大久保ファイン M回春/M男が好物!受け身ナシで楽しく稼ぐ大久保のM性感

フリーワード店舗検索
全国TOPへ
関東の風俗求人バイト

HajiQ(はじキュー)インタビュー

―本日は、新宿・大久保エリアにある出張エステ・マッサージ店「大久保ファイン」様で働く、マキさんにお話を伺いました。

―よろしくお願いします。

はい、よろしくお願い致します。

―まず最初に、お名前と年齢をお伺いしてよろしいですか?

はい。名前はまきです。年齢は33歳です。

―まきさん、33歳ですね。ありがとうございます。大久保ファイン様、まだオープンして間もないと思うんですけど、入店歴は今どのくらいですか?

えーそうですね。入店して、2、3週間たったところです。

―2、3週間ぐらいですね。

はい。

―ありがとうございます。普段って、勤務時間は大体どのぐらいですか?

私、20時から翌5時のラストまで働いています。

―ありがとうございます。時間長いんで結構眠くなったりしないですか?

ウフフ。眠くなることはありますよ(笑)

―そうですよね(笑)えっと、2、3週間ぐらいしか働いてないと思うんでまだ分かんないと思うんですけど、大体月収ってどのくらいになると思いますか?

20万円~30万円ぐらいでしょうかね。

―20万円~30万円くらいですね。勤務日数は週2とか、週3ぐらいですか?

そうですね。出られるところでシフトで出てますね。今のところ固定シフトで出勤させていただいてまして、週4日~5日ぐらいですかね。

週4日ぐらいで、勤務時間は長いときもあれば短いときもたまにあるんですね。

そうですね。そのとき、そのときの状況でしょうか。

―分かりました。ありがとうございます。ちょっと唐突なんですけど、夢や目標はございますでしょうか?

そうですね。なんか、まあ、エヘヘ。旅行が趣味でして、全国旅行をしてみたいとは思います。

―ああ、全国。

はい。全国。全国制覇ということで(笑)

全国制覇で。ハハハ(笑)全国制覇って、今どのぐらい完了できてるんですか?制覇、あともうちょっとくらいですか?

あ、行けてるところと行けてないところがありまして、そうですね。行けてないところのほうが多いでしょうか。

―まあ、旅行に行くって言っても、まとまった休みがないと中々行けないですからね。

まとまった日もそうですけど、まとまったお金も必要ですし。あとは店長さんと相談した上でしょうか。

―そうですね。まあ、この業界は高収入だからすぐ貯まると思うんで、頑張ってください!えっと普段、昼間はどうしてますか?

昼間はですね、あの、スマホと一緒に充電をしております(笑)

―ああ、なるほど(笑)休みもしっかり。

お休みさせていただいております。

―ありがとうございます。結構寝るの好きですか?

寝るのは好きですよ。こういった仕事ですから、体調管理と食生活はしっかりしているつもりです。

―意識してるんですね。

はい。

―ありがとうございます。そしたら、このお仕事を始めたきっかけをお伺いしてよろしいですか?

パスさせていただいてもよろしいでしょうか?

―パスですね。かしこまりました。大丈夫ですよ。そしたら、この大久保ファイン様に最初に連絡をした方法を教えてください。

えーと、求人サイトですね。

―求人サイトから、そのまんま電話をしたってことですか?それともメールとかですか?

電話です。

―電話ですね。

はい。

―ありがとうございます。すぐ対応してくれました?

はい、きちんと対応していただきました。

―じゃ、すぐにいついつ面接でみたいな?

はい。あの、こちらの日にちと時間を伝えて、日時を決めた上で面接させていただきました。

面接ってどこでやったんですか?

喫茶店なんですよね。

―喫茶店ですね。どんな感じだったか覚えてますか?

シンプルでしたね。

―シンプル?

はい。

―じゃ、すぐ終わったんですかね?何分ぐらいですか?

時間を見てたわけでもないので何分ぐらいっていうのが分からないんですけれど、30分弱ではないでしょうかね。

―ありがとうございます。面接してくれた人ってどんな感じでしたか?

当たり障りのない方ですね。

店長ですか?

店長です。はい。

―感じはよかったですか?

感じよかったですよ。はい。

―はい、ありがとうございます。そしたらこのエリアを選んだ理由を教えてください。

あの、通勤しやすいからですね。

―あ、通勤しやすいんですね。大体どのくらい自宅からかかるんですか?

うーん。パス

―パスで。はい。分かりました。えーと、ズバリこのお店を選んだ理由を教えてください。

えーと、男性が受け身で、女の子が攻める側でやる仕事だからっていうのが選んだ理由でしょうか。

―そうですね。大久保ファイン様の業種は基本、女性が男性を攻める感じの業種なんでそれが一番かなっていうことですね。

そうですね。

―はい、ありがとうございます。彼氏や友人に入店を相談しましたか?

あ、してませんね。

―ありがとうございます。このお店って何店目ですか?

あの、3店目です。

―あ、3店目なんですね。いろいろ経験があるんですね。前のお店はどんな業種でしたか?

えーと、熟女系のお店ですね。

―あ、そうですか。でも熟女っぽく見えないですけどね。

ハハハハハハハ。そうですか?(笑)

―なんていうか、若妻系のコンセプトだったんですか?

あ、そうですね、はい。熟女系とはいっても若妻系の人も居ましたね。

―ああ、そうですか。まあ、幅広い年代のお店だったんですね。前は。

はい。てか、私は若手のタイプになりました。

―あ、そうですよね容姿もお美しいから。

いえいえ、あのお世辞がうまいことで。

―いえいえ。お世辞じゃないですよ。えー、ぶっちゃけこの大久保ファイン様の求人内容って違う所ありましたか?

違う所はないと思います。

―はい。ありがとうございます。えー、体験入店とかってしましたか?

はい。実際に接客して入店を決めました

―あ、そうですか。すぐ決めたんですか?

そうですね。何人かのお客さまを相手させていただきまして。接客して、入店決めました。

―ということは、面接してすぐ体験入店して、入店をすぐ決めたっていう感じですね。

はい

―ありがとうございます。えと、面接の時って必要なものってありました?

身分証が必要ですね。

―身分証ですね。はい、ありがとうございます。えー、3店舗今までやってきたと思うんですけど、その前はどんなお仕事してましたか?

えと、若妻のお店の前ですか?

―そうです、そうです。

OLをしていました。

―ありがとうございます。えと、このお店に入店してよかったことってありますか?

待機所があることでしょうか。

―ああ。待機所。広々としてますもんね。

そうですね。はい。

―ありがとうございます。えと、講習とかってありましたか?

ああ、私ないです。

―あ、なかったんですね。

はい。

―何かあったとしても、簡単な口頭で説明だったりとか、DVDとかあるものなんですか?

はい、そうです。

―あ、そうなんですね。じゃ、初めての人は、簡単な流れを口頭で店長さんに教えてもらえるっていう感じですかね?

そうですね。

―はい、ありがとうございます。えと、お店の雰囲気とか環境とかってどうですか?

あ、いいと思います。

―ありがとうございます。普段どんなお客さまが多いですか?いろんなお客さまいると思うんですけど。

感じのいいお客さまで、Mっ気の強い男性が多いと思います。

―そうですか。Mっ気。

はい。

―まきさんはMっ気の強い男性は好きですか?

はい、大好物ですね(笑)

―大好物ですか。(笑)左様でございますか。

はい。あ、大好物なんていって、あの、食べたりはしませんよ(笑)

―(笑)攻めるの楽しくなっちゃいますかね?

楽しいですよ。

―ありがとうございます。はい。えと、この仕事自体を、する前とした後ってイメージ変わったりしました?

あ、イメージ通りでした。

―分かりました。こんなもんかな?みたいな感じですか?

いえいえ、そんなそんな簡単には思っておりませんね。

―まあ、簡単ではないですよね。失礼しました。

何か、思い描いてたイメージ通りでしたね。はい。

―ありがとうございます。今まで結構いろんなお客様がいたと思うんですけど、中でもまきさんに好印象な方とかいたら聞かせてください。

皆さん好印象ですよ。

特別誰かっていうわけではなくてみんな優しいって感じですかね?

はい。優しいですね。

おもしろいお客さまいました?おもしろい!この人!みたいな。

おもしろいとはまた違うと思うんですけれども、喜んで四つん這いしてくれるお客さまいましたよ。

―言ってないのに喜んで四つん這いしてくれるんですね。

いや、言いました(笑)

―あ、言ったんですか(笑)四つん這いなりなさい!みたいな?

(笑)はい。

―分かりました。(笑)

居酒屋のように喜んで!っていうわけではないですけれども、「はい」って。

―何か、嫌な気してないだろうなこの人、みたいな。

はい。

―分かりました。中にはちょっとこう無愛想なお客さまとか嫌なお客さまとかいると思うんですけど、まきさんはそんなときどう対処してますか?

もしそのようなお客さまに出会いましたら、毅然とした対処をさせていただきますね。

―ああ、じゃ、そういう時はガラッと口調が変わったりするんですか?

普段から毅然とした対処、対応をさせていただいてるんですけれども。

仕事中は特にですか?

はい。

―あ、そうなんですか。じゃ、今のこの話してる感じとはもう全然オン、オフが違うってことですか?

そうですね。和んだ雰囲気で話ししたいと思いまして。

―はいはい。何かあるんですか?自分の仕事スイッチみたいなの。

仕事スイッチはあると思いますよ。

―ここに来たら、スイッチ入れて、笑顔を絶やさず頑張ってるって感じですかね?

はい。心掛けております。

―ありがとうございます。このお仕事って、知り合いとかにばれないようにするために、何かと大変だと思うんですよ。まきさんは、何か工夫とかしてますか?

工夫というわけではないですけれども、浪費や出費を抑えることではないでしょうか。

―ああ、出費ですね。

はい。

―普段から羽振りのいい感じで浪費してたら多分目立ちますもんね?

そうですね。

―怪しまれたりもしますよね。確かにそういう工夫は一つありますね。ありがとうございます。えと、待機中っていつも何してますか?

ネットサーフィンしてますね。

―そうですか。でも待機ってあんまりないですよね?

あるときはあるしないときはないし、でしょうか。

―ありがとうございます。えと、店長ってどんな人ですか?

いじられキャラですね(笑)

―いじられキャラ(笑)。店長もこうちょっとMっ気があるんですか?

Mっ気はないと思いますよ。勝手にいじらせていただいております。

―あ、そうなんですね。仲がいいですね。

はい。

―えっと、待機って個室と集団、どちらですか?

集団待機ですね。

―えと、集団になるときって待機中はどんな感じですか?

人がいれば、女子校のノリでしょうか。

―女子校って結構こうワイワイ楽しくやってるイメージなんですけど。

ま、そのようなイメージで間違ってないと思います。

―あ、そうですか。他の人とちょっとはしゃべったりもするんですか?

まあ、そうですね。話しするときは話ししますよ。うん。

―ありがとうございます。まきさんが思う高収入のお仕事の良いところと悪いところを教えて下さい。

いいところは、貯金ができることでしょうか。

―貯金ができる、そうですね。まあ、出費も抑えてますからね。

フフフフフ。はい。

―貯金できますよね。悪いところはありますか?

お金に振り回されることでしょうか。

―振り回される?

うん。自分がしっかりしていれば貯金もできるし、お金に振り回されることもないですから。私が思う良いところ、悪いところはそういったところでしょうか。

―そうですよね。何か誘惑に負けちゃって、これ、衝動買いっていうことはあんまなさそうですね。まきさん。

ないですね。その日いただいたお金を使ってしまうっていうのはとてもとても。

―そうですよね。勿体無いですよね。そしたらお店自慢をお願いします。

はい。新しいお店で、皆さん初めましてっていうお店ですから、なんだろう気負いとか緊張しないでやっていけるところだと思います。

―はいはい。オープンしたばかりでみんな初めましてなんで、派閥も何もないし居心地がいいと?

ですね。

―ありがとうございます。そしたらまきさん的に、指名だったりとか、お客さまの延長を取るコツがあったら教えてください。

ハハハハハ。

―どうですか?

パスさせていただきます(笑)

―パスですね。わかりました。企業秘密ってことですね。

そうですね。

―ありがとうございます。えと、普段のシフトってどうやって決めてますか?

固定シフトでさせていただいております。

―自分の中で何曜日と何曜日って決めてるっていうことですか?

はい。そうですね。

完全自由出勤ってことですね。

はい。

―わかりました。今、このお店に女の子の友達とかっていますか?

あ、えーと、居ません。

ちょっとしゃべるけどぐらいな感じですかね?

はい。あの、少しは話しさせていただく方はいますね。

―ありがとうございます。えと、生理のときって休めますか?

はい。休めます

―わかりました。えと、ストレスとかってどうですか?マキさんありますか?

あの、店長いじりですね。

―店長いじり?ああ、ストレス発散!店長いじって発散するってことですね。

そうです。

―店長のストレスは大丈夫ですかね?

どうなんですかね(笑)どこかで吐き出してるんでしょうか。

―そうですね。(笑)店長のストレス発散方法は置いといて(笑)

はい。

―わかりました。普段、お金を稼いで一体何に使ってますか?

まあ・・・パスさせてください。

―あ、パスですね。はい。

まあ、まずはあの、釣り銭

釣り銭?

釣り銭。お金をくずすことはまず大事でしょうか。お金をくずしておいて、釣り銭を確保しておくっていうことはまずしますね。なので、まず何に使っているっていったら、釣り銭を確保しておくことですね。

―はい、ありがとうございます。えと、1日平均、いろいろムラはあると思うんですけど大体どのくらい稼げますか?

パスさせてください。

―わかりました。えー、今までの一日の稼ぎで最高金額って教えていただけますか?

えー、それもパスしてもいいですか?

―はい。分かりました。秘密ですね。

はい。

―ありがとうございます。そしたら、貯金とかしてるとは思うんですけど、今まで最高どれくらい何に使いましたか?

この歳までに、仕事してお金ができたってことで、一日最高どれくらい何に使ったかっていうことですよね?

―そうですね。今までも構いませんし、最近でもいいですし。

車を購入したことでしょうか。

―あ、車ですね。いろいろドライブとか行くんですか?

ウフフ。まあ、お休みのときは車を動かしたりすることはあります。

―分かりました。ぶっちゃけ、貯金っていくらありますか?

それも秘密です。

―秘密ですね。わかりました。えと、たくさんお金を稼げるようになって生活ってどう変化しましたか?

意識しているので生活の変化っていうのは特にありませんね。

―さっきおっしゃったように出費を抑えるように意識してるってことですかね?

はい。

―心の余裕はちょっとでてきたりしますか?

常に心の余裕は持っております。

―ありがとうございます。えと、まあ、貯金は秘密ってことなんですけど、目標金額とかってありますか?

ウフフフフ(笑)それも秘密です。

―分かりました。目標金額があるのかないのかは定かではないんですけど、このお仕事ってずっと続けようって思いますか

続けると思いますよ。

―そうなんですか。ある程度の目処で辞めようかなとか、そういうことはたまに考えたりしないですか?

特にないですね。

―ありがとうございます。そしたら、この業界に入る前とくらべて収入はどれくらい増えましたか?

パスさせていただきます。

―パスですね。分かりました。それではこの仕事を始めて生活は変わってないと思うんですけど、自分の中で何か変わったなって思うことはありますか?

特にないですね。

―特にないですね。はい。ありがとうございます。そしたら最後に、これを読んでる女の子に一言お願い致します。

まあ、お店自慢の時にも言いましたが、ココは新店ですし、初めましてから始まるお店ですから、お店選びに困ってる女の子にとって良い環境なんじゃないでしょうか。

―はい。ありがとうございます。

はい。

―ありがとうございます。ではこれで以上となりますので。ありがとうございました。

あ、はい、ありがとうございました。

こんな記事も読まれています

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む