優等生/制服コスで最高1日9万円!客層良い池袋のイメクラ

フリーワード店舗検索
全国TOPへ
関東の風俗求人バイト

HajiQ(はじキュー)インタビュー

―今日は池袋西口の『優等生』様に来ております。よろしくお願いします。

はい。お願いします。

―お名前と年齢を聞いてもよろしいですか?

まなです。19歳です。

―本当に19歳ですか、それともちょっと違いますか?

ほんとは二つ上です(笑)。

―確かにもっと若く見えますね。こういう風俗のお仕事は『優等生』様が初めてですか、それとも以前別のお店でやってましたか?

『優等生』が初めてです。

―このお店を選んだきっかけは何ですか?

求人サイトでいろいろな風俗店を探してて、『優等生』が一番大丈夫かなと思ったんです。

―見たサイトは何でしたか?『はじめての風俗アルバイト』じゃなかったですか(笑)?

見たサイトは全然覚えてないんです(笑)。

―そうですか…。(がっくし)風俗じゃなくてキャバクラとかそういうアルバイトはしたことありますか?

ないです。

―最初から風俗系の仕事をやろうということは、何か理由があったのでしょうか? ちょっとお金が必要だったとか、貯蓄したいとか、エッチだったとか、どんな感じでしょうか?

ウフフフ。貯金したくて始めたんです。資格を取りたくて、そのための貯金です。

―どんな資格かは秘密ですか?ネイルとかですか?

ネイルじゃないです。ちょっと秘密なんですけど、子供関係です。保母さんじゃないけど、そういう施設で働けるような資格です。

―資格取得に結構お金がかかるんですね。まなさんは『優等生』様で働き始めて、今どれくらいですか?

今、ちょうど半年ぐらいです。

―慣れましたか?

いや、全然(笑)。最初の頃も緊張しかしてなかったです。ずっとドキドキでした。

―それでも半年間続けているってことは、そんなに最初のイメージが悪くなかったんでしょうか?

はい。頑張れそうかなと思ったのと、あんまり変なお客様や悪いお客様がいないので…。

―優しい人が多いですよね。まあつらいこともあるけど、意外と楽しいこともあったという感じでよろしいでしょうか?

はい。

―まなさんは、出勤は不定期ですか?早番とかありますか?

一応週4日出勤で、基本10時~17時って決めてるんですけど、長く入れるときは10時~18時とか入ってます。

―なるほど。じゃあ今は他に掛け持ちはせずに、『優等生』様一本ですか?

はい、そうです。

―前職はどんなお仕事をされてたんですか?

以前は普通の一般事務でした。

―やっぱり一般職だとお給料稼げない感じですか?月給18万円とか。

そうですね。そっちを辞めてから求人を探して『優等生』に来ました。

―お住まいはご実家ですか?

いえ、前職の時から一人暮らしです。

―一人暮らしだと生活が結構大変ですよね。そうでもなかったんですか?

そうでもなかったです。ちゃんど時間内に帰れるし、金銭面は一応貯金があったので。

―ちなみにまなさんの血液型は?

O型です。

―あんまり悩まないタイプですか?そうでもない?

そうかもしれないです(笑)。嫌なことあってもすぐ、寝ちゃえば忘れちゃうんで。

―それはいいですね。最初に『優等生』様に連絡した方法ってメールですか、電話ですか?

メールで連絡しました。

―面接はここですか。それともどこか違う所でした?

面接はここでした。

―時間とか雰囲気はどんな感じでしたか?

うーん、緊張しました。時間は30分ぐらいでした。

―面接官の方はどんな印象でしたか?

店長が面接してくれました。風俗の店員さんって怖いイメージがあったんですけど、あんまり怖いって感じはしませんでした

―そうですよね。怖いのは一部かもしれないですね。今はみんな許可取って営業してるので、意外と普通のサラリーマンのほうが怖かったりします(笑)。面接してその日のうちに働いたんですか?それともしばらくしてからですか?

その日に一応体験入店しました。お客様は2人だったかな?覚えてないです。

―ドキドキでしたか?

エヘヘヘ。

―体験入店してから、2回目もすぐいれたんですか?それかちょっとしばらく休んだりとか。

たしか、1日おきに入ったと思います。

―今の週4出勤だと、連日出る日もありますよね?

一応あります。2日働いて、休んで、2日出てとかそんな感じです。

―『優等生』様は池袋ですが、お住まいはお近くですか?

埼玉です。

―じゃあ池袋エリアを選んだのは交通の便とかですか?

はい。友達もこの辺だったら来ないかなって思って。

―お仕事のことは、友達に相談とかはしましたか?

一切してないです。周りは誰も知らないです。

―じゃあ誰にも相談せず、自分の意志で決めた感じですね。急に羽振りが良くなったり、バッグ買ったり、周りにおごっちゃったりとかはないですか(笑)?

全然ないです(笑)。今までどおりです。特に高い買い物はしないし、全部貯金に回しちゃいます。

―健全ですね。やっぱり日払いで稼げるから、つい自分へのご褒美で使っちゃう子が多いんですよ。まなさんが『優等生』様を選んだ理由は、ホームページを見て良い感じだったからですよね。まなさん、身長はどれぐらいですか?

150㎝です。

―じゃあ確かに学園ものがぴったりですよね。誰に似てるって言われますか?

うーん、最近お客様や友達に言われるのは二階堂ふみなんですけど、自分では全然…。

―あ、似てるかもしれない。最近よく出てますよね。ちょっと男前の女の子ですよね。

フフフ。

―他のバイトって何かしたことありますか?

ファミレスでバイトしたことがあります。

―風俗に行く前にワンクッションじゃないですけど、キャバクラ行こうとかそういうのは考えなかったですか?

うーん、なんかキャバクラは多分自分に合ってないなと思って。お酒もそんなに飲まないんで。

―ノルマもありますからね。『優等生』様が一軒目ってことは、お店にとってもすごく嬉しいことだと思います。お客様もいろんなところにいた子より、このお店で育ったこの方がいいと思うので。

うん。

―最初の面接のときに、ネットの求人内容とこれは違うなっていう条件とかはありましたか?

いや、特に違いはなかったです。

風俗のお仕事を始めたきっかけは金銭面ということでしたが、資格取得に必要なお金って結構大金なんですか?

いえ、資格のお金も含めて、このお仕事を辞めてもやっていけるようにちょっと貯めておきたいなっていうのがあります。

―なるほど。まなさんは『優等生』様に入って良かったなと思うことは何かありますか?

スタッフさんが優しいです。

―いいですね。講習とかはありましたか?

講習はありました。

―お客様につく前に、緊張しませんでしたか?

緊張はしました(笑)。

―そうですよね(笑)。講習はどんな感じでしたか?

ホテルで、プレイの内容と流れを教えてもらいました。

―『優等生』様は基本的にどんなお客様が多いですか?サラリーマンとか、オタクっぽいとか…。

サラリーマンの方が多いです。

―やっぱり日曜日と平日で客層が違ってきたりしますか?

うーん、多少は…。

―池袋はサラリーマン多いですからね。年齢層はどんな感じですか?

年齢もまちまちで、30代の人もいれば、高くて60代の方もいました。

―さすがにお父さんより上ですよね、それはちょっと引いちゃいます?そうでもないですか?

そんなことないです。割と年配の人でも大丈夫です。

―『優等生』様でお仕事をする前と後で、何かイメージが変わったことってありますか?

風俗のお仕事に対して最初は怖いイメージあったんですけど、自分が思ってた以上に大丈夫でした。

―やっぱり働く前って怖いイメージがありますよね。なんかどこか売られちゃうんじゃないかとか、監禁されるんじゃないかとか(笑)。

アハハ!

―『優等生』様はやっぱり女の子を大切にしてくれますか?

はい、そうですね。

―僕もっと大切にしてないと思ってたんです(笑)。でもそんなことなかったですね、そういうお店は続かないですし。

フフフ。

―お仕事のことを家族や友人にバレないようにするための、コツとか工夫はありますか?

コツ?特にはないです。

―生活態度を変えてないから大丈夫なんですかね。みんなちょっと派手になったりとか、髪の毛染めたりブランド物持ったりして、バレちゃうことがあるみたいですけど。

ああ、そういうのはないですね。

―ないですよね。『優等生』様は個室待機ですか、集団待機ですか?

個室待機です。

―やっぱ個室のほうがいいですよね。待機中は何してるんですか?

ほとんど寝てます(笑)。寝て、携帯いじって、もう一回寝るみたいな。

―まなさんはこの高収入のお仕事をしてみて、良いところと悪いところって何かありますか?

いいところは、私は今20代なんですけど、もっと年上の人と関わったりできるところです。

―普通はそんなに年上の人と話す機会はないですからね。

はい。いろんな話が聞けるのはいいなって思いました。

―服脱いだら大体みんな本音ですからね(笑)。普段言えないことも言いますからね。

アハハ、うん。

―やっぱ家庭のこととか、愚痴とか、仕事のこととかいう人も多いですか?

そうですね。なんか仕事で疲れて来る人とかいます。

―ここに来たら癒やされるみたいな感じですね。悪いところは何かありますか?今は彼氏はいるんですか?

彼氏はいないです。

―じゃ特にこのお仕事して、嫌だなーとか後悔してるっていうことはそんなにないですか?

後悔は特にないです。合わないお客様の時は、たまに嫌な思いはしますけど。自分が選んだ仕事なので。

―かっこいいですね!

いやいやいや。

―男前ですね。1日7時間勤務で、平均だとどれくらい稼げていますか?

一日平均3~4万円ぐらいです。土日のほうがちょっといいです。

―やっぱ若くて可愛いから、普通の人よりいいんじゃないですか?

いや~、そんなことないです(笑)。

―月収にしたら50万円ぐらいいきますよね。一番良かった日っていくらぐらいいでしたか?

9万円ぐらいです。フフフ。

―1日9万円はでかいですね!お金は貯金以外には何に使ってるんですか?普通は自分へのご褒美とか、せめてちょっと豪華なデザートとか。

今までどおりのお店で服ぐらいは買います。。

―じゃブランドとかレベルアップはせず自分の好きな感じで?

はい。シンプルなのが好きなんです。ワンピースとか、無地が好きです。

―無地…。じゃあ家だとTシャツにジャージみたいな感じなんですか?

フフ、違います。普通のフリフリしたパジャマです。

―可愛い感じですね。じゃあ『優等生』様でお仕事を始めて、一日最高これくらい浪費したっていうのは何かありますか?欲しかったテレビ買っちゃったとか。

あります。テレビで11万円しました。45型?

―結構大きいやつですか。前より随分安くなりましたからね。貯金はたまってきましたか?

秘密です。ウフフ。

―そうですよね。あんまり貯まったなんて言うとね、ストーカーみたいな人が…。あれ、もう指名とか入ってますか?

アハハ、一応入ってます。ストーカーみたいな人はいないです。

―気を付けてください。貯金の目標額とかはありますか?

今はとりあえず300万円を目指してます。

―300万円貯まったら風俗はやめるとか、ちょっと減らすとか考えてますか?

貯まったら考えます。

―いくつまでやるとかは特に決めてないですか?

一応、1年って決めてます。

―じゃあもうすぐですね。まなさんは、やっぱり子供が好きなんですか?

好きです。

―じゃあ将来的には、自分でもつくって家族を持つっていうのは…。

そうですね。考えてます。

―では、『優等生』様でお仕事を始めて、自分が変わったなと思うところはありますか?男を見る目がレベルアップしたとか。

いや、特にそれはないですね(笑)。

―好きなファッション誌とかサイトってありますか?

ファッション誌はあんまり読まないんですよね。ネットもあんまり…。

―昔だと『an・an』とか『CanCam』とかじゃないですか。今、みんなあんまり読まないらしいですね。好きな芸能人とかはいますか?

福士蒼汰とか。ドラマみました。

―女性の芸能人やモデルとか歌手とかで、好きな人はいますか?

NMB48の渡辺美優紀です。本当に可愛い。

―渡辺美優紀…。中島みゆきは知ってるけど。

アハハ。あとは有村架純好きです。

―『ビリギャル』ですね。美容院とか脱毛はよく行きますか?

美容院は一応1カ月に1回行ってます。脱毛も行ってます。

―女の子って結構脱毛行くんですか?

周りで結構いますよ。2カ月に1回行ってます。

―へえ。結構お金かかるんですか?

最初に払っちゃうんです。1回いくらじゃなくて、プランがあるので最初に払うんです。

―それってどれぐらいするんですか?

私が始めたのは学生のときだったので、学割で安かったんです

―へえ~、良心的ですね。まなさんは、風俗のお仕事を始める時ってちょっとは悩みましたか?あんまり悩みませんでしたか?

1週間ぐらい悩みました。やっぱりやめようかなとか思ったり。

―うちは『はじめての風俗アルバイト』っていって、真面目でおとなしめの風俗求人サイトなんですが、そういうふうに悩んでる女の子がいっぱいいるんですよ。その子たちに何かアドバイスをいただけますか?

とりあえず一回面接に行ってみて、話を聞くくらいだったら大丈夫だと思います。

―なるほど。まなさんは『優等生』様以外に面接に行ったことはありますか?

行ったことないです。『優等生』が本当に初めてです。他のお店は全然考えませんでした

―そうなんですね。普通は2~3軒回って、こっちにしようかなとか、ここダメだったら次行こうとかあるんですけど。池袋は学園系のお店がいっぱいあるんですよ。

そうなんですか?

―はい。でも『優等生』様を選んで良かったんじゃないでしょうか。インタビューは以上になります。今日はどうもありがとうございました。

はい、ありがとうございました。

こんな記事も読まれています

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む