ソフィア/月収80万!新宿歌舞伎町の高級ファッションヘルス

フリーワード店舗検索
全国TOPへ
関東の風俗求人バイト

HajiQ(はじキュー)インタビュー

―本日は、新宿・歌舞伎町のファッションヘルスの「ソフィア」さんにお邪魔いたしました。

―今日はよろしくお願いします。

よろしくお願いします。

―まず、名前と年齢をお伺いしてよろしいですか?

あ、はい。のぞみです、20歳です。

―勤務時間や勤務形態についてお聞きします。

入店歴は、どのくらいですか?

まだ1カ月ぐらい。

―あっ、1カ月ぐらいですね。勤務時間をお伺いしてもよろしいですか?

大体お昼の1時から夜の9時、10時ぐらいまでですね。

―あー、比較的、結構長いんですね。

そうですね、でも日によって、もうちょっと早く上がったりもあるんですけど。大体4、5時間で終わるときとか。

―えー、まだ1カ月目だと思うんですけど、月収をお伺いしてよろしいですか?

出る日数によっても違うんですけど、まあ70万円から80万円

―私生活についてお聞きします。

―すごいですね!夢や目標はありますか?

えーと、夢は、将来好きな人のお嫁さんになることです(笑)

―あー、素敵ですね(笑)

近い目標で言うと、まず車と、あとちょっとカメラに興味があって、それを始めるための資金を貯められたらいいかなと思って。

―一眼レフとか?もう買われたんですか?

まだ買ってないんですよ。

―昼間は他にお仕事されてるんですか?

今はこのお仕事だけですね。

―それではファッションヘルスのお仕事を始めたきっかけを伺えますか?

そのー、将来に向けてある程度、貯金をしておきたかったんです。

―はい。

ただ自分に自信がなくて。キャバクラとかで働くのは、踏み切れなくて。

―はい。

で、そこで紹介してもらったのが、ヘルスの仕事だったんですけど。

―あー、紹介されたっていうのは、お友達に?

はい。友達が風俗のお仕事をしてる子が居て。

―あ、そうなんですか。それは親友というか、仲のいいお友達なんですか?

そうですね。すごい仲のいい子です。

―面接から入店までの流れついて教えてください。

―そうなんですね。最初にお店に連絡をした方法を教えてもらえますか?

えーと、求人サイトを見てメールで問い合わせました。

―あ、メールなんですね。

はい。

―なるほど。面接はどんな感じでした?

店長さんと面接したんですけど。

―はい。

今までどんなお仕事をしてきたかっていうことを聞かれて、風俗関係も含めて。

―うん、うん。

あとはそうですね、何のために働きたいのか、とかですね。

―面接官の方はどうでした?

あ、すごい人当たりが良くて。こういう人と一緒に働けたらいいだろうなと

―面接時間は何分ぐらいかかりましたか?

大体、30分くらいかかったと思います。

新宿・歌舞伎町エリアを選んだ理由を教えてもらえますか?

えーと、家から新宿が一番来やすくて。

―はい、はい。

あとはやっぱり、遊ぶ街として有名じゃないですか、新宿は。

―うん。

なので、普段は風俗であんま遊ばないっていう方も遊びに来られるだろうし。

―住んでる所からちょっと遠い所がいいなとか思いませんでした?

いえ。私、出身が地方で。東京に親戚とかも居ないので。

―はい。

友達も女の子ばっかりで男友達とかこっちにほとんどいない状況だったんです。

―では、ずばり、ソフィアさんを選んだ理由を教えて頂けますか?

ソフィアはすごい前から知ってたんですよ。

―へー。

でも、すごく敷居が高いというか。女の子もきれいな人が多くて。

―ああ、高級感もあって。

お客さんが支払う料金も高めのお店って聞いてて。その、ずっと踏み切れなくて。

―自分にできるかなって不安だったんですか?

私この前も別の風俗店で働いてたんですよ。

―あ、ソフィアさんは2店目なんですか?

そうです。で、そこでいろいろ経験を積ませていただいて。

―あ、はい。

自分もソフィアで頑張っていけるかな?と思って、来た感じです。

―あー、そうなんですね。じゃあ友人に入店を相談しましたか?

はい、しました。

―ぶっちゃけ、求人内容と違うところはありましたか?

いや、特にないですね。

体験入店はされました?

はい。もう休む暇がないぐらい忙しくしていただいて。

―はい。

体験入店の日、お客さまも常連さんが多くて、とても優しい方ばかりで。

―あー。最初にすぐ体験入店したんですか?

そうですね。一応1日働いてみて、良さそうであればって感じで。

―へー。やっぱり結構緊張されたんじゃないですか?

かなり緊張しました(笑)

―ですよね。経験があっても、いざ体験入店となるとやっぱりドキドキしますよね。

はい。

―一番最初のお客さまってどんな人でした?

えーと私、ホームページで顔出しをしてて。

―はい。

それを見て、久しぶりにソフィアに来たみたいな感じでおっしゃっていました。

―へー。前からその人とは面識はなかったわけですか?

あっ、なかったですね。

―そうなんですか。ソフィアさんでは顔出ししてる方って結構多いですか?

いや、結構少ないと思います。

―まあでも、顔出ししてるってやっぱり大きいですよね。指名してくれたりとか?

そうですね。

―その分、きっかけとか収入が増えますよね。

はい。

―えー、面接してすぐ入店されましたか

いや、私結構期間が開いて。

―あっ、ちょっと考えたんですか?

そうです、やっぱり、やっていけるのかなと思って、3週間ぐらい考えました(笑)

―3週間。結構考えましたね。やっぱ悩んだんですね。

そうですね。そのー、何だろう。

―はい。

私、こういうお店で働くなら、すごい頑張りたいんですよ。

―うん。

リピーターさんとかも沢山掴んで。頑張っていきたいんですけど。

―うん、うん。

果たして、自分がやっていけるのかなというのがちょっとあって。

―そうですよね。今でもやっぱり少し緊張するんですか?

緊張するときあります。

―どんなお客様だと緊張します?

あのー、極度の人見知りのお客様とかだと、こっちもすごい緊張しちゃいます。

―あんまりしゃべらない感じですか。何かしゃべりかけても、「うーん」みたいな。

何考えてるか分からなくて、困惑しちゃいますね。

―そうですよね。こんなしゃべっていいのかな、とかも思いますよね。

うん、何かうっとうしく思われないかなとか(笑)

―アハハハ、確かに。えーと、面接のときに必要な物はありましたか?

必要だった物は、写真付きの身分証明書、住民基本台帳カード、保険証とか。

―分かりました。ファッションヘルスの業種で働くのは初めてでしたか?

いや、初めてではないです。

―あっ、以前のお店も同じ業種だったんですか?

はい。でも店舗型ではなく、デリヘルでした。

―分かりました。ファッションヘルスを選んだ理由はなんですか?

私いろいろ事情があって夜間働けないんですよ。

―あー、はい。

で、前に働いてたデリヘルが夜遅い時間にできれば出てほしいってあって。

―うん、忙しいのはやっぱり、その時間ですからね。

で、ソフィアみたいなお店だと、働ける時間帯も日付変わる位までだし。

―あー、自分のサイクルに合っていたということですか?

はい。あと私、車酔いするんで1店目のデリヘルの時よく酔ってました(笑)

―アハハハ。その状態で接客をするってなると・・・

そう、結構きつい。

―それはちょっと、苦しかったですよね。

はい。ウフフ。

―以前のデリヘルのお仕事って、どのぐらいしてたんですか?

半年ちょっとぐらいですね。

―ヘルス以外で、以前はどのようなお仕事をしていましたか?

えーと、セクシーキャバクラでも働いてたことがあります。

―うん、うん。そちらは長かったんですか?

セクシーキャバクラは1年半ぐらいですね。

―「ソフィア」さんのお店やお仕事について教えてください。

―ありがとうございます。ソフィアさんに入店して良かったことは何ですか?

うーん。ちょっとだけ自分に自信がつきました

―あー、高級なお店に在席してるっていう。

はい。ソフィアに在席してるって意識を持って、気を抜かずに前よりできるようになったかなぁと

―いいプレッシャーがあるんですね。

そうですね。

講習はありましたか?

ありました

―講習ってどんな感じだったんですか?

えーと、まず体を洗うところから、接客の流れを軽くですけど講習して。

お店の雰囲気とか環境はどうですか?

あっ、もうかなりいい感じです。

―高級感あふれる感じですよね。

そうですね。

―基本的にどんなお客さまが多いですか?

えーと、とにかく紳士的な方が多いです。

紳士的な方。ジェントルマンですね。

はい。

―逆に気使ってくれる感じの人が多いっていうことですか?

そうですね。

―優しいですね、やっぱりそういう人ほど、何かサービスしてあげたいと思いますか?

思います。

―えー、初めてヘルスのお仕事して、思い描いてたイメージと比較してどうでしたか

凄く、いかがわしいイメージがあったんです(笑)

―アハハハ。

まあ人には言いづらいお仕事みたいなイメージがあって。

―まあそうですよね。

でも働いてみると、どんな形であれ相手は人で。楽しみに来てる方ばかりで。

―うん。

何だろう、意外と自分も楽しんでお仕事できてます

―あー、いいですね。面白いお客さまなど、体験談があったら聞かせて頂けますか?

何か、ちょっと下系の話になっちゃうんですけど。

―はい。

私の体を愛撫してるだけで。あの、出ちゃったお客さまが居た時はもう(笑)

―アハハハ。全然いじってないのにみたいな。

本当にそんな方が居て。

―へー、ちょっとびっくりしちゃいました?

あの、面白かったっていうよりは、本当にびっくりですね。

―そうですよね(笑)それ始まって、もう本当にすぐだったんですか?。

5分もたってないぐらいだったんです。

―色んな人がいると思うんですけど嫌なお客さまだったら、どう対処してますか?

うーん、やっぱり料金を頂いてるので、きっちりやるようにしてるんですけど。

―はい。

やっぱり、いいお客様には尽くしてあげたいっていう気持ちが入るんですよね

―うん。

それが入らない分、やっぱりいい印象のお客様とはちょっと変わるかもしれない。

―それでは「のぞみ」さん個人についてお聞きします。

―なるほど。では、家族や知り合いにばれないようにする秘訣や工夫はありますか?

えーと、オン、オフをきっちり切り替えることです。

―まあ大事ですよね。

はい。私は例えば、お店の名前なんかもちょっと変えて登録したりしてます。

―そうですね。一つの工夫ですよね。

はい。

―ありがとうございます。待機中はいつも何してますか

写メ日記っていうのがあって、それに載せる写メ撮ったり。お化粧直しをしたり。

―ふーん。写メ日記は1日何回ぐらい?

1回は目標にしてるんですけど、書けるときは2回でも3回でも。

―へー。結構あれ大変ですよね。

最初すごい大変だったんですけど、書くことが習慣になっちゃって。

―あー。休みの日はあんまり書かないですか?

休みの日も書いてます(笑)

―へー。すごい!スタッフの人は優しいですか?

とても優しいです。

店長って、どんな方ですか?

すごい女の子のことを考えてくれてる、優しい方ですね。

―皆さんやっぱり、大事にされてる感みたいなのを感じてるんですか?

はい。

―ありがとうございます。個室待機、集団待機、どちらですか?

個室待機です。

―前のお店の時は集団待機でしたか?

はい。

―のぞみさんがが思う高収入のお仕事のいいところ、悪いところは何ですか?

うーん、普通のお仕事だと若いうちって収入も低かったりとか。

―はい。

でも、ヘルスのお仕事だと本当に自分のやる気さえあれば、お金は稼げて

―うん。うん。

貯金したい女の子とか、目標までいけるんじゃないかなと。

―達しますよね。

ただ、自分が目的意識をしっかり持たないと、お金の大切さが分からなくなちゃいそうで。

―やっぱり、メリハリ付けて、自分の意志を持って働くことが大事ですか?

そうですね。

―ありがとうございます。では、ソフィアさんのお店自慢をお願いします!

すごい、きれいな女の子が多い

―へー。会うんですか?

片付けをする時に廊下ですれ違ったりとかってのはあります。

―あー、その時にあの人きれいって?

はい。むっちゃかわいいみたいな。

―そうなんですねー。では、ずばり指名や延長を取るコツを教えて頂けますか?

自分も楽しむことだと思います。

―あー、確かに大事ですよね。

大事ですね。

―シフトはどうやって決めてますか?

えーと、連勤とかがちょっと体力的に厳しいんで、間に1日休みを入れてます。

―はい。

まあ大体、週3日。

―はい。生理のときって休めるんですか?

休んでます。

ストレスの発散方法を教えてもらえますか?

美容室に行ったり、ネイルを変えてみたり、お買い物をしたり。

―うん。

まあ美容とかにお金かけることですかね。

―ふーん。美容室もネイルサロンも月1回ずつくらい?

美容室は多いと月2回、ネイルサロンは、3週間に1回ぐらい行ってますね。

―へー。結構お金使いますよね。

そうですね。

―あとは、お金は一体何に使ってますか

あとは、貯金が結構多いんですけど。

―うん、うん。

まあ家賃とか、日々の光熱費とかの支払いに充てて。

―じゃあ他は、けっこう貯金がメインで?

そうですね、貯金が結構多いです。

―ありがとうございます。えーと、1日平均どのくらい稼げるんですか

このお店だと、私は大体7万円ぐらい。

―1日で7万円!いやー、すごいですね。最高金額はどのくらいですか?

えーと、そうですね、大体10万円ぐらいですね。

―やっぱり土日ですか?

いや、それが意外と平日だったと思います。

―へー。

リピーターさんが多かったのと、空きが無くお仕事が続いた感じですね。

―その時は休憩はしたんですか?

してなかったと思います。

―お疲れさまです。えー、1日最高、どれくらい何に使いましたか?

1日最高?んー、買い物。服ですね。

―あー。何かこう、ブランドものとか。

まあ、結構いろんなの。

―いろんなの。そうですか。冬のコートとか高いじゃないですか?

ですね。でも私高いと言っても、二万五千円位のコートが一番高いと思います。

―あ、そうなんですね。

はい。

―ぶっちゃけ、貯金はいくらありますか

ぶっちゃけですか、今やっと、300万円ぐらいたまったぐらいですね。

―そうなんですか!あのー、ソフィアさんバック率いいじゃないですか

はい、かなり。無駄な時間っていうのが本当になくて

―うん。

本当に、自分の努力次第では短時間で結構稼げますね

―すごいですよね。今、お金を稼げるようになって生活って変化しましたか?

うーん。もうストレスフリーな感じ。ウフフフ。

―へー、旅行とか行くんですか?

旅行はちょいちょい行きます。

―そうなんですね。目標金額を教えてもらえますか?

そうですね。ちょっと大きく言ってみると、1000万貯めてみたいですね。

―いやー、このペースだともう全然可能だと思います!頑張ってください(笑)

はい(笑)

―目標の金額を稼いだ後も、このお仕事って続けますか?

うーん、いずれはちゃんとしたお仕事したくて。

―はい。

それでも、少しの間は週末だけとか、働きたいと思っています。

―前職と比べて収入はどれくらい増えましたか

1日平均でいえば、2、3万は増えてます

―風俗のお仕事を始めて自分が変わったと思うことはありますか?

うーん、何だろう。普通のお仕事をしてたら、あまり関わることができない年代のお客さまとかも結構いて。

―あー。

そういう方にお話聞かせてもらったりして、価値観とかも変わったと思います。

―ありがとうございます。これを読んでいる女の子に、最後に一言お願いします。

最初は怖いかもしれないですけど、私はすごく楽しい仕事だと思っているので、頑張ってくださいって気持ちです。

―最初の第一歩が、なかなか踏み込めないですよね。

そうですね。

―はい。今日はありがとうございました!

ありがとうございます。

こんな記事も読まれています

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む