川崎 素敵な奥様(川崎ハレ系) | 「HajiQ(はじキュー)」インタビュー記事【はじめての風俗アルバイト】

フリーワード店舗検索
全国TOPへ
関東の風俗求人バイト

HajiQ(はじキュー)インタビュー

―まずはお名前年齢のほうをよろしくお願いします。

村岡奈那美(むらおかななみ)です。年齢は40歳です。

―村岡さんは『川崎 素敵な奥様』に入店してから、どれぐらい経たれました?

このお店はもう8カ月ぐらいですね。慣れてる部分と、まだ慣れない部分とありますけれども、入った頃よりはだいぶ働きやすい感じで慣れています。

―普段はどれぐらいの時間で勤務されているんですか?

週3回で、時間帯が夕方16時~夜22時までです。

―村岡さんは今お一人暮らしされているんですか?

1人です。

―普段、何か別のお仕事もされてるんですか?

別の仕事もしています。それが休みの日に、暇をしているのがもったいないので。がっつりまではいかないですけど、ちょっと自分のプラス収入になればいいなっていう感じで働きだしたのがきっかけです。

―お昼にやっている仕事は、普通の事務とかみたいな感じですか?

ちょっと特殊なんですけど、派遣みたいな感じです。「明日この現場に行ってください」とか急な依頼を振られる場合があるんですよ。そういうときに普通のバイトだと、ガチガチにシフトを組まれてるから行けないじゃないですか。風俗店だと多少融通が利くので、そういう面も、こういう所で働き始めた理由の1つです。

自由出勤制ですからね。

そうそう。「すいませんけど明日休ませてください」って、普通のお仕事じゃ言えないじゃないですか。何ふざけたこと言っちゃってるの、みたいな(笑)

―確かに(笑)。でもこういう高収入のお仕事だと、女性の体調とかもあるので、考慮してくれますからね。

そうです。女性第一っていう感じなんで。

―働きやすいですよね。『川崎 素敵な奥様』の求人は、どういうふうに見つけたんですか?

ネットで検索して、いろんな職種の店舗型とか、ホテル型とか、あるじゃないですか。私はホテル型よりも、店舗型で働きたかったんです。ホテル型だと移動があったりとか。一番「えっ」て思ったのが、お客様と駅で待ち合わせ(笑)

―待ち合せ型のホテヘルとかありますね。誰が見てるかわからないからちょっと怖いですよね。

それを想像したときに、ちょっと一緒に歩くのだけは、うーん。みたいな(笑)。店舗型だったら、スタッフもそばにいてくれて安心だし。移動もないし、効率がいいかなって。

―求人はどういうワードで調べたか覚えてます?

覚えてます。年齢が年齢なんで「熟女」「人妻」「店舗型」とか。ホテヘルとかを除外して、本当に店舗型にしぼると数が限られてくるので、逆に選びやすかったです。

―求人サイトを見てっていう感じですね。もうこの川崎エリアで働くっていうのは、決めてたんですか?

あんまり遠い所は行きたくなかったので、自分の家から近からず、遠からず。そうすると川崎もしくは横浜で。

―ちなみにどちらにお住まいですか?

ぎりぎり都内です。そこにも風俗店はホテヘルとかいっぱいあるんですけど、逆に近過ぎはちょっと怖いでしょ、と思って。

連絡方法は何でしたか?LINEとか、電話とか、メールとかありますけど。

メールでしました。電話がちょっと恥ずかしかったんで、とりあえずメールで、みたいな(笑)

―何軒か問い合わせしてみたんですか?

ここだけです。やっぱり数が限られているし、あとは夜這い系とかちょっとハードなお店で。自分に合ってるのは『川崎 素敵な奥様』だったんです。

―スタンダートなお店で。ハードなやつだと、自分の体も結構大変ですからね。面接はどちらで行ったんですか?

ここ(お店)です。

―面接はどんな感じでしたか?

フランク。一言で言っちゃった(笑)。優しいし全然話しやすいし、自分の希望もちゃんと聞いてくれます。

―どれぐらい稼ぎたいとかも、結構話を聞いてくれるんですね。

うん。聞いてくれます。

―面接時間って、どれぐらいかかりました?

私、余計なこととかもいっぱいしゃべっちゃったので(笑)。多分1時間くらい。

―お話好きなんですね(笑)。でもそういうほうが、お客様も喜ぶんじゃないですか?

話しやすいし、初めてっていう感じがしない、とか言われますけど(笑)。人によりますよね。面接は普通なら1時間弱で終わると思います。

―面接官の人は優しかった感じですよね。ちなみに、風俗のお仕事をするにあたって、誰かに相談とかってされましたか?

うーん、してないです。秘密の仕事なんで。

―自分で決めて、やろう、みたいな。以前にも風俗業界でお仕事されたことがあったんですか?

あります。ここのちょっと前にかじったこともあって。面接をして、ちゅうちょして、面接し終わってすぐ行かなくて、数週間後に行きました(笑)。どうしようかな、でもな、みたいな感じ。

―そのときが初めてですね。結構前ですか?

結構前ですね。それで久々にここに来たので、まあ、初めてのようなものかな。

―正確には『川崎 素敵な奥様』が2軒目って感じなんですね。以前も同じ業種だったんですか?

同じです。

ファッションヘルスはやっぱり安心ですからね。いざ働いてみて、求人内容と違うところとかありました?

ないと思います。違うじゃないって思ったことがないので。でも本当に「やだ、このお店」って思ったことないですよ。

―良かったです。今回は面接してすぐお仕事したんですか?

しました、大人になったので(笑)。でもすぐには働けなかったので、1カ月後から入りました。早めに面接だけしてもらおうと思って、とりあえず面接だけ早めにして。「でもすみません、来月からになりますけど」みたいな感じで。

―それはお昼のお仕事の関係があったんですか?

そうですね。

―それでも、お店の人はきちんと対応をしてくれて。そういうところは安心できますね。面接のときって、何か必要なものはありましたか?

身分証だけじゃないですかね。年齢確認みたいな。

―村岡さんが風俗のお仕事を始めたきっかけは、先ほどの時間を有効的に使いたいということの他に何かありますか?

金銭面に少しでも余裕が欲しかったので、それですね。あとは、引きこもりなので基本(笑)。

―そういうふうに全然見えないですけどね(笑)

よく言われるんですけど(笑)。引きこもりなので、こうやっていろんなお客様と接することができるので。家でも1人じゃないですか。しゃべること、ないじゃないですか。テレビに向かってしゃべったりとか。

―僕も良くやります(笑)

テレビ見て笑ってるのとかは、ありますけど。このお仕事なら人とコミュニケーションが取れるので、そういう面でもいいかなと思って。一番はぶっちゃけお金の余裕ですけどね。きれいごとは言いません(笑)

―やっぱり金銭的な面ですよね。ファッションヘルスという店舗風俗型を選んだ理由としては、先ほど仰ってたように移動がなくて安全で、ということで。

あと信用ですね。お店のスタッフに対しての信用とか、女の子同士の働きやすさとか。ここは全く不満がないです。

―すごいですね、素晴らしい。『川崎 素敵な奥様』はどういうところが働きやすいって思いますか?

スタッフ間とか女の子間で、嫌な思いをしたことがないです。

―なんかうるさく言われるとか、女の子がぐちぐち言うとか、私のお客様よ、みたいな…。

全くないです。!

派閥とかもなく、のびのび働ける感じですね。結構女の子同士でやり取りってあるんですか?

そんなしょっちゅうじゃないですけど、接客に入るまで待機室で待ってるときに、たまに一緒になったりするとお話しします。

―仲良い子とかとですか?

特に誰とかでなくても、普通に話してますよ。1人で抱えてもんもんとするよりは、スタッフに言ったりとか、女の子同士で話したりとかできます。

―そういうメリットは確かにありますよね。ちなみに、お仕事は講習ってあったんですか?

ありました。ここ、マットがあるので。マットはやっぱり講習がありました。店長が一から教えてくれました。

―マットは講習があるんですね。お店の雰囲気とか環境は、やっぱり働きやすいですか?

私も初めてのようなものなので、深くまではわからないですけど不満はないです(笑)

―『川崎 素敵な奥様』では基本的に、どういうお客様が多いですか?

年齢層で言えば、高めです。ここは女性陣も年齢層高めなので。30代、40代、50代。まれに20代前半とかもいますけど、本当にまれです。あと逆に、70代のおじいちゃんも来たりします。でも基本、普通のサラリーマンの中年層よりも上かなぐらいのおじさま的な方が多いです。

―みんな優しいですか?

やっぱりみな様大人なので落ち着いた方が多いですね。

―ちなみに以前、風俗業界が初めてのときは、この業界のことをどう思ってました?

風俗業界に入る前は、人に言えない業種っていうのはもちろんですし、やっちゃいけないことっていうわけじゃないですけども。やっちゃっていいの?何やってるんだろう自分、みたいな。やっちゃいけない業種、入りづらい業種だと思っていました。

―グレーゾーンみたいな。

はい。扉を開けにくい、開けちゃいけないような感じでした。

―店舗の人とかは、何かイメージありました?結構怖い人がいるとか。

ううん。そういうことも考える余裕もなかった。「何?知らない人と、エッチみたいなことをするわけ?」みたいな。だから周りのスタッフがどうのこうのっていうよりも、そのやることの行為自体にしか頭が(笑)。知らない人と、そういうことなんかできないよって思ってました。

実際に働いてみて、そのイメージはどう変わりましたか?

今は、やってみれば「こんなもん」。お金と仕事内容とで割り切れます

―オン・オフ、しっかりして。発散するときは、待機所で女子会して。

そうそう。ひどいことをしてくるようなお客様もいないわけですし。やってしまえば大丈夫です。

―ちなみに、周りの人にばれないようにする工夫とかって何かあります?

余計な話はしない。一切話さない。お店を出たら自分がこの業界で働いていることを、自分も忘れるようにする。

―シャットアウトするんですね。「え?そんなのあるの?」みたいな。

本当にそうですよ。友達の旦那さんが風俗行ってきたっていうのを、友達から聞いて「え~そうなんだ。旦那さんそういう所行ってるんだ」とか。でも内心は「男だからそういう所行くよ」って思うんですけど(笑)

―なるほど、ちょっと面白いですね(笑)

そのぐらいかわいいじゃないかって思うんですけれども、「ほんとひどいよね~」って(笑)。外出たら一切、絶対お仕事の話は、100%しません。

―もう口を閉ざす、みたいな。ちなみに『川崎 素敵な奥様』は集団待機なんですか?

基本は個室待機ですけど、部屋数がやっぱり限られているから女の子がちょっと多めになっちゃったら、集団待機室にいます。なので集団って言っても、そこまで集団じゃないです。

―待機中、お一人のときはいつも何をしているんですか?

携帯漫画見たりとか、自由にしてます。

―結構自由な感じですね。店長さんって、どんな人ですか?

明るい感じの方です。ほわーんってしてる。

―人当たりの良い方ですよね。では、村岡さんが思うお仕事のいいところと悪いところってありますか?

いいところは、時間が自分の自由にできる。シフトとかも比較的自由に決められます。悪いところはこれ言っちゃ本当におしまいだと思いますけど、病気。それだけはみんな気を付けてね。

―ちなみに『川崎 素敵な奥様』では、何か性病対策とかはされてるんですか?

ちゃんと検査はしています。あとは接客中でお客様の体を洗う時に、ちゃんと消毒液を使ったりとか。うがいもちゃんとして。まあ普通のことなんですけどね。

―やっぱり店舗型でシャワーもありますし、清潔ですよね。

そうそう。自分で洗って差し上げられるので。自分でチェックができます。

―なるほど(笑)

「君、随分丁寧に洗ってくれるね」「普通ですよ、でも泡が気持ちいいですよね」みたいな(笑)

―(笑)。では、『川崎 素敵な奥様』のお店自慢ってありますか?

お店自慢は、お部屋が広いことです。マットをやれる広さのプレイルームなので、広くて窮屈じゃないです。お客様も「おー広いね」って。あと浴槽が付いているので、シャワーだけじゃなくてお風呂に入れます。それから比較的きれい。

―確かにきれいですね。汚い所は嫌ですもんね。

あと、このお店は禁煙なんで、タバコ嫌いの女性にはいいですよ。臭くないです。

―えっ、接客するお部屋が禁煙ですか?

お部屋だけじゃないです。待合室も禁煙ですよ。

―吸う子は、どうするんですか?

外かな?女の子は基本吸えないです。お客様も吸いたいなら外行くか、吸ってから来るか。

―珍しいですね、完全禁煙。これはめっちゃお店自慢ですね!

そうです。タバコ吸っていい所だと、吸わない女の子でも帰りには「うわー、なんで私タバコ臭いんだろう」ってなるじゃないですか。部屋狭いし。ここはそれがない。

―すごいなぁ、初めて聞きました。タバコ嫌な人は、嫌ですからね。

そう。タバコ臭いっていうのがすごい嫌だったので、ここはそれがなくて良かったです。

―金銭面の話になりますけど、今は月収ってどれぐらいですか?

週3回の1日6時間勤務で、月収40~50万円。

―すごいですね!週3で50万円は。

ここは大型グループ(ハレ系)なので。あちこちお店があって、お客様を結構抱えてるんだと思う。

―求人サイトを見るときに、やっぱりグループ店っていうところも気にはしていたんですか?やっぱり名前が売れているほうが、お客様も来てくれるからみたいな。

それもあります。グループ店の集客力。逆に単価が高かったら、別に集客率がそんなになくても大丈夫かもしれないけど。やっぱり年齢が年齢なわけで、そんなに高いバック率のお店はないわけで。やっぱり集客率ですね。

―集客力があってこその風俗店ですからね。1日で平均すると、大体日給どれぐらいなんですか?

1日4~5万円くらい。

―すごくないですか!?

私、週3ですよ。しかも生理が入るわけですよ。やっぱり1日35,000円以上は欲しいです。

―基本的には、いつも35,000円以上は稼げているんですね。

いそうですね。平均したら4万円ぐらいです。

―めっちゃすごいです。やっぱり集客率っていうのは大きいですね。ちなみに1日の稼ぎで、最高金額って覚えています?

5万円超え。それはやっぱり指名ですよね。自分でも「お~、今日はよくやった」みたいな(笑)

―その日は結構長い時間入ったんですか?

休みなく働いて、指名とか取れると1日5万円はいきます。

―指名バックも入りますからね。すごいな。お金は大体何に使っているんですか?

貯めます。あとは犬に。ダックスを飼ってて、犬に一番お金をかけています(笑)

―わんちゃん飼ってるんですか?かわいいじゃないですか。

自分の髪には2カ月に1回2000~3000円なんだけど。犬には、月に3000~4000円どーん!

―何してるんですか(笑)。お金をすごく稼げるようになって、大きい買い物ってしました?

引っ越しで50~60万円ってところです。

―引越しって高いですよね。それもこういう高収入のお仕事をしてたから、できたことですね。

そうですね。

―ちなみに、どれぐらい貯金たまりましたか?

どれぐらいだろう、本当に覚えてない(笑)…見てない。ポンポンポンって入れて。ぶっちゃけ、株もポンポンポンってやったりとか。

―株もやってるんですね!でもまあ、割と貯まってそうですよね。

いや、普通だと思います。普通のレベルが分かんないんですけど。1000万なんかたまってないですよ。当たり前ですけど。

―まあ、300万とか…?

そんなの貯まりますよ!

―素晴らしいです。なかなか貯金できない方もいますからね。

みんな何に使うんですか?

―生活費ですね、お子さんいる人も多いので。

あ~、私はそれがないからです。引っ越しができるぐらいですし。

―お金を稼げるようになって、生活は変化しましたか?もう現状維持で、ちゃんと貯めてる感じですか?

全然、なにも変わらないです。

貯金の目標金額ってありますか?

ない(笑)!っていうかそこまで多分、こっちに重点を置いてないのかなっていうのはあります。本当にサブっていうか。自分の生活費のちょっとプラスになればいいかな的な考えなので。

―でも、今メインでやっているお仕事よりは、確実に稼げているわけですよね?

変わらないです…(笑)。意外と同じぐらいなので、だから余計よく分からないんです(笑)

―すごい。昼間のもちゃんと稼げているんですね。ちなみに、貯金するタイミングってありますか?

月1です。たんす貯金しておいて、ある程度たまったら。

―村岡さんはこの高収入のお仕事を始めて、自分が変わったことってありますか?

よくしゃべるようになりました(笑)。要らないことまでしゃべっちゃいそうなときもあります。後で後悔するんですよね、「あ~なんであんな時にあれ言っちゃったのかな」みたいな(笑)

―話せるようになったのは良いことですけどね(笑)。ではこれが最後になります。このインタビューを見ているのは風俗未経験で悩んでいる子が多いんですよ。そういう女の子達に向けて何かアドバイスをお願いいたします。

とりあえず、やってみよう!

―その一言に尽きますね(笑)

本当に本当にそうです。考えてるんだったらちょっとやってみなさいよ、みたいな。それで駄目だったら、諦めればいいじゃない。やってみたら意外と「なんだ、できるじゃない」ってのが私でした。

―体験談としてですね。インタビューは以上になります、ありがとうございました。

はい、ありがとうございました!

―編集部より

『川崎 素敵な奥様(川崎ハレ系)』のお店の外観やインタビューこぼれ話、店長さんからのメッセージなどを「はじ風ブログ」でも公開中です!いろんなお話聞けました♪ぜひこちらもご覧ください。

https://www.fuzoku-job109.com/blog/fashionhelth/8318/

こんな記事も読まれています

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む