ぷよラブ | 「HajiQ(はじキュー)」インタビュー記事【はじめての風俗アルバイト】

フリーワード店舗検索
全国TOPへ
関東の風俗求人バイト

HajiQ(はじキュー)インタビュー

採用率99%で働きやすさ満点!月収80万円!

『ぷよラブ』のほずみさん(20)にインタビュー!

―現在ほずみさんはナンバーワンとして務めてらっしゃいますが、未経験からスタートされたんですか?

そうです! そろそろ1年くらい経ちますね。今は週5日ほど出勤して16時~翌4時で働いています。

―では、お仕事はこれ1本で、ガッツリ入られてるんですね。このお仕事を始めようと思ったキッカケってなんですか?

前職で介護士をしていたのですが、給料が少なくて貯金ができなかったのが嫌だったんです。それでいろいろ考えているときに、友達からこの仕事のことを紹介されてとりあえずやってみようかなって思ったのがキッカケです。

―デリヘル自体も初めてなわけですし、不安とかはなかったんですか?

その友達からいろいろ話しを聞いてたので、気になることは特になかったです。逆に店舗型ヘルスとかになると、そのお店から出られないような拘束されてるイメージがあったので、開放的なイメージのあるデリヘルで良かったですね。

面接官が女性!お店の雰囲気も良くて「ここなら大丈夫」

―お友達を通してお店に連絡されたんですか?

そうですね。そのときにLINE交換をさせていただいて、細かい説明などを受けました。レスポンスも早くて対応も丁寧だったのでかなり好印象でした。そのとき身分証明書を持ってくるように言われました。

―不備がないようにしっかり教えてくれたんですね。どんな感じの面接でした?

女性のスタッフさんが2人だったんですけど、2人とも優しい方でずっとニコニコされてて雰囲気がすごく良かったです。同性なのもあって話やすくていろいろ教えてくれましたね。時間は30分くらいだったと思います。

―お店側が初めての方でも話しやすいように配慮しているんですね。体験入店はされました?

面接した日にしました。お店の雰囲気がとっても良くて「ここなら大丈夫かな」って思えたんで。求人内容との違いもなかったですね。

―お仕事前に講習はありましたか?

口頭説明とビデオでの講習がありました。全くの未経験の私でもわかりやすかったです。

イメージと違った?

―最初に思い描いていた風俗のイメージと、入店してからのイメージって変わりました?

お客様に対する印象が変わりましたね。最初は怖い人が結構いるのかなって思っていたんですけど、実際は優しい方ばかりだったので安心しました。お菓子とか差し入れをしてくださる方も多いんですよ。客層は30~40代ぐらいの方がメインでたまに20代の方が来るって感じになってます。

―イメージしていたお客様はいなかったわけですね。福生エリアって横田基地が近くにあるんですけど、そういった関連の外国の方も来るんですか?

やっぱりルールを理解しきれないことがあるので、お断りしているみたいですね。女の子も英語とか分からなかったら怖いと思うんで。

―お店側が売上げよりちゃんと女の子のことを守ろうっていうスタンスなんですね。

今はナンバーワン嬢だけど、最初の頃はお茶を引いていた時期があった

―女の子が気になってることをズバリ伺いたいのですが、中にはお茶を引く女の子もいるんですか?

お客様は1日30人くらい来るんですけど、極稀にそういう女の子もいるみたいですね。私もそういう時期がありましたし。

―えー!そうだったんですか!

元々ナンバーワンを目指してたわけじゃないから、その時期は何回も辞めたいって思っていましたね。でも耐えていたらいつの間にかそうなっていました。そういう経験が強みになっていたんじゃないかしら。

―頑張っているうちに結果が後から付いてきたんですね。

とりあえずお金が欲しくてやってたんですけど、稼げるようになってくるとHPに“店舗激推し!”みたいな感じで売り出してくれるのでお客様も結構つくようになりましたね。

―今までお仕事をしてきて嬉しかったことや楽しかったことってありますか?

「デートコース」のときに一緒にご飯を食べに行ったりお買い物に行って日用品とかを買ってくださったりするとすごい楽しいなって思います。

お店の中は優しい人だらけ!

―『ぷよラブ』に入店して良かったことってありますか?

スタッフさんがみんなすごく優しいところです。お仕事で嫌なことがあったり悩み事があっても親身に相談に乗ってくれたりするので。でも中でも主任(責任者)が一番優しいんじゃないですかね。

―スタッフさんが良いとどんな女の子が入店しても安心できますからね。お店の環境とか雰囲気はどうですか?

環境もすごく良いですよ!集団待機と個室待機どちらもあるんですけど、漫画喫茶みたいな清潔で綺麗な部屋になっているんです。かなり広いんで、そこもアピールポイントになるんじゃないかしら。

―待機中はどんな雰囲気ですか?

他の女の子は優しい子が多いし、よく喋ったりするんでいつも和やかな雰囲気ですよ。1人で待機するときは個室で写メ日記を書いたり漫画を読んだり、Wi-Fiが使えるのでYoutube見たりしてゆったり過ごしてます。

ナンバーワン嬢のほずみさんがオススメする自慢ポイント!

―『ぷよラブ』のお店自慢を教えてください!

たくさんあるんですけど、中でもトップレベルの元ヘルス嬢がスタッフとして勤務していることじゃないでしょうか。女性だし経験豊富なので良き相談役になってくれます。

―それは働く女の子にとってかなり心強いですね。他には送迎ってしているんですか?

してますよ。あと事務所で泊まれるようになっているので、都会から素泊まりで来れますし、シャワーもあるので、何日間か店泊して帰ることもできます。マンション寮もあるので出稼ぎの方も受け入れ可能みたいですね。

―それだったら終電の時間とか気にせず働けますね。あと会社として身バレ対策で何かされていることはありますか?

社名が違う名前になっていますね。物件の許可は取れているんですけど、女の子が嫌がるっていうところで身分証明をその違う社名で使っても大丈夫にしています。それで不動産の審査も通りますので。

―法人としてしっかりと店舗運営されているんですね。よく知らない人がその社名のサイトとか見ても風俗ってわからないですね。

あと今年から性病検査を確実にやろうって始まりましたね。梅毒とかすごい流行っている時期みたいなんで。そういった衛生対策もされています。

―より安全に働ける環境づくりがされているんですね。

あとは事務所と同じビル内に撮影スタジオがあるので、移動とかもなくて気軽に写真を撮りやすいです。私の場合は面接して何日か後に撮ってもらいました。

―何でもそろったビルですね!駅からも徒歩2~3分で着きますし。

収入が前職の給料から4倍に増えた!

―週5日の16時~翌4時で出勤されていますが、どれくらい稼げていますか?

日給だと平均で3~5万円ぐらい。高い時だと5万円以上いきますね。月にすると約80万円になります。前は介護士をやっていて月20万円だったんですけど、同じくらいの出勤日数で4倍くらい増えました。

―すごいです!普通の仕事をしていても収入が4倍に増えることってあり得ないですよ!稼げるようになって生活は何か変化しましたか?

貯金ができるようになりました。今どれくらい貯まってるのかわからないんですけど、結構多いんじゃないかな。その分心にも余裕ができましたし。

―稼いだお金は貯金以外だとどんなことに使っていますか?

洋服とか化粧品とか美容関係に使っています。あと趣味のラーメン屋巡りとか。イベントとかライブも好きなので休日はよく行ってます。仕事の日と被っちゃったりしても言えば休みにしてくれるので助かってます。

―1日で自分が使った最高金額とか覚えてますか?

1人暮らしするための引っ越しで30万円くらい使いましたね。

高収入のお仕事ならではの側面

―ほずみさんの知り合いの方で、この仕事をしてることを知っている方はいらっしゃいますか?

妹は知っています。バレちゃいました(笑) ただ、バレたときに「お姉ちゃんがしたい仕事ならいいんじゃない」って理解してくれたのが嬉しかったですね。

―普段は隠してると思うのですが、バレないようにしている工夫とかってありますか?

SNSとかにお仕事のことは一切載せないこと。友達に「何の仕事してるの?」って聞かれたときは「福祉系の仕事をしてる」って言ってますね。

―風俗のお仕事って隠したくなる側面があるわけですが、ほずみさんが思う高収入のお仕事の良いところってなんですか?

短時間でたくさん稼げるってところですね。給料を貰ったときに気持ちが高揚するというか、どんどん増えていく残高を見るのが楽しいです。

―なるほど、まさにこの業界ならではの楽しさですよね。ちなみにこのお仕事を始めたことで性格とかで自分が変わったって思うことはありますか?

自分でもビックリしてるんですけど、積極的になれたことですかね。
今までは話すのがすごく苦手だったんですけど、毎日いろんな人と会うので、いつの間にか普通に話を振れたりできるようになりました。

あれこれ考えるよりとりあえずやってみる!

―最後に、風俗のお仕事をはじめたいけど、なかなか踏み出せないでいる女の子に向けて一言アドバイスをいただきたいです。

実は私が入店する前、福生ということで基地があって怖かったり、田舎だから全然稼げなそうだなって思って一回スルーしちゃってたんですよ。でも友達にすごい薦められて半信半疑で来てみたら、想像以上に事務所が広くて綺麗だったし、体験入店したときも短時間で5人もお客様がつくほど忙しかったのを覚えています。

―そのときに「稼げるしこの店にしよう」って思ったんですか?

このお店にしようっていうよりは、「このお店がいい」って思いました。だから何事もまずはやってみないと分からないですから、ほんと覗きに行くような感覚でも行ってみるのがいいと思います。

―ありがとうございます!インタビューは以上になります!

ありがとうございました。

こんな記事も読まれています

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む