉痛になったりとかあります?マッサージ経験はあるんですか?

全くないです。初めてです。

―ここで覚えた?やってみてどうですか?やれそうだな、楽勝だなとか、それともしんどいなとか。

いや、全然楽しくて。つらいとかはないです。

―お客さんによって結構苦手な客とかは?

なんか思ってたよりお客さん優しくて。他の風俗やったことないからわかんないんですけど、全然いい人ばっかりで。

―なんか紳士が多いっていう話聞くんですよね。

なんか勝手なイメージなんですけど、多分エステだからやれる範囲、お客さまの触れる範囲が少なくて、その中で女の子が攻めることのほうが多いから、ちょっとMな人が多い気がする

―ああ、そうかもしんない。まあ僕も最近行くとしたらそっちのほうですかね。なんか、エステに行くっていうんで大義名分が立つんですね。

なるほど。

―抜きに行ってるんじゃない(笑)

エステに行ったら抜きもあったみたいな。

―エステに行ったらたまたま抜きもついてた。なんだよ、間違っちゃったけどいいかと。

そう、なんか結構受け身の感じの人が多いから、紳士的な優しい人が多いかもしれない。

―なるほど。今、週何日ぐらいで入られてるんですか?

今は週4日とかでやってます。

―じゃあ他のお仕事はやってない感じですね?

他のアルバイトは、普通の昼間のバイトしてます。

―昼間は何やってるんですか?

学生。でも、なんかここには元学生って書いてある。

―学生なんですね。

私別に言ってないと思うんですけど、なんかサイトには元学生って書いてあって、今フリーターみたいな扱いになってます。

―今何年生ですか?

今4年で、来年から就職です。

―そういうことで。一人暮らしですか?

いや、実家です。

―実家ですか。親には当然…。

言ってない。

―お仕事のことはなんて言ってあるんですか?

他のバイトしてるから、そっちのバイトしてるって言ってます。キャバクラも週に2日しか出てなかったし。

―なるほど。キャバもまだ続けてるんですか?

今はやってないです。

―なるほど。こちらでは入ってるのは早番?遅番?

早番だけなんで。

―早番。昼職は何をやってるんですか?

なんかスポーツジム的な感じのところやってます。

―スポーツジムみたいなの週何日とかでも大丈夫なんですか?

それは全然。今は週2日とかしか出てないです。

―へえ。わかりました。面接ってどんな感じでしたか?

えー。スタッフさん優しくて。でもちょっと初めてだったから、言ってることがあんまりわかんなかった部分はあったけど。

―ああ、なるほどね。特に何がわかんなかったですか?マッサージの流れとかですか?

うーん、なんだろう。もう風俗自体が初めてで。あと私の調べが甘かったのかわかんないですけど、ホテルに行くってことが知らなくて、このビルの中でやるもんだと思ってて。

―そうですよね。このホテルのシステムできたのここ数年ですからね。

そうなんですか?なんかデリバリー的な感じっての知らなかったから。

―でも近場ですよね。そんなに遠くまで行くやつではないですよね?

隣とかのです。

―こちらは待機所ってあるんでしたっけ?

あります。集団待機と個室待機が選べます

―同じビルにですか?個室もあるんだ。

同じビルです。個室もあります。

―まりんさんは、今はどちらで?

個室です。どっちでも選べて、私は個室。

―お友達とかいます?

私は個室だからあんまり。すれ違って挨拶する子ぐらいですね。

―ふーん。

でも、話聞くと集団待機はみんなでワイワイしてるみたいです。

―「立川、エステ」とかで検索して、最初っからここで面接したんですか?

私はそうです。他は全くないです。面接も。

―ここで決めて、まあやっちゃおうかみたいな?

そんな感じです。ウフフ。

―彼氏とか友達に相談しました?

言ってないです。友達も彼氏も知らないです。まあ今彼氏いないけど。

―そのときはいたんですか?

いた時期もあったけど、言ってない。

―このお店は1件目ですよね。ぶっちゃけ求人内容と、働いてみてちょっと違うなっていうの何かありました?思ったよりプレイ時間が長かったとか。

いや、そういうのは特になかったかな。ただ、求人内容もそんな見てなかったからわかんないけど。ウフフ。

―そうですよね。面接してすぐ働いたんですか?それともしばらく空けた?

その日に働きました。なんか一応面接受けて、その後ここで撮影をしてもらって。

―はい。

で、その日に私が入店するってなったから、撮ってもらった後にマッサージの講習を受けて。

―講習を受けたんですね?

はい。マッサージの講習受けてお仕事って感じでしたね。

―じゃあ面接して、3~4時間後には働いて?

そうです。3~4時間たってから。

―じゃあ、体験入店じゃなくてもうぶっつけみたいな感じ?

多分そうです。

―その日のお客さんは1人くらいですか?

いや、たしか2人お客さん取りました。

―そのほうがお金になりますからね。

まあそうですね。

―じゃあ1人目終わったときは、もう本当に初めてじゃないですか、やっぱドキドキだと思うんですよ。

もうすごかったです

―それで、普通のホテヘルとかだとどっちかっていうとお客さん主体なんで、攻めてったりとかして、なんかちょっとマグロじゃないですけど、終わったりするんですけど、エステってマッサージとか流れがあるじゃないですか。それはちゃんとできました?

もうなんか時間ばっか気になっちゃって。

―はい。

なんか、タイマーを持ってくんですけど、あと何分でこうこうとか逆計算が最初できなくて、抜きの時間が最初めっちゃ短くなっちゃいました。

―アハハハ。なるほど。でもそうですね。やっぱ肩からいってとか、順番があるんですよね?

そうです。順番は一応そのマッサージ講習で一応聞いてたんですけど。

―はい。でも、忘れたりしなかったですか?

いや、忘れましたね。結構今はもう、自己流みたいになってますけど。

―ああ。今は結構アレンジきくみたいな?

はい。

―わかりました。じゃあお客さん2人ついて、それでやれるなって感じでそのまま次の日もやったんですか?

次の日やったか覚えてないですけど、全然普通に働いてました最初は週2日とかで。

―週2日ぐらい。今何時から何時ぐらいまでなんですか?

今日は10時半~21時までなんですけど、いつもは大体10時半~16時までとか。なんかここは時間も全然自由で。

―へえ、いいですね。まあすごい指名取れそうですね。

いや、アハハハ。

―1日最高どのぐらい稼げました?

でも、3万5000円とかだったかな?

―ちょっと話戻りますけど、この仕事を始めたきっかけっていうのはやっぱりお金ですか?

お金です

―お金やっぱ必要ですもんね。なんか趣味とか、これが好きとかあります?エステ行くとか、バッグ欲しいとか。

趣味ですか?買い物。ウフフフ。

―じゃあ、稼いだ金は買い物に行って…。

もうほとんど。

―どんなもの買います?

洋服とか

―最近買った高いものってあります?

ええ?なんだろう。最近買った高いものは、バッグとかですかね。でもそんな高くない。1万5000円ぐらいだから。

―ああ、そうなんですか。あとは友達とご飯行ったりとかは?

ご飯行ったりもします。あとは全然本音で話すと、多分載らないと思うんですけど、ホストにすごいはまった時期があって。

―ああ、なるほど。

それのお金も消えましたね。今は全然行ってないですけど。

―えっと、それはキャバの頃ですか?

ここをやり始めたぐらいの1、2カ月ぐらい。すごい行ってて。

―立川辺りですか?すっごいお金かかりますよね。

もう本当この辺です。お金、やってけない。

―最初はあのね、無料とか1000円とかでいけますよね。

そう。初回だけ安くて。

―初回荒らしの人もいますけどね。

もう全然。ここじゃ多分全然足しにもならないレベルだと思います。

―僕もお客さんに連れてかれて何回かあるんですけど、盛り上げるのうまいですからね。楽しいは楽しいですね。

楽しいんですよ。なんか、私は別に色恋とか要らなくて。ただ本当に楽しくて行っちゃってたけど、やっぱお金かかるなと思って。正直エステだと、いつも大体2万円とかだから。

―はい。

まあそんな毎日毎日長い時間いることもないし。

―そう。じゃあホストの彼氏がいるわけじゃないんですね?

ないです。楽しんでただけです、勝手に。

―確かに、僕ら営業マンもホストの人のお客さんの楽しませ方、見習わなくっちゃなと思いますよね。

そうですよね。本当に、尽くしていただいて。

―ただ、食える人間が1割だって言いますね。

全然稼げない人は、もう生活費しかもらってないって言ってました。

―うちにも1人元ホストいるんですけど、やっぱり稼げなかったって言ってましたね。

本当に稼げるのは一握りっぽいですね。

―それでやっぱりある程度ズルくないとトップにも行けないし。

ここで働いてるっていう話をしたんですよ。そしたら「他のもやってみない?」って言われて。「やらない」つって。

―それちょっと冷めますよね。

アハハハ。冷めましたね、そのときは。

―まあ、やっぱり、その人も。

アハハ。あっちも必死だから。

―それもありますからね。このお店に入店して、これは良かったなっていうの何かありますか?

当欠とか罰金がないところ。

―あれ?当欠ってまずくないですか、ここはオッケー?ハハ。

わかんない。でも、1回だけ…。

―それまりんちゃんだけじゃないですか?フフ。そんなことないですか?

ええ、わかんないです。でも当欠や罰金ないです。あと、遅刻も罰金ないです。

―しかし、罰金なしはわかるんですけど、指名が入ったお客さんの場合、遅刻はあるんですか?

でも、謝ったりとか。アハハハ。

―そういう場合ってお客さん待ってますよね。じっとホテルで。どんな感じで入るんですか?

「すいません、遅れました。電車が遅延しました」的な感じです。

―なるほど。

でも、一応前日予約のお客さんとかは、2時間前とかに連絡取るみたいですよ、お店側から。あの子来そうとか。

―なるほど。そっか。そしたら遅刻しても30分とか許せる範囲ですよね。

一応朝にスタッフから連絡が来て、「今日は出勤で大丈夫ですか?」って。

―確かにホテルで2時間とか待ってたら時間なくなっちゃいますね。基本的にやっぱおとなしいっていうかMっ気があるお客さんが多いんですか?

そうだと思います。

―職業的にはどうなんですか?

平日の時間は営業の人と、まあ普通にお休みの人と。ちょっとお金持ってる、自分の仕事の時間を自由に使える人が多いです。

―その自由に使えるってどんな方ですか、デザイナーとか?

とかもやっぱいるし、建築家とかも結構いますね。

―ああ。今建築が結構いいんですよ。

で、なんか自分が結構立場が上だと、自分の時間を使えてっていう人が昼は多いです。夜はもう普通に仕事終わりの方が。

―そこはやっぱり人気の時間帯ですね。

そうですね。

―このお仕事する前とやってみた後で、イメージとちょっと違ったことって何かありますか?思った通りだったのか。それとも思ったよりハードだった、思ったより楽だった。いろいろあると思うんですけど。

なんだろう。でも、ハードだったのは仕事がこう、土日とかやっぱ忙しくて。立て続けだと休憩が取れないこととか。まあ休んでもいいって言われるんですけど、でも。

―じゃあ、終わった後一服する間もなく次ってことですか?

結構。まあそのほうが時間短縮にもなって、さっきもホテル出て連絡したら「次、隣のホテルだから」みたいな。「じゃもうそのまま行きます」みたいな。

―そのほうがいいですよね、まあ。

まあいいっちゃいいし、疲れるっちゃ疲れるぐらいですね。エへへ。

―ずっと待機ばっかでも嫌になっちゃいますしね。

うん。なんか保証もあるみたいですけどね。そこもよくわかんない。補償もらってないから。

―そこはあるほうがちょっと条件が悪くなるんですか?

なんか、保証の話は一切されなかったからわかんないんですけど、こないだ初めてお店保証あるよ、みたいな。でも保証よりは稼げてるから、そのままでいいとも。

―もしかしたらなんか、店によってちょっと違うんですけど、僕はちょっとそれはよくわかんないですけど、保証あげるかわりに普段の単価が下がるとか。そんなところじゃないですかね。

多分そういうのがあるんだと思います。時間長くいなきゃいけないとか。あんまりよくわかんないけど、保証ではないのでわかんない。うん。

―そのほうがプロっぽくていいですね。まあキャバクラで稼いでたのもあるから、そんなに稼いでてもバレはしないですかね?よくあるのが、急に金遣いが荒くなったとか。

ああ、でもそれはないと思います。多分。大学1年のときからずっとキャバクラやってて。

―バレない努力って何かしてます?

バレない努力は、何だろう。でも、親にはあんまり遅くなると何でと思われちゃうから。親が共働きだから、親が帰ってくる時間までに帰るようにしたりとか。

―なるほどなるほど。友達とか親友にも言ってないですか?

言ってないです。

―ああ。「なんか最近羽振りよくない?」とか特に言われたりは?

ううん、別に。フフ。キャバクラはみんな知ってたから。

―そうなんですね。個室で待機中って何してます?

寝てる。フフフでも今日本買ってきました。なんか他の女の子が待機中に本読んでるみたいで。

―マンガじゃなくて本を?なんてやつですか?

今日買ったのは、まだ読んでないんですけどスヌーピーの本と、あともう一冊はなんだっけ。幸せになるための、なんかそういう感じのやつと。

―ああ。啓発系の、はい。

あともう一冊は普通の小説。

―へえ、3冊も。よく本を読むんですか?

全く読まないです。でも、待機時間とか読んでみようかなと思って。

―あれ、ここの個室待機はマンガとか置いてあるとことでしたっけ?

置いてあるけど私が読むようなマンガではない。一応置いてはあります。

―スタッフの趣味かもしれないですね。

アハハハ。

―ここの店長とかスタッフはどんな感じですか?

みんな優しいですよ。

―みんな優しい。今はここと昼職ぐらいですよね。ここでの月収ってどのぐらいになります?

え?月収?わかんない。いくらなんだろう??

―2~3万×4日×…。

でも、週4も出てないときもあればって感じだから。20万円いかないくらいじゃないですか、多分。

―でも、ちょっと収入的にはもうちょっと欲しいかな?

いや、全然もう。今はもう何も、ホストも行かず

―家にお金とか入れてますか?

大学の学費を前ずっと払ってて。

―偉いですね。

で、キャバクラを初めて。まあでもそれはもう4年で終わったので。今はただ自分のお金にしてるだけです。

―今大学、何専攻してるとかは?

保育です。

―ぶっちゃけ貯金とかしてます?あんまり?

貯金は結構しましたけど。

―ホストで使っちゃったんじゃないですか?

ホストのお金はここのお金で使ってたから、貯金はもう絶対崩さないと思って。

―なるほど。遊ぶ時は、がっぽりした貯金を崩さないようにやってる?

ここで働いた分を使ってます、遊びに。

―こういうお仕事をして、ちょっと自分が変わったなっていうの何かあります?やっぱ男と接するのが増えたわけじゃないですか。裸見ても動じなくなったとか、何か。

でもなんか、人に対して冷めた。

―冷めた?恋をしづらくなった?

多分もうなんか、別に男の人いいやみたいな。

―アハハハ!

フフフ。それはでもキャバクラやってた時からなのかな。

―それはそうですよね。しかし、キャバクラの時とかやっぱプレゼントとか結構あったタイプですか?

前、うーん。

―今もそうですか?

ここでですか?全くです。でもなんか差し入れとかはすごいもらいますね。

―差し入れぐらいですね。

普通に食べます(笑)

―キャバクラは本当になんかもう貢ぎもんですよね。もらったからには…みたいなとこやっぱちょっとあります?

キャバクラですか?いや、私は全然。アハハハ。ここでは普通に、食べ物とか結構もらったりします。

―そうですよね。好きなファッション誌とかあります?

特にないですね。

―あんまり読まない?メイクとか好きな芸能人は?

BOAがすごい好き。

―BOA?あの、歌手の?ちょっと古くないですか?

歌手の。でも超好きなんですよ、BOA。

―ええ?だって最近ちょっとあんまり来てないですよね?

っていうかまあ、やっぱあんまり日本好きじゃないみたいですね。

―うーん。まあ韓国の人ですからね。韓国とかやっぱよく行くんですか?

全然行かないです。

―韓流は好き?

全く

―韓流好きじゃなくてBOAなんですか?

BOAはもうちっちゃい頃から好きで。

―お兄ちゃんが好きだったとか?BOA、けつこう昔ですよ。

うーん、兄弟いないです。

―美容院とか結構行きます?

でも、今全然行ってないですよ。

―行ってない。エステもじゃあ行かない?

エステは結構行きますね、こないだも。

―エッチなエステじゃないですよね?

違います(笑)エッチなエステは行ったことないです。

―ハハハ。では、最後にですね。この『はじめての風俗アルバイト』って、よしやってやろうみたいな人って珍しいんですよ。まりんさんみたいな、どうしようかな、でもやってみようかなって色々悩んでる子が多いんですよね。

うん。

―そういう子に何かひと言アドバイスってあります?

ここのお店で?普通に風俗をですか?

―うちのサイトを見て、風俗やろうかどうか悩んでる女の子に何かアドバイスみたいな。

でも、私はこのお店しかやってないから、正直何も言えないですけど。お店選びはちゃんとしたほうがいいと思う。

―ああ。お店を選ぶ。

多分、入ったらなんだかんだ辞めにくい部分ってあるじゃないですか。もう流れで入店しちゃってるとか。

―はいはい。

正直ここも写真撮ったりとかその日にやって。私は写真を撮ることとかはその日にやるなんて思ってなかったし。まあ入るって決めたから別によかったけど。

―でも、そうやって後を押されないとやんない子も多いっていうのが、意外とそうなんでしょうね。

まあそうなんでしょうね。

―ぶっちゃけじゃあ、今やって後悔はしてます?

私はしてないです、全然

―僕なんかわりと、やって合わなかったらまあそれで辞めてもいいのかなと思うんで。なんか「ずっと3カ月悩んで来ました」みたいな子がよくインタビューで「もっと早く入っとけばよかった」っていう意見が結構多いんで。

ああ、どうなんだろう。

―インタビューって声は出ないですけど、よく話してくれるほうが楽なんですよね。

アハハ。まあおしゃべりだから、私。エヘヘヘ。

―フフフフ。やっぱり色々やられてますから、まりんさんぐらいの年齢の人にはすごい参考になると思いますね。「風俗、ゆるい」っていう検索あるんですね。

フフフフ。

―これは今日一番勉強になりました。

―もうリピートとかいらっしゃいます?

いますけど、平日はやっぱあんまりいないです。土日入ったほうがやっぱり多いかな。

―なるほど。土日も結構入るんですか?

土日は短い時間。やっぱ稼げるから土日は来たりするんですけど。

―ああ、やっぱ土日のほうが稼げるんですね。昼間でも?

昼間がちょっと他のバイトで行けなくて、夕方から4時間とかでも全然つきっぱなしで入れたりとか。

―ああ、そうなんですか。そういう情報ってやっぱ働いてないとわかんないですね。

うん。

―まあ立川は街自体がでかいですからね、本当に。あと、お客さんも結構裕福な人多いですからね。

ここしか働いてないからなんも言えないけど。でも、なんかそんな悪いお店ではない気がする。

―そうですね。あんま変な店だと店増えないですけど、こちらは多いですから。

ああ、そうなんですね。

―立川は割と最近ですよ、できたの。

ふーん。

―周りの中でもちゃんとしてますからね。逆になんかあと、最後にまりんさんから質問みたいなのあります?

 

特にないです。

―そうですね。あ、芸能人でよく誰に似てるって言われます?

自分で言っていいんですか?あの、日テレの水卜アナと。あと『めちゃイケ』の重森さと美に似てるって言われるんですけど。

―なるほどね。

声が安達祐実に似てるらしいです。

―これは言っていいんですか?

言っていいんですかね。フフフ。ハハハ。

―まあしかし、可愛らしい女の子でしたっていうのは入れますんで。誰に似てるって言われるのが一番嬉しいですか?

ええ?水卜アナとかなのかな。もうわかんない。

―賢そうですもんね、彼女。わかりました。もうちょっと可愛いらしい感じですよね。

ウフフ。

―なんか、学生の頃スポーツとかやってました?

全くやってないです。フフフ。

―スポーツはない。じゃ、マッサージ大変ですね。結構力要ります?

でもオイル使ってるからか、わかんないです。

―ここはそういうやり方なんですか。筋肉痛になんなかったですか?

私はなんないです。手コキも別に特に。手抜いてんですかね?

―わかりました。じゃあ、こんなところで。すいません、長らく。

すいません。ありがとうございます。

こんな記事も読まれています

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む