外国人専用の高級デリヘル『Japanese Escort Girls Club』で「りり」さんにインタビュー!【はじめての風俗アルバイト】

フリーワード店舗検索
全国TOPへ
関東の風俗求人バイト

HajiQ(はじキュー)インタビュー

外国人専用!英語も学べて高収入で一石二鳥

外国人専用デリヘル『Japanese Escort Girls Club』(ジャパニーズエスコートガールズクラブ)の五反田店でインタビュー!

―よろしくお願いします。最初にお名前年齢を教えてください。

りり」です。年齢が20歳です。

―『Japanese Escort Girls Club』(ジャパニーズエスコートガールズクラブ)に入店してどれぐらいたちました?

もうあと少しで2年になります。

―普段どれぐらい勤務されてますか?

就業時間は8時間ぐらいです。18時~翌2時まで。

―今って他に何かお仕事されてるんですか?

学生です。学校終わった後に来てる感じです。

―では学校終わった後とかに出勤されてるんですね。結構ハードスケジュールじゃないですか?

そうですね。時間を見つけながら出勤しています。

―夜遅くとかに帰って体調は大丈夫なんですか?

辛い時があれば、スタッフさんが融通きかせてくれる環境なので、わりと大丈夫です。

風俗求人を探した方法

―りりさんは、こういう風俗のお仕事するにあたって誰かに相談とかしましたか?

誰にもしてません。

―こういう高収入のお仕事を探す際に、どういうふうに探しました?

グーグルで検索して探しました。「デリヘル 求人」みたいな感じで検索したら、求人サイトが出て。その時は全然わからなかったんで、エリアは入れてなかったですけど。

―こういう業界は初めてだったんですね。

はい。本当に風俗業界とか初めてで、お店も『Japanese Escort Girls Club』が初めて。

―どういうふうに連絡したかとか覚えてます?

まず求人サイトのほうから、こちらのお店に届くようになってて。で、またこっちにお店から届いてくるみたいな。サイトが仲介してくれるみたいな感じだったような気がします。

―サイトが仲介してくれると自分の連絡先が相手に知られたくない方はいいですよね。他のお店も見たりしましたか?

見てないです。即決でしたね。他のお店で印象に残ってるところはあんまりなかったです。だから面接も『Japanese Escort Girls Club』だけです。

『Japanese Escort Girls Club』を選んだ理由

―即決ということですけど、なんでこのお店を選んだんですか?

英語を少しでも話したかったというのが一番ですかね。

―一石二鳥なんですね。稼げて、勉強できてみたいな。

はい。

―特に五反田が良かったっていうわけじゃないんですか?

五反田という駅を知らなかったです、私。

―今お住まいどこなんですか?

ざっくり神奈川県です。学校が東京だったので。でも、知らない所だからこそっていうのもありました。身バレしづらいかなとかって思ったので。

面接したときのこと

面接はどこでやりました?

この事務所です。

―りりさんは風俗業界が初めてじゃないですか、どんな感じかなって思ってました?

こんなこと言っていいのかな?なんか、悪い人がバックにいるあれだと思ってました(笑)

―やっぱりはじめはどうしてもそう思っちゃいますよね。面接はどんな感じでした?

面接は思った以上に、なんか結構物腰が柔らかい方で。自分でイメージしたよりも普通の人でした。なんか、もっと怖いかと思ってました(笑)

面接時間はどれぐらいかかりました?

その日は面接だけで大体30~40分ぐらいですね。

いきなり英語!初めて働き始めたときのこと

―初めてのお店ということで、働いてみて求人内容と違うところとかはありました?

それはないです。特に気になるところはなく。

―面接して後日働かれたとの事ですが、体験入店とかは何時頃されましたか?

本当にかなり前であんまり覚えてないんですけど、でも結構すぐ働き始めたと思います。体験入店っていうかすぐ本入店っていう感じだった気がします。

―りりさんは風俗未経験だったじゃないですか、入店時にお仕事講習とかってあったんですか?

タブレットみたいなので、動画で講習しました。

―いざ講習して、初めての接客はどうでしたか?

緊張しかしないです(笑) 初めての業界だし、初めての接客だったんで、どうしたらいいの、それもましてや英語みたいな(笑)

―確かに、それでどうしたんですか?

お客様が実際本当に紳士的で、入店当時は英語が全然で…でも、逆に通じないからこそ、丁寧に接してくれた記憶があります。

―言葉が伝わらないからこそ、気を使ってくれるというか。

ゆっくりしゃべってくれたりとか、本当に優しくしてくれました。だから緊張はもちろんするけど、そこまで心配事もなくできたっていうか。

りりさんが風俗のお仕事を始めたきっかけ

―りりさんがこういう高収入のお仕事をやってみようかなって思い始めたきっかけってなんだったんですか?

この業界で働こうと思った理由は、自分の学費とか自分が欲しい物とか、あと親にもっといい思いをさせたいとかっていうのがきっかけです。

―素晴らしいですね。今まで育ててもらった分のお礼とかも兼ねてってことですよね。

でも一番はやっぱり奨学金を返したいなっていう思いですね。

デリバリーヘルス(デリヘル)を選んだ理由は高級ホテル?

―風俗のお仕事っていろいろ業種があったりするじゃないですか。どうしてデリヘルで働こうかなと思ったんですか?

正直業種自体はよくわからなくて、ソープとかは知っていたんですけどそれは無理だなってなって、デリヘルも何となく知っていたので、後その当時の求人サイトには今はどうだか分かんないけど「海外のお客様だから、有名ホテルみたいなところに行ける」って感じに書いてあったんですよ。私はホテル業界にも興味があったんで。

―実際どうなんですか?いいホテルとか行きました?

リッツカールトンとか、こないだはコンラッド行きました。

―コンラッドって何ですか?リッツカールトンは知ってるんですけど。

アヒルが置いてあるんですよ、スイートとかに。アメニティーでアヒルとクマさんが置いてある。よく黄色のアヒルがあるじゃないですか、お風呂に浮かばせる、それの白版がいるんですよ(笑)

―すごいですね。外国人専門ならではですね。普通のラブホテルとかは行ったりしないんですか?

普通に行きますよ(笑)でも本当この頃、たまにいいホテルに行けます。

『Japanese Escort Girls Club』に入店して良かったこと

―このお店に入店して良かったこととかってありますか?

一番良かったなって思うのは、人の良さです。もう本当に、スタッフさんが優しいです。

―待機中とかはどうですか?

このお店は集団待機なんですけど、女の人といざこざとかもないです、本当に。というかむしろ、チョコレートくれたり。

―仲いいんですね。

女の人たちとの仲も良好です(笑)

チップについて思うこと

―外国って結構チップの文化があると思うんすけど。あれってあったりするんですか?

ありますけど、でもどうなんですかね、それは。チップはくれる文化があるけど、くれるのが普通じゃないと思います。くれたらそれだけ自分が頑張ったぐらいの感覚ですね。

―自分の行動に対しての結果ですね。くれるのは当たり前ではないと。

そうですね。当たり前じゃない。やっぱり自分次第だと思います。しっかり接客した結果というか。

国籍は関係ない!『Japanese Escort Girls Club』の客層について

―基本的にお客様はどんな国籍の方が多いんですか?

国籍はやっぱり、東京見れば分かる感じなんですけど、中国とかアジア圏の人は多いと思います。でもその中でも一番多いのは中国、台湾、香港だと思います。

―アジア系が多いんですね。

―どの国の人が一番優しいとかありますか?

一番優しい国の人?正直、本当に国とか関係ないです。本当それぞれの性格です。

―まあ、国籍関係なく優しい人は優しいっていう感じなんですかね。

はい。人によります。国籍では測れないですね。一人の人としての性格です。それは日本人も一緒だと思います。

知人バレ防止のコツ

お仕事がバレないような工夫とかってありますか?

物欲がすごいんですが、なるべく派手な買い物をしないことです。

―なるほど、それは必要な心構えですね。

はい。

待機中の過ごし方

―『Japanese Escort Girls Club』は集団待機じゃないですか、待機中はいつも何してるんですか

宿題してます(笑)

―すごいですね!

私は英語をしっかり話したい気持ちが強いので、自然と勉強しちゃっています。

―まあでも待機中は、勉強とか、自由に過ごしてるんですね。

わりと自由にしてます。

高収入のお仕事のメリット・デメリット

―りりさんの思う、高収入のお仕事のいいところと悪いところってありますか?

いいところはやっぱり、自分の時間で稼げるってところじゃないですか?好きな時間にっていう。

時間を有効活用できるってことですよね。

悪いところは、そりゃ普通のアルバイトとかと違う、体を使わなきゃいけない。そういう面では気を付けないとなって。

―たとえばどんなことに気を付けてますか?

シャワーめっちゃ浴びるじゃないですか。私、冬場はもう本当に乾燥するんですよ。めっちゃクリーム塗ります。

―自分の体に対して気をつけなきゃってことですね。

悪いところっていうよりも、そういうことですね。

働き方は学業とお客様優先!

―りりさんは週どれくらい出勤してるんですか?

本当にその月によったりです。

―もちろん学業が優先だと思うので。

お客様の都合とかでも変わります。海外のお客様なんで、やっぱり私も時間が作れるんだったら優先して作ってあげたいので。向こうは海外に帰っちゃうじゃないですか。だから昨日とかもそうなんですけど、私本当は予定があったんですけど、調整してお客様と一緒にいました。本当は昨日は休みだったんですけど。

―そのお客様がたまたま日本にいて、お店に問い合わせが来て、りりさんいますかってなったんですね。

2回目のお客様で私が休みなのはHP見て知っていたんですけど、それでも問い合わせしてくれて。1回目のときに「もう◯日しか会える日がない」みたいになって、それが昨日で。本当は休みだったんですけど、そういうふうに言ってくれるお客様には応えたいし、私も嬉しいので。出勤は本当に月によったり、お客様によりますね。

気になる『Japanese Escort Girls Club』での月収!

―りりさんが入店したこの何年かで、一番稼いだ月だと月収どれぐらいですか?

月収100万円くらいです。

―それは凄いですね。今100万円稼ぐって本当に難しいので。

いやでも本当にこれのときは私、生理の時も出勤してたので。始めたばかりだったので、セーブの仕方も分からなかったんです。自分が1日でこんだけ頑張ればこんなにいただけるんだって。全てがびっくりだし、全てが新鮮だったから出れたけど、でも本当に月の休みが5日しかなくて。ちょっと無謀でした(笑)

―結構身を削ってやってたんですね(笑)じゃあ今は平均だとどれぐらいですか?

平均だったら50万円ぐらいかな?

―それでも凄いですね。大体お金は何に使ってるんですか?

今は物欲を抑えて、貯金してます。

1日平均でもしっかり稼げる!

―貯金えらいですね!1日のお給料だと平均どれぐらいなんですか?

1日4万円は多分も貰えると思います。

―今までやってきて、一番1日で稼いだ金額は覚えてますか?

これは本当に結構まれだと思うんですけど、私のお客様に1日中っていうか、朝まで一緒にいたりっていうお客様がときどき、1年に1回ぐらい来てたとかあったんです。それはオーバーナイトっていうんですけど。そのオーバーナイトがあったときとかだと、12時間とか13時間とか一緒にいるので。やっぱり1日10万円を超える感じです。

―12時間もいて何するんですか?

普通に生活してます(笑)ご飯食べて、お昼寝してもちろん風俗なんでそういう行為もしますけど時間の1/3もないですね。

―ご飯ってルームサービスだったんですか?

外に食べに連れてってもらいました。すごい美味しいお店だったのは覚えてます(笑)

稼げるようになって買った高いもの

―こういう高収入のお仕事を始めて、高い買い物とかしましたか?

物欲は本当にあるんですが、家族と国内旅行をしました。

―素晴らしいですね!ご家族は喜んでました?

うん(笑)お土産もいっぱい買いました。

―逆になんか言われないんですか?どこにそんなお金あるのみたいな。

美容関係のバイト頑張ってるんだよって言ってますね。

貯金のことまできちんとサポート!

―大体、貯金はどれぐらいたまってますか?

これはもう秘密にします(笑)でも私本当に、貯金したら?ってすごい言われるので。

―スタッフさんが言ってくれるんですか?いいことですね。

服とか買ってきてたの見たら「あれ、貯金するんじゃなかったの?」って言われます(笑)

―「またそんなに買って」って?

そうそう(笑)なのでこの頃本当に全然、服買ってないです。だってバレるから(笑)

―本当に親身なスタッフさんですね。

そうなんです、本当に。だから今、めっちゃ貯金を頑張ってます。

稼げるようになってからの生活の変化

―『Japanese Escort Girls Club』で働いてお金を稼げるようになって、生活の変化ってありますか?

ちょっとこればかりはどうしても変えられないのが、高校生のときから私、元から結構バイトして周りよりはお金稼いでたんですよ。だから浪費家なんです(笑)

―生活レベルが高いというか?

服とかすっごい好きなんですよ。化粧品とかも。だから、そのままこの業界に入ってきてしまったせいで、レベルがさらに上に上がってしまって。

―服のレベル上がって、化粧品のレベル上がって。

そこはあんま変わんないんですけど、浪費癖は元から、高校生のときからある。だからそういうふうに思えば変わってないんですけど、身バレしないように意識して抑えてます(笑)でも、強いて言うならタクシーかな。

―タクシー増えたんですか?

起きれなかったりするので…もう間に合わないってなって、ちょっとタクシー乗っちゃったり。まあでも2000円の世界ですよ。

―まさか五反田駅からここまでタクシーでは来ないですよね?

さすがにないです。歩きたいです(笑)

―そうですよね(笑)まあ、ちょっと贅沢できる生活になったというか。

はい。

目標貯金額も夢も大きく!

貯金の目標金額はありますか?

夢は大きく5000万円くらい!・・・絶対無理(笑)

―絶対ってことはなくないですか?

でも私、本当に旅行も好きなんですよ。この頃は服っていうより旅行に使ってて、今年で数箇所は外国に行きました。

―ちなみにりりさんは、何か夢とか目標はあったりするんですか?

とりあえず旅行をたくさんしたいです。

―旅行って結構お金かかりますもんね。

かかります!かかります!かかります!かかります!

―めっちゃ言いますね(笑)

日数にもよると思うんですけど、向こうでの生活費とかもかかるし、私は1泊2日とか2泊3日とかそんな中途半端な日数行きたくない。10泊以上は最低行きたいからってなると、結構かかっちゃうと思う。

風俗のお仕事の辞め時

―りりさんは、どのタイミングまでこういう高収入のお仕事をやろうと思ってますか

余裕をもって旅行できる金額が貯まるまで。

―年に何回行きたいとかあるんですか?

年に10回以上はいきたいです。

最後に、風俗未経験の女の子に向けてメッセージ

―このインタビューを読んでる女の子は、風俗未経験で迷っている方も多いんですよ。りりさんもやっぱり未経験だったんで、初めは結構悩んだりしました?問い合わせするのとか。

わりと切羽詰まってたんで。逆にしないといけないみたいな。この仕事選ばないといけないみたいな感じだったので、悩んでる間もない感じでした。

―そうなんですね。そういう風に決められずに悩んでる人って結構いるので、そういう人達に向けて何か一言アドバイス的なのをいただければなと思います。お店のアピールでもいいですよ。

『Japanese Escort Girls Club』は集団待機なんですけど、でも確実にそんなの関係ないぐらいのアットホーム感っていうか。居心地の良さというか、私は本当にそう思ってます。

―はい。

スタッフさんたちも優しいし。お客様に対しての電話の対応とかもそうだと思うんですけど、本当に丁寧なスタッフさんばかりだから。そういう面では、本当にそこら辺は安心していいと思います。本当に丁寧な人たちばっかりなので、全然怖くないです。

―まあどうしても、怖くないって言われても不安な子はいると思うんですけど、それでも怖くないって言い続けるのは大事ですよね。

ここのお店の人は、自分が本当につらかったときとかも、絶対誰かが助けてくれます

―困ったときは1人じゃなくて、ちゃんと突破口を考えてくれるっていうか、フォローをしてくれるんですね。あとはこのお店なら、英語に興味がある人にもいいですよね。

そうですね。本当は勉強が嫌いなわたしですが、本当にしゃべれるようになりました(笑)

―やっぱりしゃべれるようになるんですね(笑)了解です。インタビューは以上になります、ありがとうございました。

はい(笑)ありがとうございました。

こんな記事も読まれています

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む