吉祥寺大人めシンデレラ | 「HajiQ(はじキュー)」インタビュー記事【はじめての風俗アルバイト】

フリーワード店舗検索
全国TOPへ
関東の風俗求人バイト

HajiQ(はじキュー)インタビュー

―まずはお名前と年齢を教えてください。

みさとです。25歳です。

―みさとさんは『吉祥寺大人めシンデレラ』様に入店してどれぐらいになりますか?

1カ月半ぐらいです。

普段の勤務時間はどれくらいですか?

週3日で、朝の11時から15時ぐらいまで。4時間か5時間ぐらいです。

―今は他に何かお仕事をされてるんですか?

一応、こちらが終わった後に遅番で保育士で働いてます。

―保育士って大変じゃないですか?

大変ですね(笑)でもやっぱり、相手にする対象が昼間と全く真逆じゃないですか。お世話は変わらないけど(笑)年齢も真逆なんで。リフレッシュっていうか、楽しいです。

―お世話は変わらないって(笑)子供可愛いですよね。

子供大好きだと思って、その世界に飛び込むと地獄を見るっていう( ;∀;)

―ひえ~。保育士は基本的に遅番なんですか?

遅番ですね。この仕事が終わった後に、お預かりでやってます。この仕事が終わるのが大体16時で、保育士は18時半~19時までやっているんで。

―今回求人はどういうふうに探したんですか?

ネットで探しました。場所はこの辺(吉祥寺)が良かったんです、家から離れているので。あとは大きいところ、グループ店がいいなと思って。あと名前が可愛いしみたいな(笑)。

―『大人めシンデレラ』って名前カワイイですよね。

そう(笑)名前可愛いしって思って、電話かけました。

―え!?電話でお問合せしたんですか?行動力ありますね!

なんて言うか、メールするにしてもどうせ行かなきゃいけないんだし、だったら電話しちゃお!みたいな感じです(笑)電話すればお店の雰囲気も電話越しでわかるかなと思って。

―なるほど。電話対応はどうでしたか?

普通でした。声は優しめだったので安心しました、ここなら安心かなみたいな。

―なるほどですね。求人サイトはどこ見たとか覚えてますか?

いや、全く覚えてないです(笑)でもこのサイト(はじ風)も見ました。

―見ていただけたんですね、ありがとうございます。やっぱりたくさんサイトがあるから覚えてられないですよね。

なんかそういう時ってあんまりサイト名見ないで、お店の名前ガーッて見るから。待遇とかね。

―そうですよね。やっぱり求人を探すにあたってグループ店が良かったんですか?

やっぱりグループ店のほうがしっかりしてそうだなって思って。

―確かにそうですよね。スタッフの方とかもきちんとしているだろうし。みさとさんは風俗のお仕事のご経験はあったんですか?

ないですね。初めてです。

―あっそうなんですね。なんかすごくハキハキしてるのでご経験があるのかと勝手に思ってました。興味はあったんですか?

実は私、高校生ぐらいの時から夜のお仕事に凄く興味があって、でも当時は未成年だから当たり前だけどどこも雇ってもらえないから諦めてて。それで今になって年齢的にも大丈夫なので始めようかなと思って始めました。

―それはキャバクラとかじゃなくて風俗のお仕事に興味があったんですか?

そうですね。

―風俗業界のイメージってありましたか?

風俗店ってなんか怖いイメージはありました。後、知り合いとかに聞くと「思っているよりも軽くないよ」って言われてて。簡単じゃないよみたいな。「そっか」って言ってて。でも、よしって(笑)

―私ならやれるでしょみたいな。

うん、まあ大丈夫、いけるかなと思って(笑)

面接はどちらでやったんですか?

今インタビューしているこの場所(待機所の共有スペース)でやりました。

―大体どれくらいかかりました?

だいたい1時間ぐらい、なんか話しているうちに楽しくなっちゃって(笑)気づいたらみたいな(笑)

―緊張とかはしなかったんですか?

最初来るときは緊張したんですけど。面接してくれた店長さんが凄くいい人で逆に楽しかったです。

―ちなみにどういう人が面接してくれると思ってましたか?

胡散臭いおじさんが出てくると思ってた(笑)

―うんうん、君いいよ。やっちゃいなよ。みたいな?

そうそう(笑)でも全然そんな事なくて、思っていたより全然普通の人でした。多分未経験の子とかは『怖い人がいる』とか想像しちゃう子もいるかもしれないけど、実際は全然怖い人はいないから安心してほしいです。

―ちなみに面接は『吉祥寺大人めシンデレラ』様だけですか?他の店舗とか見たりしたんですか?

見たんですけど、正直他はどこもいまいちピンと来なかったので問合せとかはしませんでした。面接はここだけです。

―ちなみに面接の際に必要なものとかありましたか?

身分証明書ぐらいです。そういう所もしっかりしていたので安心しました。

―逆に身分証明の部分でちゃんとしないほうが怪しいですからね。面接官の人はいい人だったんですね。

そうですね。

―この吉祥寺エリアを選んだ理由はありますか?

知り合いがいなさそうなエリアで働きたかったので、吉祥寺なら誰もいないかなと思ってそれで選びました。

―なるほどやっぱりそういう工夫はされてるんですね。入店の事は誰かに相談しましたか?

相談してないですね。やっぱ内緒なんで。

―皆さんそうですよね。いざ働いてみて求人内容と違うところってありました?

全然ないですね。

―体験入店はその日にしたんですか?

身分証の関係で当日にはしなかったです。「ちゃんと身分証そろってからね」って言われて、全部そろえてから体験入店しました。

お仕事初日はどうでしたか?

なんかやっぱり、お客様も「え、初めてなの?」みたいな感じで、こっちも「あ、初めてです」みたいな(笑)

―お客様は優しかったですか?

そうですね。ここのお客様はいい人ばっかりです。

―何歳ぐらいの人が多いですか?

だいたい40代、50代の紳士的なおじちゃまが多い感じです(笑)

―紳士なおじさまが多いと(笑) みさとさんがこの高収入のお仕事を始めたきっかけは何だったんですか?

正直、金銭面が大きいです。保育士ってホントにお給料が安いので・・・

―そんな安いんですか?

かなり安いですよ(´;ω;`)安いしハードだから正直辞めたいんです。後、私本を読むのが好きだから本屋さんで働きたくて。

―本読むんですね。何と言うか意外ですね。

新聞から何から読むんです。この見てくれで(笑)でも本屋さんのバイトもやっぱり時給850円とか900円とかだから、貯金もないと無理かなみたいな。そうなるとやっぱり風俗で働こうかなって感じです。元々やりたかった仕事でもあるし。

―どういう所に憧れというか、興味があったんですか? 

憧れというか、なんかずっと気になる業界だったんですよね。もちろん高収入な面とかもそうなんですが、後はエロっぽい恰好とか好きなのでピッタリかなって(笑)

―なるほど。このホテヘルっていう業種を選んだ理由はあったんですか?

元々このお店はデリヘルだと思ってたんですよ。というよりデリヘルしかその時は知らなくて、それで問い合わせしてみたらホテヘルだったっていうだけです(笑)でも働いてみて結果的にホテヘルでよかったです。

―どういった所がよかったですか?

やっぱりお客さんの家に行くのって怖いですし、なによりお店からホテルまで近いんで移動が楽々です。それに受付でスタッフの方がお客様をチェックしてくれるので変な人は遊べないですし。

―ホテルすぐ裏にありますもんね。『吉祥寺大人めシンデレラ』様に入店して良かったことってありますか?

とにかくスタッフの方が優しいです。怖いイメージは全くないですし、待機中も暇さえあればちょっかい出してます(笑)

―なんかさっきも楽しそうにしてましたもんね。

スタッフさんとゲームしてました。

新しく入った人でも働きやすい環境作りを心がけているんですね。素晴らしいです。入店した時に講習はありましたか?

講習はスタッフの方がしてくれました。

お店の雰囲気とか環境はどうですか?

もうほんと見たまんまです。アットホームですね、それに個室待機なのできちんと一人の時間も持てますし。

待機中はいつも何しているんですか?

待機中は、だいたい本読んだりしてます。とにかく本が好きなので、お客さんにオススメ聞いてそれを買ってるので、どんどん貯まっていくんです。だから消費しないと(笑)

―積み本しているんですね(笑)先ほどは風俗業界のイメージなど話していただきましたが、いざ働いてみてその時のイメージと比較してどうですか?

毎日楽しいですよ♪多分自分に合ってるんだと思います。

―なるほど、それって凄くいいことですよね。家族とか知り合いとかにバレないようにする工夫とかってありますか?

写メ日記とか上げるよきに顔を映らないようにするとかしてます。後、髪も明るいからそれが映らないようにしたり工夫してます。

―なるほど、店長さんはどんな方なんですか?

優しいですね。なんでも相談に乗ってくれますし、接客の事で相談してもきちんとアドバイスしてくれるので助かります。

―きちんとお話聞いてくれるのは嬉しいですよね。ではみさとさんが思う、高収入のいいところと悪いところってありますか?

私の場合は悪い所だと、少し金銭感覚が麻痺しまってる事ですかね。お金をバンバン使うとかじゃないんですけど、ちっちゃい贅沢がポンポン積み重なっていくみたいな。今日もデザート食べよ、明日もデザート食べよみたいな(笑) 。どんどんデブになるなみたいな(笑)

―なるほど、でも気軽に食べたいものだとか小さい買い物もできるようになったんですね!いいところってどういうところですか?

いいところはやっぱり金銭的な焦りがなくなりますよね。支払いとか焦りがなくポンポン払っていって、やった今月も自分の働いたお金で全部払えたみたいな。

精神衛生的にすごくいいっていう感じですね。お金がなくて焦るの嫌ですよね。

そうそう、財布見てため息みたいな。あ~銀行やばい、空とか(笑)。この仕事する前はそんなだったんですよ。

―差し支えなければでいいんですけど、保育士ってお給料どの位なんですか?

保育士って月12~13万円とかなんですよ。

―(;゚Д゚)え!そ、そうなんですね・・・

私は遅番なんで少し高いんですけど、それでも数千円の違いなんですよ。だったらもう風俗のお仕事しよ!みたいな感じです。この仕事楽しいから好きですし。

―仕事が好きなのはいい事ですよね。『吉祥寺大人めシンデレラ』様のお店自慢とかございますか?

いっぱいありますよ!まずはやっぱりスタッフがいい人ですし、環境もいいです。お客さんもいい人が多いので出勤するのも嫌にならないですし、何より楽しいですね!お店の雰囲気はいいと思います。

―ちなみに今は月収どれぐらい稼がれているんですか?

月収20万円ぐらいかな?4時間しか出ていないんで。

週3の4時間勤務で20万円って凄いと思います。1日平均だと大体どれぐらい稼げているんですか?

⒈日だとだいたい2万円~3万円ぐらいだと思います。最高だと3.5万円ですね

4時間で3.5万円って凄くないですか?ちなみに一番初めの時はどのくらい稼げたんですか?

一番最初は2万円ぐらいでした。もらった時は「うわっ」と思いました(笑)短い時間しか働いてないのに2万円もくれるの!?ってみたいな。

―2万円稼ぐのって普通のアルバイトだと何日もかかりますもんで。効率の良さにびっくりしたんですね。

そう、効率はいいけど人には言えないなみたいな。

―そういう時ってどうやって自分の中で解消しているんですか?

買い物します(笑)本もそうですけど、後は下着とか洋服とかをまめに買えるようになったんで、まあそれがストレス解消かな。

―なるほど。

下着とかだったら、仕事でも使えるし。自分の購買意欲も発揮できるし。本当は貯金しろよっていうやつ(笑)。

貯金の目標金額とかはあるんですか?

目標金額は、500万円は貯めたいかな。今はまだ始めたばかりだから全然ですけど。

―じゃあ、もうこれからですね。

そうですね。貯まるかな(笑)

―大丈夫ですよ。やっぱりお金を稼げるようになって生活は変化しました?

なんか自分の欲しいものに囲まれるようになったかも。欲しいものはピンキリですけど、自分が欲しかった小物とか。すごいマイメロ好きで、部屋にマイメロが増えたみたいな(笑)

―好きなものに囲まれると落ち着きますよね。

そうそう。なんか今までは「生活できればいい」みたいな感じだったから、いい意味の生活らしさが出てきた。

―自分の趣味とかにお金を使えるようになって、我慢することもなくなって。

そうそう。我慢しろよみたいな(笑)

―500万円に向かって頑張ってくださいね。なんか夢とか目標とかありますか?

貯金がっつりして上がる事が目標です。でもこの仕事好きだから上がりたくない気持ちもあったり。でも500万円貯まっても「こんだけ頑張って500万円ためたから、もうちょい頑張れば1000万円いけるかもしれない」って(笑)

―どんどん倍になっていく(笑)

とりあえず困らない程度に貯められればなって思います。

―ではこれが最後になります。このインタビューを読んでいる女の子って、業界未経験だったり、初めての子が多いんです。そういう子に向けて何か一言いただけますか?

とりあえず怖くないです。でも「怖くないです」って言われても怖いって思っちゃうと思いますけど、まずは一歩踏み出して問合せしてみるのがいいと思います。その時はメールより絶対電話の方がいいと思います。

―絶対電話。

やっぱりメールだと相手がどんな人かわからないじゃないですか、でも電話だと声とか対応である程度の事はわかると思いますし。

―面倒くさがるスタッフだったら「はいはい」みたいな感じでやられちゃう場合もありますからね。

そう。だから絶対電話。おすすめは電話。電話で大体対応が分かる。

―ちなみにみさとさんは大人めシンデレラ様は今働こうとしている女の子にオススメできますか?

そうですね、安心してオススメできます。

―了解いたしました。インタビューは以上になります。ありがとうございました。

ありがとうございました。

こんな記事も読まれています

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む