ホテヘル『蒲田 桃色クリスタル』で「あい」さんにインタビュー!【はじめての風俗アルバイト】

フリーワード店舗検索
全国TOPへ
関東の風俗求人バイト

HajiQ(はじキュー)インタビュー

お給料が3倍に!お仕事が楽しく、めっちゃ面白い!

よろしくお願いします。最初にお名前年齢頂けますでしょうか?

あいです。19歳です。

―『蒲田桃色クリスタル』に入店してどれぐらいになりますか?

1年半でーす♪

―なんかめちゃくちゃ明るいですね(笑)1年半であればお仕事も慣れてと言った感じでしょうか?

そうですね、慣れました。

―普段はどれぐらい勤務されてますか?

大体週4日で、1日7~8時間ぐらいですね。

―今は他にお仕事とかしてるんですか?

してないです。

『蒲田桃色クリスタル』1本ですね。現在はお一人暮らしですか?

一人暮らしですね。ここからお家も近いんですよ。

近いと通勤が楽でいいですよね。こちらの求人を見つけたきっかけって覚えていますか?

ネットの求人でググりました。確か「蒲田、風俗、求人」って調べたかな。

―結構いろんなお店が出てきたと思うんですけど、その中で『蒲田桃色クリスタル』を選んだ理由ってありました?

家から近いから(笑) 近さ重視で調べました(笑)

―近さ重視(笑) ちなみに風俗業界でのお仕事経験はあったんですか?

ないです。未経験でした。

―お店の業種はホテヘルですけど、その業種のことは知ってました?

はい。事前に調べたので、微妙に知ってました(笑)

調べた上でこれならできそうだなって思ったんですね。応募した時の連絡方法は覚えてますか?

メールです。返事もすぐ返ってきました

―すぐ返ってくると安心しますよね。それで面接の場所と日取りを決めて。面接はどこでやったんですか?

お店の受付所です。

―こちらですね。やっぱり緊張しましたか?

緊張はしましたね。やっぱり初めてだったので。でもなんか普通のバイトの面接と全然変わらなかったです。

面接時間ってどれぐらいだったか覚えてますか?

多分30~40分ぐらい。

―お給料の話とかお仕事の話とかですね。面接官の人はどうでしたか?

全然普通の方でした。むしろ面白かった(笑)

―面白い(笑) 面接のとき何か必要なものありました?

顔写真付きの身分証明書だけです。

この蒲田エリアを選んだのは近さの他に何かありました?

近さ以外にはないですね(笑)多分あまりに遠いときっと自分は出勤しないので(笑)

―近かったらお店はどこでもよかったんですか?

そういう訳ではないですね。蒲田のいろんなお店を見て、ここが一番良さそうだなってのはありました。

―なるほど。こういう業界で働く時、誰かにご相談しましたか?

しーた!お友達とか。

―お友達はどんな反応してましたか?

ビックリしてました(笑)「ちょっとなんで?」みたいな。でも誰かに相談した所で結局決めるのは自分だから、しなくても良かったかなって今では思います(笑)

―そうですね。いざお仕事を始めてみて、何か求人内容と違うことってありましたか?

特になかったですね。

―それはよかったです。面接後すぐに体験入店したんですか?

面接日がたまたま生理期間が入ってたんで、生理が終わったら来ます、みたいな。

―そうだったんですね。面接後お家に帰ってからもいろいろ調べたりしたんですか?

全く調べなかったです。お店の人もいい人だし、もうここでいっかみたいな感じです(笑)

1店舗目で決めたんですね。あいさんがこの高収入のお仕事を始めたきっかけは何だったんですか?

きっかけですか?お金が欲しかったから。

以前はどのようなお仕事してたんですか?

以前はパン屋さん(笑)

―意外(笑)パン屋さんは何で辞めちゃったんですか?

パン屋さんは高校のときからやってたんですけど、お給料的にパン屋さんじゃ厳しいなと。

―そうなんですね。『蒲田桃色クリスタル』に入店して良かったことってありますか?

良かったことは、お客様がいい人ばっか(笑)

どういうお客様が多いんですか?

サラリーマンです。年代的には30代半ばぐらいかな。平均は。

―始めての時は、どういうお客様が来そうだなっていうイメージがありました?

やっぱり怖い人が来るのかなーってあったんですけど、全くでした。

―ちなみに、お店の入店する際に講習とかありました?

講習はありましたよ。なんか丁寧な感じでいやらしさが全くなかったです。流れ作業で教えてもらいました。

『蒲田桃色クリスタル』のお店の環境とか雰囲気はどうですか?

楽しいですよ。めっちゃ楽しいです。

―女の子同士も結構しゃべるんですか?

喋りますよ。とにかく下ネタが多いんです(笑) これ大事なんで、ピーしないでくださいね(笑)

―わかりました、ここ大事ですね(笑)、文字も大きくしておきます。

\\よく女の子同士で下ネタしゃべってます! ///

そんなあいさんにも風俗業界が初めての頃があったと思うんですけど、そのときのイメージって覚えてます?

まぁやっぱり怖い人ばかりなのかなーって言うのはあったけど、全然でしたね。お客様もお店の人も全然普通で。

―今はご家族とかお知り合いとかには内緒でやられてると思うんですけど、バレないようにする工夫とかってありますか?

私は隠す気が無いので何とも言えないんですけど、どうなんですかね(笑)特に工夫はしてないです(笑)あまり後ろめたさというか、自分が決めて始めた事なので恥ずかしさとかって言うのはないです。

―素晴らしいですね。『蒲田桃色クリスタル』の待機は個室待機ですか、集団待機ですか?

集団待機です。

待機中いつも何してますか?

下ネタしゃべってます(笑)!

―(笑) そんなずっと下ネタばっかり喋ってるんですか?(笑)

ずっと喋ってろって言われれば喋りますよ(笑)一人の時はだいたい携帯見たり、寝たりって感じです。基本的に自由です。

『蒲田桃色クリスタル』のスタッフの人とか店長さんはどんな人ですか?

めっちゃ面白いですよ!話が面白いですね~。

―結構交流はあるんですか?お仕事の心配してくれたりとか。

交流ありますね。体調管理とか気にしてくれたり。いろいろな気配りをしてくれます。

―ちなみにあいさんの思う、高収入のいいところと悪いところはありますか?

いいところは、貯金ができる。でも悪いところは、その貯金を崩して使っちゃうっていう。

―金銭感覚ですかね(笑)

そうなんですよねー。でも今は気を付けてます。

―今は貯金に力を入れているんですか?

そうですね。

―じゃあ稼いだお金は生活費と貯金と、あとは買い物をちょっとしてみたりとか。

うん、しますね。

『蒲田桃色クリスタル』のお店自慢はありますか?

お店自慢は、若い女の子がたくさんいますよ。

―年齢近いほうがいいですもんね。話も合いますし。

近いほうがいいですね。でもちょっと年上でもお話してますよ。後は客層がいいですね。

お店の中も外もいいんですね。今って月収は大体どれぐらいですか?

大体月収50万円ぐらいかな。

―お~!すごいですね!月収50万円ぐらい。1日の平均だとどれぐらいですか?

平均は1日3万円ぐらいかな。

―今まで1年間半やってきて、1日で一番稼いだ金額覚えてますか?

1日7~8万円ぐらい。

―すごいですね!風俗業界に入って初日のお給料って覚えてますか?

確か4万円?ぐらいだったような。

―びっくりしたとかありました?

こんな感じなんだー!って思いました。パン屋さんじゃ絶対無理だよなー!って(笑)

―結構もらえるな~みたいな感じですかね。高収入のお仕事を始めて、何か大きい買い物とかしましたか?

大きい買い物っていうほどはしてない。旅行行ったけど、別に海外とかじゃなんですけどね。

―国内旅行?どこ行ったんですか?

静岡。めっちゃ近いやんみたいな話ですよね(笑)

―意外に渋い所行くんですね(笑)今、貯金は大体どれぐらいたまりました?

今どれぐらいだろう?これはシークレットで(笑)

―シークレット了解です(笑) こういうふうにお金を稼げるようになって生活の変化とかありました?

あまり変わらないですね。しいて言うなら外食とのみが増えたぐらいです(笑)

―お店の女の子と飲みに行ったりするんですか?

しますよ!やっぱり話すことは・・・(笑)

―(笑)ちなみに貯金の目標金額とかありますか?

500万円ぐらいは貯めたいなって。

何か夢があってですか?

夢は静かな暮らし。隠居生活的な(笑)

まだ若いのに(笑)目標の金額を貯めてもこのお仕事を続けていきますか?

今の所、自分の中で後1年って決めてます。やっぱりあまり長く続けてもズルズルいっちゃうと思うので。普通のお仕事に戻れなくなったらそれは困るし。

―まあそうかもしれないですね。

金額的にやっぱりキャバクラと風俗って似てるじゃないですか。で、普通の仕事戻っちゃうと「え、少なくない?」みたいな。「また戻ろっかなー」みたいな。そういうのがあるから。

―そうならないために、普通のお仕事をしたときの貯金的を今しているんですね。

そうですね。

―パン屋さんと比べてお給料変わりましたか?

うん、変わる。3倍以上変わりました。

―パン屋さんのころは一日中働いてたんですか?

1日でもない。5、6時間とか

―それでも1万円いかないですもんね。風俗のお仕事は5~6時間出勤すれば、うまくいけば5万円以上稼げるし。

うん。

―『蒲田桃色クリスタル』で高収入のお仕事を始めて自分が変わったと思うことありますか?なんか明るくなったとか。

あ、それは変わらない。はじめからこんな感じです(笑)でもお金のありがたさは身に染みたというか、直で感じますね。

素晴らしいですね。ではこれで最後になります。このインタビュー読んでる子って、結構こういうお仕事に不安を持った女の子が読んでたりするんですよ。問い合わせしようかしないでおこうか悩んでる。そういう子に向けて何か一言アドバイスいただければと思います。

問い合わせしたほうがいいです(笑)

―直球(笑)

うん。確かにお仕事である以上楽しい事ばかりじゃないけど、総合したら全然楽しいです。いろいろなお客様が来るので自分の知らない世界も知れるし、いろいろな事に触れられるので悪くないと思います

―わかりました。インタビューは以上です、ありがとうございます。

いえいえ。ありがとうございました。

こんな記事も読まれています

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む