ハイパーエボリューション/体入時給5,000円+祝金10万♪託児所有の五反田ピンサロでインタビュー!

フリーワード店舗検索
全国TOPへ
関東の風俗求人バイト

HajiQ(はじキュー)インタビュー

―今日は五反田のピンクサロン「ハイパーエボリューション」さんにお邪魔致しました。宜しくお願いいたします。まずお名前とお歳を教えていただけますか?

はい。かなです。 20歳です。

―ありがとうございます。かなさん、こちらに入られてからどれぐらいですか?

もうすぐで1年半になります。

―お時間は大体、どれぐらい働いてらっしゃるんですか?

日によって違いますけど、大体7時間から8時間前後。

―結構、疲れます? 大丈夫です?

アハハ でも曜日によって違ったり、お店の混雑ぶりで変わったりで、けっこう大丈夫です

―このお仕事始められて、1年半ぐらいということなんですけれども・・

はい。

―1か月どれくらいのお給料になるんでしょう?

月、70万から80万ぐらい。

―うわ!毎月ですか。

ウフフフ。 大体それくらいですかね、平均すると

―じゃあもっと多いときもあるけど、ここでは言えないって感じですか!?

ウフフフ。

―なるほどですね。

―お店入られたとき、夢とか目標とか、あったかと思うんですけれども?

はい。一応将来的には、保育士か小学校の先生になりたくて。

―あ、先生ですか!?すごいですね

はい。それの学費をためたいなと。

―うーん。もう貯まっちゃったんじゃないんですか?

いや、ちょっと最初のほうは引っ越しとか出費がかさんだので。ウフフ。少しずつ。

―今は、学生さんですか?

いや、違います。このお仕事だけです。

―最初に、このお仕事始められたきっかけっていうのは何でしょうか?

今のお店入る前に、いくつかバイトはしてたんですけど、やっぱり収入面で大きく違うなっていうのもあって。目標に向かっていくのに、効率よく稼ぎたいなと思って。

―お店に最初ご連絡を取られたときは、電話ですか?メールですか?

あ、えーと、LINEで。

―あ、LINEですか!?早いですもんね、返事がね。

はい。

―あれ、お店、大変なんですけどね。

そうなんですか。

―読んだらすぐ返事しなきゃいけないですもんね。

ああ、そうか。ハハハ

―でも、女の子にとっては返事が早いのは大事ですもんね。

そうですね。返信がすぐ来るので、やっぱ、すぐ話がトントンって進んでくので。

―お店自体ははどんなふうに探されたんですか?

私は、Yahoo!の知恵袋で、なんか、誰かが、風俗で一番いいお店って、どこかないですか、っていう質問に対して、今働いて、ハイパーエボリューションがすごくいいですよ、っていう投稿を見て、それで。それが一番デカかったですね。

―なるほど、生の声ですもんね。面接をされたのはここの事務所ですか?

いや、違います。面接は、えーと、駅の近くの喫茶店でした。

―最初、どんな感じでした?

すごい、面接してくれた方が話しやすい方だったので、緊張もすぐにほぐれて。
あと面接場所が、なんか、自分で選べたっていうのが一番よかったですね。

お店の方が出張面接に来てくれるという事ですか?

近くまで来れない子だと、お店の方がそこまで行ってくれたりとかしてくれるので

―あ、本当ですか!親切ですね!面接時間はどれくらいでしたか?

いや、私、多分10分、15分ぐらいでしたね。いろいろ不安なこととか、聞きたいことをしっかり聞いて、全部詳しく教えてくれたので。

―特に、わ、この人怖い、とかもなく?v

あ、もう全然、すごい話しやすくて面白い方でした。フフフフ
あと、お店に行ったときに、受付に女性の方がいて。

―あ、女性のスタッフさん

はい。スタッフさんでいらっしゃって、それがやっぱり一番、安心はありましたね。いまでもちょくちょく相談したりとかしてます。

―それはいいですね!じゃ面接されて、お店のほう見学して、で、その日に体験入店みたいな流れですか?

いや、体験入店は、その面接した少し後なんですけど。するときは、もう全然緊張とかもなかったんで。

―「ハイパーエボリューション」さんが風俗では初めてのお店になるんですか?

そうです。はい。

―「ハイパーエボリューション」さんは、ピンクサロンっていう種類のお仕事なんですけど、そこにはこだわりがあったんでしょうか?

いや、特になかったですね。ただ、ピンクサロンだと、スタッフさんが近くにいるっていう安心感があるので、そこが大きいかな。

―入られる前に、講習はあるんですか?

講習は、実技講習はなかったです。口頭で説明を聞きました。実際、実技講習というのはもう一切なく、マニュアルと男子スタッフさんの簡単な口頭での説明で、すぐお仕事はスタートできるようになってますよ

―聞いたとき、どうでした?

ああ、少々、不安はありました。こんなできるのかどうかっていう。でも実際やってみると結構・・・

―いけるぞと。

いけるぞ!フフフ。

―分かりました。お店の雰囲気はどうですか?先ほど、面接のスタッフさんはいい方だって言ってましたけど。

スタッフさんがみんな、すごい明るくて、みんな面白い方ばかりなので、雰囲気はすごいいいです。

確かにみなさんものすごく礼儀正しい方々ですね。お客さんはどんな人が多いですか?

20代、すごい年齢層は幅広いんですけど、大体20半ばから40前後のサラリーマンの方が多いですかね。

―エピソードはありますか?面白い話、嫌な話なんでもいいんですが・・

なんか、軽くお酒が入ってた方だったんですけど、いきなり自分のパンツをかぶりだしたりとかっていうちょっと変わった方は、いらっしゃいましたね。フフフ。

―ハハハハハ。それは、かなさんに楽しんでもらおうという、お客さんなりの努力ですかね?。

フフフ。そうなんですかね。嫌な思いはほとんどしたことないです。

―なかったらいいんですよ、無理にね。ハハハ 思い描いてたイメージどおりのお仕事ができてる感じですか?

なんかちょっと引っ掛かることがあれば、すぐにスタッフさんも気付いてくれるし

―ああ、よく見てくれてるんですね!

自分からちょっと相談したりとかするとすぐ対処してくれるので、そんなに抱え込みながら仕事することがないですね。

―それだけ、スタッフさんが、近くで見てくれてるってことですよね。

はい。

―出勤をされてからお仕事開始までの流れを教えてください。

出勤して、自分の時間になるまで、更衣室でゆっくり飯食べたりとかしながら、気持ちを落ち着かせてからの仕事になるので、そんなにバタバタしたりっていうのはないですかね。

―自分なりにスイッチを入れて、仕事開始と! 女の子同士はお話とかしますか?

ああ、みんな仲いいですし、話もよくしますよ

―お店によっては古くから居る人が怖いとかっていう声を聞くこともあるんですけど、そんなことなく、みんな仲良し?

もう、私が入ったばかりのときも、やっぱ長くいらっしゃる女の子がすごい気さくに話しかけてくれたりとかしたので、すごいみんな接しやすいですよ。

―それは長く続けられる、大事なポイントでもありますね。

はい。そうですね。はい。

―かなさんを目指して来るお客さん、いっぱいいると思うんですけど、指名とか長い時間で遊んでってもらうような、かなさんなりの何か秘策とかあったりします?

私はもう、そのままの自分を好きになってもらうのが一番かなって思うので。
特別自分を作ったりしないで、そのままの自分で接してっていう感じで、ただ笑顔だけは絶やさないようにしてますね

―今のあれですね。ありのままの、という事ですね!?

(笑)はい。お客様もあれですよね、ちょっと、あの、友達だったり、その場限りかもしんないけど、恋人だったり、そういう普通の女の子に接したいっていうことがあるかも。

―そうなんですね!

おしゃべりだけで来るお客さまも、ちらほらいらっしゃったりはします。

―ストレスたまるようなことは、あんまりないですか?

仕事でのストレスはあんまりないかな。

―お仕事以外のお時間は、普段どんなことして、気分転換とかされてるんですか?

大体、私結構商店街が好きなんで、家の付近にある商店街をちょっとブラーッと目的もなく歩いて、好きなのを買って食べて、駅2、3個分歩いてみたりとか。

―健康的でいいですね!

―このお仕事をされる前と、今では、入ってくるお金が全然違うと思うんですけども・・使い道は?

この仕事をしてから、一人暮らし始めたんですけど、いろいろ家電をちょっとこだわって買ったりっていうのはありました。旅行に行きたいって思えば、というか、何日間か頑張れば、すぐ旅行にも行けるし。

―なるほど、そうですね。分かりました。でも結構使いつつ、貯金も結構たまってきた?

貯金は、頑張ってます、はい。

―どれくらい?

うーん、だいぶ。あの、想像にお任せするという感じで(笑)

―。金額的な目標っていうのは、立てられているんですか?

金額的な目標は、特には立ててないですけど、やっぱこの仕事をしてるからといって、あんまり無駄遣いをしないようにっていうのは心掛けてる。

―偉いですね。逆に変なお金の使い方にはまっちゃって、赤字になっちゃう人もいますからね・・

そうですよね。そこだけはやっぱ、心掛けてはいます。

―このお仕事を始められてから1年半とのことでしたが、、私こんなとこがちょっと変わってきたとか、成長したかなとかありますか?

ああ、性格的に明るくなりましたね

―明るくなった?

はい。昔は結構ネガティブ思考だったんですけど、このお店で働きだしてから、人見知りも徐々に克服されつつありますし、性格的にもだいぶ明るくなったなっていうのは、あるかな。

―あ、本当ですか。

はい。

―そうですよね。毎日いろんなお客さんと会うんですもんね。

ウフフフ。飽きないんですよね、仕事行くたんびに

―うん。

なんか、仕事を行くのが、きょうどんな人に会えるんだろうっていう楽しみに変わってるぐらいなので。

―ああ。じゃあ、いろんな人と会うことが楽しい?

そうですね。結構人と接する、人見知りだけど、人と接することは好きなので。

―このお仕事には向いてたのかな?

ああ、天職ですね、私・・うふふ

―天職ですか!店長が聞いたら喜びそうですね!

はい。 フフフ。

―いろんな人と、お仕事というかお話が上手にできて、楽しくそれができるっていうのは、きっとこのお仕事以外の私生活だったり、全然違うお仕事だったり、全部役に立つことですよね?

そうですね!

―最後に、こういったお仕事、やりたいな、でもどうしようかな、不安だなって思ってる女の子がいっぱいいるんですけども・・

はい。

―そういった子たちに対して、あの、かなさんから何か伝えてあげられるメッセージとか、アドバイスとか、あったらお願いできますでしょうか。

うーん。やっぱり私も、この業界自体、今のお店が初めてで。

―初めてですよね。

最初はすごい連絡するまでに時間もかかったし、なんか、連絡、やりとりしてる間でも、全然不安も取れなかったりとか、いざ面接して、じゃあ入店ってなったときも、すごい不安はあったんですけど、やっぱ、一歩が大事だと思います。スタッフさんもみんないい方ばかりで、アットホームなお店なので、すごい楽しくお仕事ができる職場だと思いますし、悩んでるんだったら、とにかく行動するのも大事かなって思います。

―悩む前に、とにかく一回、まず連絡してみて?

はい。しない後悔よりは、した後悔のほうが絶対いいと思うので。

―すごい。素晴らしいです!

アハハ。

―そうですよね。

はい。

―してから悩めばいいんですよね。フフ。分かりました。貴重な意見、ありがとうございます。

ありがとうございました。

―これからも頑張ってください。応援しています!

はい、頑張ります!!

こんな記事も読まれています

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む