Mrs治療院/最高日収約5万円!池袋の人妻エステで生活費を稼ぐ

フリーワード店舗検索
全国TOPへ
関東の風俗求人バイト

HajiQ(はじキュー)インタビュー

―今日はよろしくお願いします。

お願いします。

―今日はMrs治療院さんに来ました。お名前は?

及川です。

―今、お幾つなんですか?

28歳です。

―実年齢ですか?

はい、実年齢です。

―実年齢なんですね。そういえば店長も言ってましたけど、年齢はごまかさないでやることが多いみたいですね。

そうなんですか?

―はい。ここは、初めてですか?それとも他でも働いてました?

他でも働いてました。

―やっぱりエステ系ですか?

いや、あのヘルスです。

―なるほど。やっぱりこのエステ系になった理由っていうのは、何かあるんでしょうか?

うーん。特にはないですけど。

―マッサージが得意とかそういったことじゃないんですね?

いや、特になくて、エステもやってみたいなと思ってエステにしました。

―なんかエステのほうが長く働けるようなイメージがあるんですけど、指名が付きやすいというか、そういうのはないんですか?

エステが初めてなので、そういうのは分かんないです。

―前のお店っていうのは、やっぱり池袋の東口ですか?

池袋の北口です。

―じゃあ、こちらは2軒目なんですか?。

いや、そうじゃないです。

―なるほど。池袋が多いわけですか?

はい。池袋が多いですね。

―では質問続けます。答えにくいことは答えなくて構いませんので。今、勤務時間っていうのは何時間くらいですか?

大体、7時間くらいです。

―早番とか、遅番、決まってるんですか?

早番です。

―早番ですね。分かりました。正直、どのくらい日給と月給は貰えてます?

日給だと、うーん、5月は微妙なんですけど、先月とかまでだと、平均日給だと3万円から3万5000円ぐらいです。

―3万円から3万5000円ですかね?

そうですね。

―駄目なときは、1万円とか、1万5000円とか、いいとき5万円くらいですか?

駄目なときだと、1本のみぐらいですね。

―そうですよね。分かりました。シフトは自由なんですか?

自由です。

―今、月何日ぐらい入ってるんでしょうか?

週2日出なので、8日ぐらいで、多くて10日ぐらいですね。

―8日から10日だったら、じゃあ、30万円いくか、いかないかぐらいでしょうか?

そうですね、はい。

―今、こちらだけですか? 何か他にも働いてます?

えっと、ここだけです。

―分かりました。もうちょっと働かれないんですか?

あの、子どもが居て、主婦なので、平日は家に居ます。

―そうなんですか?ぶっちゃけ、旦那さんは、いらっしゃるわけですよね?

はい、そうですね。

―旦那さん、公認ですか?

いや、公認じゃないです。内緒で働いてます。

―ばれません?

ばれませんね。

―えーと、昼間はお店で働いてるわけですよね?

そうです。そうです。

―あれ、旦那さんには何て言ってるんですか?パートですか?

そうですね、事務って言ってます(笑)

―ここは、やっぱアリバイ対策とかがしっかりしてるんでしょうか?

アリバイ対策、してるみたいです。まあでも大丈夫です。

―分かりました。まだお子さんは小さいんですか?

今年、6歳になります。

―じゃあ、かわいい頃を過ぎたぐらいですね。ちょっとやんちゃになってきてません?

そうですね(笑)

―うーん、うちの子も、昔かわいかったんですけどね(笑)

―主婦で働いてる方って僕はじめてなんですけど、この仕事を始めたきっかけってなんですか?

きっかけ・・・。一番初めは、10代のときにやってて、それのきっかけは携帯代が払えなったからです。

―なるほど。ホストとかじゃなくて、携帯代なんですね?

携帯代がなくて、そうですね、働いていました。

―なるほど。金銭感覚狂いませんでした?

10代のときは、多分狂ってたので、週6とかで出てました。だから、その日もらったお金はその日に使うみたいな感じでしたね(笑)

―かっこいいですね(笑)しかし、当時週6ということで、結構稼いでたと思うんですけど、何に使うんですか?毎日買い物とか飲食とかに費やすんですか?

ほとんど遊ぶお金です。外食費とちょっと普通にカラオケ行くとか、あと買い物とかです。

―はい。それは、同業の女の子と行ったわけですか?

そうです。

―なるほど。そうですね、OLの子とかだったら、毎日お金が手に入るわけじゃないですもんね?

そうですね。忙しいと思いますし、はい。

―うーん、まあ終わる時間もなかなか合わないですよね?

はい。

―分かりました。こちらのお仕事も、日払いですか?

日払いです。

―じゃあ、今はうまくためたりとかしてるわけですか?

今は、はい、大丈夫ですね、フフフ(笑)

―ちなみに、こちらのエステに入ったきっかけは、何ですか?サイトですか?

ホームページを自分でも何個かお店を見て、なんか優しそうなのと、コンセプトがはっきりしてるお店だったのでここを選びました。

―じゃあ、マッサージとかを経験されてたわけじゃないんですか?

はい、やってなかったです。

―ここで覚えたんですか?

そうです。

―大変じゃなかったですか? そうでもないですか?

でも、言われたとおりにやればそうでもないです。

―旦那さんのマッサージとかも、ふだんやったりするんですか?

それは、やんないです、一切。(笑)

―やらないんですか?仕事だとするんですか?

そうです。お金もらえるので。

―女性だと握力の問題とかがありますよね。やっぱ慣れないうちは、結構筋肉痛になったりとかしました?

そうですね。なりました、腕が(笑)

―そうですよね。マッサージが好きな人に、出来るだけ長くやってくれみたいなこと言われますよね?

そうなんですよね。言わせないんですけどね。

―言わせないんですか?

言わせないようにしてます(笑)

―さすがですね(笑)それは、やっぱり指名のお客さんとか、馴染みのお客さんもいらっしゃるわけですか?

うーんと、前のお店のお客さんを何人か連れてきてます。

―すごいですね。じゃあ、ある意味、楽ですか?

そうですね。

―お店としても、やっぱりお客が付いてる女性のほうがありがたかったりしますよね?

そうなんですかね?んーでも、やっぱりもともとヘルスのお店とエステのお店だと、お客さんの感じが違うみたいで・・・。

―そうですよね。

・・・だから、最初はなんか結構、「大丈夫?」とか、すごい聞かれました。

―逆に、ヘルスは、まあ、どっちかっていうと抜きオンリーじゃないですか?

そうですね。

―エステが嫌いなお客さんも、中には居るんじゃないですか?

だから、短くしたりとかは、あります。はい。

―なるほどね。分かりました。まあ、ただ、男もだんだん年いってくると、やっぱマッサージしてもらいたい人は本当してもらいたいもんなので。

はい、そうですね。

―まあ、大体出張とかで行くと、変なおばちゃんが出てくるぐらいだったら、若い子が出てきたほうが絶対いいですから。

アハハ、でも、上手ですよね。変なおばちゃん(笑)

―うーん。でも、おふくろみたいのが出てきても、それで、あんた元気ねって言われても、なんかもう悲しくなりますよ(一同笑い)

―へんなおばちゃんでも男って、変なところでたったりもするんで。

―ところでこちらのMrs治療院さんで面接をしたのは、こここちらの部屋ですか?

ここでです。

―ここでしたんですね?

はい。

―したのは、店長さんですか? スタッフ?

今いる方です。はい。

―分かりました。面接時間は、どんな感じでした? すぐ終わりましたか?

普通です。面接っていう面接をあんまり受けなかったんです。

―なるほど。じゃあ、講習とかはあったんですか?

講習は、ありました。それは、店長さんにしてもらいました。

―教えてもらったと。もうその日のうちに働いたんですか?それとも後から働きました?

最初に面接に来て、で、違う日に行って、講習も一緒にしました。はい。

―ああ、なるほど。その日は、お客さん1人だけですか?

うーん、どうだろう、3人くらいです。

―3人ぐらいですか。あ、じゃあ、これは楽勝だなみたいな感じですか?

うーん、どうですかね?(笑)

―なんかエステのほうが、筋書きが決まってるというか、なんか流れが決まってますよね?

そうですね。

―やっぱあります?

なんか時間が決まってるんで、それに合わせて。

―やっぱり手でやったり、背中をやったりとかの順番っていうのはオリジナルで変えたりするんですか?

ちょっとだけ変えてます(笑)

―お客さんは、どんなことが好きですか? やっぱ肩こる方とか多いと思うんですが。

うーん、なんか眼鏡掛けてる人とか、目が悪い人は、大体上のほうをやってると気持ちいいって言います。

―なるほど。ずっと池袋で働いてるんですか?

池袋です。

―便利がいいとかですか?

埼玉なんで、そうですね、便利だからですね。

―家からもちょっと離れてるしって感じでしょうか?

そうですね。

―正直、働く前と働いた後で、なんかここはちょっと話が違うなー、みたいなのありました?金銭面とか客層とか、大体言われたとおりでした?

でも、そうですね。あんまり、聞かなかったのでわからないですけど、多分そうだと思います。

―なるほど。まあ、10代の頃ちょっとやられていて、その前に普通の一般の仕事は、あんまりしたことがないんですか?

でも、バイトは、高校生のときにしてました。

―はい。どんなものを?

焼き肉屋さんです。

―焼き肉屋さん、分かりました。じゃあ、焼き肉屋さんからは、あまりやってないって感じですか?

そうですね。あと、飲み屋ぐらいです。

―なるほどね。キャバクラとかは、やってないんですか?

えっと、スナックをやっただけです。

―話すことが面倒くさいとかはあまりないですか?

面倒くさくはないですね。なんかあんまり向こうからしゃべってこないお客さんとか、話すのがあんまり好きじゃない人とかもいますし。

―ああ、そうですね。この「Mrs治療院」さんは、基本的にどんなお客が多いんですか?

うーん、どうなんですかね?私が出てるのが土日だけなんで、その土日休みのお客さんとかが多いですね。

―サラリーマンの方が多いですか?そうでもないです?

うーん。職業、あんまり聞かないんです。

―分かんないですよね。確かに土日で、まあ、サラリーマンの方でも私服だったら、なおさら。

そうですね。

―年齢的には、まちまちですか?

年齢は、でも、そのお店から聞いてた年齢層よりかは、ちょっと低かったかと思います。

―40歳ぐらいが平均ぐらいですか?

40歳、うーん、でも多分、30代、40代が多いんですかね。

―30代、40代ぐらい、まあ男盛りが多いってことですね。

そうですかね。

―エステをやる前とやった後って、どうでした?

意外と疲れるかなっていうのは思いました。

―なるほど、疲れますよね。

あと、なんかその自分がやってるうちに眠くなるっていうことも思いました(一同笑い)寝てるのか寝てないかは、ちょっとよく分かんないですけど、でも、目つぶって、こう静かにしてる人とかだと、寝てるのかなと思ってあんまりしゃべっちゃいけないのかなって静かにやってると自分も眠くなってきます(笑)

―それ、さすがにお客さんに、ちょっと、ちょっとって言われないですか?

言われないですね、言わせませんし(笑)

―ちなみに、血液型は?

A型です。

―意外と、几帳面なんですか?

意外とまあそうですかね。

―A型の女王様タイプって感じですね?

ですかね(笑)

―SかMかっていったら、やっぱちょっとSですか?

うーん、でも、ドSでもドMでもないです。

―まあ、家に帰ったら、旦那さんに、ちょっとたまには料理作んなさいよとか、掃除しなさいよとか、言いそうですね?

ありますね(笑)

―すごい面白いお客さんとか、すごい印象に残ってるお客さんって居ます?

あんまりエステのお客さんでは居ないです。

―一般の人ばかりですか?

うーん、なんか意外と、その、ファンキーなおじいちゃんが居て、なんかちょっとおしゃれで小さいおじいちゃんがきたことはあります(笑)

―小さくておしゃれですか?

その人が履いてたパンツが、なんかカラフルで、かわいかったです。

―答えにくいとは思うんですけど、逆に嫌なお客さんっていますか?

嫌なお客さんっていうか、苦手なお客さんは、やっぱりその、会話にならないっていうか、会話をあんまりしてくれない人とかはまあちょっと。

―あんまり答えがないみたいな感じですか?

なんか聞いても、一つだけ答えが返ってきて、終わりみたいな感じです。

―それ、そういうお客さんは、ささっとやって、もう帰す感じですか?

まあ、あんまりしゃべるの好きじゃないのかなと思って、しゃべることは少なくしてやってます。

―なるほど。分かりました。なんか、お客さんに、プレゼントとかもらったことあります?

プレゼントは、お菓子系とか食べ物系です。

―それは、好きなものをアピールしてるわけですか? 常連さんが、持ってきてくれるんですか?

あの、そうですね。なんかあのー、多分きっとどこかの会話で言ったんでしょうけど、覚えてないです。

―意外とお客さん、覚えてるんですね。はやりのお店の美味しいケーキとか?

そうですね。はい。

―こちらは、待機の仕方はどんな感じですか?

個室です。

―それは、集団待機もやったことあります?

あります、あります。

―集団と個室、どっちがいいですか?

私は、集団が好きです。

―それ、珍しいパターンですね。普段から喋りたい方なんですか?

なんか昔は個室のが良くて、別に人と関わらなくていいやって思ってたんです。でも、前のお店が、女の子同士が仲よかったのもあって、やっぱりそれで個室だと孤立感がちょっと・・・。

―そうですね。仲よくなれればいいんですけど、ただ、女の子って一回仲悪くなると、とことん悪くなりますよね?

あんまり深入りしないでやってます。

―それは処世術ですね。あの、指名や延長とかも、取られます?

延長は、ないですね。

―しないですか。じゃあ、ここのお店のいいところと悪いところあります?

いいところと悪いところ?うーん、いいところは、戻りが早いってところです。キャンペーンで安くしてたりすると、会員さんと新規の人で施術とかは違うみたいですけど、だけど、安くしたときに戻ってきてくれたりとかはあります。

―ちょっと疎遠になったお客さんとかがですか?

そうですね。あとは、なんか、イベントやると、そのイベントの前後が暇になるっていうのがあったりします。でも、イベントはイベントで忙しくて、その前後が暇になっても、その月平均すると変わらないから、そこがいいところなんじゃないかなって思います。

―ああ、本当?

はい。

―逆に悪いところって、あんまないですか?

そのイベントぐらいですかね。

―その、やっぱそれはどうしてもまあ、トータルでは稼げるんですけど、波があるっていうのはよく聞きますね。そうですか?

そうですね、はい。

―今日は稼ぐぞーって来たら、あれ?とお客が来なかったりとかも聞きます。そうこともありますよね?

はい。

―分かりました。ここの、店長さんどんな感じですか?

店長さんは、なんか顔はかわいらしいけど、ちょっと強面かもしれないです。

―なるほどね。

フフ、ですかね(笑)

―分かりました。今、育児大変だと思うんですけど、ストレスの発散法とか、どうしてます?

ストレスは、特にないですね。

―そうですね。なんかそんな感じします(笑)

すぐストレスは出しちゃいますね。

―なるほど。お金は何に使ってますか?養育費とかですかね?

えっと、まあ、貯金とあとは幼稚園代とか、あと生活費です。

―はい。旦那さんも、働いてます?

あ、そうです。

―じゃあ、普段は、旦那さんの給料でなるべくやりくりしてるって感じですか?

えっと、足りない分とか、なんか支払いが多い月とかだと、それでやってます。

―今までで、一番の1日の稼ぎってどんぐらいですか?

うんと、多分4万9000円です。7時間でした。

―そうなんですね。今まで高いものって、何買ったんでしょうか?

一番ですか?

―それか、後悔してるので使っちゃったみたいなの、あります?

若いとき、含めてだとでも、高いものはあんまり買ってないですね。ちょこちょこが多くて、結局トータルすると使っちゃってるとかが多いです。

―なるほど、今、貯金ってしてます?

うーんと、3個に分けてて、子ども用自分のへそくり用と、あと家庭用です。アハハ(笑)

―ぼちぼちある感じですか? そうでもないですか?

でも、一番多いのは、私のへそくりです(笑い)

―なるほど。ちょっと何かあっても大丈夫なようにですよね?

そうですね。老後のためとか。

―分かりました。まあ、そうですね。今28歳でしたら、この店じゃ逆に若い方でしょう?でも、そのぐらいの方が多いですか?

でも、やっぱり30代ぐらいが多いと思うのですけど、逆に28歳だと、微妙な年で、若いお店だとおばちゃんです。

―まあ、おばちゃんっていうか、姉御みたいな感じですよね。

そうですよね。まあ、新人で入っても、おばさん入ったね、みたいになります・・・。

―それも、ちょっといらっと来ません?

だったら、逆に年上のところに行って、若い方がいいのかなっていう思いもあります。

―そうですよね。まあ、確かにイメクラとかで、あの、なんかおばさん扱いされても、ちょっと人妻の店行ったら、若妻みたいな感じになりますよね。

そうですね。はい。

―それは、不思議なもんですよね。

はい。フフフ、マジックです(笑)

―はい。いいと思います(笑)あの、この仕事をしばらく続けますか?

特に辞める予定もないのです。

―そうですね。分かりました。お話してみてご自分を持たれてるから、あんま変わってなさそうですけど、変わったこととかは、あります?

変わらないですけど、昔と変わったのが、時間を守るとかそういうことです。

―守んないタイプですか?(笑)

それは、もう、そうですね。勝手に休まないとか、そう、必ず自分で出した予定に出るっていうこともそうです。

―よくイメクラの店長が、「今日もばっくれだよ」とか、よく聞きます。フフフ(笑)

ですよね。はい(笑)

―「おなか痛い」とか言って、「痛いわけないだろう」みたいなこともありますね。(一同笑い)

大人になると、変わります。アハハ(笑)

―そうですね、変わりますよね。本指入れてるお客さんも居ますからね。

そうですね。はい(笑)

―あと、うちのサイトはの「はじめての風俗アルバイト」っていって、はじめて風俗やろうかなって悩んでる子が多いサイトなんです。働こうかどうしようかって、そういうちょっと悩んでる子に、何か一言、アドバイスいただけます?

うーん、なんか、基本的には普通の仕事と一緒です。

―はい、まあ、中によくあるのが、意外とおっかない人が出てきちゃったりとか、こういう業界は怖いっていうイメージがあるんですよ。あと、ばれちゃうんじゃないかなとか、金銭感覚変わって、もう戻れないんじゃないかなとか。人それぞれですけど、どうですかね?

うーん、でも、全部きっとやってみれば割りと平気だったりしますよ。やってみないとわからないです。アハハ(笑)

―そうですね。僕ら的にも、エステに行くほうがなんかまともというか、なんかちょっとごまかせるっていう部分もあります。

ウフフフフ(笑)

―やっぱヘルスの店だと、よっぽど発散したいのかなとか、そういう感じに思われがちですし。それもなんか酔った勢いでみんなで行くとかだったらあるんですけど、1人で行くと、本当に好きなんだなと思われるのもなんか照れくさいです。

きっとエステのお店のほうが、入りやすいんだと思いますね。

―そうですね。ちょっとここがこっててとか、何とかしてみたいな感じで、全然こってないくせに言うんですよ。フフフフ(笑)

うん、そうですね(笑)

―はい、分かりました。じゃあ、今日は大体こんなことで聞きたいのは終わりました。今後ともよろしくお願い致します。

はい。

―今日は、どうもありがとうございます。

ありがとうございます。

こんな記事も読まれています

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む