Mrs治療院 | 「HajiQ(はじキュー)」インタビュー記事【はじめての風俗アルバイト】

フリーワード店舗検索
全国TOPへ
関東の風俗求人バイト

HajiQ(はじキュー)インタビュー

たった数時間でも 日給2万円以上! 池袋の風俗エステ

池袋で有名!風俗エステ『Mrs治療院』の「安藤」さん(35)にインタビュー!

―お名前とご年齢、入店歴を教えてもらえますか?

安藤です。35歳です。入店歴は1年くらいで出勤は結構まちまちですね。最近はちょっと短くて3~4時間とか、長い時でも5時間くらいです。

―『Mrs治療院』は時間に融通が利くのが良いですよね。安藤さんは週はどれくらい出勤されてるんですか?

ほんとにまちまちで…。それでも店長さんは「いいよ」って言ってくれてますね。

―安藤さんはご結婚されてるんですか?

してます。主人には内緒にしています。

―お仕事するにあたって、バレないようにしている工夫って何かありますか?

家を出るときはもう「バイト行ってきます」っていう感じで、登録型の派遣のアルバイトをしていることにしてますね。主人にはそんなに深くは聞かれないですよ。あとは、家を出るときとは違う服に着替えています。このお店なら荷物も置いておけるので。

ズバリ、『Mrs治療院』を選んだ理由は?

―風俗店っていろんなお店があると思うんですけど、この『Mrs治療院』を選んだ理由は何だったんですか?

いろんなお店がある中で、がっつり風俗だとやっぱり壁があるというか…働きにくいなと思ってたんですけど、ここだとマッサージがメインなので応募しやすかったですね。

―ソフトサービスのお店の方が入店しやすいのかもしれませんよね。安藤さんはこういうお店って何店舗かご経験はあるんでしょうか?

ないです、初めてです。昔キャバクラとかで働いた経験はあったんですけど風俗店は初めてですね。

―ちなみにこの池袋エリアを選んだって理由っていうのは何かありますか?

娘がいるんですけど、幼稚園が近隣エリアにあるんですよ。送り迎えもすぐ行けるっていうのと家が近いっていうのとで池袋を選びました。

―風俗エステの中にも色んなお店があると思うんですけど、その中で『Mrs治療院』を選んだ理由って何かあったんですか?

やっぱり年齢ですかね。他のお店は20代の子とか若い子がメインの雰囲気だったんですけど、ここだと結婚してる人とか人妻さんもいて…私自身「人妻、風俗、求人」っていうようなワードで探してたときに見つけたので、このお店を選びました。

―最初にお店に連絡した方法って覚えてますか?今いろいろありますよね。メール、電話、LINE…どの方法で連絡しましたか?

確か、ホームページの問い合わせフォームみたいなところからメールをしました。そこから面接の日程を決めて、っていう感じですね。

写真を使って説明してくれる!『Mrs治療院』の面接

―面接はどこでされたんですか?お時間はどのくらいだったでしょうか?

このお店です。面接時間は1時間くらいですね。ちゃんとじっくり説明していただきました。仕事の内容とかお給料の話も聞かせていただきましたね。

―初めてだったということでしたけど、いざ面接に行く前っていうのはどんな感じでしたか?

行く前は結構緊張してたんですけど、行ってみたら話もしやすかったですし、仕事の流れとかもちゃんと写真を見ながら具体的に教えてもらえました。文章だけじゃないので「こういうことするのか」って大体想像がついて、有難かったですね。
ただ文章だけ並んでいるよりは、頭に入ってきやすいですし安心感がありますね。

―面接官の方はどんな人でしたか?

すごく優しい方でした。笑顔も多くて軟らかい雰囲気でした。話しやすい雰囲気でよかったです。

―面接の際に必要なものってありましたか?

身分証明書かな。

―いざ働いてみて面接内容と違うところはありましたか?

求人の内容と違ったことは特になかったです。面接でも正直に話してくださいましたね。面接の日は取りあえず見てみて、やっぱり自分でも一回考えてみてから…と思ったので後日働き始めました。

風俗って〝若い子がするもの〟だと思っていたけど…

―昔にキャバクラとかのご経験があったとおっしゃっていたんですけど、風俗のお仕事に対してのイメージっていうのはどうでしたか?

キャバクラってしゃべるだけなんですけど、風俗ってお客様との行動が伴うので…。年齢も30を超えてるってのもあって、ハードル的にはちょっと高いかなって最初は思っていましたね。「風俗は若い子がするもの」っていうイメージが私の中ではあったんです。私の中で、35歳になったらもうおばさんのラインなんです。だから「今更できるの?」って思ってたんですけど…。

―いやいや、安藤さんお綺麗ですよ。でもなんとなく若い子が働いてるイメージがあったんですね。

そうですね10代とか、20代前半とかそういうイメージだったんですけど、ここは人妻をうたってるのもありますし、お客様もそれを見て来てる方がほとんどなのでそういった面で安心できました。お互い思ってたのと違う!っていうのがないから良かったです。もしこのお店が人妻とかミセスをうたってなかったら、お客様が若い子を求めて来たのに全然違うのが来た…っていうのもあるかなって思いますね。そういう点ではコンセプトが明確にあると働きやすいんだなと思いました。

―なるほど、確かにそうですね。『Mrs治療院』には講習はあるんでしょうか?

ありました。マッサージの実技講習がありますね。店長さんが担当してくれます。

―ちなみにですが「風俗エステ」っていう業種があるのはご存じだったんですか?あんまり未経験の方って知らないじゃないですか。

確かに知りませんでした。サイトを見てて発見しました。こういうのもあるんだ、と思って応募しましたね。

『Mrs治療院』に入店して良かったことは?

―『Mrs治療院』に入店して良かったことは何かありますか?

私は子どもがいる主婦なんですけど、他にも仕事もしてるんですよ。なのでこのお店のシフトを優先順位1位にはできないんですね。子どもの用事と旦那のことと、あとはメインで働いてる仕事が私の中で優先すべきことなので、その中でも隙間時間を有効活用してできる仕事っていうのが、本当に有難いですね。週に何回、何時間以上出勤しないといけない、とかではないので、私のやりやすいようにシフトが出せることが一番良かったことですね。

―そうですね、確かに。お店の方がちゃんと協力してくれる環境っていうのが一番ですよね。実際に、店の雰囲気とか環境はどうですか?

スタッフの人もみんな優しいですし、お店以外のことで他愛もない話とかもできるくらいいい雰囲気です。あと、待機場所も個室になってて過ごしやすいし、環境としてはすごく良いと思います。

スマホチェックにメール返信!「安藤」さんの待機時間

―個室待機ということなんですけれども、いつも待機中は何されてるんですか?

携帯を見たり、仕事のメールを返したり…という感じですね。色々細かいことをしています。

―偉いですね。でも待機中は何かしなきゃいけないってのはないから、自分が好きなことができていいですよね。

そうですね。

夜勤明けで来る人も?『Mrs治療院』のお客様

―『Mrs治療院』のお客様はどういった年代の方が多いですか?

結構幅広いですね。30代~60代の方までいらっしゃいます。大体サラリーマンの方が営業の途中で抜けて来たり、あとは夜勤とかがあるお客様だと夜勤明けに来たりっていう感じですね。

―夜勤明けのお客様って寝ちゃわないんですかね?

結構、マッサージ中に寝ている方もいますね(笑)

―そうですよね。完全に寝ちゃいますよね(笑)30代~60代の方までいらっしゃるってことでしたけど年齢が近いと話しやすいというか、話題も食い違わないからやりやすいんですかね?

そうだと思いますね。

1日数時間でも2万円以上!圧倒的に稼げるエステ店

―時期とかにもよると思うんですけど、今は1日どれくらい稼げているんでしょうか?

最近は出勤時間が短いのであれなんですけど…5時間勤務で大体2万円~3万円くらいですかね。

―でも大きいですよね、空いた時間でそれだけのお金が稼げるって。

かなり大きいですね!普通のバイトだと時給1000円、いっても1500円とかじゃないですか。しかも普通のバイトだと1日3時間以上とか制約があるので…。
シフトも事前に出してないといけないし大変ですし、急に明日空いたから出勤っていうことも普通の仕事ではできないじゃないですか。

―確かにできないですね。行ってももいいっていうのはできるかもしれないですけど、休みたいっていうのはなかなかできないです。風俗のお仕事をやる前っていうのは、何かお仕事はされてたんですか?

そうです。介護の仕事をしてました。

色んなことにお金を掛けられるから心にも余裕が!

―介護されながらこちらでも働かれていると思うんですけど、もちろんお仕事が一つ増えることによって稼げる金額が変わるわけじゃないですか?そのことによって生活の変化とかってありましたか?

娘の学費とか生活費以外にかかるものにお金を掛けやすくなりました。子どもの習い事とか、どっかに遊びに行くお金も掛けられるようになりましたね。おもちゃを買う、とかもできるようになりました。

―今は流行りに乗らないとっていうところがありますからね。

そうですね。でも心の余裕が一番大きいかなって思います。毎月かつかつで、来月も大丈夫かな?とか今月もこれでやってけるかな…って思うよりは、ある程度余裕がある方が気持ちにも余裕ができると思います。

―お金のことを考えながら日々生活するのではなくて、もっと豊かに生活できるようになったんですね。そういう意味でも日払いってダイレクトにその日の稼ぎが自分に来るわけですから、大きいですよね。

そうですね。

ママ友付き合いも大変!?お母さんならではの悩み

―どんなお仕事でもそうですけど、ストレスっていうのは溜まるものじゃないですか?そういったときのストレス発散法って何かあったりするんですか?

ご飯を食べに行くとか…ですね、中学からずっと仲が良い友達とご飯を食べに行くとか。

貯金は増えた?「安藤」さんのお金の使い道

―稼いだお金の何に使われることが多いんですか?

娘の学費ですね。

―結構、貯金にも回されてると思うんですけども貯金は増えましたか?

貯金は増えたと思います。でも、使ってる方が多いかも…?

―やっぱりお子さんがいる分、支出は多いですよね。

パソコン1台で仕事がしたい!将来の夢について

―安藤さんは将来の目標はありますか?

今、パソコンでできる仕事で新しいことを勉強していて、それで芽が出たらリモートでもできるようになるので頑張っていますね。まだまだ勉強中なんですけどそれで仕事が出来るようになったら行きたいところに行って住みたいところに住みたい!パソコン1台あればできるから今月1カ月だけどっか行こうかな、っていうような働き方ができるようにしたいですね。会社に行かなくてもできる仕事なので。

―それに向かってお金も貯めつつ、空いた時間を使って勉強しながらっていう感じなんですね。

「安藤」さんがこのお仕事を始めたキッカケは?

―ちなみに、こういう風俗のお仕事っていうのは何歳まで続けようと思われていますか?

特に決めてないです。

―安藤さんがこのお仕事を始めようと思ったきっかけってなんだったんですか?

私には旦那がいるんですけど、今、別々に暮らしてて生活費とかを全部私が出してる状態なんですよ。なので普通に介護の仕事だけではやっぱりきついから始めました。

―生活の足しになるようにということだったんですね。風俗求人にも色んな業種があると思うんですけどエステを選んだ理由っていうのは、「ソフトサービスだから」以外に他の理由ってあったりしますか?

介護でマッサージをちょっとやることがあるので、マッサージ全くやったことないってわけではなかったので。あとはマッサージの時間が割合的に大部分を占めるので、性サービスをする負担がないのはいいかな、と思って始めました。性サービスが主だと長く続けれなさそうな気がして…。

―でも確かにそうですよね。なかなか風俗で1年間働くのも普通の業種だったら難しいんじゃないかなと思います。嫌だったらすぐ辞めちゃう人も多いと思うので、やっぱり働きやすさがあるからだと思いますね。

そうですね。

「安藤」さんが思う高収入のお仕事のメリットとデメリット

―安藤さんが思う、高収入のお仕事の良いところと、悪いところを教えていただけますか?

高収入の良いところは、普通のバイトをするよりも時間が少なく済むので効率的に稼げるっていうところですね。
高収入の仕事って、人がやらない仕事とかそれなりのリスクは伴うものだと思うので、やっぱり人には大っぴらに、「私、風俗やってます」とは言えないというのがデメリットかな?内緒にしなきゃいけないし、他の風俗だと病気とかいろんなリスクも増えてくると思うので、そこはマイナス面かなとは思います。でもそのマイナス面が少しでも減るのは、エステだと思います。

―確かに軽減はされますよね。まず、エステは性病にはならないですからね。

1番嬉しいのは〝1人の女性として〟必要とされること

―こういう風俗のお仕事をしていて自分自身が内面的に変わったと思うことって何かありますか?

特にはないですね。人と話すのは嫌いじゃないし、介護の仕事でもおじいちゃんとか、おばあちゃんとかとよく喋ってるので。

―このお仕事を通して、楽しかったこととか、嬉しかったことって何かありますか?

やっぱり指名して来てくれるっていうのは嬉しいですよね。主婦になってお母さんになると1人の女性っていう感覚がどんどんなくなっていくんですよ。やっぱり「○○ちゃんのママ」って呼ばれるので。だけど私を1人の人として、「また来たよ」って言ってきてくれたり、お菓子とか持ってきてくれたり…っていうのは嬉しいですね。ずっと家庭にいたら世の中から疎外されてる気持ちになるんですよ。でもまだ自分って必要とされてるんだ、って思うことがあるのでそういった意味では良かったですね。
それから色んな職種の方がいらっしゃるので、色んなお話が聞けるのが楽しいですね。

―やっぱり、そういうことによってキレイになっていくから良いですよね。マッサージして「良かったよ」って言って帰ってきてくれるわけですからね。

そうですね。

一歩踏み出せば変わる!「安藤」さんからご覧の皆さんにメッセージ

―一般の方が風俗業界にデビューするってすごく勇気がいることだと思うんですけど、どうやって最初の一歩を踏み出せたんですか?

やっぱり切羽詰まってたっていうのが一番大きいですね。娘と生活していくために必要なことだったからっていうのもあるし、あとはサイトの中でいろいろ詳しく説明してくれてるインタビュー動画なんかもあるから実際に働いてる女の人を見て、応募してみようかな、という気になりましたね。

―情報はやっぱり一つでも多い方が良いですよね。この業界で働こうか悩んでる人っていっぱいいるんですよ。どういうものか分からなくてっていう方がいるんですけども、そういう方に向けてなにか一言アドバイスをいただけますか?

絶対に初めて飛び出すときって怖いんですけど、1日だけでも出てみたらいいと思います。嫌だったら辞めたらいいと思うし、三日坊主はダメって昔から言われると思うけど別に合わなければ辞めれば良いと思うんですよね。何も言わないで辞めるとかは駄目ですけど「私にはこういうふうに合わなかったので、ちょっと無理そうです」ってお店の人に言えば「なんで辞めるの!」とは、絶対に言わないし、無理強いもしないです。
もし1日やってみて「私できそうかも」と思えば続られると思うので、一歩踏み出してほしいですね。

―一歩踏み出せば世界が変わりますね。自分が気になるお店があったらやってみて、無理だったら辞めて、また合うお店を探してっていうことも出来ますからね。なんでも見て信じてやるしかないっていうことですね。

うん。ずっと携帯の前でどうしよどうしよって思ってても何も始まらないから、一歩踏み出してみてください!

―本当にそうですね。インタビューは以上です。有難うございました。

はい。有難うございました。

こんな記事も読まれています

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む

検索結果0