平塚ランラン | 「HajiQ(はじキュー)」インタビュー記事【はじめての風俗アルバイト】

フリーワード店舗検索
全国TOPへ
関東の風俗求人バイト

HajiQ(はじキュー)インタビュー

―駅近の人気ピンサロ『平塚ランラン』で働くシングルマザー・りんかさん!

―今日はよろしくお願いします。まずお名前と年齢をお伺いしてよろしいですか?

りんかです。26歳です。

―『平塚ランラン』に入店してどのくらい経ちますか?

1年半ちょっとぐらい。

―1年半ですね。普段の勤務時間はどんな感じですか?

1日4時間の短時間です。出勤は平日だけで12時~16時まで。

―平日限定で勤務時間が短いのは何か理由があるんですか?

子供との時間を取るために。

―ご結婚されてるんですね!

結婚してないです。

―してない。シングルマザーさんですね。

はい (笑)

―お子様は何人ぐらいいらっしゃるんですか?

女の子が1人です。

―シフトは平日の月曜日から金曜日までガッツリ入ってるんですか?

そうです。子供を保育園に預けてる間に働いてます。

―『平塚ランラン』で働かれてる時間以外で、掛け持ちで他にお仕事とかはされてないですか?学校とかに通われたりとか。

他にはしてないです。ここだけです。

―マイカー通勤OK!通いやすさも魅力です

―お住まいはお近くですか?

お近くです(笑)

―お子様と二人暮らしで。

はい。

―通勤はどうされてるんですか?

車です、すぐ近くですけど(笑)

―車通勤だと、駐車場ってどうされてるんですか?

駐車場借りてます。お店の駐車場。

―駐車料金なんかはお店に持っていただけるんですか?

はい。停め放題です

―停め放題(笑)お店の近くにあるんですか?

そうですね。駅周辺です。

―ではりんかさんの交通費はガソリン代くらい(自己負担で)駐車場代は完全支給って感じですね。

―実は出戻り!『平塚ランラン』に入ったきっかけ

―一番最初に『平塚ランラン』の求人を見付けたきっかけは何だったんですか?

知人の紹介でした。

―ご紹介ということは、すぐ面接っていう感じになったんですか?

いや、すぐにはならなくて。悩んでいるうちに、あれよあれよとみたいな感じでした(笑)

―一番最初はやっぱり悩みますよね(笑)

悩みました(笑)、その当時は短大生だったから。

―あれ?学生だったんですね。

その最初の出会いは学生のときでした。風俗経験はずっと『平塚ランラン』だけなんですけど、短大のときにバイトで入って、いったん辞めて離婚して、また戻ってきた感じです。

―出戻りなんですね!じゃあ出戻ってきて1年半ってことですか?

そうです。働いたりやめたり3回ぐらい繰り返してます (笑)19歳のときから22歳ぐらいまで働いてました。

―で、辞めたり戻ってきたり、辞めたりまた戻って。2~3回出戻りをしてると。

―迷ったけどやっぱり決意!ピンサロのお仕事を選んだ理由

―最初はやっぱり悩んだけど、働いてみようって自分で電話をされたんですか?

はい。

―その19歳のときって、結構切羽詰まってた感じがあったんですか?

いや、せっぱはつまってないですよ(笑) 短大が忙しかったんで、バイトする時間もあんまりなくて。やっぱり短い時間で稼げるやつがいいなって。

―効率よく稼ぎたいし、高収入ってなると、風俗業界のお仕事になるかなっていう。

そうそう。他のバイトもしてたんですけど、やっぱそれだけじゃ…。

―どんなバイトですか?

飲食店です。

―時給安そうですね。

そうなんです。やっぱり短い時間で入ると、遊べるお金も少なくなっちゃうっていう。

―時間もそうだし、遊びに行くお金も必要ですよね。友達と旅行行きたいとか。できることをちょっと広げるためにお金が必要だったと。

そうですね。学生のときは必要でした。

―面接してすぐプロフィール写真の撮影!

―悩んだ挙げ句連絡されて、面接みたいな感じだったんですか?

そうですね。面接っていうかもう、すぐ体験入店みたいな。

―体験入店する前に撮影だったりとかはありましたか?

あんまり覚えてないけど、多分撮りました。

―ちなみに写真撮影は恥ずかしくなかったですか(笑)?

全裸とかではなく最初はもう下着姿自体が恥ずかしいですけど(笑) でも普通に撮りました。

―デフォルトは制服姿ですよね。撮影時間はそんなに長くなかったですか?

何ポーズか撮っておしまい。で、体験入店です。

―体験入店したときのこと

―体験入店されて、何人くらいのお客様を接客されたんですか?

何人ついたのかな?でも1人じゃない。2人かな?。

―2~3人ぐらい接客されたと。その時は短時間勤務だったんですか?

そうですね。

―ピンサロなんで1人につきだいたい35分コースが2~3人…だと1時間半弱位の勤務になりますかね。で、終わった後に店員さんと「どうだった?」みたいなやり取りがあるんですか?

そうですね。

―体験してみてどう思いました?できそうだなっていう感じでした?

なんも深く考えてなかった。とりあえずこなしていけばみたいな(笑)

―体験入店初日のお給料は意外と高額!

―初日に日払いでお給料いただけると思うんですけど、どれぐらいのお給料を稼がれたか覚えてますか?

体験で1時間1万円。

―じゃあ1時間半弱でその日は終わったんですね。

2時間位はいたかもしれない。

―初めて高額のお給料をもらって感じたこと

―初日に1万円ぐらいお給料いただけたということで、2時間位で1万円だから時給にすると4000円~5000円とかですからね。

すごいですよね。

―初めて短時間で1万円もらって、どう思いました?やっぱり嬉しいと思うんですけど。

「あー、本当にもらえた」って感じですね(笑)

―ちゃんともらえた(笑) 次の日もすぐご出勤されたんですか?

次いつ出勤できる?みたいな感じで、私の都合で選ばせてくれました。

―変な話、当日に連絡して出勤もできるっていう感じですか?

できますよ。

―未経験でも知識がなくても大丈夫!スタッフさんが教えてくれます

―もともと地元はこちらの平塚エリアなんですか?

はい、平塚です。

―でも他のお店は見てないんですよね。『平塚ランラン』一本だから。

そうです、他のお店は知らないです(笑)

―初めてですからね。働くときにネットで『平塚ランラン』のホームページとか拝見されました?どういうふうなお店なのかなって事前情報を調べたり。

してないです(笑)あんまり気にしてなかったかな、別に。

―特に気にせず、勢いで入った感じですか?

うん。勢いっていうか、見たところであんまり分かんなかったし。

―そうか、未経験だから業界のことは見てもよくわからない…。

だし、スタッフさんがちゃんと口頭で最初にしっかり教えてくれたので、その通りにやれば問題ない。

―風俗業界に抱いていたイメージ

―『平塚ランラン』はピンクサロンっていう業種ですけど、ピンサロ以外の風俗業種のことはあんまり分からない感じですか?

あんまり分かんないかな。名前は知ってるけど、詳しくはないです。

―この業界に入る前は、風俗業界に対してイメージがあったと思うんですけど、実際働かれてみて価値観だったりとかは変わりましたか?

変わりました。最初は怖かった。何もわかんないし、お金とかちゃんともらえなそう(笑)

―踏み倒されそうみたいな(笑)

そういうイメージがあったけど、全然そんなことなかったです。

―はい。

仲良くなるとちゃんと話が通じるっていうか、ちゃんと話もしてくれるし、親身になって話もしてくれるので。

―スタッフさんとの関係も良好なんですね。

―普段の待機方法

―待機中は集団で待機されてる感じですか?

集団待機です。

―ずーっと接客してるわけじゃないじゃないから、待機所にいろんな女性たちがいると思うんですけど、皆さん仲良いですか?

そうですね、話したり携帯いじったり、自由にしてます。

―時給保証あり!『平塚ランラン』の給与体系

―体験入店のときに1万円もらったと思うんですけど、次の日からは時給的にはいくらぐらいになるんですか?

人数こなした分の歩合というか。少し特殊なんですよね。ここでは言えないんですけど【ある一定額の給料保証額と接客についた合計額】を比較したときに、高い方がお給料みたいな。時給の計算と自分がお客様についた数で、料金の高いほうをもらえる。

―ちなみにその時給のほうはいくらなんですか?

私は昼の時間帯だから、時給2000円です。女の子はみんな一緒です。

―で、接客歩合がその時給2000円を超えたら上回った額の方を貰える。

そうですね。2000円×時間の料金と、お客様の指名とかでもまた更に給料にプラスされて変わるので、上回った額の方がもらえます。

―短時間で高収入!家庭優先でお仕事できます

―ちなみにりんかさんはこれまでで1日最高どれくらい稼いだことがありますか?

1日でもらう額なら3万円前後です。4時間出勤で3万円前後。

―4時間で3万円はかなり高額ですね。でも、もうちょっと働いたらって思います?

子供と一緒に過ごす時間に影響出したくないので、私は昼間だけで。

―効率の良さの極み!1日4時間で月収30万円越え

―平均的には日給2万~3万円までの間ぐらいですか?

うん、そうですね。

―週5出勤だから、月収にすると45万円ぐらいな感じですか?

40強ぐらいかな?

―1日4時間で月収40万強ってすさまじいと思います(笑)

すさまじいですか(笑)?まあでも普通の仕事では考えられないですよね。

―普通では考えられないですね。効率の良さの極みみたいな(笑)

―シングルマザーだからこそ…これぐらいあると安心

―お一人でお子様の面倒も見てるってことですけど、ライフスタイル的には月収40強だと十分って感じですか?

十分です。

―で、その中からちょっと貯蓄に回したりとか。

そうですね。

―りんかさんはどのくらい貯蓄に回してます?

月によります。てか、そういうこと言っちゃうの(笑)?

―言わなくてもいいですよ。秘密みたいな(笑)

5万円は貯金したいかな。でも月によって収入が違うので、月々にかかるお金と相談して決めます。

―お母さんですもんね。リアリティありますね。

リアルです(笑)

―ライフスタイルの変化

―ライフスタイル的には最近変わらないですか?

そうですね。子供を保育園に入れたばかりのころは、普通の仕事をしていたんですけど、辞めて戻ってきました(笑)

―一般のほうをやって『平塚ランラン』に戻ってきたと。普通のお仕事って、ちなみにどんなお仕事をされてたんですか?

保育士です。

―保育士さんも結構厳しいらしいですね、拘束時間も長いし。

そうなんです。親族が病気になっちゃって、残業とかなかなか厳しくなっちゃうので、それで時間的に融通効く仕事を。

―家庭の環境とかの事情もありながら、短時間で効率の良い仕事に変えたと。まあ、そうせざるを得ないですもんね。保育士さんは月収どれぐらいもらえるんですか?

手取りだと18万円とか。

―辛いですね(笑)そうなると、やっぱりこっちの仕事にしようかなと考えたわけですか。

はい。

―今は自分より子供が優先!これからのこと

―お金も貯めてると思うんですけど、結構たまってきましたか?

内緒です(笑)

―例えばある程度まとまったお金ができたら、漠然と「このお金を使ってこういうことやりたいな」とか、りんかさん的には目標というか、将来的にやりたいことはありますか?

いまのところないです(笑) 昔はいろいろ買い物したいとかってあったけど、だんだん物欲もなくなってますね。やっぱり子供と出かけたり、そういうところですかね、お金を使うのは。どっか遊びに行くのに、おいしいもの食べたりとか。楽しく過ごしたい。

―一緒にいる時間を増やしたい。不自由ないように頑張って稼いでると。だいぶ時間の使い方、変わりますよね。今までいっぱいお金を自分のために使ってたのが、子供出来ると変わりますよね。

―『平塚ランラン』の良いところ!

―でも2、3回出戻りをされてるってことは、やっぱりお店を気に入ってるってことですよね。

なんかもうかなり信頼してるんで。

―お店の方の信頼関係が本当に厚い。

そうなんです。どういうお店がいいってこだわりもないし、変な知らないところに行くよりは。

―それだったら信頼できる人のそばで働いたほうがいいってことですね。

―未経験の女の子に向けてメッセージ&自慢の待遇「提携託児所」!

―このサイトって、自分の意志で働きたい人がお店を選ぶ求人サイトなんですよね。りんかさんは一応先輩じゃないですか(笑)なので、これからお店探しをしてる女の子に向けて一言アドバイスをいただけたらなと思います。

私目線でいいんですか?まず怖いと思ってる人が多いと思うけど、怖くないっていうことと。あと、子供がいる方でも託児所と提携してるので安心して働けます。私は個人的に保育園入っちゃってるからあれですけど。

―それ、ちょっと先に聞きたかったです(笑)すごく良い待遇ですね!

はい、『平塚ランラン』と業務提携している託児所があるので。

―なるほどにその託児所代はやっぱり割安になるんですか?

はい。折半です。

―半分負担してくれるんですね!これ本当にシングルマザーさんに良い待遇ですよ。1日当たりの保育料を、お店が半分負担してくれるんですか?

選べます。1日でも1時間単位でも。1時間600円で、そこから半分。1時間だけだったら300円が自己負担。

―『平塚ランラン』で働いてる女性は、託児所利用されてる方多いですか?

はい、いますね。

―結局ふた開けてみたら託児所と全然提携してなくて、紹介だけされて自分で探す…なんてお店もあるので。折半してくれるところも少ないですし。

『平塚ランラン』の提携託児所は本当ですよ。

―いい事聞けて良かったです。

―シングルマザーが働きやすい!『平塚ランラン』は本当におすすめ♪

シングルマザーの方とかも働きやすいってすごく言いたいです(笑) スタッフさんが相談も乗ってくれるし。なんか、すごい本当に的をついたことを言ってくれるので。

―待遇が本当に良いですね。交通費も支給されるし、託児所もあるし。

そう。なので、全然ちんぷんかんぷんなお店じゃないです(笑)良いお店です。

―りんかさんと同じ境遇の方、シングルマザーさんにもすごいおすすめですと。

おすすめです。子供のお熱とかでも休めませてくれるし。ちゃんとこっちの事情も考えて話聞いてくれるので、強制的に「なんだよ出ろよ」みたいなのないので、子供に優しい(笑)

―わかりました、インタビューは以上になります。今日はありがとうございました。

はい(笑)、ありがとうございました。

こんな記事も読まれています

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む