ロマネコンティ | 「HajiQ(はじキュー)」インタビュー記事【はじめての風俗アルバイト】

フリーワード店舗検索
全国TOPへ
関東の風俗求人バイト

HajiQ(はじキュー)インタビュー

―今日はよろしくお願いいたします。まず、お名前と年齢をお伺いしてよろしいですか?

はい。すみれ、22歳です。

―すみれさんは『ロマネコンティ』に入店されて、どのぐらいたつんでしょうか?

2カ月ぐらいですね。

―どうですか、お仕事はもう慣れました?

はい、慣れてきました。

―こういう風俗業界は初めてなんですか?

いえ、初めてではないです。

―いろんなお店を転々としてきて、ここになったんでしょうか。何店目ぐらいに当たりますか?

3店目ですね。

―3店目で、2カ月ですね。普段の勤務時間ってどのくらいですか?何時ぐらいに出勤して、終わりが何時ぐらいになるんでしょうか。

12時~22時のシフトが一番多いです。

週に何回ぐらい勤務されてるんですか?

大体3日ぐらいですね。

―普段はこのお仕事の他に、何かされているんですか?

今は特にしてないです。

―これ一本だけですね。以前はいろいろ掛け持ちとかされてましたか?1店目、2店目とかで働いている時。

掛け持ちしてたことはないですね。

―ずっと専業なんですね。今現在、お住まいはお一人暮らしですか?

はい、一人暮らしです。

―彼氏だったりとかはいらっしゃるんですか?

彼氏はいます。

―こういう風俗のお店で働いていることは、知らないですかね。

知らないですね、はい。

―秘密のお仕事ですよね。すみれさんの中で、自分のライフスタイルの一部になっている習い事とかはありますか?毎週何曜日はこういうことをするとか、習い事とか、趣味だったりとか。

趣味とかではないんですけど、お友達とご飯に行ったりとか、そういう予定に合わせてシフトを組んだりとかはしています。

―最近、どこか遊びに行かれました?

最近は友達と旅行に行きました。沖縄行ったりとか、先日は伊豆に行ったりとか。

―沖縄いいですよね。旅行は何回も行くんですか?

そうですね。好きなので、年に何回か行ったりします。海外はまだ行ったことないんですけど、機会があったら行きたいなと思っています。

―時間とお金ですよね。沖縄行くっていっても、結構お金も掛かるかと思うんですけど、結構豪遊します?

そうですね。やっぱり旅行とか行くときは、あんまりケチったりしたくないので(笑)

買いたいものを買うし、食べたいものも食べるし(笑)

はい(笑)

―話は戻りますけど、『ロマネコンティ』に最初に連絡した時は、お電話でしたか?最近はL〇NEとかメールとかもあるんですけど。

最初は多分、メールで応募したと思います。でもやっぱり、L〇NEで応募できたりっていうのが多いのは、すごい便利だと思いますね。

―実際L〇NEで応募したこともありますか?

多分あると思います。

―まあ今回『ロマネコンティ』に限ってはメールで応募をしたと。やっぱりまだメールって使われてるんですね。

でも使う機会はだいぶ減っていますね。

―ですよね。例えばいろんなお店のメールマガジンとか登録したりすると、割引になったりとか。特典がやっぱりありますから、必ずなくなるものではないですよね。

うん、そうです。

―『ロマネコンティ』の求人を見つけたときは、店舗のオリジナルのホームページを見て知ったんですか?それとも風俗店がいっぱい載ってる求人サイトみたいな。

求人サイトだったと思います。

―そのサイトってどこか覚えていますか?うちの『はじ風』とか(笑)

あ、求人じゃないかも。風俗情報サイト見たので。

―情報サイトでしたか。ご自身では写メ日記とかって、やっぱりやられたりするんですか?

はい、やっています。毎日やりたいなと思っているんですけど。まあ、出勤したときは必ず書くようにしてます。

―1日何本くらい書かれてるんですか?多い日だと3~4本とか上げたりするんですか?

私は大体、1日2本ぐらいですね。出勤前に「出勤します」っていうのと、退勤後にお礼の日記を書くっていう感じになっています。

―お休みの日とかはやられないですか?

休みの日もたまに書きます。

―たまにやるんですね。出先とかでも?

はい、そうですね。

―すみれさん的に、写メ日記ってやっぱり面倒だったりします?

いえ、そんなに。日記とか文章を考えたりするのはあんまり苦痛じゃないので、結構無理なく続けられているかと思います。

―Facebook、Twitter、インスタとか、いっぱいありますけど、そういうのもやられるんですか?それプラス写メ日記みたいな。

はい。

面接はこちらの事務所でやられたんですか?

はい、そうです。

―どうしてこの吉原のソープランドのエリアを選んだんですか?

以前、川崎の堀之内のお店で働いていまして。ちょっと場所を変えようかなと思って。この辺は働いたことがなかったので。

―2店目が川崎だったんですね。ちなみに1店目ってどこだったんですか?

1店目は錦糸町のホテルヘルスでした。

―ホテヘルですか。ホテヘルからソープランドに業種を変えたのは、やっぱりソープランドはお金を稼げるっていうイメージがあったからですか?

そうですね。

―それで川崎に行って、次は吉原と。吉原って有名ですよね。

そうですね。

―吉原に来る前はどういうイメージがありましたか?

なんかお店がいっぱいあるっていうのは知ってたんですけど。この辺に来たことは、最初は全然なかったので。

川崎の堀之内もソープランドはいっぱいあるじゃないですか。でも実際来てみると、密集度合いでいったらやっぱり吉原のほうが多いですよね。

そうですね。密集度合いは違うなって思いました。

吉原エリアのソープランドって120店舗近くあるんですよ。数多くある中で『ロマネコンティ』を選んだ理由とかってあるんですか?

お店の雰囲気とか、やっぱり1本のバックとかも、必ず確認したりとかって。結構バックがよかったので。

―そこはホームページで、男性が支払う料金とかで逆算して、大体このぐらいなのかなって調べたんですか?

多分求人に出ていたと思います。ちゃんと出てた額どおりだったので。

バック料金の記載があって、結構信ぴょう性があって信頼できるかなと。ここが一番魅力的な部分で、『ロマネコンティ』に応募をされたんですね。

はい。

―実際に働いてみても、バック率とかは求人内容と一緒でしたか?

そうですね、はい。

―初日って体験入店されましたか?それとも最初から、もう本入店みたいな。

私はとりあえず初日は面接だけでした。面接の後、簡単な撮影だけしてという感じでしたね。でもすぐに体験入店することもできるみたいでした。

―面接当日に体験入店もできるけど、すみれさんは後日っていう形ですね。初日ってどのぐらい稼いだか覚えていますか?

初日は10万円近くだった気がします。うろ覚えなんですけど。

すごいですね(笑)!川崎の堀之内で働かれていたときも、そのくらい稼がれてたんですか?

いえ、バックの値段が違うとこではあったんですけど。そこはシフトが厳しかったんです。完全に固定の、早番か遅番かっていう感じだったので。

―毎週何曜日と何曜日、出勤してみたいな。

割とそうですね。結構、そういうのがきっちりしていて。自分の予定とちょっと、いろいろ難しかったりして。

―結構束縛されている感があったんですか?

そこはありましたね。

自分のライフスタイルも、プライベートも大事にしたいし。そこで『ロマネコンティ』は週3で、結構自由なシフトを組めると。

そうですね。

―結構束縛感は苦手ですか(笑)?誰でも苦手だとは思うんですけど。

そうですね。あと待機が集団待機だったので。『ロマネコンティ』は個室待機だったのも結構、入店した決め手にはなりました。

―集団待機ってやっぱり気を使いますよね。周りの子たちの話声とかも、やっぱり落ち着かないし。

そうですね。

―お給料も川崎のソープランドよりも全然よかったと。ホテヘル時代のお給料に比べると、やっぱりすごい上がりましたか?

やっぱり全然違います。ホテヘルの時は1日平均3万円ぐらいでした。

―それを考えるとすごいですね。3倍近く違います。

そうですね。やっぱり集客もすごくいいお店なので。

―初日に10万円、日払いでもらってやっぱりびっくりしました(笑)?

そうですね。やっぱり嬉しかったです。

―やっぱり自分の頑張りを正当に評価してもらって、いっぱいお金をもらえると嬉しいですよね。すみれさんがこの風俗業界で働き始めたきっかけって、何かあったんですか?

きっかけは、貯金がしたいっていうのが一番大きいですね。

―貯金をして、やっぱり何かやりたいこととか目的があったんですか?

海外に行きたいなっていうのもあって。で、どうしても普通のバイトだったりすると貯めるのも大変なので。

―飲食店とかのアルバイトをしてたんですか?

はい。

―海外って、語学留学みたいな感じですか?留学費用をためていると。

はい、そんな感じです。貯金ができたら海外留学する予定ではあります。

―ちなみに英語圏ですか?

それで一応考えています。

―すみれさんは以前川崎のソープランドで働かれていたということで、講習はなかったですか?

川崎のときはありました。ビデオを見たり、講習員のお姉さんがいてひととおり教えてもらいました。

―お店によっては、DVDを見てから実施講習を必須6時間ぐらいやらなきゃ出勤できないとかっていうお店も中にはありますけど、コチラではそういう縛りとかはなかったですか?

はい。でも一応その講習と、病院で検査してっていうのが、必ずできないと。あと撮影ですね。これが完了しないと入店はできない感じでした。

―講習と、性病検査と、撮影ですね。講習に関しては、川崎で経験されてたから、こちらでは特に講習はなかったですか?

はい。『ロマネコンティ』では講習はなかったです。

―『ロマネコンティ』の環境とかはどうですか?

すごく働きやすいです。

―居心地がいい感じですか?

そうですね。スタッフの方もすごい親切で、みんな優しいですし。

お客様はどんな人が多いですか?

すごく優しい方が多いです。変な人とかは全然、今まではいないです。

―すみれさんは苦手なタイプのお客様とかってあるんですか?

うーん…不潔な人。

―不潔な人が苦手と。不潔なのは私も嫌いです(笑)

はい(笑)

―ホテヘルからソープランドの業種に移動して、思い描いていたイメージと比較して、実際に働いてみて、ギャップとかは特になかったですか?イメージどおりというか。

そうですね。あんまり。最初はちょっと緊張してたんですけど、意外と働いてみると、すごく働きやすくて。自分は合っているなという印象でした。

―大したことないな、みたいな(笑)

まあこんなもんかな、みたいな。

―想像どおりぐらいの感じですね。

そうですね、はい。

―このお仕事は周囲に秘密かと思いますが、バレないように何か工夫だったりとかしていますか?

うーん。あんまり。

―もともとお住まいは近くではないんですか?ちょっと遠めな。

横浜なんですよね。もともと川崎が近くて、横浜に引っ越してきて。

―そっちのほうがまあ、通いやすい。吉原へは1時間強はかかりますかね。

はい、1時間ぐらいですかね。

―ちょっと距離、遠くしたっていうのもやっぱり工夫の一つですかね。

そうですね。あんまり近過ぎるのもいろいろ怖いので。

―今現在入店して2カ月ぐらい出勤されていて、体験入店のときに10万円稼がれてますよね。普段は平均だとどのくらい稼げるんですか?

1日平均7万円ぐらいですかね。

―7万円くらい。すごいですね!今までで稼ぎの最高金額は幾らぐらいですか?

やっぱり初日の10万円は結構、多いほうだったと思います。

―最高金額ですね。貯金をされているということで、どのぐらい貯まりました?

他の店の時の分もあるんですけど、そこそこ結構たまりました。数百万円ぐらいですかね。

―数百万ぐらい!多ければ多いほど良いですよね。次は1000万円ぐらい。

そうですね。この仕事をしているんだったら、ちゃんとがっつり稼いで貯めたいなと思っているので。

―毎月やっぱり自分の食べたいものも食べるし、旅行とかもしたいだろうし。使う部分はあると思うんですけど、毎月のお給料は基本的に、日払いでもらってすぐATMとかで振り込んで、貯蓄ですか?

基本的にはそうですね。7、8割は貯金してます。

―7、8割ぐらい貯蓄に回すと。じゃあそこまで豪遊もしないと思うし、生活自体はあんまり変わらないですかね?

そうです。変わらないですね。

―ではすみれさんが風俗のお仕事し始めて、自分の中で価値観が変わったなとか、私変わったなとか思うこと、ありました?

やっぱりこういう仕事でじゃないと会えない方とかにも、いっぱい会えてきたんで。そういう方とかからいろんな話を聞いたりして、学ぶことがやっぱり多いです。

―世の中にはいろんな仕事がありますよね。こんな仕事で、こんだけ稼げるんだとか。まあそういう出会いが多くなったと。

はい。

―『ロマネコンティ』は雑費だったりとかってどのくらい引かれるんですか?

いくらだったっけ。でも、すごい雑費も安いですし。あと面接のときにすごいびっくりしたことがあって。求人で「入店祝い金」とかって書いてあっても、本当はない店ばっかなんだろうなっていうのが正直あったんですけど。

―ちょっと疑っている部分があったんですね。

でも実際は本当に、入店祝い金だったりとか。本指名の数によってのボーナスとか、写メ日記のアクセス数のボーナスとかっていうのが、すごく充実しているなっていうのが結構ありました。

待遇といいますか。そこがしっかりしていると。

はい。

―例えばなんですけど、雑費は日々のお給料の何%みたいな感じなんですか?

何%とかではないんですけど、いくらだったっけな。でも、すごい少ないです。前のお店がすごくて、1本で5000円とか引かれてたんで。それと比べると、もう全然。

―1本5000円!?それすごいですね。4本入ったら、雑費で2万円引かれるってことですか?

以前のお店では一応マックスで1万円引かれてたんですけど。それでもいろいろ、やっぱり引かれると大きいので。

―ちょっと嫌ですよね。『ロマネコンティ』で10万円稼がれた場合は、雑費はどのぐらい引かれるんですか?

本当、数千円程度です。

―数千円。全然違いますね。お店を変えると、こんだけ違うのかっていう。

そうですね。やっぱり、全然違うなって思いました。

―本当、お店変えてよかったですね。入店祝い金「何日出勤したら、このときにいくら渡しますよ」みたいな感じですか?で、またさらに何日間出勤したら、またさらに渡すような。

そんな感じでした。

―その額って、10万円とかなんですか?

10万円ですね。

―すごいですね。で、本指名の数だったりとかは、月間を通して。

そうですね。月間何本以上で、翌月に幾らアップとか。

指名ボーナスは、お店の中全体で1位はお幾らとか、そんな感じなんですか?

順位っていうよりも、本数っていうか、個人のポイント数ですね。

―例えば月間15本、本指名入りましたっていったら、ボーナスが数万とかぐらい上乗せされる?

そうですね。そんな感じです。

―写メ日記ボーナスは、結構魅力的で面白い記事を上げると、男性側がよくのぞいてアクセス(閲覧数)が増えて、そしたらそれに応じていくらって感じですか?

はい。写メ日記のボーナスは最高3万円です。

―最高3万円。すごいですね。3万円もらったこともあるんですか?

私はまだないですけど。でも、やっぱり個人がちゃんと頑張った分だけ、そういうボーナスがあるっていうのは、いいことだなと思いました。

―素晴らしいですね。ではこれが最後になります。弊社の求人サイトって、風俗未経験の女の子が見るようなサイトなんです。そういう子ってどこからどうお店を選んだらいいかわからないんですよ。すみれさんも最初はそうだったと思うんですけど、先輩として、こういうお店の選び方がいいよとかアドバイスいただけると嬉しいです。

やっぱりバック率はもちろん大事なんですけど。働く環境とか、お店の居心地のよさとか。そういうのも続けていく上ではすごく大事だと思うので。いろんなお店のホームページを見たりして、自分と雰囲気が合いそうだなとか、そういう感じで選ぶといいかなって思います。

ホームページもしっかりチェックして、環境とかも調べて。

そうです。いろんなお店と比べてみたりとかして。

―いろんなお店見ると、結構疲れますよね(笑)。どこがいいか分からないですね。

ちょっとね(笑)、もうよく分からなくなりますね。

―まあ、迷うこともあるかもしれないですけど。必ずホームページを見ると。

うん、そうですね。

―はい。それではインタビューは以上になります。今日はありがとうございました。

はい、ありがとうございました。

こんな記事も読まれています

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む