Gyao(ギャオ) | 「HajiQ(はじキュー)」インタビュー記事【はじめての風俗アルバイト】

フリーワード店舗検索
全国TOPへ
東海の風俗求人バイト

HajiQ(はじキュー)インタビュー

―よろしくお願いします。最初にお名前と年齢お伺いしてもよろしいでしょうか?

ゆめです。21歳です。

―ゆめさんは『Gyao(ギャオ)』に入店してどれぐらい経ちましたか?

もうすぐ1年半ぐらいです。

―だいぶ慣れてきた感じですか?

はい。

―普段はどれぐらい勤務されてるんですか?

勤務時間は18時~ラストで、出勤は週5、6日ぐらいです。

―何か他にお仕事とかってされてますか?

他にはしてないです。

―『Gyao(ギャオ)』1本ですね。初めにお店を見つけたきっかけって覚えてますか?

ネットの求人を見ました。「名古屋、風俗、求人」とかで普通に検索して。

―結構いろんな風俗店が出てくると思うんですけど、その中でどうして『Gyao(ギャオ)』を選んだんですか?

ほどよく家から離れてるから(笑) そんなに近すぎず遠すぎず。

―通うならそういう所がいいかなあみたいな。名古屋の千種エリアを選んだのもそういう理由ですか?

はい。

面接はどこでやったんですか?

面接はお店でやりました。

―どんな感じでしたか?

もともと風俗のお仕事してたので、雰囲気はわかってたので(笑) そこまで緊張はしませんでした。

―経験者さんなんですね。面接時間はどれくらいでしたか?

2、30分ぐらいだと思います。

―お仕事内容とお給料とかの説明って感じですよね。何か必要な持ち物はありましたか?

身分証明書は必要でした。

―面接していただいた方はどんな人でしたか?

店長です。優しくて、普通にしゃべってくれた感じです(笑)

―ゆめさんは、風俗のお仕事は『Gyao(ギャオ)』で何店舗目なんですか?

2店舗目です。ここの前もキャンパブやってました。

―同じ業種だったんですね。『Gyao(ギャオ)』はいざ働き始めてみて、求人内容と違うこととかってありましたか?

いや全然なかったです。

―正直に話してくれたって感じですね。面接してすぐ働かれたんですか?

はい。

―始める前に講習とかってありましたか?

講習はなかったです。多分私が経験あったから。

―それなら簡単な口頭説明で済みますね。

はい。

―ゆめさんがこういう風俗のお仕事を始めようと思ったきっかけってなんだったんですか?

きっかけは旅行行ったりとか、買い物行ったりとか、いろいろしたかった。好きなことしたかったんで。

―遊びに使うお金とかも欲しいなって感じだったんですね。

はい。

―僕関東から来たんですけど、キャンパスパブ(キャンパブ)って関東でいうピンクサロン(ピンサロ)のことですよね?

はい(笑)

―合ってた(笑)ありがとうございます。お仕事探しをする際に、キャンパブという業種にこだわりはあったんですか?

ヘルスとかだと個室になっちゃうんで。完全個室となるとちょっと不安だなみたいな。

知らない男の人と個室でいるのはちょっと怖いなという。

そうです。全然知らない人と会うので、安全面とか考えて。

―キャンパブ以外の業種は見なかったんですか?

見なかったです。

―キャンパブも関東のピンサロと同じで、フロア内がブースで分かれてるみたいな感じですか?で、何かあればすぐ店員さんが来てくれる。

そうです。半個室になってます。

―なんで前のお店は辞めちゃったんですか?

前のお店を辞めたときは、他の仕事しようと思って、1回違う仕事してたので(笑) それで間がちょっと空いてるんです。

―間を空けて、また始めてみようかなって感じだったんですね。

そうです。

―『Gyao(ギャオ)』に入店して良かったことは何かありますか?

良かったことは、みんな仲がいいです(笑) 女の子も派閥とかないし、仲いいと思う。

―結構女の子同士の交流ってあるんですか?

全然あると思います。お客様の話をしたりとか。

―じゃあ、雰囲気はいい感じなんですね。基本的にどういうお客様が多いんですか?

年代はめっちゃバラバラで、下は20代から上は50代、60代も結構いらっしゃいます。

―60歳とかも来るんですか?幅広い年代の方が遊びに来るんですね。

はい。

―ゆめさんは風俗業界が初めてのころ、業界に対してどういうイメージがありましたか?

え~、怖かったです(笑)。なんか、知らない人ってすぐそういうことするんだ、みたいな(笑)

―お客様面ですね(笑) 怖いお客様来るのかなとか。

うんうん。

店員の人がどういう人なのかなっていうのは特に考えてなかったですか?

それはあんまり考えてなかったですね。

―やっぱり客層の方が気になる感じですね。実際働いてみてどうですか?

全然みんな優しいです。

良かったですね、イメージはいいほうに変わったと。

はい。

―ちなみに今、彼氏さんとかお友達とかにはお仕事のことは内緒にされてますか?

内緒です(笑)

バレないようにする工夫とかって何かされてます?

家帰ったらすぐお風呂入ります。匂いとか…。お仕事で匂いつくってわけじゃないですけど、気持ち的に(笑)

―なるほど(笑) 話してて「最近仕事どう?」とか聞かれた時はどうするんですか?

飲み屋で働いてることになってます。もともと飲み屋もしてたんで。

―飲み屋っていうのは居酒屋ですか?

全部ガールズバーです。

―ガールズバーですか。そっちで働いてることになってるんですね。

はい。

―『Gyao(ギャオ)』では、待機中は個室待機ですか、集団待機ですか?

みんな一緒に待機してます。

―待機中はいつも何してるんですか?

いつも、女の子としゃべるかテレビ見るかしてます。テレビあるし、あとはみんなバラバラで寝たり携帯触ったりしてます。

基本的に自由な感じなんですね。

そうですね、自由です。

―ゆめさんの思う高収入のいいところと悪いところはなにかありますか?

高収入のいいところはお金が稼げるので、好きなことができると思います。

―何か悪いところってないですか?

悪いところは、これは人によるかもしれないですけど。金銭感覚狂うかもしれないですね。

―やっぱりそうなんですか。では『Gyao(ギャオ)』のお店自慢は何かありますか?

みんな優しいと思います(笑) 女の子も店員さんもみんな優しい。

―お客様も特に変な人はいない?

はい。変わった人はたまにいますけど(笑)

―変わったってどういう人ですか?

性癖がすごい人とか。

―ああ~、そっちですね。そういう人もたまにはいると。ちなみにゆめさんは、初めてこの高収入の業界に入ったときのお給料って覚えてますか?初日のお給料です。

大体でしか覚えてない。何万円かもらったと思うんですけど。

―初めてお給料もらって、どう思いました?

自分が思ってたより額より多かったです(笑)

―正直どれぐらいだと思ってたんですか(笑)?

3万円とかじゃないかなって思ってたけど、その時は多分7~8万円もらえました(笑)

―えっ、すごいですね!ちなみに『Gyao(ギャオ)』だと月収はどれぐらいになりますか?

多分月収50~60万円ぐらいかな。月によって違うと思いますけど。

―すごいですね!月収50万か60万円。関東だと多分そこまでいかないです。

そうなんですか?へぇ。

―関東のピンサロは時給制が多いですけど、やっぱりキャンパブも時給制なんですか?

いや、歩合です。時給とかもあるかもしれないけど。

―そうなんですね!まあ歩合だからここまで稼げるってことですよね。

そうですね。時給がいいか、歩合がいいかと言われたら、自分が頑張れば歩合のほうが大きいと思います。

―今の自分に合ってるかなっていう感じですね。『Gyao(ギャオ)』だと1日大体どれぐらい稼げるんですか?平均でいいですよ。

平均1日2~3万円ぐらいじゃないですか?私の出勤時間で。

―1日3万円ぐらいですね。お金は大体何に使ってますか?

お金は買い物とかライブ行ったりとかしてます。

―そういう趣味とかにもお金を使えるようになったんですね。

うん。

―なんか最近おっきい買い物しました?

最近は洗濯機買いました(笑) 8万円ぐらいかな。

―ほ~、洗濯機って結構高いですよね。そういう大きい買い物するときに、彼氏とかに「なんでそんなお金持ってるの?」とかって言われないですか?

夜の仕事してるってのは言ってあるんで。まあ、普通に事務とかするよりは。

―そうか、ガールズバーですもんね。それなら少しぐらい高い買い物してもOKって感じなんですね。

はい(笑)

―『Gyao(ギャオ)』で今1年半やってきて、最高で1日どれぐらい稼ぎましたか?

1日だと多分、さっき言った最初のお給料が一番多かったかも。

7~8万円の時ですね。1日でこの額はすごいですね、東京のピンサロだと絶対それはないので。やっぱり貯金してるんですか?

貯金してます。額は内緒です(笑)

―わかりました(笑) まあでも結構貯まってきました?

そうですね。

―こういうふうにお金を稼げるようになって、生活の変化ってありましたか?

ん~…さっきも言ってたんですけど、好きなことできるようになりました。旅行行ったりとか、買い物したりとか。

お金がないっていうストレスがなくなったって感じですかね。

そうですね。これもやりたい、あれもやりたいっていうのを、普通の仕事してたら多分我慢しないといけないじゃないですか。それが全部できます。

―素晴らしいです。何か目標金額とかありますか?貯めたい金額とか、ここまでは頑張りたいみたいな。

貯められるだけ貯めたい(笑)

―頑張れるだけやっていきたいと。将来的な夢とか目標とかってあるんですか?

なんだろう?まあでもこのお仕事は、今しかできないんで。

やれるうちに働いてお金を貯めて、その貯まったお金で何かやりたいことが見つかったらやっていきたいって感じですかね。

うん、そうですね。

―例えばどれぐらいまでならやっていこう、みたいなのありますか?

20代のうちは(笑)

―20代のうちは頑張りたいっていう感じですね。ちなみに他の業種に挑戦する気はないですか?

全くないですね。

―キャンパブ1本で頑張りたいということですね。名古屋ってキャンパブ多いんですか?

たぶんこの辺りは多いと思います。

―前のお店辞めた時って、何のお仕事してたんですか?

前のお仕事辞めて、飲み屋さんで働いてました。

―やっぱり収入って全然違いますか?

変わりますね。20~30万円ぐらい変わると思います(笑)

―あっ、大きいですね。飲み屋さんでも結構フルで働いてたんですか?

飲み屋さんもフルで働いてました。

―でもやっぱり時間に対してのお給料って全然違うじゃないですか。効率的に全然違ういますよね。

うん。

―こういう高収入のお仕事を始めて、自分が変わったことってありますか?心境の変化とか。

心が広くなったと思います(笑)!

―おぉ~、どういうことですか(笑)?

いろんな人見てて。なんか普通だったら絶対合わないだろうなみたいな人とかも、やっぱりお客様だからちゃんとしなきゃいけないし、みたいな感じ。

広い心で受け入れられるようになった感じですね。接客する上で気を付けてることとかってありますか?

気を付けてることは、自分も楽しくなること。

―やるんだったら楽しんでやったほうがっていう。素晴らしいですね。

エヘヘ(笑)

―やっぱり接客業じゃないですか、身だしなみとかで何か気を付けてることありますか?例えば美容室に小まめに行くよとか。

ネイルとかは行ってます。そんな長くないから、お客様はあんまり気付かないけど、話のネタにはなるので(笑)

―この前変えたんだ~みたいな。

うんうん。

―ではこれが最後になります。このインタビューを読んでる女の子って、風俗のお仕事をやろうかやるまいか悩んでる人が結構多いんですよ。ゆめさんも初めはやっぱり悩みましたか?

悩みました。『Gyao(ギャオ)』に応募するときも、全然メールできなくて。

―そうですよね。問い合わせの段階で止まっちゃう子も多いんです。そういう悩んでる子に向けて、何か一言アドバイス的なこといただけたらと思います(笑)

まあ不安かもしれないですけど。多分思っているのと全然違って、怖くないと思います。

―やっぱり初めはどうしても怖いって思っちゃうのはしょうがないですよね。けどまあ、勇気を出してと。

そうです。そんなに怖がらなくて大丈夫。そしたら人生変わると思います(笑)

―人生変わりますか(笑)

変わると思う!

キャンパブという業種は、どういう子が向いてると思いますか?本当に個室が嫌な子とか、安全に働きたい子とか…。

そうですね。そんなにハードな接客じゃないから。未経験の子とかも全然いけると思います。

ソフトサービスだから、未経験の子はいいかもしれないですね。そういう子達に向けて『Gyao(ギャオ)』はおすすめできるお店ですか?

はい!

―わかりました、インタビューは以上になります。今日はありがとうございました。

はい、ありがとうございます。

こんな記事も読まれています

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む