恋するマシュマロ | 「HajiQ(はじキュー)」インタビュー記事【はじめての風俗アルバイト】

フリーワード店舗検索
全国TOPへ
関東の風俗求人バイト

HajiQ(はじキュー)インタビュー

ぽっちゃり専門♪みんな優しくキャバより良い!

町田のぽっちゃりデリヘル『恋するマシュマロ』で働く女の子にインタビュー♪

―それではよろしくお願いします。お名前年齢を教えてください。

かりん24歳です。

―『恋するマシュマロ』に入店してどれぐらいたちました?

もうすぐ1カ月ぐらい経ちます。少しづつ慣れてきました。

―普段どれぐらい勤務されてるんですか?

週1~2日ぐらいですね。時間帯は17時~22時ぐらいまでです。

―他に何かお仕事されてるんですか?

販売系の昼職してます。それが終わったときとか、休みの日とかに来てる感じです。

連絡方法はやっぱりLINE!求人を見付けた際のこと

―最初にこの『恋するマシュマロ』を見つけたきっかけって覚えてますか?

求人サイトだったと思うんですけど。『町田、風俗、ぽっちゃり』で検索したんだったかな?それで上から順番的に見ていって、見つけました。

―どうしてこの町田エリアを選ぼうと思ったんですか?

お家から近いからです。電車で通える範囲で。

―交通の便で選んだってことですね。町田には結構いろんなお店があったと思うんですけど。どうしてその中でこの『恋するマシュマロ』を選んだんですか?

新しいお店だったからです(笑) グランドオープン的な感じだったので、在籍の女の子の数が少ないほうがいいなと思いました。後は自分がぽっちゃりしているので、お店のコンセプトとあってていいなって思いました。

―応募したときの連絡方法は何でしたか?今って電話とか、LINEとか、メールとかありますけど。

LINEです。

―やっぱりLINEって楽ですか?

楽です。LINEが一番返信早いなと思って。メール気付かないし、電話は抵抗あったのでってなるとLINEが一番手っ取り早いなと思って。それですぐ返ってきて

『恋するマシュマロ』で初面接!

面接はどこでやったんですか?

今インタビューしているこの事務所ですね。

―何か必要な持ち物はありました?

身分証だけです。

面接はどんな感じでした?

緊張してたんですけど、そんなに堅苦しくない面接だったなと思いました。

―行く前は、どういう人が面接官なんだろうとかって思いました?

LINEの対応とかはすごい優しかったので、きっと優しいんだろうなと思いました(笑)

―いざ会ってみて、面接官の人はどうでしたか?イメージ通りでした?

優しかったです。イメージ通りでした。

面接時間はどれぐらいかかりました?

30分ぐらい。で、その後に写真撮ったり、何だかんだやって1時間弱ぐらい。

―それでいざ働いてみて、求人の内容と違うところとかありましたか?

なかったです。ちゃんとしてました。

―面接してその日に働かれたんですか?

違いました、後日ですね。予定があったので。面接だけって確か最初からお話ししていたのでお店の方もお待ちしてますねって言ってくれました。

業界未経験で入店しました!以前の職場のエピソード

―かりんさんはこういう高収入のお仕事するに当たって、誰か友達とか知人に相談はしましたか?

がっつり相談してます。周り多いんですよ。風俗嬢、AV女優、いっぱいいるんです。特にソープ嬢もいるので困ったときとか「こうやったほうがいいよ」とかいうのは、結構相談もしてますし、話もしてます。

―同業の知り合いが結構いらっしゃるんですね。 同じ業界の人たちだからこそ、相談しやすいというか。かりんさんは、風俗業界はこのお店で何店舗目なんですか?

全くの未経験です。でも前はキャバクラとセクキャバとかはやってたんですけど、風俗まではいってなかったので、でも周りから話聞いてたのもあってそんなに抵抗はなかったんです。

―セクキャバってどこでやってたんですか?

上野だったかな。上野は給料支払われなかったです(笑)

―そんな事ってあるんですか?

ぶち切れました(笑) だから一気に5人飛んだんですよ。ナンバーワンがまず支給されなくて。その子は一番出勤してて、週6日とかフルでやってたし、指名も一番多いんです。その子目掛けて毎日来る人とかもいたんで、でも給料支払われなくて。それで私も支払われなくて。最初は支払われてたんですけど、支払われなくなって辞めちゃいました。

―ちなみに『恋するマシュマロ』ではお給料はきちんとくれますか?

清算の時にすぐにくれます(笑)信用できるお店です。

高収入のお仕事を始めたきっかけ

―かりんさんがこの風俗のお仕事を始めようと思ったきっかけは何でしょうか?

お金が欲しいからです。

―何か欲しい物があったりとかですか?

そうなんですよ。今、好きな芸能人がいてそれの舞台を見に行くためのチケット代が欲しいです。

―宝塚とかですか?

もっと小規模です。帝国劇場とかではやらないです。もう本当に全然知らない小劇場でやるような舞台で。とりあえず全通してます。

―本当に好きなんですね。確かああいう公演ってグッズとかあったりしますよね。

グッズ全部買いますね。最後、売り切れにさせるんですよ。こないだ30万円使ったんです、店長に言ったんですけど(笑) 写真300セット撮りました。それで持てないんで送ってもらいました、「着払いでいいんで送ってください」って。

デリヘルという業種を選んだ理由

―業界未経験との事で、他にもいろいろな風俗業種がある中どうしてデリヘルで働こうと思ったんですか?

ピンサロはイヤだったんです。シャワーがないし。セクキャバもないんですよ。おしぼりとかになっちゃうのイヤなので。それでデリヘルとかはお風呂があるのでいいなと思ったのと。ソープでもよかったんですけど、町田や八王子エリアはあんまりソープランドないですよね。

―多分ないですね。あっても古いお店だと思います。

そうですよね。なのでデリヘルにしたんです。

―デリヘルだったら、ホテルだからお部屋が綺麗ですもんね。

そうですね。比較的に町田のホテルは綺麗なので働きやすいです。そういう意味でもここを選んでよかったです。

講習は受けた方がいい!初心者なら学んで安心

―かりんさんは未経験との事で、入店した時にお仕事の講習とかありました?

ありました。教えてもらってよかったですよ。初めてなので素股も分かんないし、男性のどこが気持ちいいっていうのもよく分からないので。DVDとか見るより、直接やったほうがいいと思いました。

―本当にやる気があるんだったらみたいな感じですね。いろんなこと教えてくれますもんね。

うん。いろいろ防げますよね。かわし方も教えてくれたり。

『恋するマシュマロ』に入店して良かったこと

―このお店に入店してよかったことってありますか?

良かったことは、お客様が優しいです。店長も優しいです。あと、駅から事務所まで結構距離があるんですけど出勤する度に送りと迎えをしてくれるのでかなり楽ですね。

町田エリアの客層について

―『恋するマシュマロ』は基本的にどういうお客様が多いんですか?

優しい人が多いですよ。年代は30後半から40代だと思います。結構皆さん清潔感があるので接客しやすいです。後ケチな人がいないですね。ロングコースとかも多いのでしっかり稼げます。

風俗業界に対して抱いていたイメージ

―かりんさんはお友達が風俗で働いてたから、結構いろんなお話聞いてたと思うんですけど、未経験のころはこういう風俗業界に対してどういうイメージがありましたか?

私的には楽しそうだなって思ってました。ちやほやされるんで(笑)真面目な方とか風俗に関わりがない人とかからは、「夜の仕事してるから大変なんじゃない?」とか、結構軽蔑されたりする場面もあると思いますけど。私はすごい華やかで、それこそ花形だと思ってたので、軽蔑とか一切してなかったですね。何と言うか憧れでした。元々親も「キャバぐらいやれば?」って言ってましたしね(笑)

―それは何でですか?

親が言うには男性との接し方とか、目上の人とか、それこそ中の先輩後輩とか、店長に対してとかの扱いを全部そこで教えてもらえるから社会勉強になるって言ってました。

―やっぱり今のこのお仕事で、それが役立ったりしてるんですか?

してますね。昨日ちょうど、お客様に褒められましたよ。靴そろえるとか。

―お客様も結構細かく見てますからね。ちょっとした事で喜んでくれたりしますし。

靴そろえない子はキャバクラ未経験の子が多くて、靴そろえてる子はキャバ上がりの子が多いって言ってました。あと、終わった後の清掃の仕方とかタオルをちゃんと畳むとか、そういうのをちゃんとやってたら褒められました。だからちゃんと見てるんだなって思いました(笑)

言葉遣いとかも結構言われますしね。そういう意味では、キャバクラとかも経験しててよかったと思います。

『恋するマシュマロ』の待機方法

―基本的にこのお店は待機は集団待機ですか、個室待機ですか?

集団待機です。待機中は寝てるか、テレビ見てるか、店長としゃべってます(笑)

―店長と何しゃべるんですか?

それは推し(俳優)の話と、昼職のこととか言ってますね。店長は優しいので結構なんでも聞いてくれますよ。

高収入のお仕事のメリット・デメリット

―かりんさんの思う、高収入のいいところと悪いところありますか?

いいところは、すぐお金が手に入るところ。それでいて悪いところは、お金が入ったことによってすぐ使う所(笑)

―それは推しがいるからですね(笑)

そうです(笑) 後は、例えばお金がポンって3万円入って、予定がない3万円だったとしたら欲しいと思ってない服とかも買っちゃったりします。

―持ってたら持ってる分だけ使っちゃうんですか?

そうですね、あるだけ使っちゃうタイプ。だからマメに銀行に行くようにはしているんですけど、なかなかうまくいかなくて(笑)

お金の使い方で気を付けていること

―お金の使い方に対して、何か気を付けてますか?

気を付けてます。最近は銀行に入れる。銀行にまめに入れるのが一番いい。

―人によっては家に置いとくとかもいますけど。

駄目駄目。あるのが分かってるから。家にあるイコール、例えば10万円あります、10万分の余裕が出るのでそうするとその10万円を持って外に出て、買うつもりじゃない物を買いだすので。なのでもう銀行に預けて、銀行のカードも家に置くのが一番いいんですよ、私は。通帳と銀行のカード置くと、財布の中のお金しか使えないからいいんですけど厚くなります。本当、徹底しないと駄目なんですよ、私。

『恋するマシュマロ』での実際の稼ぎと使い道

―ちなみに今1ヶ月働いてみて、月収だと大体どれぐらい稼げてるんですか

月収はだいたい20万ぐらいだと思います。出勤日数がそこまで多くないので。1日だとだいたい3万円前後ですね。

―結構いいですね。きちんとコンスタントに稼げてるんですね。最近使った中での一番はやっぱり推しのグッズですか?

そうですね、写真の30万円分。今、捨てるのに困ってる。

―捨てるのんですか?

邪魔なんですよ、3箱。3ダンボールで来ましたよ、私宛てに。

貯金や今後のことについて

―でも30万円ポンと出せるって事はきちんと貯金されてるんですね。

そうですね。まぁ実際30万円は痛かったですけど(笑)

―ちなみにこれからいくら貯めていきたいとか目標金額とかありますか?

とりあえずまた100万円貯めたいと思います。100万円貯めてまた推しに使う(笑)

―(笑)かりんさんはこういう高収入のお仕事を始めて、生活の変化とかありましたか?

特に変化はないです。金使いが荒くなったとかもないですね、元々が荒いので(笑)人にも変わったって言われないですよ。

―何か夢とか目標はありますか?

今は推しを追うのが目標ですね。私が飽きないように自分で頑張るぐらいですかね。

キャバ嬢時代の苦労話!それに比べれば今は気楽

どれぐらいまでこういう風俗のお仕事続けておこうかなって思いますか?

特に決めてはいないですね、嫌になったらって思ってます。自分のペースで決められるじゃないですか、出勤とか。それはいいなって思ってるんで。

―キャバクラとかは結構遅刻とか当欠とか罰金がありますもんね。

そうですね。罰金系は結構キャバクラ多いと思います。そういうのも嫌でしたね。後は同伴とか。

風俗未経験の人に向けてアドバイス

―これで最後になります。こういう高収入の業界に対して、かりんさんは耐性があったと思うのですが、うちのサイトは『はじめての風俗アルバイト』って言って、見てるのは未経験の子が多いんです。本当にもう夜もキャバも何もかもわからないっていう子が多くて、結構それで悩んでる子もいるんですよね。どういう業界だか分からないとか。怖い人がいたらどうしようとかってあるんですよ。そういう方に向けて何か一言アドバイスいただけますか?

なんでしょうね、風俗に遊びに来ているお客様は皆さん基本的に優しい方が多いと思います。やっぱりお客様も自分がサービス受ける側なので、女の子の機嫌を取ろうとしてくるんですよ。そういう意味ではちやほやしてくれるし、働きやすいです。うちのお店に限ってですけど、店長も優しいしとても働きやすいですよ。でもやっぱり自分で実際に見て確かめてほしいです。私が言っててもやっぱり伝わらない部分ってあると思うので、少しでも気になったら一度面接に来てほしいですね。

―わかりました。インタビューは以上です、ありがとうございました。

はい、ありがとうございました。

こんな記事も読まれています

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む