チャットルーム~N2Y | 「HajiQ(はじキュー)」インタビュー記事【はじめての風俗アルバイト】

フリーワード店舗検索
全国TOPへ
関東の風俗求人バイト

HajiQ(はじキュー)インタビュー

既婚でも家族バレせずに稼げるチャットレディ!

埼玉県上尾市のチャットレディー『N2Y』様に在籍する、「LALA」(ララ)さんにインタビューさせていただきました。

お名前:LALA(ララ)さん
年齢:33歳(チャット上では26歳)
血液型:B型(時間は守るタイプ)
現在:既婚、子持ち(中3と4歳)
風俗経験:なし
前職:キャバクラ(都内)、コンビニなど色々
入店歴:1年少し(ブランク期間あり)
基本シフト:週3~4回、夜20時以降で4時間程度(22:00~翌2:00までなど)

チャットレディをやろうとしたきっかけ

お店にはお家から近いというLALAさん。チャットのお仕事を始めたきっかけをお伺いしました。

・知人の紹介と、既婚者なので直接接客しない業種を探した。
・チャットなら男性に触られないし、会うこともないので安心。
・直接接客することがないので、知人バレのリスクも低い。

やはりご結婚されているので、風俗には抵抗があり、安心のチャットを選んだそうです。

ご家庭内のことについて

LALAさんは既婚なので、チャットのお仕事との兼ね合いなどについてお聞きしてみました。

・結婚して長く、上の息子は中学3年生。子供は二人。
・上尾を選んだ理由は、家から通える距離だから。
・旦那は普通のチャット(脱いだりしない方)だと思っているので、夜遅くても問題はない。
・子育ては大変。自分が仕事に来ているときは、上の子が下の子の面倒を見てくれている。
・働くときは誰にも相談しなかった。

『N2Y』の給与体系について

チャットレディのお仕事は給料システムが不安という声もあります。稼げる人もいれば、稼げない人もいる…LALAさんはどうなのかお聞きしました。

やればやるだけ稼げる
日払い制(振り込み式)
・『N2Y』の独自システムで2カ月は時給保証(1,500円)がついてくる。
・ポイント制なので、1時間で100ポイントいくと結構良い方。
・なので、初めの頃はお客様が全然来なかったときは時給保証のほうが良いから時給でもらい、ポイントが多かったときはポイントをとる。
100ポイントで3,000円なので、時給3,000円くらいの計算になる。
・4時間頑張れば日給1万円いくときもあるし、いかない時もある。
・最高1日2万円ちょっと

LALAさんは昼間のシフトには入ったことがないそうですが、やはりお客様が入りそうな時間帯に働くのがポイントを稼ぐコツのようです。

シフトや店内の様子、面接時のことなど

『N2Y』のお店の中のことについてお伺いしました。

・シフトは自由出勤制。
家族がいるので日曜日は入らない。基本は平日。
・一番長くシフトを入れた日は、6時間くらい。
個室待機なので、他の女性にはあまり会わない。
・面接は社長だった。
・現在はアドバイスを結構いただき、「こういう人が来たらどうしたらいいですか?」など色々聞きながら働いている。

『N2Y』の個室はゴージャスで、居心地も良さそうでした。

『N2Y』に面接&入店してみた感想

-面接でお話しして、ちょっと色々考えました。私は妄想癖があるんで、怪しいところだったらどうしようとか(笑)。風俗が初めてだったので、部屋が暗くてよからぬおもちゃとかがいっぱいあって…みたいな想像をしてました。
-でも、来てみたら全然そうじゃなくて。明るいじゃんと思いました。

海外向けのチャットは暗い画面が多いですが、最近はポップな雰囲気のものも増えてきました。『N2Y』様はLALAさんにとって、未経験で入っても安心のお店だったようです。

チャットレディのお仕事について

脱ぐこともあるチャットレディということで、どのような流れや雰囲気でお仕事するのかお伺いしました。売り上げはどうやって伸びるのか気になっていましたが、やはり脱ぐと急に視聴者がドドッと増えるようです。

・人がいっぱい来ると「のぞきさん」が来たとわかる。
・メインの一人とチャットしていて、色っぽい雰囲気になるとのぞきさんが増えてくる。
・メインの人とのぞきさんの料金の違いは知らない。
・一度脱ぎ始まったら、そのまま脱いだままでやることが多い。
・おもちゃを用いたりして、視聴者を繋ぎ止めるテクニックがある。
・初めてのころは、演技に慣れるのが大変だった。
・待機中は顔出しNGだけど本番中は見たいと言われれば出す。
・パソコンのカメラだし、ライトもあるので、実物より白く若く見える

ちょっとエッチな雰囲気にしてお客様を引き止めるテクニックがあるようです。全部個室で一人でやるお仕事なので、他の誰かと一緒にやることはないそうです。

待機中はどんなことをしているのか

風俗店の待機室ではマンガを読んだりテレビを見たりするものですが、チャットの待機とはどのようなものかお聞きしました。

・基本的に、待機の時は顔を出してはダメ。
・相手がいないときは、口から下だけを移して笑顔で待っている。
・カメラに向かって手を振ったりしてみる。
・客がいなくても見られてはいるので、マンガを読んだりはしない。

実際にチャットで待機中の女の子を画面で見たことがありますが、あんまり動いていないので、メイク直しをしたり笑顔でアピールしてお客様を待つのが一般的なようです。

初めてチャットレディをしてみた日の感想

初日はどんな気持ちだったのか、お客様はついたのかをお聞きしました。

・お客様は来たけど緊張してカチカチで、何をしていいかわからなかった。
・返信するので精一杯だった。
・お客様も女の子も文字を打つか、マイクでしゃべる

チャット業界ではどちらが多いのかわかりませんが、男からしたらやはり声が聞こえた方が良いですね。

『N2Y』を利用しているお客様について

チャットのお客様は千差万別と思いますが、どんな方がいるのかをお聞きしました。

・むかつく人もいれば、すごく良いお客様もいる。
・ドSな人もいる。
・良いお客様は、普通に会話して「LALAちゃんっていうんだね」みたいにコミュニケーションをとってから少しずつエッチなモードになっていく。
・嫌なお客様は、いきなり来て「脱いで」って言ってくる。そういう人は、すぐにプツッといなくなる。
・長いお客様は、3時間いてくれることもある。

変わったお客様はいましたか?

ドSさん。
・自分はタイピングが苦手なのでマイクでしゃべっているので、「今から書くことを言葉にして言え」みたいな人がいる。(「ご主人様」とか)
・「歯茎見せて」という人がいた。カメラに向かって口開けて、見せてあげた。
・でもまあそれをやってれば、お客様はけっこう見ている。
・「会おうよ」というお客様は軽く流す。住んでる場所が違うことを言ったりする。
・何回も来てくれる常連さんもいるけど、そういう人は会おうとか言ってこない。

確かにチャットは会う目的とはちょっと違うような気がします。常連さんはマナーを守っているようですね。
※ちなみにお仕事中、お客様からの画像はあまり送られてこないそうです。お客様のパソコンにカメラがついていれば、「僕の変な姿見て」みたいな方もたまにいるとか…。

稼いだお金の使い道

収入だけで比べると風俗店よりはちょっと落ちますが、チャットレディの時給はスーパーのパートなどよりは断然良いと思います。『N2Y』様で稼いだお金は主にどんなことに使っているのかお伺いしました。

・生活費もそうだし、子供に何か買ってあげたかった。
・子供が大きくなると、靴とかもブランドものが欲しくなったりするので。(ブランドといっても高級ブランドではなく、ナイキの靴などそういうもの)
・貯金はあまりしていない。

『N2Y』様の良いところと、入って良かったこと

みんな優しい。怖い人はいない。
・改善してほしいところも今のところは全然ない。
・あったとしても、言えば対応してくれると思う。
・生理の日は休める。出たかったら出てもいいよ、というスタイルで基本的に体を気遣ってくれる。
・1年ぐらい働いて、おしゃべり上手になった

LALAさんとの印象的だったQ&A

Q:本当に苦手なお客様もたまにはやっぱりいますか?

-います。そういう場合は、とりあえず言うことは聞いています。できる限りのサービス的なことはしています。

Q:ストレス発散はどうしていますか?

-仕事でストレスはたまらないけど、家にいるほうがストレスがたまります。もはや仕事してる方が楽です。
-気分転換に『N2Y』に来てるっていうのもあります。何時間だけでもちょっとやって、お小遣い稼ぎができればいいかなって。

Q:このインタビューを読んでいる女の子たちに、何かアドバイスをお願いします。

-嫌なことだけじゃなく、楽しいこともいっぱいあるから、普通の接客業よりは楽しいかもしれません。会話も楽しいし、パソコンいじるのも初めてだったので、覚えられました

都内以外でチャットレディのお仕事は珍しいので、家から近い場所にあったLALAさんはラッキーですね。ご家族がいるので自宅では無理ですが、1人暮らしの女性の中には自宅でお仕事する方もいるそうです。直接会ったり触られたりしないチャットレディのお仕事、興味深くインタビューさせていただきました。ありがとうございました。

こんな記事も読まれています

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む