めちゃ すくーるアイドル | 「HajiQ(はじキュー)」インタビュー記事【はじめての風俗アルバイト】

フリーワード店舗検索
全国TOPへ
東海の風俗求人バイト

人気の業種から探す

人気の業種から探す

人気のエリアから探す

人気のエリアから探す

HajiQ(はじキュー)インタビュー

―名古屋の学園系ファッションヘルス『めちゃ すくーるアイドル』でインタビュー!

―よろしくお願いします。では最初に、お名前と年齢お伺いしてもよろしいでしょうか?

アメリです。21歳です。

―『めちゃ すくーるアイドル』に入店して、どれぐらい経ちましたか?

1カ月半ぐらいです。

―普段どれくらい勤務されていますか?

私は週5~6日くらいで、8~9時間勤務が多いです。

―何か他にお仕事はされてますか?

今はしてないです。

―『めちゃ すくーるアイドル』の求人を見付けた時のこと

―最初にこの『めちゃ すくーるアイドル』の求人を見付けた方法って覚えてますか?

ネットで風俗求人のサイトを見ました。

―どういうふうに調べたとか、覚えてますか?

もともと『if(イフ)』(系列店)に面接に行ったんです。学園系ちょっと避けてて(笑)

―なんで学園系避けてたんですか?いいじゃないですか。

学園系はロリっぽいイメージだったので、何となく避けてました。敷居が高そうじゃないけど(笑)でも、店舗型が良かったんで。

―その系列店も店舗型だったんですか?

そうですね。それで『if(イフ)』の面接で「こっちはどうですか」ってすすめられました。

―なるほど。

それで制服着てみたら、まあ、いけるかなと思ったんで(笑)

―いや、すごく似合ってますよ!

本当ですか、ありがとうございます(笑)

―系列店を見付けたときは、どうやって検索したんですか?

「店舗型」と「名古屋」。で、人妻店を避けて検索しました(笑)

―面接したときのこと

―面接はどこでやったんですか?

お店で面接しました。

―面接の際に何か必要なものはありましたか?

身分証と、あと本籍地入りの住民票です。

―面接はどんな感じでしたか?

紙のアンケートに答えてって感じですね。

―それで答えて、お仕事の内容やお給料の話とかして。

そうですね。

―面接時間は大体どれぐらいかかりました?

30分もないかな、30分弱くらいです。

―面接官の方どうでしたか?

全然覚えてないです(笑)緊張してて、ちょっと。

―名古屋エリアを選んだ理由

―この名古屋エリアを選んだ理由ってあったんですか?

いや、特にはないですね。お店も結果的に『めちゃ すくーるアイドル』で良かったです。

―結果的にここで良かったと。こういう風俗店で働くことにしたとき、誰かに相談しましたか?

誰にも相談してないです。

―自分で決めて入ったんですね。

はい。

―アメリさんは経験者!それでもやっぱり緊張します

―面接してすぐ働いたんですか?体験入店?

そうですね。その日のうちに、短い時間でしたけど。

―どうでした?

でも、ここ初めてじゃないので。

―経験者なんですね!流れは大体わかるから緊張はそんなになかったんじゃないですか。

初めてお働くお店ですし、緊張はしました(笑)

―以前の風俗経験のこと

―風俗のお仕事は『めちゃ すくーるアイドル』で何店舗目なんですか?

3店舗目です。

―全部店舗型だったんですか?

そうですね。店舗型じゃないと何かあったときに怖いので・・

―『めちゃ すくーるアイドル』に入ってみて感じたこと

―このお店は、求人内容と違うところはありましたか?

求人内容は確かめてないです、なんか自分の中でそんなものかな、みたいな。

―特に気にならなかったんですね。びっくりするほど変なところもないし。

そうですね。出勤時間とかは本当に自由だし強制もないし。前のお店は保証の条件が厳しくて大変でした。

―『めちゃ すくーるアイドル』はそういう制約ないんですか?

ないですね。何もないです。罰金もないし。

―良いですね。以前のお店は罰金もあったんですか?

ありました、当日欠席や遅刻したら保証出ないっていう。罰金は5000円ですね。

―風俗のお仕事を始めようと思ったきっかけ

―アメリさんが、こういう高収入のお仕事を始めようと思ったきっかけって何だったんですか?

きっかけは、最初の店は知人の紹介だったんですよ。こういう仕事あるけど、みたいな。

―どうして今回は紹介を通さなかったんですか?

前のお店はほぼ無理やり辞めちゃったんで、気まずくて頼る人もいないし。1回紹介を通さずに入ったら、何か違うかなって思って。

―自分で選んだお店で働くってどうなんだろうってところですかね。働くなら自由に働きたいですよね。

―ファッションヘルス(店舗型風俗店)を選んだ理由

―もともと全部ずっとファッションヘルスですか?

そうですね。全部です。

―どうして箱型を選んだんですか?

最初に箱を選んだのは、今もなんですけど、やっぱりスタッフさんが近くにいるっていうのが大きいですね。

―賢いです。安心ですしね。

デリヘル(派遣型)やったことないんであれなんですけど、移動時間とかないから、いいかなーって。

―移動の時間でしっかり稼げますからね。

効率がいいですよね。

―『めちゃ すくーるアイドル』に入店して良かったこと

―こういう風俗のお仕事始める前は、どういうお仕事してたんですか?

普通に就職して、事務の仕事をしてました。

―それはもう辞めてこちら一本ですよね。

そうですね。

―『めちゃ すくーるアイドル』に入店して良かったことってありますか?

ストレスなく働けることです。気が楽っていうか、メンタルがやられないというか。

お客様は受付で写真見て、自分を選んでくれてますからね。

そうなんです。

―『めちゃ すくーるアイドル』ではストレスなく働けると。

そうですね。

―『めちゃ すくーるアイドル』の講習や雰囲気など

―『めちゃ すくーるアイドル』では入店時に講習はあるんですか?

私は経験があったということで、紙の資料を見ながら口頭説明でした。

―口頭説明ですね。お店の雰囲気はいいですか?

いいですね。

―以前もインタビューでこのお店にお邪魔したことあるんですけど、その時の子も「環境が良い」って仰ってました。スタッフさんも優しいとか、お弁当がおいしいって言ってました(笑)

あっそうですね、お弁当とか頼めるんで(笑) あまりお客様来ない時も、女の子をほったらかしにしないで「お弁当食べる?」とか電話してくれます。なんかいい感じです(笑)

―スタッフさんが気にしてくれるんですね。前は放置だったんですか?まあ、そんなに暇してる時間なかったっていうのもありますけど。

そうですね、放置でしたね。

―前のお店より断然良い!今のお店の客層について

―『めちゃ すくーるアイドル』は基本的にどういうお客様が多いんですか?何歳ぐらいとか。

ここは意外と若い人多いですよ。30代かなぁ。

―30代でも若い方なんですか(笑)?

若いです。たまにそれより年下とか来るとめっちゃ緊張します(笑) 20代もちょいちょい来ます。

―どうですか、お客様は優しいですか?

優しいです。

―客層って前のお店と変わります?

一番最初は新栄で、学園系じゃない箱ヘルだったんですよ。客層は全然違いますね。

―へえ!そっちはどうなんですか?

飲み屋多かったのでちょっとそういうお客様が多くて・・ここは酔っぱらいの人もあまり来ないです。

―良いことですね!マナーを守って遊べるお客様が来る。客層が良いんですね。

―未経験のころに抱いていたイメージと、実際に入ってみて感じたこと

―アメリさんは、こういうお仕事始める前は、風俗業界に対してどういうイメージがありました?

イメージ良くはないですよね。

―よくないっていうのは怖いとかですか?怖い人たちいたらどうするのみたいな。

それはあんまりないですね、考えてなかったです。世間体的な部分ですね。

―実際働いてみて、何か変わりました?

変わりますね。例えば前までだったら、自分が働いたことないから、風俗で働いてる子がいたら多分どっかで距離取ってたんですよ。あの子は、みたいな。

―はい。

でも今はそういうの全くないですね。むしろ、しゃべりたいとか思います。同じ境遇だし。

―アメリさんは風俗のお仕事するに当たって、誰にも相談してないんですよね。鬱憤がたまった時とか、どうやって発散してるんですか?

私は、一番仲いい子には言ってるんで。その子に話したりしてます。

―身バレ防止に気を付けてること

―お仕事のことを、ご家族とかには内緒で働かれると思うんですけど、バレないようにする工夫とかってありますか?

顔は出してないのと、やっぱり時間帯があるじゃないですか。私は今15時~ラストだけど、昼職してたときは朝6時とかに起きてたんで。だから朝目覚めたら、お母さんに「おはよう」ラインしてます(笑)

―今から仕事行くんだぞ、みたいな(笑) そういう対策をしてるんですね。

あとは、たまに土日どっちか休んで実家に帰ったりしてます。

―おー、偉いですね!

―待機中の過ごし方

―『めちゃ すくーるアイドル』は待機は個室待機ですよね?

基本は個室待機です。ほんとにたまに、女の子がたくさん入れるときあって、そのときちょっとだけ集団待機とかもありますけど。

―待機中はいつも何してるんですか?

携帯とかYout◯beとか見ます。

―『めちゃ すくーるアイドル』のスタッフさん

―お店のスタッフの人はどうですか?

優しいです。店長はめっちゃ優しいと思います。

―店長ってさっきの方ですか?

そうです。私、最初知らなくて。この人誰だろうと思ってました(笑)

―面接してくれた人みたいな(笑)

面接して、宣伝写真を撮りに行くってなって、撮ってくれたのが店長さんなんですよ。店長って思わないじゃないですか普通。誰だろうって思って。

―変な話、普通のスタッフさんがそういうことやると思いますよね。

うん。それですごい人当たりもいいし、この人は誰なんだろうって思ったら、2日ぐらいたってから「実は僕、店長です」みたいな(笑)

―えっ今か~みたいな(笑) でも良かったですね、いい人に会えて。やっぱりお店によって店長さんの方針ってどうしてもあるんで、働きやすい・働きやすくないって変わってくると思うんですよ。いい店長さんだと女の子のことを良く考えて、ちゃんとしてると思うんで、良かったです。

―高収入のお仕事のメリット・デメリット

―アメリさんが思う、高収入のお仕事のいいところと、悪いところってありますか?

いいところは、やっぱり高収入なところですよね。

―もちろん本当に、単純明快です。

そうですよね。悪いところもいっぱいありますけどね。人に言えないし、なんか我に返ってつらくなるときがあるし。最近はないけど。

―我に返るっていうのは?

なんか、お母さんのこととか思い浮かべると、私本当、一番駄目で(´・ω・`)

―いい子そうですもんね(´・ω・`)そういうのって、どこで発散するんですか?自分の中のわだかまりみたいなのは。

ネットでめちゃ買っちゃうんですよね、服とか。

―買い物で発散してるんですね。

―『めちゃ すくーるアイドル』のお店自慢とお給料!

―『めちゃ すくーるアイドル』のお店自慢ってありますか?

本当に客層はいいと思います。

―客層が良いって、本当にいいことですよね。

本当にそう思います。

―今って月収だと大体どれぐらいになるんですか?

月収50万円ぐらいかな?

―月収50万円。お金は大体、何に使ってるんですか?

とりあえず貯金してます。あとは服ですね。

―何か貯金してやりたいこととか、目標とかあるんですか?

やってみたいことは今はないです。とりあえず漠然とお金はあって損はないかなって思って貯金はしてますけど。

―将来のために貯めてるんですね。何があるかわかんないですからね。

そうですね。

1日平均だと、どれぐらい稼げるんですか?

3万円ぐらいかな?

―1カ月半やって、一番稼げた金額ってありますか?

多分4万5000円ぐらいかな?

―いいですね。でもコンスタントに平均3万円稼げるのも大きいですからね。

うん。

―高収入のお仕事をして、大きな買い物した?

―こういう高収入のお仕事を始めて、自分でおっきい買い物とかしました?

時計買いました。でもそんな高くない7万円くらいの。

―うん、高いです(笑)

アハハ(笑)

―他に何か欲しい物とかあったりするんですか?

お財布です。7万円ぐらいのやつ。

―じゃあすぐ買えそうですね(笑)

―気になる貯金額

―貯金って大体どのくらい貯まりました?

多分、新車が買えるぐらい。

―えっすごいですね!400~500万円ぐらいってことですね!

500万はない(笑) 300~400万円ぐらいです。昼職もしてたんで。

―偉いです、掛け持ちしてたんですか?

昼職のときは、飲み屋と掛け持ちしてて、1年ぐらい。昼職2年半ぐらいやって。名古屋で1年かぶって、辞めて、こっち始めたっていう感じです。

―は~、偉いです。飲み屋さんと掛け持ちしてお給料合わせても50万円いくんですか?

いかないですね。いって40万円とかだったんで、多分。

―で、1日中働いてって考えるとやっぱり効率いいですよね。

そうなんですよ、効率がいい。

―生活の変化と、今後の目標

―掛け持ちのときは1日中ずっと働いていたわけじゃないですか。『めちゃ すくーるアイドル』一本になって、生活の変化とかありますか?やっぱり金銭的にも余裕が出たと思いますし。

お金の余裕はできるし、時間にも余裕できるし、やっぱり体の負担はだいぶ楽になりました。朝起きて、夜中まで働いてたんで。きつかったですね、よくできたなって今思います。

―今はもう無理?

無理ですね、多分(笑)

―今後いくらぐらい貯めたいとかありますか?

とりあえず500万円。

―すぐ貯まっちゃいますよ(笑)

いや~、結構難しいですよ(笑)

―風俗のお仕事の辞め時

―どれぐらいまで、こういうお仕事続けようかなって思いますか?

お金が貯まるまで。500万円貯めたら辞めます。

―きっぱりと。でもやっぱりそれぐらいちゃんと決めといたほうがいいですよね。

絶対そのほうがいい。ここじゃないんですけど、お店に人に言われたことがあるんです。「だらだらやるのはやめなさい」みたいな。何歳まででも、幾ら貯めるまででもいいから目標を決めてやったほうがいい。

―それはいいお店の人ですね。で、その教えは守ってると。

そうですね。

―お仕事を通して自分が変わったこと

―こういう高収入のお仕事を通して、自分が変わったこととかありますか?性格が明るくなったとか、身なりに気を使うようになったとか。

そうですね。見られる仕事なんで、下着とかめっちゃ気を使います。一時期めっちゃ買ったし(笑)

―そうなんですか?

めっちゃ買いましたよ、本当に。ポイントカード貯まりましたもん(笑)

―アハハ(笑)でもそういう気遣いは、お客様も喜んでくれますしね。また指名が指名が返ってくるきっかけにもなると思います。

うん。

―最後にアメリさんからメッセージ

―これで最後になります。アメリさんがこういう風俗のお仕事始めるときって、やっぱり悩んだ時期があると思います。紹介だったとはいえ、こういうお仕事あるよって言われて「はい、やります」ってならないじゃないですか。

ならないですね。

―やっぱり悩んだ時期がどうしてもあったと思うんですよ。そういう風に悩んでいる人に向けて、何か一言アドバイス的なのをいただけたらなと思います。

やってみようかなと思ったら、体験入店だけでもして、続けれそうだったらやればいいし、無理だったらもうこの業界はやらないほうがいいと思います。

―やっぱり一度挑戦してみないと、分からないですからね。

絶対そう思う。自分がどう感じるのかって、やっぱりやらないと分かんないと思う。やってみたら意外と「あっ、いけるかも」ってなるかもしれないし。「本当に無理だ」ってなるかもしれないし。

―体験入店も、強制で入店とかってないですもんね。

ないです、本当に。

―いろんな事情がある中で、こういう高収入のお仕事を選んでみようって思う方は、まずはやってみたらどうですかって感じですかね。

うん、絶対そのほうがいいと思う。

―わかりました、インタビューは以上です。ありがとうございます。

ありがとうございました。

こんな記事も読まれています

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む

人気の業種から探す

人気の業種から探す

人気のエリアから探す

人気のエリアから探す

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む