大久保制服向上委員会/韓流が好き!素人で月収50万稼ぐアイドルイメクラ

フリーワード店舗検索
全国TOPへ
関東の風俗求人バイト

HajiQ(はじキュー)インタビュー

―本日は、大久保のイメクラ、「制服向上委員会 」さんにお邪魔いたしました。

はじめまして。あの、「はじめての風俗アルバイト」を見たっていう感じで進めればいいですか?

―はい?いやいやいや。何見ましたかって、他の媒体でも構いませんので。作んなくて大丈夫です。ホームページ見たとか。それもちょっと聞いていきますんで。

はい。分かりました。

―まずお名前は?

はい。ほなみといいます。

―ほなみちゃん。何歳ですか?

今、21です。

―21歳。

はい。

―実際はもうちょっとかな。

そうですね。エヘ。実際は、はい、もうちょっと

―プラス2歳ぐらいですかね。

それは、そうですね。ぐらいです。ウフフフフフ。

―まあ、それはしょうがないですよね。お客さんが見ると、何だ、ごまかしやがってっていうかもしんないですけど、女の子は逆に、ちょっと年齢いっちゃっても、できるかなって、ちょっと安心するんで。

そうですよね。はい。大丈夫かなみたいな。はい。

―まぁ、外見がね。本当におばちゃんっぽい女の子って、たまに居ますけど。

ウフフフフフ。

―あと、ちょっとアップだけ撮っていいですか。

はい。

―チーズ。最近のデジカメ、すごいですよね。勝手に連写になるんです。

ふーん。すごいです。どんな感じなんですか。

―こんな感じで。ちょっと。

へえ。

―これ必ず、モザイク入れますんで。はい。

はい。

―まず入店歴。お店はここが初めてですか?

はい。初めてです。

―真っさら。

真っさら。はい、そうなんです。

―じゃあ、一番緊張するパターンですね。

そうですね。はい。

―何を見て。やっぱ求人サイトですか?それとも友達の紹介とか、いろいろあると思うんですけど。

はい。知り合いの紹介で。

―サイト的には、あんまりよろしくないかな。ハハハハハ。

そうですよね。でも、ちぁんと本当のことがいいかなと思って。はい。

―そうですね。それで、最初からもう体験入店した感じですか?

体験入店しました。

―体験入店しました。で、その日から、できそうだって感じででしたか?そんときは体験だけですか?

はい。そのときは体験だけして、確か次の日にはもう、、、。

―お店の方も、やっぱかわいい子が入ると、すぐ働いてもらわないとね。気が変わっちゃう場合もあるんで。

はい。

―そうやって入店されて。、勤務時間とかは、早番とか遅番とかどんな感じですか?

はい。結構、長く時間入ってます。朝から夜まで。

―ええ。じゃあ、月に何日ぐらい。

月で、そうですね。4日とか。

―え。4日?

あ、月じゃない。週!間違えた。すいません

―あ、週ですか。週4ぐらい。

そうですね。

―じゃ、月にすると、半分ぐらいは居ると。

そうですね。

―月収、どんぐらいですか?

自分でも計算はしたりするんですけど、多いときで50万円いくときもあります。

―はい。50万円ぐらいですね。

はい。

―1日で一番良かった日って、どんぐらいですか。

―ちょうどぐらいですか。

そうですね。

―5万円ぐらい。この大久保の町ってどうですか?

大久保の町は、もともと、あの、韓流が好きなんで。

―うちの社員にも結構居ます。

そうですか。

―やっぱ、東方神起とかですか?

はい。あの、スーパージュニアっていうグループとか。

―割と新しい感じの?

そうですね。はい。

―あの、うちの事務所も大久保なんですよ。土日は相変わらず盛り上がってんですけど、やっぱりちょっと平日はダメになりましたね。特に焼き肉屋さんとかは、お客さんが来なくなりましたよね。

はい。そうですよね。

―で、この仕事を始めたきっかけって何でしょうか。

きっかけは、ちょっとやっぱお金をまず。

―お金ですよね。

そうですね。稼ぐっていうので。

―なんか借金つくっちゃったとか?

じゃないんですけど、ちょっと貯金を今、頑張ってまして。

―なんかそれは夢とか、なんか買いたいバッグがあるとか、そんな理由ですか?

じゃないんです!将来のために、もう貯金できるときに、いっぱいしときたいって。特になんか海外旅行と、海外の留学とか何にもなくて、バッグとかも全然、物欲よりも、もう、とにかくためるっていう。はい。

―そうなんですか。そうじゃ、意外と堅実的な感じですね。ホスト遊びしたりとか、そういうのはなく、ちょっと不安というか。確かに貯金がないと不安は不安ですよね。

はい。そうです、そうですね。

―面接は、こちらでやられました?

はい。ここでやりました。

―その面接は、どんな感じでした?

面接は、そうですね。でも、面接というよりか説明が多かったのもあって。

―説明みたいってお仕事内容ですか?

はい。そうですね。自分にできるかどうか、ちょっと。

―講習はなかった?

なかったです。はい。

―じゃ、最初から体験入店して、すぐ接客したんですね?

はい。そうですね。

―体験入店、どうでした?

はい。それもう緊張して、もう全然、何をどうしたいいか分からないみたいな。

―心臓バクバクですよね。

バクバクで。そうですね。もう、どうしたらいいか分かんないんですけども。

―しかしそのお客さんラッキーですよね。そういうの。

そうですよ。はい。

―なるほど。面接時間っていうのは、どんなもんでした?

はい。15分とかで、すぐ終わりました。

―15分。それですぐ、もう働かれたのですか?。

はい。

―よし、やってみるかと。

そうですね。

―面接官の方は店長さんですか?

はい。店長さんでした。

―どんな感じでした?

すごい、はい、優しくて。なんか、話しやすいなあと思いました。

―そうですね。この業界そういう方が多いですよね。やっぱもうちょっと怖い人が出てくるとか、そう思ってましたか?

はい。はい。はい!そう思ってたんですけど、そんなことなくて。

―分かりました。この「制服向上委員会」で働こうと決めた原因、理由は何でしょうか。

はい。大久保エリア自体は特に、こだわりはないんですけど、サービス内容的に、ここはソフト系なんで、自分的には、初めて、ここの業界しか知らないんですけど、なんか、できるかなあっていう。はい。

―そうですね。やっぱりイメクラだから、コスチュームが好きなお客さんも多いですし、どっちかっていったらソフト系ですからね。

はい。はい。

―なるほど。分かりました。じゃ、逆に家から近いとか、そういう理由じゃなくですね。

はい。そうですね。

―友達とか彼氏に、このお仕事やるって相談しました?

はい。してないです

―親にも?

親にも。もう秘密で今もやってるんで。

―昼職やってる感じですか?

そうですね。

―それは、アリバイ対策とかどうしてるんでしょうか?

普通のバイトはしてるとは言ってるんですよ。そのバイトまでは具体的には言ってないんですけど。

―実家じゃなくてお一人暮らし?

はい。一人暮らしはして。

―彼氏と一緒ですか?

違います。一人暮らしです。まあ、バレない。

―バレないですよね。

そうですね。

―あの、確かにバッグとか、急に時計とかが豪華になると、親はやっぱり分かりやすいですけど。あんまりそういう物欲がそうでもなかったら、バレづらいですね。

はい。そうですね。そう。はい。全然。はい。そうですね。

―急に高い服とか買ってないですか?

はい。そうですね。全然。なんかもう、スーパーでも、ほんと安い物とかしか買わないぐらい。ケチまではいかないけれども、そんな感じなんで。

―アハハハハハハ。生活レベル、上がんないですか?

あがんないですね。

―それはいいことですね。急に、普通の日用品でも、なんか定価見ないで買っちゃうような人が、ちょっと増えたりするみたいです。

はい。はい。

―実際に働いてみて、なんか求人内容と、なんか実際は違うなあと思うのありましたか?

特になかったです。はい。

―ないですか。給料面とかも?

はい。そうですね。

―待機場所は個室でしたっけ?

はい、個室です。はい。

―じゃ、環境面とかもあんまり?

はい。そうです、はい。

―面接してすぐじゃないと、時間を置くと逆に働けなくなっちゃいますよね。

そうなんですよ。はい。

―なんか面接のときに必要な物ってありました?

はい。いえ、確か身分証明書ぐらいだなと思いますね。

―イメクラっていうのは初めてですよね?

はい。初めてです。

―やっぱ想像してたのと、だいぶ違います?

そうですね。全然、もう、どんな感じかも分かんなかったんで。

―分かんないですよね。働いてなんか、考え方が変わったこととかあります?

はい。やっぱり、サラリーマンの人とかって、コスプレがほんと好きなんだなあって、あらためて。

―ええ。フフ、ハハ、そうですね。

はい。

―それじゃなきゃ、こんなにAKBとか流行ってないと思います。

ウフフ、そうですよね。思いました。

―そうですね。逆にコスチュームにこだわらない人も居ますけど、どっちかといいうと少数派かもしれないですね。

はい。そうですね。

―ここに入る前、以前はどんなお仕事をされていました?

あの、普通に昼職だけしか。

―それは事務みたいな感じですか。

そうですね。事務で。

―営業事務みたいな。

はい。

―そのときは、やっぱりあまりお給料は普通ぐらいですか?

そうですね。、あのボーナスもないとこだったんで。

―前職から比べると給料は、どんぐらいになった感じですか?

はい。倍は多分あります。

―倍にはなってる。

はい。

―まあ、休み時間とを考えたら、なんかもっといい感じですよね。昼職だと、やっぱ週5~6日は働いて時間もながいですし。

はい。そうですね。

―さきほどコスチュームが好きなお客さんが多いって言ったんですけど、やっぱ、特に多いお客さんってどうですか?ちょっと内向的な人が多いとか、しゃべる人が多いとか、いろいろあると思うんですけど。

はい。ええと、そうですね。やっぱり何となく、なんか攻めるのが好きな人が多いと思います。痴漢プレイとか、いろいろあるんで、なんかちょっと電車っぽい感じで、なんかゴソゴソゴソ。ウフフフ。やったりとか。はい。

―はい。はい。はい。フハハハハハ。そうですよね。内気なお客さんが多いと思うんですけど、まあ、2人きりだと結構あれかもしんないですね。

はい。はい。

―今までで、すごくいい印象の方とか、いらっしゃいます?

はい。やっぱ今までいろんな人に、なんかいろいろうれしいこと言われたりします。今もそうなんですけど、Hな事をするっていう目的よりも、一緒に居るだけでも、もう十分って言ってくれる人か居るんですよ。別に、イチャイチャするだけで。

―なんもしなくていいと?話しているだけ?

チューとかぐらいで、あとギュウっと抱きしめたりとかして。で、なんか、そういうだけでも、もうなんか一緒に居て、もうすごい、それだけで十分と言われると、うれしいですね。

―はい。うれしいですよね。うーん。そりゃそうですよね。

はい。

―それは確かに好印象ですね。逆になんか、この人、変態みたいな、ちょっと変わった面白いお客さんとか居ます?

はい。はい。居ます。今の仲良しさんなんですけど、いろんなプラモデルとか、そういうのを、ちょっとヒールで踏みつぶすのを見るのが、興奮するっていう。

―え、プラモデルとかわざわざ持ち込んで?

はい。はい。

―じゃ、ほなみちゃんが踏むつぶすのを見たい。

はい。はい。。

―へえ。面白いですね。

はい。

―自分で作ったやつですかね。それか買ったやつなのかな?

分かんないんですけど。でも、最初はちょっと、まだ入った間もないときだったんで、かなりそんときは衝撃的な感じでしたけど。

―お客さんからプレゼントとか、あります?

はい。プレゼントっていうか、差し入れで、やっぱりなんか、甘いのが好きだったりすると。はい。

―はい。はあ。それはもう、ホームページ上とかで言ってるわけですか?

写メ日記とか、あとは自分が何が好きとか聞いてもらったりして。

―リピーターで来たお客さんとかが、お菓子とか差し入れるんですか?

はい。そうですね。

―そういうのも、うれしいですよね。

うれしいです。はい。

―逆に、ちょっとイマイチ、嫌なお客さんときって、なんかどう対応しています?

はい。はい。何だろう。やっぱちょっと、笑ってごまかしたりとか。

―あ、笑ってごまかす。

そうですね。

―待機中って何してます?

待機中は、あの、特に何にも。個室なんで。スマホだったり、あとはちょっと、本を、読書を読んだり。あとは、待機所に、共有の雑誌とかもあって、それを見たりとか。そんな感じです。

―はい。雑誌とかね。待機所にはテレビはないんですね。

はい。

―今はスマホもありますからね。

そうですね。

―分かりました。スタッフの人は、みんな優しいですか?

はい。優しいです。

―結構、気が合わないみたい人は居ないですか?

はい。みんな優しいです。はい。ウフフフフ。

―分かりました。これやっぱ、まあ、ここ1軒目だったら分かんないかもしんないですけど、集団待機はしたことないわけですよね?

はい。ないですね。

―お友達とかいらっしゃいます、お店で?

居ないんですよ。

―そうですよね。個室だと、なかなかできないですよね。

はい。そうですね。交流がなんかあればいいなとは思うんですけど。

―話聞くと、それが支えになったり、いい場合もあれば、結構仲悪くなったとき、女の子は結構大変じゃないですか。

はい。ああ、そうですよね。

―ほなみちゃんが思う高収入のお店の、いい所と悪い所ってどうですか?

はい。やっぱりいい所は、結構短時間で、同じバイトとしても、もう1日の稼ぎがやっぱり。その日によって結構左右されるんですけど、それがすごいいい所で。

―はい。そうですよね。日払いですか?

日払いです。

―おっきいですよね。はい。

そうですね。その日にもらえるっていうのは。

―手ぶらで来ても、お金持って帰れるってことですね。

はい。そうですね。あと、悪いとこは、今はちょっと、自分はそうは違うんですけど、稼いできたら、多分大丈夫だと思うんですけど、金銭感覚が狂わないようにしたいなっていうのは、常に思います。

―そうですね。結構、毎日入るもんだから。来るたびに入るじゃないですか。まあ、帰りがけに飲み行って、豪遊したりとか、なんかやっぱ使っちゃう方とか。ちょっと自分への褒美っつって、なんか小物買う方とかも、やっぱいらっしゃいますね。

はい。ああ、居るんですか。全然、そこは変わんないです。

―大久保制服向上委員会のお店自慢をひとつお願いします?

はい。サービス内容的には、私はちょっと具体的に言うと、ゴムじゃないと駄目なんで。ゴムっていうのも、結構自分的には安心だし。

―こちらは全員そうなんですか?

流れとか人によっては、ここは女の子任せになってるんですよ。

―じゃ、病気も大丈夫ってことですね。

はい。そうですね。それもあるし、やっぱり、お客さんも、、初めてだから、あの、比べようがないんですけど、ちょっと年齢も高いのか分かんないんですけど、優しいなって思います、みんな、お客さんも。

―はい。まあ、そうですよね。それ入店するときに、ゴムじゃないと駄目って書くんですよね。プロフィールに確か。

はい、そうですね。

―指名とかあります?

ちょっとずつ増えてはきました。ちょっとずつなんですけども。

―指名とか延長とか、なんかコツってあります?

コツですか。やっぱり普通の、自分で、自然体でいる。

―ありのままですね。

はい。自然体の感じで。あとは、やっぱ笑顔は結構自分的には。はい。

―ああ、そうですね。うん、確かにそうですね。笑顔、元気ですね。今、働かれて、どれぐらいですか?

今、8月に入ったんで、8カ月ぐらいですかね。

―じゃあ、生活ももう安定してきた?

はい。そうですね。

―貯金たまりました。そうでもないですか?

はい。たまって。ちょっとずつたまります。

―フフフフフ、ハハ。

でも、貯金額とか、まだそんな見てないんで。

―え、通帳に入れないんですか?

あ、入れるんですけど、その残高とかの記帳をずっとしてなかったりして。入金だけ。そうなんですよね。

―へえ、そうなんですか。いくらたまったらなんかしようとか、そういうのは特にないわけですか?

はい。

―海外行こうとか。

1回、でも海外旅行は、いつかは行きたいなと思うんですけど。

―どこに行こうかなとか、あるんですか。

行ってみたいのはハワイです。

―韓国じゃないんですか?

韓国は1回行ったんですよ。はい。でもまた韓国にも行きたいです。

―こういうシフトって自由ですよね?

自由です。

―生理のときはお休みですか?

はい、そうです。

―ストレスの発散法とか、あります?

そうですねやっぱ、甘いのが好きなんで、スイーツ食べるのを。

―その割には細いですね。

はい。エヘヘ、いえいえ。

―なんか、その甘いの好きなのに体型を維持されてるのは、なんかされてます?運動したりとか?

運動はしないんですけど、ちょっと調整はしたりします。朝昼はしっかり食べて、夜は炭水化物を抜いたりとか。

―やっぱり勉強してるわけですね。

あとは、ちょっとだけ、腹筋みたい。

―腹筋。ああ、やっておられるんですね。

はい。夜、寝る前とか。

―逆にこの仕事を始めて、なんか豪遊、1日になんかすごいお金使ったとか、そういうのはないですか?

はい。ないですね。

―なんか、物をボーンと買った物はないですか?

ないですね。

最初、始める前に、一人暮らしをして、初期費用とか、家具買ったり、まあ、結構な金額がかかりました。

―ある程度目標の額にたまりましたけど、まだしばらくは続ける感じですか。この仕事は?

はい。そうですね。今のとこは。

―この仕事始めて、何か変わっちゃったなとかいうのはあります?

え、変わっちゃった。うーんなんだろ。変わってないかも

―求人サイトなんで女の子が見てるんですけど、これを読んでる女の子に、なんか一言あったらもらえます?今どうしようか、働こうか、やめようか。でも昼職じゃあ食えないしみたいな。、借金もちょっとあるしなとか、、悩んでる女の子に一言お願いします。

はい。そうですよね。はい。悩んでても、思い切ってやってみると、やっぱり意外と、自分の心の中で思っているよりも楽しいっていうか、できるかなって思えると思うっていうか。

―はい。なるほど。

はい。

―やってみたら、そこまでつらくなかったってことですね。

はい。そうですね。

―まあ、当然楽しいことも、嫌なことも当然あると思うんですけど、まあ、楽しいこともあったという感じでよろしいですか。

はい。そうです。

―まあ、要するに、やったかやらないで悩むんだったら、やったほうがいいという感じですかね。まあ、それでほんと合わない人は、合わないですからね。やっぱり。触れられたくないとかいう人だったら、しょうがないかもしれないですけど。

はい。そうですね。駄目だったら。はい。そうです。はい。1回やってみて、自分がほんとに駄目だったら駄目なんだし。やっぱ、やってみないと分からないから、やってみる。悩んでるんだったら、ぜひ、あの、何だろう、勇気振り絞ってやってほしいなあって感じです。

―お客さんにも、よくありがとうとか言わないですか?

ああ、言われますね。

―はい。では終わります。今日はありがとうございます。

はい。ありがとうございます。

こんな記事も読まれています

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む