Anniversary(アニバーサリー) | 「HajiQ(はじキュー)」インタビュー記事【はじめての風俗アルバイト】

フリーワード店舗検索
全国TOPへ
関東の風俗求人バイト

HajiQ(はじキュー)インタビュー

―それではよろしくお願いします。

お願いします。

―まずお名前年齢をよろしいでしょうか?

りりあと申します。25歳です。

―現在『Anniversary(アニバーサリー)』様で働き出してどのくらいですか?

『ティアラ』から異動してきて1カ月ちょっとです。

系列店から異動してきたんですね。普段はどのくらい勤務されてるんですか?

基本は17時からラスト24時までです。

7時間くらいですね。昼間は何か違うお仕事されてるんですか?

全く違うお仕事と掛け持ちしてます。事務職で経理みたいな。

―パソコンは得意ですか?

苦手です(笑)。入社したばかりなので必死です。

―職場の場所は埼玉とはまた全く違う所ですか?

いや、そっちも埼玉県です。住まいも埼玉なので。

1人暮らしですか?

はい。

―系列店から『アニバーサリー』様に異動してきたんですよね。最初に応募した時は、どういうふうに連絡したんですか?

何かの求人サイト見ました。そこの女の子用の求人ダイヤルみたいなところから連絡しました。

―お問い合わせフォームですか?

いえ、電話です。なんか話したほうが早いかなと思って。今LINEとか主流じゃないですか。けどそのフリーダイヤルみたいなのをとりあえず押したらかかった(笑)。

―そのころは風俗業界は未経験だったんですか?

風俗自体は経験はあったんですけど、ソープランドはここが初めてです。

―当時の勤めていたお店を替えようと思ったんですね?

一回辞めて少ししてからまた始めようと思って。面接予約の電話して「次の日大丈夫ですか?」って聞いたら、「全然いつでもいいですよ」みたいな感じでした。

―「むしろ今からでもいいです」って位ウェルカムだったんですね。

でも電話してすぐはちょっと失礼かなと思いまして(笑)。とりあえず明日でお願いしますみたいな。

面接場所はお店でしたか?

はい。

―ソープランドは初めてだということでしたけど、実際に働いてみてどうでしたか?緊張されたんではないですか?

緊張というより、なんかよくわかんない感じであっという間に初日は終わりました(笑)。

―なるほど (笑)

その日はスタッフさんがこう全部つきっきりというか。お客様帰したら部屋のセットとかも全て部屋に来てサポートしていただきました。

―接客が終わる度、部屋にきてくれて、備品の補充したりとかですか?

はい。気遣っていただいたり、流れを教えてくれたりみたいな感じでした。

―面接されてすぐに体験入店したんですか?

はい。面接をした当日に「体験入店できますか?」って言ったら「大丈夫です」みたいな。

―面接当日にプロフィール写真も撮って、その日に働いたわけですね。

うん。

―初日って何人ぐらい接客したか覚えてますか?

覚えてないけど、とりあえず最後までお客様をつけてくださった記憶はあります。

―その時も17時から24時だったんですか?

何時スタートかは覚えてないんですけど、終電ギリギリまではいました。

―体験入店でも、お給料は日払いでもらった感じですよね?

はい、日払いです。

―りりあさんはお住まいが埼玉県内ということですけど、この西川口エリアを選んだ理由とかあるんですか?

働きだした当時は都内に住んでて、その前は池袋で働いてたんです。でも新宿だと知り合いがいっぱいいるし、大宮だとちょっと遠いなって思って。

―はい。

いろいろ見たり、友達とかに聞いてたら、西川口だったら駅から近いし。お店がこの辺だけに集結してるから、大宮みたく迷子にならないって(笑)。

―大宮は迷子になるんですか(笑)?

ちょっと距離があるから、終電でダッシュとかしたくないんだったら、西川口だったら意外といいんじゃない?っていうアドバイスをもらいまして。

―ではそれまで西川口には全然来たことなかったんですか?

全く来た事なくて、話しか聞いたことなかったです。ソープランドとかヘルスとか沢山あるけど、今は安全な地帯だと思うっていうふうに聞いてました。

―お友達からアドバイスされたんですか?

アドバイスっていうか、吉原とか行くとランクがピンキリだけど、西川口みたいに一定料金っていうか、どこのお店も変わらないぐらいのほうがいいんじゃない?みたいな。

―働く前には結構お友達には相談をされてたんですか?

その友達がそういうジャンルに詳しい子だから(笑)。

風俗業界に詳しい先輩というか(笑)。

そう。「私は行ったことないけど、話で聞く限り西川口はいいよ」みたいな。「合う子には合うよ」みたいな感じで聞いていました。それで駄目だったら駄目でって。

―なるほど。いろいろ相談したのはその方だけですか?

うん。そうですね。

―系列の『ティアラ』さんを選んだ理由とかってありますか?

求人サイトで「西川口 ソープ」で検索したら一番上に出てきたのもあったし、ホームページがすごくしっかりしてて、更新履歴がこう、まめにしてあって。更新してない所はしてないじゃないですか。

―まったくしてないお店もありますね。

あれ、これいつの写真?いつの?みたいなとか(笑)。あと『ティアラ』って場所も一番手前というか駅寄りの場所ですし、だからお客様の目につくかなって思ったのもあります。

―あとはまめにホームページ更新してるお店は、お客様も入りそうですよね。

やっぱ情報は早いほうがお客様も見るからっていうふうには思いました。

―そうですよね。せっかく働き出したのにお客さんが来なかったら意味ないですからね。ではホームページの雰囲気を見たりして、まめに更新をしてるかとか、求人サイト内で検索をして一番上に出るかとかをチェックしたんですね。

はい。

―りりあさんは以前からこの風俗のお仕事はされてたということですけれども、始めようと思ったきっかけは何だったんですか?

きっかけって何だろう。まあ今しかできないとかいうのもあったし。これといってなかったかな(笑)。

―これといって理由はなかった(笑)

なんかもともと学生のころから周りにそういう子が多かったんです。先輩が店長やってたりとか。

―風俗店の店長さんですか?

そう。ヘルスの店長が地元の先輩だったりとか、常にこう夜のお仕事…風俗問わずこうキャバクラだったり。ナイトワーク的なお姉さんたちが周りにいたっていうのもあります。

―あとはもう好奇心とかですか?

好奇心とか、あと何となく「今しかできない」ってのがありました。やっぱり、若いうちだけとかそういう。

―それで自分も働いてみようかなと。

うん。

―風俗には色々業種がありますけど、なんでソープランドにしたんですか?

なんかヘルスはヘルスで良かったんですけど。やっぱりお店が古かったりすると、建物が古かったり、衛生面的なのとか気になって。

―はい。

デリヘルもちょっとだけ働いたんですけど、週末とかだと混み過ぎてて。お客様も私も空いてるのに、部屋が空かないみたいな。

―駅の近くだと極端に混み過ぎてホテルが空いてないんですね。

そう。それでなんか1時間とか1時間半待機させられたりとか。それでお客様が違うホテルを探しても、やっぱ週末だからこうカップルとかで満室ばかりで結局もう入れないってなっちゃって。すごい料金が高い所しか空いてないとかってなると、さすがにちょっとそこまでは…ってなって、お客様も結局『じゃあやっぱりやめときます』とか『料金安い部屋が空くまで待ちます』とかってなって。

―そういう理由があったんですね。時間の無駄になってしまいますからね。

待機が多くて体調崩した事あります。真夏だったんですけど、待機中の部屋はエアコンでガンガンに冷えてて、外に出て暑くてみたいな。

―気温の変化で体調悪くしちゃったんですね。

待機所もすごい汚いっていうか、なんかこう漫喫じゃないけど、くつろげないし…。もうなんかエグい。エグい(笑)。

―なるほど (笑)。

エグいっていうか生々し過ぎて。ホスト通いが好きな子だったり、結構リアルなお金の話だとかを壁越しに聞こえてくるとちょっとなんか居づらいっていうか。

―一つの部屋にパーテーションがあって仕切られてる感じですか?

ワンフロアみたいな所にパーテーションで、一応鍵付いて、上が開いてる状態でした。

―漫喫みたいですね。

漫喫の、ジュースない版みたいな(笑)。貴重品は自分で管理とか。

―なるほど。その点ソープランドはこうやって各個人にお部屋がありますよね。

部屋があって、お風呂も常にきれいにしてくれてるので衛生面もいいと思います。

―りりあさんは一般のお仕事もされてるということでしたが、一般の仕事はずっと続けていきながら、かけもちしていく感じですか?

かけもちしながら、まあいずれはそっちに移行する形って考えてはいます。

―『アニバーサリー』様の方は週に何回ぐらい出勤されてるんですか?

週半分ぐらいなんで、今は週4日ですね。昼職の方が今ちょっと落ち着いてるので。

―お昼のほうは毎日出勤してるんですね?

毎日出勤したりしなかったり。なんか気まぐれです(笑)。そこは友人が経営してて。

―わかりました。それでは、『アニバーサリー』様に移られて何か良かったこととかありますか?

部屋がとにかくきれいです。『ティアラ』も白基調ですごくきれいでしたけど、『アニバーサリー』の方が高級感があります。

―はい。『アニバーサリー』様では講習とかはあるんですか?

私は講習は今のところはないですけど、確かアロマの専門講師がいたはずです。

―接客にアロママッサージがあると思うんですが?

オイル使ってマッサージですけど特別難しくはないです。簡単です。

―講習を受けなくても大丈夫な感じですか?

多分受けたい子は受けれると思うんですけど、私はもともと好きでスパとかオイルマッサージに行ってたりやってたりしてたんで。

―じゃあ経験者扱いで、実際にできるから講習はまあ必要ないかなと。

でもこれから受けれるならちょっと受けようかなと思ってます。他のオイルマッサージ店ではそういうのやってるみたいなんで、ちょっと行こうかなと最近考えてます。

―あ、外部の講習に自分から行こうかなと考えてるんですか?

はい。

―勉強熱心ですね!『アニバーサリー』様は、どんなお客様が多いですか?

何て言ったらいいのかな、ガツガツしてない?紳士的な方?余裕がある人が多いかな。

―紳士的な方で余裕のある方が多いんですね。りりあさんはソープランドで働き始めて、他の業種と比べて何かイメージとかって変わりましたか?

これと言って特にはなかったけど、ヘルスと違ってお風呂があるし、時間にせかせかしてない感じっていうのかな。時間の余裕がある気がします。

―じゃあ働き出して、価値観とかもそこまで変わらなかったですか?

変わってないですね。

―結構こういうお仕事って秘密じゃないですか。ばれないために何か工夫とかされてますか?

なるべく写メ日記で顔出さないとか。特徴のあるものを全部消すとかはしてます。写真でほくろ消すとか。あとは風俗系統の話をしないようにしてます。なんか男の人って、女の子には風俗に行ってることを隠す人いるじゃないですか。

―そうですね。

風俗の話を自分から率先して言う子もいるけど、なんか別に自分からは言わなくてもいいかなみたいな。隠すわけじゃないけど、無理やり話題作んなくてもいいかなと思って。誰にも言ってません。

―わかりました。今ちょうど1カ月間ぐらい働かれてると思うんですけど、このままいくと月収どのくらいになりそうですか?

どうなんだろう?月収ってあんまり気にしなかったです。

―お金に余裕がある感じですね(笑)。

いや、普段多分ケチなんですよ(笑)。なんか1日これぐらい稼げたとかいう頭がなくて。多分頭ん中で全部計算できちゃってるんですよね。大体月収だと70~80万円いくのかな?100万円は絶対いってないと思う。

―月収70~80万円、すごいですね!

どうなんだろう。単価高いから。やっぱり波はどうしてもありますけど。

―稼いだお金はどんなことに使ってますか?

たぶん今は車にお金かかってます。

―車が好きなんですか?

維持費ですかね。

―維持費?えー、なんかすごい車なんじゃないですか?

秘密です(笑)

―では『アニバーサリー』様で働くと1日平均だと、どのぐらい稼げるんですか?

日によって違います。私は高い日だと多分6万円とかいきます。

―すごい!じゃあ最高金額とかも大体6~7万円ぐらいですか?

それぐらいかな、今は。

貯金はしてますか?

さりげなくしてます(笑)。

―いくらぐらいまで貯めますか?

いや、考えてないです。エンドレスです。あって困ったことはないじゃないすか(笑)。

―おっしゃる通りです(笑)。そのお金を使って何かこうしたいなとかありますか?

できればいいなとは思ってるけど、今は考えてないかな。未定です。買ってもクリスマスにとか(笑)。

―ではこの風俗のお仕事ってどのくらい続けますか?

まだ考えてないですけど。体が続く限り?

―りりあさんはお仕事を探すときにネットで何回もいろんなお店を検索したと思います。初めてこういう風俗のお仕事をする女の子って、どうやって探していいかわからないと思うんです。

うんうん。

―りりあさんは先輩として、いくつかお店を見てきたから大体わかるじゃないですか。こういうお店を選ぶといいよっていうアドバイスとかありますか?

えー、求人でしょ?なんかちゃんとQ&Aが書いてあるかとか。よくある質問じゃないけど。やっぱ質問しにくい子とかって絶対、生々しくて聞きづらいとかあるから。

―確かにそうですね。

あるから、そのQ&Aがしっかりしてるとか、あとは問い合わせしたときの対応がしっかりしてるお店は大丈夫だと思う。

―メールの返信の早さとかですか?

返信の早さとかもあるけど、遅くても、その質問とか問い合わせたことに関して、ちゃんと答えるかどうかとかです。

―なんか自分が質問してるのに、なんか全然違う回答だったりとか。

デリヘルの時は、連絡がすごいチャラ過ぎて(笑)。「明日出勤お願いします」みたいな返信をしたら、普通は「じゃあよろしくお願いします」とか返ってくるのかなと思ったら、「了解っす」みたいな(笑)。

―なるほど

「OK」だけとか。え、みたいな。絵文字だけとか。

―ああ、スタンプみたいな(笑)。

そんなのとか、突然変な時間に連絡来て「人いないんだけど来れない?」みたいな。唐突に。

―なるほど、それは当然そのお店で働く気がなくなりますよね。説得力があるなぁ。質問した時の返答は大事ですよね。

はい。

―それでは、以上になります。今日はありがとうございました。

ありがとうございました。

こんな記事も読まれています

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む