アムアージュ | 「HajiQ(はじキュー)」インタビュー記事【はじめての風俗アルバイト】

フリーワード店舗検索
全国TOPへ
東海の風俗求人バイト

HajiQ(はじキュー)インタビュー

―それではよろしくお願いいたします。

お願いします。

―まずはお名前年齢を教えてください。

『アムアージュ』のリサです。25歳です。

―今着られてる、そのシャツはコスチュームですか?

一応なんか、制服っていうか(笑)

―制服なんですか。爽やかですね(笑)

―リサさんは『アムアージュ』の入店歴はどのぐらいになりますか?

1年半ぐらいです。

―結構長いですね。普段、勤務時間は大体どのぐらいですか?

早番で10時~17時です。週5日ぐらい入ってます。

―普段お昼は他に何かお仕事はされてますか?

昼はしてないです。夜に居酒屋でアルバイトしています。

―じゃあ学生さんではないですね。今お住まいは1人暮らしですか?

実家です。

―最初にこちらの『アムアージュ』の求人を見て連絡したときの方法って覚えてますか?直接電話だったかとか、メールとかLINEとか。

LINEではなかったです。電話だったかな?

―メールのほうが楽みたいなの、ないですか?電話で直接聞いちゃったほうが早いなみたいな?

うん(笑)

面接はどちらで行いましたか?

この近くの事務所です。

―お店の事務所ですね。面接はどんな感じだったか覚えてます?

普通のアルバイトと変わらない感じですね(笑)

―じゃあ結構ラフっていうか、あまりそこまでカチッとした面接ではなくて?

はい。

―面接のときに何か必要なものはありましたか?何を持ってきてくださいみたいな。

身分証と、本籍地が書いてる証明書ですね。それぐらいだったと思います。

面接時間は大体何分ぐらいでした?

その後撮影もしたんで、大体1時間かかったかかからないかぐらいだと思います。

―面接終わってから、写真撮影をして、トータルで1時間ぐらい?

1時間か、1時間ちょっとぐらい。

面接官の人はどうでしたか?

優しい感じでした。

―この名古屋駅のエリアで働こうと思った理由って何かありますか?例えば家からのアクセスがいいとか、逆にあえて家から遠いとこを選んだとか。

アクセスがいいからですね。

―結構家から近いんですか?

全然(笑)。名古屋市内なので、電車だと1本では来れます。結局車で来ちゃってるんですけど(笑)

―車だったら結構かかりますか?

結構かかります、1時間はかかんないかな?40~50分かかりますね。

―逆に、家のそば30分圏内とかではお店探さなかったですか?

探さなかったです。求人サイトで普通に検索したら、一番上に『アムアージュ』が出てきたんですよ。リニューアルオープンって書いてあって、お店がきれいって書いてあったんで、それで応募しました。

―なんて求人サイトだったか覚えてますか?

何を見てたかも覚えてなくて(笑)

―結構女の子は、サイト名はあまり意識しないですね。

うん、分かんないです(笑)

―『アムアージュ』を選んだ理由は、リニューアルオープンでお店がきれいということの他に何かありますか?

風俗業界自体初めてだったので、とりあえず面接してみて、雰囲気がよければそのまま働こうかなと思ってて。

―未経験で『アムアージュ』に入ったんですね。

はい、初めてです。

―お店もすごくきれいですもんね。高級感があるし。

はい。他と比べたことがないんで、ちょっと分かんないんですけど(笑)

―入店するに至って、彼氏や友人に働くことを相談しましたか?

してないです。内緒です(笑)

―求人サイトに書いてあった求人内容と、実際働いてみて何か違うなと思ったこととかってありますか?

私、あんまり条件を見ずに応募しちゃったんです(笑)。エステ店の「脱がない、舐めない、触られない」みたいなことを見て応募しただけなので。

―実際エステだから、まあその辺は合ってますよね。

合ってますね。

―体験入店はしましたか?

してないです。

―すぐそのまま本入店って感じですね。体験入店しなかった理由ってあるんですか?未経験だから1回働いてみて決めようとか、そういうのもなく?

それもなかったです。体験入店があるのを後から知りました(笑)

―未経験の子は、体験入店があること自体知らないのかもしれないですね。面接してから、写真撮って、働くまで日数ってありました?もうその日に働いちゃいました?

いや、後日です。2日後ぐらいには来て、その日に初めて講習を受けて、その講習が終わったらもう接客でした。

講習ってどんな感じだったか覚えてますか?

マッサージの先生が来て、最初は自分がマッサージされるんです。で、その後レクチャーを受けて、今度は自分が先生にオイルマッサージをして。

―ちなみに、そのマッサージの先生は女性ですか?

女性です。

―じゃあその女性講師の方にまずマッサージを習って、ハンドサービス的な、性感マッサージ的なものっていうのはどうするんですか?

それは、そのときの店長に教わる感じです。

―そうなんですね。リサさんがこの高収入のお仕事を始めたきっかけっていうのは、何かあるんですか?

どうせ働くなら、お金が良くて、たくさん稼げるところでと思って。

―お金をいっぱい稼ぐためにって感じですね。風俗業種もいろいろあるんですけど、その中でもエステを選んだ理由は何ですか?

舐めないから(笑)フフフフフ(笑)

―サービス内容で選んだ感じですね。ソフトサービスだと自分でもできるかなみたいな?

うん。

―ちなみに未経験ということですけど、いろんな業種があることは知ってました?

言葉は聞いたことあっても、違いは分かってなかったです。ヘルスだとか、ピンサロとか。

―実際のサービス内容まではわからない感じですか?

うん。

―『アムアージュ』に来る以前はどんなお仕事されてたんですか?

仕事はコピー機の営業してました。営業っていうか、修理とかしてたんで、サービスかな。メンテナンスとかしてました。

―結構お給料がよかったんですか?

いや、全然(笑)

―では、『アムアージュ』に入店して良かったことっていうのはありますか?前の仕事に比べたらもちろん、収入は全然よくなったと思うんですけど。

やっぱり、出会いが増えました。お客様はいろんな方がいるんで、しゃべってるだけでも結構楽しいですし(笑)

―お店の雰囲気とか環境はどうですか?

仲いいですね。本当はだめなんですけどね、女の子同士仲いいの(笑)

―でも、個室待機だから女の子同士、あんまり会わなくないですか?

あんまり会わないです。でもお部屋がいっぱいだと、裏のお部屋に入るので、そこで女の子同士しゃべったりします。待機所ってほどじゃないんですけど。

―じゃあ結構みんな仲がよくて、アットホームな感じですね。

そうですね。

―『アムアージュ』のお客様は、客層的にはどうですか?大体何歳ぐらいの方が多いとかあります?

30代から50代。サラリーマンの方が多いですね。

―逆に、若い子は全然来ないですか?

たまーに来ます。

―あんまり若い子はエステに行かないのかもしれないですね。

でもなんか、初めて風俗で遊ぶお客様はエステ店に来る人は多いのかもしれないかな。

―なんか、若い子はもっと過激なお店に行くのかなと思いましたけどね。

私もそれは思ってました(笑)

―じゃあ客層としては、結構落ち着いたお客様が多い感じですかね?

うん、そうですね。

―未経験で初めてこの高収入のお仕事をして、思い描いてたイメージと比較してどうでした?例えば体力的なこととか。

最初はきつかったです。マッサージ慣れてなくて、マッサージするだけで疲れてました(笑)

―性感サービス的なものとかってどうです?意外にできちゃうぐらい?

うん。思ったより全然ハードじゃない

―確かに何人も接客してると、マッサージは力入れるから、きついはきついですよね。筋肉痛とかになりました?

なりました。最初は指が筋肉痛でしたね、親指が。

―えー、実家暮らしってことなんですけど、この、ご家族や知り合いにこのお仕事をばれないようにしている秘訣工夫は何かありますか?

エステで働いてるとは言ってます。

―でも、こういう風俗エステだとは思ってない?

アハハ。で、働く時間帯を普通のOLと同じような時間帯にする。

―だからあえて早番に入ってるんですね。エステの稼ぎだけで全然生活できると思うんですけど、夜に飲食店のバイトしているのは何か理由があるんですか?

以前バイトしてた所に久々に行ったら、手伝ってって言われたんで。収入としては別に求めてるわけではないです。

―そうなんですね。『アムアージュ』での待機方法は集団待機じゃなくて個室待機ですよね?

個室待機ですね。

―待機中はいつも何をしてますか?

テレビ見てます(笑)。スマホとテレビ。DVDも見れるんで。

―テレビもあるんですね。スタッフの人はどういう感じですか?

親切で優しいです。普通に優しい。なんか、結構大事にしてくれますね。

―キャストさんを大事にするんですね。店長はどういう人ですか?

今の店長ですか?今の店長はもう、優しさの塊です(笑)

―いいですね(笑)。では、リサさんが思う、この高収入のお仕事のいいところと悪いところを教えてください。

いいところは高収入だけど、悪いところは、金銭感覚が元に戻せないです(笑)

―結構バンバン、お金使っちゃいますか?

うん、使っちゃいますね。私は旅行好きなんで、旅行で一気に消えてくんです。細かいものとかはあまり買わないんですけど(笑)

―海外旅行ですか?

海外も国内も。国内なら沖縄ばっかりです。

―沖縄高いですもんね。でも親とかに言うと、どこにそんなお金あんのとか言われないですか?

言われますね。でも冗談で、パパがいるとか(笑)ウフフフフ(笑)

―フフ(笑)。じゃあ金銭感覚がなかなかっていう感じですね。OLの友達とかと食事とか行ったら、やっぱ違いますか?

同世代の普通の女の子とは、やっぱり違いますね。

―収入が違いますもんね。食事に行くお店も違います?

お店も違うし、頼むものも、なんかちょっと値段見てたりとか。

―そういうときは、友達に合わせるんですか?

合わせます。でもお店は相手に合わせて、その中で自分が食べたいものは合わせない(笑)

―お店を合わせてあげられるっていうのはいいですね。なかなかね、安い大衆居酒屋みたいなの行こうって言われたら、なんか嫌じゃないですか?

え、でも結構居酒屋は好きです(笑)

―それなら良いですね(笑)。では、『アムアージュ』のお店自慢をお願いします。

この階全部が同じグループ(星グループ)だから、このビルに来るのに怖さはないですね。他の階にエレベーターが止まっても、みんなグループの人だから、何かあっても助けてくれるとか。

―違うお店のスタッフさんとも顔見知りなんですか?

なんか、ビル内でスタッフさんが結構入れ替わりが多くて。でも、どのスタッフさんも優しいので、覚えててくれたりとか。男の人ばっかりの中に私が1人でエレベーターに乗ってたりすると、一緒に乗ってあげますよって入ってきてくれたりとか。

―お客様と一緒だとちょっと嫌ですよね。

うん。なんかちょっと気まずいというか。

―それ、いいですね。そういう気遣いをしてもらえるっていうのは。

はい。

―ではちょっとリアルなお話になっていきますけど、月収はおいくらぐらいでしょうか?

月収は波があるけど、多分、平均50万円ぐらいです。

―すごいですね。お金は一体何に使ってますか?

旅行です。もう、旅行貯金がほとんどです(笑)

―結構頻繁に行くんですね。友達と行くんですか、それとも彼氏と?

友達か1人です(笑)。1月は1人で沖縄行きました。

―それは泳いだりしたりじゃなく、観光とかですか?

ダイビングしに行きます。

―じゃあ他ではあんまりお金は使わない?

飲み代ぐらいですかね。ウフフフ。

1日平均だと、どれぐらい稼げますか?

それも月によるんですよね。お客様が多いときと少ないときがあるので。多いときは1日6万円ぐらいだったかな。少ないときは1日2万円ぐらいになります。

―今までの1日の稼ぎで最高金額はいくらですか?

さっきの6万~7万円ぐらいだったと思う。

―そのときはショートコースがばんばん入ったのか、ロングコースが多かったんですか?

ショートコースがいっぱい入ったときでした。

―エステの場合、なかなかオプションで稼げたりはしないですか?

あ、でもオプション料金は全額入ってくるんで。オプション付けてくれたら嬉しいです(笑)

―オプションはどんなのがあるんですか?

キス、乳首なめ、トップレス、前立腺。オプション料金はフルバックです。

―へえ!エステでもオプションで稼げるんですね。ちなみにお金は1日最高どれぐらい、何に使ったことがありますか?

これ、旅行とかってなったら結構いっちゃいますね(笑)

―でも旅行の子、多いですよ。ハワイでバーンと使ったとか。結構皆さん旅行って言いますね。あとブランド品。バッグとか。

ブランドは買わないかな。たぶん旅行で20万円。

―お~。では、ぶっちゃけ貯金はいくらありますか?

旅行貯金しかない。ウフフフフ。

―旅行のためにお金貯めて、それを全部旅行で使っちゃうみたいな(笑)

使って、また頑張るみたいな(笑)。それ以外の貯金は、保険の積み立てぐらいです。

―たくさんお金を稼げるようになって、生活ってどう変わりました?

いろんな面で余裕が持てます。あとはいろんな人と話してるから、考え方の視野が広がった、かな。

―それでは、いくら貯めたいとかの目標金額を教えてください。

月収100万円とか、1回手にしてみたい(笑)

―100万円って結構大変ですよね(笑)。目標は何かありますか?

ずっと月収100万円の生活をしたい(笑)フフフフ(笑)

―リアルでいいですね(笑)。じゃあ例えば月収100万円もらえるようになっても、その後もこの風俗のお仕事は続けますか?

続けてなきゃ100万円入ってこないですよね(笑)

―もらえないですね。1回生活レベル上がっちゃうと、なかなか下げれないですからね。コピー機営業のOL時代に比べて、収入はどれぐらい増えましたか

その時は手取りで18万円ぐらいしかなかったから…。約3倍ぐらいですね。

―この高収入のお仕事を始めて、自分が変わったと思うところはありますか?

人に見られる意識をし始めました。エステに行ったり、美容院行ったり。自分にお金を使えるようになりました。

―なかなか普通のOLさんだと、頻繁にエステとかってきついですもんね。

はい。

―ではこれが最後になります。うちは『はじめての風俗アルバイト』っていう、業界未経験の子向けの求人サイトなんです。そういう風俗未経験の女の子に対して、何か一言アドバイスがあればお願いいたします。

多分、思ってるイメージとは良い方に変わると思います。

―仕事も思ったより楽って言ったらあれですけど、意外にできる内容で、普通の女の子が稼げないような金額を、稼ぐことができる。

うん。

―そうですよね。でもなかなか、最初は電話とかしづらくなかったですか?

うん、しづらかったです。なんか、AVのイメージがあって(笑)。風俗面接みたいな。

―実際は違いますよね(笑)

全然違いました(笑)

―最初はちょっと怖かったですか?

怖かったですね。でも、ここの事務所に入ってみて、普通の会社のオフィスと変わんなくて。なんか、普通なんだと思いました。

―このビル内にあるんですか?

ちょっと離れた所。でも、本当すぐなんですけど。

―逆に、あんな風俗面接のAVみたいなことはないと思うんです。あんなことしたら捕まっちゃいます(笑)

ウフフフ。お客様とか女の子に対しても、働く前はちょっと偏見があったんです。変な女の子が働いてるみたいなイメージとか、汚らしいというか、すごい飢えてそうな人が風俗に来るみたいなイメージだったのが、めちゃくちゃ普通の人が来るんだなって。

―うん、安くないですからね。やっぱり最低限収入がある人が、遊びに来ますしね。

うん。

―わかりました。インタビューは以上です。ありがとうございます。

はい、ありがとうございます。

こんな記事も読まれています

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む