ゴシップガール | 「HajiQ(はじキュー)」インタビュー記事【はじめての風俗アルバイト】

フリーワード店舗検索
全国TOPへ
関東の風俗求人バイト

HajiQ(はじキュー)インタビュー

―本日は宜しくお願いします。

お願いします。

―きょうは柏の『ゴシップガール』様に来ています。お名前とご年齢を聞いてよろしいですか?

えまです。18歳です。

―18歳。これは、本当ですか?

はい。本当の年齢です。

―高校卒業されてすぐ働き始めたんですか?

高校には行ってないです。18歳の誕生日になったから始めたっていう感じです。

―やっぱりそれは稼ぐためですか?

そうですね。

―それまでは何をやっていたんですか?

最初は普通にアルバイトをしてました。サーティーワンアイスクリームとか、コージーコーナーとか飲食関係で働いていました。

―高校は中退したんですか?最初から行かなかったんですか?

最初から受験していないです。ウフフフ(笑)

―ちょっとやっぱり悪い道にいったとかそういうのではなく…?

いや、そういうわけでもなく、ただ単に受験もしないで親も何も言わなかったからですね。

―親元を離れたわけではないんですね。

そうですね、今は実家で暮らしているので。

―こういったお仕事ではなくて、キャバクラとかから始めようかな?とかは思わなかったですか?

まだお酒が飲めないので。

―ああ、そうですよね。

―こういうお仕事はこの『ゴシップガール』様が初めてですか?

はい、そうです。

―求人は何で探しましたか?

普通にネットで検索をかけて、ズラーッと出てきた中のピンときた名前が『ゴシップガール』だったんです。名前が良いなと思って選びました。

―『ゴシップガール』ってアメリカの映画でしたっけ?ドラマ?でしたっけ。

ドラマでありましたね。それで何かちょっと「あ、ここいいかも」って思ったんです。

―検索をかけるときになんていうワードを入れたら出てきましたか?

柏、スペース、デリヘルで調べたと思いますね。

―他にも業種は沢山あると思うんですけど、最初からデリヘル働こうと思ってたんですか?

そもそもあんまり知識がなくってデリヘルかソープぐらいしか知らなかったんですよ。

―そうだったんですね。ソープは難しいかなと思ったんですかね?

そうですね、ちょっと無理かなと思ったから。

―「はじめての風俗アルバイト」というサイトや他の求人サイトも聞いたことはなかったですか?

知らなかったです。

―最初ここで面接をしてもらってすぐに働き始めたんですか?

そうですね、面接してもらってその日のうちに働き始めました。もともとLINEで「体験入店したいんですけど…」ってやり取りをしていて、面接の日は体験入店もしましたね。

―『ゴシップガール』様は講習とかはないんですか?

講習はなかったですね。

―最初、ドキドキじゃないですか?流れは分かりましたか?

ドキドキしてましたけど、もうなんかなるようになるので。

―デリヘルになると流れは女の子に任せることが多いかもしれませんね。SMやソープだとプレイの内容がいろいろあって大変かもしれませんから。初の面接は、どんな感じでしたか?

スタッフの人がめっちゃフレンドリーだったんで良かったです。

―そうですね。優しい感じですよね。

だから、そんなに私もガチガチに緊張したりはしなかったです。

―一番最初に働いた日のことは覚えていますか?最初から何人かについたんですか?

はい、何人か付きました。

―最初から何万円か持って帰った感じなんですね。

はい。

―今、週どのぐらい働かれてるんですか?

週4回ぐらいです。

―時間とかは決まっていますか?

大体、19時から翌朝のラストまで働いてます。

―平均どのぐらい稼がれるんですか?

金曜日とか土日は多いときで7万円くらいです。

―7万円もいくんですね。では、お客様があんまり来ないなぁという日で平均どのくらいですか?

3~4万円ぐらいだと思いますね。

―週4日ってことは、月収としてはどのくらいですか?

月収70~80万円ですね。

―70~80万円。18歳だったら十分ですね。

十分過ぎると思います。

―お金は何かに使いますか?

全然使わないです。ほぼ貯金しています。

―えらいですね。素晴らしいです。お仕事のことはご両親は知ってますか?

言っています、お母さんだけなんですけど。

―お母さんは応援してくれているんですか?

お母さんは特に何か言うわけでもないし、文句は言われないです。一応、家にお金も入れています

―結構お金入れてるんですか?

そこそこ入れているんじゃないかなと思っています。普通の18歳くらいの歳ならちょっとあり得ないような額を入れていると思います。

―例えば普通のOLだったとして、額面で16~17万円ぐらい。手取りになると13~14万円ぐらいだと思うんですけど、頑張って入れる子でも2~3万ぐらいですよね?

じゃあ、もっと入れてます。

―桁が違うぐらいですか?

10万円近くは入れてるます。

―お母さんも安心ですね。えまさんがこの柏エリアを選んだ理由は何だったんですか?

家は他県なんですけど、バレないようにわざと柏で働いてます。

―結構、遠いところに住んでるんですね。

若干、遠いです。1時間ぐらいかな。

―この店選んだ決め手は、『ゴシップガール』という店名が良かったからなんですか?

そうですね、大事だと思います。

―確かにこれが、『ハードプレイ』とかいうお店だったら行かないですもんね(笑)

そうですね。なんも考えずに検索していっぱい出てきた中で、一番目立っていたからです。

―この『ゴシップガール』様のホームページも見たわけですよね?

ホームページは見ました。

―システムのことを見ても最初は何のことか分からないですよね。どんなことが書かれてましたか?

よく分かっていなかったんですけど、求人ではアットホームが売りみたいなことは書いてありました。女の子同士がギスギスしていないんだろうなと思いましたね。

―えまさんは働かれていまどのくらいなんですか?

まだ3、4カ月です。

―まだまだ働かれますよね?

そうですね。

―貯金されてるということだったんですけど、貯金して何かやりたいこととか、目標とかあるんですか?

専門学校に行きたいなと思ってます。

―何系の専門学校ですか?

ネイリストとかそういう美容系に進みたいと思ってます。

―ネイルは、一時期より人増えちゃって稼ぐの結構大変みたいですね。女の子はネイルやりたい子が多いから単価も下がっているし大変みたいです。夢を砕いてもあれなんですけど(笑)

そうなんですね(笑)

―このお店で働く前にはどなたかに相談しましたか?

相談はしてないですね。お母さんには働いたあとに事後報告はしました。

―彼氏とかお友達には相談しましたか?

彼氏はいないです。友達にも全然相談してないですね。友達は私がこういうお店で働いていることは全く知らないと思いますね。

―周りの人にはなんの仕事をしてるって言ってるんですか?

何も言ってないんですけど、多分みんなプラプラしてんのかなって思っていると思います。

―プラプラしているのにお金持っているから変だなとか思ってないですか?(笑)

どうなんだろう?

―そんなに贅沢していなかったら分からないですかね。

私そんなにSNSとかも頻繁に上げるほうじゃないしたぶん大丈夫だと思います。

―何かブランドものを買ったりとかはしないですか?

全くしないですね。

―それはバレづらいですね。ちなみに血液型は?

AB型です。

―ちょっと変態、あ、変態じゃなくて(笑)

変人。フフフフフ(笑)

―まあ、宇宙人なんですね(笑)

はい(笑)

―えまさんはこの職場で実際に働いてみて、何か求人内容と違うことってありましたか?

いや、全然なかったです。

―例えばバック率が思ったより少なかったりとか、そういうことはなかったですか?

そういうことは全くないですね。

―分かりました。じゃあ、逆に、このデリヘルをやる前は、サーティーワンとか、あと何でしたっけ?

コージーコーナー。

―コージーコーナー。スイーツの飲食系ですよね。時給はどのくらいだったんですか?

時給900円ぐらいですね。

―そのお仕事に比べたらやっぱり全然お給料は違いますよね?

はい、そうですね。

―このお仕事を始める前と、したあとでは何かイメージに違いはありましたか?例えば、ちょっと怖いなとか思っていたら、お客様はそうでもなかったとか。

お客様に関してはいろんな人がいるんだなみたいなのは思いますね。

―寛容なんですね。

はい。

―何歳くらいのお客様が多いんですか?

30代くらいの方が多いと思います。

―デリヘルだとそうですよね。派遣場所はホテルが多いですか?それとも自宅に行くことが多いですか?

初めて呼ばれる人は、大体、ホテルに呼ばれるんですけど、仲良くなって指名を頂くようになるとご自宅に呼んでくれたりしますね。

―それは、こちらのお店がそうなんですか?

いや、そういうわけじゃないです。ご自宅に呼んでいただくこともあるだけで。

―最初から自宅ってちょっと嫌ですか?

私がもしお客様だったら、初めっから自宅には呼ばないかなとは思います。

―生活感もありますしね。よっぽどきれいな家だったらいいですけどね。あまり清潔感がない家だと嫌ですしね。

あと、自宅とかバレちゃうじゃないですか。だから、そういうところは考えているのかなと思います。

―そうですね、お互いの信用問題もありますね。この『ゴシップガール』様は集団待機なんですか?

はい、集団待機です。

―女性同士は仲良いんですか?

仲いいと思います。

―えまさんは待機中は何をやっているんですか?

待機中は普通に他の子としゃべったり、夜ご飯食べたり、ゲームをしているとかですね。ほんとに自由ですよ。

―では、えまさんが思うこの高収入のお仕事のいいと思うところと、悪いと思うところを教えていただけますか?

いいと思うところは、お金に余裕ができるので、心にも余裕ができてくるということですね。

―今までとはどういう風に違いますか?

あんまり価値観っていうか、金銭感覚はそこまで大幅にずれてはいないと思うんでうすけど、なんだろう、安心感が違いますね。

―そうですね。例えば、何か食べるにしたって、値段見ないで食べれるとかそういうのはありますよね。

そうですね。いいのか悪いのか分からないんですけどね。

―それはそう思います。逆に悪いなと思うことって何かありますか?

そうですね、しんどそうにして辞めていった子を見ると色々思うことがあるし、もしも私が20代後半とか30代ぐらいになってもまだここを抜け出せないと思うと怖いかもしれません。

―20代、30代までに目標は持っておきたいですね。ご結婚はされますか?

結婚願望まだないですね。

―まだ若いですからね。

―ここのお店の自慢ってやっぱりアットホームなことですか?

そうですね。やっぱり女の子すっごいみんな仲いいし結構、話し掛けてくれて、自分から話し掛けるっていうことも多いですね。

―ギスギスしているところも多いって聞きますけどね。

そう聞きます。

―このお店って待機場も広いですけどそれをパーテーションとかで区切って、小さい部屋を作ってるお店も多いんですよ。でもみんな仲が良いと集団待機も楽しそうですよね。えまさんは、今まで1日最高どれくらい稼いだことあるんですか?

9万円ぐらい。

―9万円!それはすごい。やっぱりちょっとうれしいですか?

かなり嬉しかったですね。

―でも、だいぶ疲れもしますよね。

そうですね。フラフラですけど、達成感はありました。

―暇なときよりいいですよ。やっぱり土日が忙しいんですか?

結構バラつきがあって読めないんですけど大体そうですかね。

―雨でも来たりしますしね、お客様は。

はい、あまり規則性はないかなって感じです。

―この仕事を始めて自分自身が変わったなと思うことはありましたか?

私はわりかしケチなほうで、今でもまあまあケチかなって思っているんですけど、前までは、絶対コンビニでご飯を買わなかったんですよ。割高じゃないですか。

―自炊していたんですか?

自炊したり、スーパーで買ったりしていたんで、コンビニって最初「高い」って思っていたんですけど、今はもうコンビニぐらいだったら…みたいな、ちょっと変わっちゃいました(笑)

―スーパーが遠くだったら近くのコンビニのほうが楽は楽ですしね。お仕事中買いに行くっていったらしょうがない部分はありますよね。ところで、えまさんの今日のコスチュームって、私服なんですか?

私服です。

―それはゴスロリですか?

そういうわけじゃなく、何か、普段買っているお洋服屋さんが原宿なんですけどそこのお洋服なんです。

―その「バニーキス」っていうやつなんですか?

これは全然ブランド名じゃないんですけど、そこのお洋服屋さんで新作出して、で、何これちょっと面白いって思って。ものは試しって思って買ってみたらわりかし好評でした。

―このお店では出勤するときは着替えて行くんですか?

基本、別の服を持って行きますね。

―私服の場合もあるんですか?

基本、私服です。頼まれない限りは私服ですね。

―好きなファッション誌とかは何かあります?

ファッション誌、最近あんまり読まないんですけど、『LARME』っていう雑誌が好きです。

―それは、若い女性向けのファッション誌ですか?

若者向けで、代表的なモデルさんが、めっちゃ好きなんですけど、中村里砂ちゃんっていう子で。すっごい好きなんです。

―メイクとかファッションとかはその中村里砂さんを参考にするんですか?

そうです。

―まだ若い子ですか?

若いです。まだ20代です。

―お薦めの化粧品とかありますか?

お薦めの化粧品は…デザインとかは『PAUL&JOE』っていうところが好きですね。

―割と年配の人に聞くとやっぱり全然違いますよね?

『PAUL&JOE』は結構、若者向けかもしれません。リーズナブルで、かわいいです。

―美容院にはよく行きます?

月1ぐらいで行ってますね。

―エステとかにも行ってますか?

行ってないです。

―まだ若いですからね。では、このサイトが『はじめての風俗アルバイト』っていうサイトなんですけど、風俗で働こうか悩んでいる子とか、どうしてもお金がいるから働こうか迷っているっていう子たちが見てるんですよ。そういった女の子たちに向けてなにかアドバイスをいただけますか?

そうですね、慣れます(笑)最初は不安でもやっぱ回りが支えてくれるんで、スタッフさんだったり、うちは他の女の子も優しいし、お客さんも優しい人が多いので徐々に出来るようになってくると思います。

―お客様も優しいですか?

優しいしですね、差し入れをいただいたりもします。優しい言葉も掛けてもらえるし、割と自分の支えになっている部分はあります。なので、そんなに怖がらなくってもいいかなと思います。

―働こうか悩んでる子がいたらとりあえずやってみて!ということですか?

ええっ(笑)そうですね…あんまりお薦めしちゃいけないのかもしれないけど、1回やってみて合わなかったらやめればいいと思います。ちょっと1回だけ体験入店して1本だけって決めて行ってみて自分の中で無理じゃないかなと思ったら辞めたらいいかなと思います。

―そうですね。本当にそういう人と触れ合うのが駄目な人には向いていないでしょうしね。でも、人に喜ばれるお仕事ですよね。

そうですね。

―高収入のお仕事なんで本当に困ったら働きだしてもいいかもしれませんね。結構、このお仕事をされてる方で結婚される方もいらっしゃいますよね?

あっ、そうなんですか。

―スタッフの方とっていうのは、よく聞きますよ。

へえ~!

―えまさんは今、悩みとかはないんですか?

そんなにないです。

―良いことですね。貯金はどのくらい貯めたいとかはあるんですか?

1000万円ぐらいためたいです。

―そうですね。1000万円あったら、高級車でも買わない限り何やっても大丈夫ですからね。

ですよね。

―今日はお忙しいところありがとうございます。これからお仕事なのにすみません。

いえいえ!ありがとうございました。

こんな記事も読まれています

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む