有名デリヘル『名古屋の20代30代40代50代が集う人妻倶楽部 』で「さら」さんにインタビュー!【はじめての風俗アルバイト】

フリーワード店舗検索
全国TOPへ
東海の風俗求人バイト

HajiQ(はじキュー)インタビュー

―では、インタビュー始めさせていただきます。お願いいたします。まず、お名前と年齢をお伺いしてもよろしいでしょうか?

さらです。33歳です。

―入店歴と勤務時間について

―こちらのお店に入られてどれぐらい経ちますか?

9月に入店したんで4カ月ぐらいですね。勤務時間は12時間

―あ、結構がっつり入られてるんですか?

入店したときからがっつり入ってます!

―週何日ぐらいで今は入ってるんですか?

今は週6日です。

―すごい…本当にがっつりですね。じゃあお昼のお仕事とかもしてないですよね?

してないですね、今は。

―こちら1本ですね。

はい。で、今は1人暮らし!

―ハハハ!(笑)あの、僕が先に質問するんで…ハハハ(笑)ちょっと先行かれてしまうと…。(笑)

ハハハ。(笑)こんな感じです。

―大変助かります。(笑)今、お一人暮らしなんですね。

そうです。

―『名古屋の20代30代40代50代が集う人妻倶楽部』の見つけ方

―こちらのお店に連絡した方法って何かサイトを見られてですか?

はい。自分で探して連絡しました。

―どういうワードで探されたんですか?

最初、関西にいるときはホテヘルをしてたんで、まあ同じ業界っていうので探して入りました。「名古屋、風俗、求人」とかで検索したと思います。

―電話ですか、メールですか?

メールですね。

―雰囲気が良くて優しい!ざっくばらんな面接

―面接はこちら(事務所)で行われたんですか?

ここでしてもらいました。

―どういう感じの面接でしたか?

いや、普通の面接でしたよ。雰囲気のいい優しい店長だったので。

―大体何分くらいの面接でしたか?

30分ぐらいだったと思う。結構、喋ったと思います。

―フフフフ。(笑)聞かれることも多いんですか?

そうですね、結構ありました。今までのお店の内容とか、いろんなことですね。未経験とか、未経験じゃないとか…。

―面接は店長がやってくれたということだったんですけど、一対一だったんですか?

一対一ですね。

―面接のときに必要な物って何がありましたか?

住民票と、住基カードとかパスポートみたいな写真付きの身分証ですね。

―関西で働いていた「さら」さんが名古屋を選んだ理由

名古屋エリアで働こうと思った理由って何かありますか?

友達の家が近いんです。

―遊びに行きやすいって感じですか?

そうです。フフ。(笑)

―それ以外のところにこだわりはなかった…?

こだわりはなく。ここっていう限定もなく友達が近いっていうので。

―決め手は「入店祝い」と「保証制度」

―では、サイトで探されて、このお店に問い合わせをしようと思った決め手ってなんですか?

最初は入店祝いとかもあったんですけど、保証がもらえるっていうのが決め手でしたね。

入店祝い金とは別に、保証制度があるんですか?

そうです、別です。普通そういうのなんてあんまりないんでそれが決め手でこの店に決めました。

かなり条件が良かったわけですね。

そうですね。周りより良かったです。

―妹さんも風俗キャスト…!?「さら」さんの経歴

―こちらのお店に入るときに誰かに相談はされましたか?

業種は違いますけど妹が風俗嬢なんでいろんな意見聞きながら自分で頑張れるんだったら頑張ったらいいんじゃないっていう…自分の限界まで。

―ハハハハ。(笑)限界まで取りあえず頑張るみたいな。まだまだ大丈夫そうですか?

そうですね。まだいけます。

―では、このお店は何店目のお店になりますか?

名古屋に来てからは2店舗目です。関西は結構行ってたんだけど。

―そうなんですね。業種はデリヘルですか?

いや、1店舗目は錦のほうでファッションヘルスですね。

―いろいろ経験されてるんですね。

―このお店の求人内容は「書いてる通り!」

―さきほど入店祝い金のお話があったんですけど、求人内容に載っている内容と違ったことって何かありましたか?

ないですね。

―本当にもう入店祝い金はそのままもらえて、そのほかにも保証制度があって…。

はい。何パーセントかはちょっと引かれますけど、差はそんなにないです。

―しっかり、書いてる分もらえるわけですね。

はい。書いてるとおり信じてもらえれば

―フフフ。(笑)もうあの、安心して応募すれば大丈夫みたいです。

そうですね、安心して入ってもらったほうがいいです。

―さらさんは経験がおありだと思うんですけれども、体験入店とかっていうのはされたんですか?

体験入店はなしでそのまま入店しました。

―きっかけは「妹に負けたくなかったから」

―はい。じゃあまあ、一番最初に、ええと、この、こういう業界でのお仕事を始めたきっかけってなんなんですか。

始めたきっかけっていうのは一番最初のですよね?うーん…きっかけっていうようなものはあんまりなくて、妹に負けたくないっていう意思があったのと、自分もやってみたかったので、最初、ホテヘルから始めましたね。

業界に対しても興味があったっていうことですか?

はい。

―負けたくないっていうのは収入面とかですか?

いやもう、それですね。

―持つべき意識はデリヘルもホテヘルも一緒!

―今働いてるこのお店の業種で働くのは初めてではないですか?

初めてではないですね。

―このお店がデリヘルっていうのを知って選んだわけではないんですね。

そうですね。友達の家が近かったから。(笑)

―本当にこだわりとかなかったですか?

こだわりって特にないですね。未経験じゃないっていうのも大きいかもしれないです。経験は積んできてるんで。ホテヘルしとるとき、接客のときとかに色々言われたりしてたんですけど、それに負けてたら駄目って思ったんで。

―すごい。向上心というか…。

そうですね。ホテヘルで働いてるときは、最初お客さんが選んでくれたんですけど、シャワー浴びて、上がってくるじゃないですか。そのときに「女の子、交代して」っていうことを言われたことがありましたね。自分の中で、お客様になんも悪いことしてないのに…。

―ショックですよね…何が悪かったのかって感じですもんね。

お店のスタッフとかもびっくりしてましたね。

―前働いてた所ですよね?

そうですね。なので、ある程度経験してきたんで大丈夫だと思いました。

―女性専門美容エステやメンズエステ…「さら」さんの前職

―この業界に入るまではどういうお仕事されてたんですか?

メンズエステとか、いろんなところで働いてきましたね。観光助手とか、色々。

―いろいろ渡り歩いて。フフフフ。(笑)

メンズエステでもその性感のメンズエステとか、普通の女性専門の美容エステとかもやってました。

―逆に、やってない業種ってなんですか?

やってない業種ですか。事務とかですかね。

―ああ、結構体動かしてやるほうが好きな感じですか?事務とかずっと座りっぱなしじゃないですか。

そうですね。美意識が高いから、逆に座ってたら足むくんだりするんで。

―女性スタッフがいて安心!雰囲気が良くて働きやすいお店

―このお店に入店して良かったことって何かありますか?

スタッフが一番優しいっていうのがあって、働きやすいですね。

―今までいろんなお店で働かれてた中でもやっぱりここのお店が一番ですか?

1番ですね。居心地もいいし、対応がいいし。例えば悩みとかあれば聞いてくれるし。

―さらさんが言うんだったら間違いなさそうですね。

フフフフ。(笑)そうですね。

―スタッフの人も皆さん、物腰が柔らかというかすごく話しやすそうな雰囲気ですもんね。

そうです。だから友達感覚じゃないけど、それくらい近い感じで話せます。

女性のスタッフさんとかっていらっしゃるんですか?

1人だけいますね。

―講習は「さら」さんも担当!?気になるその内容とは…

―こちらのお店って講習とかってどんな感じなんですか?

講習は受けてないですけど、どうなんだろう?講習は店舗によって違うと思いますけど、ありますね。

―希望すればやってもらえる感じですかね?

初めて私が入店して何日か後かに新しい子が入ってきて、そのときは私が教えましたね。

―そうなんですか!女の人に教えてもらうほうが、やっぱり安心ですよね。

そうですね。やり方とか私が教えました。

―どういうことを教えられてるんですか?

接客付いたときにこういうふうな手順で私はこういうふうにしてるよっていうことを教えました。

―プレイの内容とかも…。

プレイの内容は言えないですし、言わないですね。でもまあプレイ前のこと、例えばホテルに入ったら、私は洗面の上にバスタオルを先に用意するんです。そういうふうにして、座って喋ってお金もらって…っていう順序を説明していきました。

―なるほど。そういう細かい気配りみたいなところとかも教えてもらえるんですね。

そうですね。女の子には何日か後に「どうだった?」っていう感じで聞きますね。

女性同士も気遣い合ってるんですね。雰囲気とかもすごい良さそうですね。

そうですね、雰囲気も環境も良いですね。

―ズバリ、「名古屋のお客様って”関西と比べて”どうですか?」

お客様ってどういう方が多いですか?

年齢は若い方だと19歳くらいから、年配の方だと60~70歳くらいまで幅広いです。

―皆さん優しいんですかね?

優しいです。

―風俗業界に「良いイメージ」を持って来てください!

―こういう業界に初めて入るときって、ちょっと怖かったりしましたか?

怖いっていうかホテヘルしてたんで、そういうイメージはないですね。ドキドキとか多少不安はあったんですけど面接してもらって、スタッフが優しい良い方やなっていうのと、環境も雰囲気も良かったんであんまりそう思うことはなかったですね。

―この業界自体にもともと興味があったんですもんね。

そうですね。だからそんなにイメージは悪くないです。逆に、イメージ良いって思ってもらっていいと思います。面接に来て、パッと入店させるっていうような悪いイメージで来られたらやっぱり嫌ですね。ただ未経験の女の子とかはやっぱり緊張もあると思うんですけど…。

―確かにそうですね。ただもう全然、そういう不安なく働けるようなところっていうことですもんね!

はい。

―お仕事のことはオープンに!バレ対策はしていません!

―今、お知り合いの人とかに、業界で働いてるのをバレないようにするために、何か工夫とかってされてますか?

ほぼ、聞いてくるんで、割り切ってこういう仕事してるよって言いますね。

―特に隠したりとかってしてないんですね。

隠してないです。家族とかにも皆に言ってるんで。例えば悩みがあれば妹に相談するし。同じ業界で働いてる女の子もいるんで、友達何人かで出稼ぎとかもしてます。

―なるほど。お店としては、身バレが怖いっていう人に関して、何か対応とかってしてくれるんですか?

お客様のNGが出せます。バレ対策だけじゃなくてお客様のことで嫌な思いして帰ってきたときは、もう次からNGで入れてくれますね。

―待機中はみんなで話している方が楽しい!

―このお店の待機は個室待機と集団待機どっちですか?

集団待機ですね。でも自宅待機してる人もいます。

―自宅待機もOKなんですか。さらさんはどっちですか?

集団だけです。

―皆でわいわいやってるんですね!

やっぱりそのほうが楽しくお仕事できるっていうのがありますよ。

―待機中はスタッフの人としゃべったり、女の子としゃべったりですか?

そうですね。テレビ見たり、普通にL◯NEしたりしてます。

―お仕事はいいことばかりではない!だからこそスタッフが手厚くフォロー

―店長さんはすごく優しいって言ってたんですけど、他のスタッフの方とかってどうですか?

皆優しいです。やっぱり、忙しいときには話聞いてもらえないっていうのもあるけど、ちゃんと後から聞いてくれますね。

―そういった対応もバッチリなんですね。

はい。「忙しいから、後で聞くね」っていう返答が返ってきますね。

―例えばどういうことを相談されるんですか?

お客様のこととかですね。こういうふうにされたとか、嫌なことがあったとか。「こういうされたけど、どうしたらいいですか?」とか聞くんですけどちゃんと答えてくれますね。

―お給料は月100万円以上!?

―ちょっと質問の内容が変わっていくんですけど…フフフフ。(笑)

フフフフ。(笑)変わるんですね。はい。

―ここからがちょっと収入の話なんですけど…。(笑)ズバリ、大体月どれぐらい稼がれてるんですか?

波はありますね。でも、日給だったら入店当時は6人で5~6万円とか、あんまり覚えてないけど良いときは結構10万円を超えてくることもありました。

―今はどれぐらいですか?

今は、5万円とか、3万円とかバラバラですね。

―月収だったら…。

月収で、100万円は超えますかね?200万円くらい…。

―すごいですね。

多分ね。フフ。予想。(笑)

―貯金は25万円。全額じゃないです、「毎月」です。

―スゴイです!もうざっくり計算して100か200…すごいですね。そのお金はどういうことに使われてますか?

使うっていうのはあんまりない。逆に、貯金してます。例えば3万いくらあれば、1万円を貯金するっていう…。あとは千円札で自分の食事代とかに使ってます。

―貯金はぶっちゃけどれぐらいしてるんですか?

今は25万円ぐらいです。それまでは30万円超えてました。

―これ月々の貯金ってことですか?

そうです。毎月。

―すごいですね!!

1日ずつ貯金してますね。

月々25万円ずつだったらもうかなりの額ですよね…。

やっぱり携帯代とかで払って減ったりっていうのはあって…でもその分働いたら返ってくるんで。

―そうですよね。すぐ戻ってきますよね。日払いですか?

はい。その日に。終了のときに全部もらえます。

1日平均だと大体5万円ぐらいですか。4~5万円?

そうですね4~5万円ですね。

―今日は稼いだなってときは、最高どれくらいでしたか?

大体5~6万円ですね。指名とか付いてくれば増えていきます。女の子の頑張り次第ですね。オプションとかもあるんで、それによって収入が増えると思います。

―それもう丸ごといただけるんですか?

私はもう丸ごとですね。

―買い物に使うお金は3万円まで!

―では、お金を貯められてるっておっしゃってましたけど、働き始めてからこれには使ったぞっていうのはありますか?

自分の服とか化粧品とかですね。

1日のお買い物の最高額ってどれぐらいですか?

最高でも、1万~2万円弱です。

―あ、それくらいなんですか?

ネイルとかも美容院とかも行くので…。

―何十万円するカバンを買ったとか…。

今はないです!

―アハハ。(笑)前はあったんですね。

前はヴィトンとか買ってました。今持ってますけど6~7万円しました。

―ハハハハ。(笑)今は2万円以上使わない感じなんですね。

そうですね、使ったとしても3万円まで。

―食事は自炊かコンビニで!一度決めたら生活は変えない

―お金を稼がれるようになって、生活の変化って何かありましたか?

いや、生活は変わってないです。充実してますけどね。

―ファミレスから、なんかちょっと高級なお店に行くようになったとか…。

外食あんまりしないです。自炊とか、コンビニとかですね。

―貯まる一方ですね。

フフフフフ。(笑)

なるべく変えないように心がけてる感じですか?

そうです。もう自分のスタイルは変えないです。

―かっこいいですね。

これって決めたらもう、変えたくないんで。

―大事なことですね。

―将来は自分のお店で友達と働きたい!

―貯金の目標金額とかありますか?

最初は月25万円でちょっとずつ上げていってます。でも特に目標金額は決めてないですね。

―将来的にやりたい夢とか目標ってありますか?

自分の店を持ちたいです。携帯とかデコったり好きなんでそういうお店を。

―なんかラインストーンとか使ってるんですよね?

そうです。それが好きなんです。ネイルとかも自分でしてます。

―お店どこに出します?名古屋ですか?

ウフフ。(笑)それはまだ決めてないです。

―まだ決めてないですか、関西戻ってくるとかないですか?

関西戻ったら友達も一緒に働きたいって言うと思いますね。

―いいですね。じゃあそのお店ができてもこのお仕事は続けられますか?

どうですかね?ウフフフフ。(笑)両立できれば続けていきたいっていうのはありますね。

―それはもう、このお店じゃなくてもこの業界だったら別に続けてもいいかなっていう感じですか?

この店じゃなかったら絶対にしないです。

―このお店だったら続けてもいいかなって感じなんですね。

そうですね、両立しながら。通ってでもしますね。

―アハハハハ。(笑)じゃあお店は名古屋に出さないとダメですね。(笑)やっぱり、業界に入る前の収入と比べたらだいぶ増えましたか?

一般のエステとかに比べたら増えてますね。

―大体どれくらい増えてますか?

フフフ。(笑)2~3倍…それ以上いってるかもしれないですね。

―月100~200万円ですもんね。余裕で超えてますよね。

超えてます。フフフ。(笑)

―ストレスが溜まったらすぐ相談!性格も話し方も変わった

―先ほどお仕事をしてから生活習慣とか自分が決めたことは変えないっておっしゃったじゃないですか、そういったことでもいいんですが、ほかに内面的に変わったことってありますか?

性格とか話し方とかも全然変わりましたね。

―性格は昔どんな感じだったんですか?

は色んなことでイライラしたり、不安を溜めてしまう自分がいて、それがなくなったっていうのがありますね。

―常にイライラしてた…?

ホテヘルしてたときとかはありました。

―ハハハハ。(笑)

でも笑顔は絶やさないですね。どんだけ疲れてても、不安があっても、笑顔は絶対絶やさないと、それは決めてます。

―そこは変えない部分なんですね。

ただ、内面的にイライラしてたのが本当になくなりました。不安とかも相談できるから、イライラとかストレスも溜めなくて済んでます。

―あなたを後悔させません!「さら」さんから熱いメッセージ

―他のお店に負けないぞっていうこのお店だけの自慢って何かありますか?

スタッフのお客様へ対応とか、接しやすい女の子がいることですね。普通の友達でいれます。本当に仲良くさせてもらってます。

―いいですね。仲悪かったら嫌ですよね。

女の子みんな、笑顔がいいんで優しくていい雰囲気なんです。

―では次が最後の質問なんですけども、このインタビューは『はじめての風俗アルバイト』っていう求人サイトで未経験とか初心者の女の子で「これから働こうかな」って思ってる子が多く見てくれてるサイトなんですけど、この業界に入ることに対して迷ってる女の子に対してアドバイスをお願いしてよろしいですか?

迷わず入っていただいたら良いと思います。悩みとか相談があれば全然私が聞くし、スタッフも聞くし…。

―さらさんが聞いてくれる、と。

うん。皆、聞いてくれます!

―安心して飛び込んで来いみたいな…。

そうですね。迷いはやっぱり「未経験」っていうところだと思うんですけど、迷わず来ていただいたらいいと思います。

―もう、後悔はしないっていう感じですか?

はい。後悔はさせないです!

―かっこいいですね、本当に!ハハハハ。(笑)有難うございます。これで以上です。どうも有難うございました。

はい。有難うございました。

こんな記事も読まれています

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む

検索結果0