ソフィア | 「HajiQ(はじキュー)」インタビュー記事【はじめての風俗アルバイト】

フリーワード店舗検索
全国TOPへ
東海の風俗求人バイト

人気の業種から探す

人気の業種から探す

人気のエリアから探す

人気のエリアから探す

HajiQ(はじキュー)インタビュー

―名古屋の高級ファッションヘルス『ソフィア』の新人さんにインタビュー!

―よろしくお願いします。最初にお名前と年齢を聞いてもよろしいですか?

ことねです。19歳です。

―『ソフィア』に入店してどれぐらいたちましたか?

まだ今日で3日目です(笑)

―新人さん(笑)慣れました?

多分最初よりは慣れました(笑)

―これから週何回とか、どれぐらい勤務しようかなって思ってるんですか?

実は私、出稼ぎなんですよ。

―出稼ぎなんですね!どこから来たんですか?

東京です。

―そうだったんですね!今ってどれぐらい働いてるんですか?

12時~24時までです。12時間

―おお~、12時間。今はに住んでるんですか?

そう、今は寮ですね。で、東京は普通に一人暮らしです。

―東京では何かお仕事されてるんですか?

東京も、まあこういう感じのお仕事です。

―リアル「出稼ぎ」事情!どうやって『ソフィア』を見付けたの?

―どんなふうに出稼ぎって見つけるんですか?

風俗求人サイトで出稼ぎを調べてて、ファッションヘルスが良くて。

―はい。

ファッションヘルスと名古屋で絞って、一番上のほうに『ソフィア』が出てきて、良さそうだったから来ました。

―お~!なるほど。お店の求人見て雰囲気が良かったから。

はい。

―東京ではどういう業種なんですか?

東京ではホテヘル(ホテルヘルス)です。

―今回ファッションヘルスを選んだのって何か理由があったんですか?

動きたくないというか、移動したくないので。

―こっちの地理はわからないですもんね。

はい、そうなんですよ。だし、なんか「名古屋は東京より景気がいい」みたいに聞いて。

―じゃあこの名古屋エリアを選んだ理由も、そういう話を聞いたからですね。

そうですね、名古屋であればって感じでした。

―移動もしたくないし、それで名古屋のファッションヘルスを選んだと。確かに移動ないのはいいですよね。

―『ソフィア』に応募した方法

―面接予約は何で連絡したんですか?電話とかL◯NEとかあると思うんすけど。

L◯NEです。

―L◯NEですか。やっぱL◯NEだと楽だから?

楽ですね。メールとかのとこもあったんですけど、返信とか気づかなくて。だからL◯NEが一番やりやすい。

―最近はみんなL◯NEですね。メールの仕方が分からないっていう子もいました。

あ~、分かるけど気づかない。迷惑メールに埋もれますよ。

―『ソフィア』は内装も自慢です!面接したときのこと

―面接のときに何か必要なものってありました?

身分証明書です。

―面接はどこでやったんですか?

面接は下のラウンジです。なんかお客様が座るソファみたいなのありますよね。あそこ。

―めっちゃきれいな待合室ありますよね。

すごいなんかホストクラブみたいな(笑)

―面接はどんな感じでした?

質問シートみたいな用紙書いて、当日の予定を言われて。「今日はこういうことします」みたいな感じでした。

面接したその日から働けるんですね。面接官の人どうでした?

良い人でした。優しい感じで。

―待遇が違う!これまでの風俗経験と比べた『ソフィア』の良さ

―風俗のお仕事は『ソフィア』で何店舗目なんですか?

4か5くらい。

―4か5ですね。『ソフィア』は出稼ぎの求人内容と、実際入ってみて違うところとかはありましたか?

特にないです。今までよりもすごくよかったです。

―どんなところがよかったですか?

『ソフィア』はなんか待遇でしたっけ、お給料とか交通費とか、寮とか、そういうのがすごい良かったです。

出稼ぎの方にも交通費を出してくれるんですね。

そうなんですよ。

―ことねさんが風俗のお仕事を始めたきっかけ

―ことねさんがこういう高収入のお仕事始めようと思ったきっかけって何ですか?

お金ほしい(笑)

―十分です(笑)ちなみに『ソフィア』以外にもこういうファッションヘルスの業種は経験あるんですか?

はい。少しだけだったんですけど・・・。

―どうして辞めちゃったんですか?

なんか壁が薄過ぎて、上が筒抜けだったんですよ(笑)

―辛いですね(笑)どこも壁が薄いイメージがあります。『ソフィア』はどうなんですか?

ここは、防音がもうめちゃくちゃいいと思います。声はたまに聞こえるけど、そんなに気にならない。

―おお~!

本当よっぽど大声でしゃべらなければ、話し声は全然聞こえないです。

―全然いいですね。以前のお店はそういうのが気になったんですね。ちょっと無理だって。

そう。で、1週間もいないですぐ辞めました(笑)

―『ソフィア』に入店して良かったこと

―まだ3日間ですけど、『ソフィア』に入店して良かったことありますか?

お店もきれいだし、制服とかも普段は着る機会がないから。私服とかが多いから新鮮ですね

制服があると、着る服を選ばなくていいですよね。普段着で出勤できるっていうか。

そう。楽だし、あとマットを初めてやったので。

―新しい経験ですね!でもマットって難しいんじゃないですか?

難しいです。もう雰囲気で(笑)

―最初は教えてもらえるんですか?

はい、お店の人にちゃんと教えてもらいました。

―こういうふうにマットするんだよみたいな。それなら未経験でも安心ですね。

はい。

―『ソフィア』の雰囲気や名古屋のお客様

―お店の雰囲気とかはどうですか?

雰囲気はすごく良いと思います。

―基本的に何歳ぐらいのお客様が多いですか?

おじさん(笑)40~50代か、たまに30代ぐらい。

―基本的に上の年齢なんですね。東京のお店と比べて、名古屋の客層はどうですか?

名古屋のお客様は、そんな強引な人がいないです。東京は、なんか押し切ろうとする人が多い気がしますね。

―そう考えると安全ですね。

はい。

―待機中の過ごし方

―『ソフィア』の待機方法はどうなってますか?

個室待機です。

―待機中はいつも何してるんですか?

待機中はもうずっと携帯見てます。

―とにかく携帯見てる(笑)まあ、自由なんですね。

そうですね。

―風俗業界に入る前に抱いていたイメージと、入った後

―ことねさんは初めてのころ、風俗業界に対してどう思ってました?

入りたてのころは必死過ぎて覚えてないけど…。入る前は、友達に風俗やってる子がいて、話聞くぶんには「自分は絶対できないな」っていうふうに思ってました。

―いざ働いてみてどうでしたか?

いろいろ慣れました(笑)

―思ってるよりも怖くないし。

そうですね。思ったよりも全然働けるなって思いました。

―ことねさんの身バレ対策

―今は東京で一人暮らしされてるということですが、やっぱりご家族とかには内緒で働かれてると思うんです。バレないようにする工夫とかってありますか?

1人で上京してきたんですよ。だから全然親と接点がないというか、たまに連絡取るくらいなので。私の今の状況は全く分からないと思います。

―「とりあえず働いてるんだろうな」みたいな。でも、たまに会ったときにお仕事のこと聞かれませんか?

その時は、日雇いのバイトしてるって言ってます。派遣でその日その日働けるやつ。

―高収入のお仕事のメリット・デメリット

―ことねさんが思う、こういう高収入のお仕事の良い所と悪い所ってありますか?

良い所はやっぱり、1日ですごい稼げる。短期間で大金を稼げることです。悪いのは、我慢することがやっぱり多い。

―やっぱりありますよね。我慢って例えばどういうときなんですか?

なんかちょっと触り方が雑な人とか、痛いじゃないですか。

―やっぱりお客様だから言えないというか。

まあ、遠回しに言いますけど。直接的にはやっぱり言えない。

―そういう我慢はあるんですね。でも皆さん言えば分かってくれるんですか?

だいたいはわかってくれます。あとは精神的に頑張るみたいな感じ。

―『ソフィア』のお店自慢と、実際の稼げる額!

『ソフィア』のお店自慢ありますか?お店自体がすごくきれいですけど。

お店自慢は、内装がたぶん一番すごいと思います。内装っていうかもう外見? 外見から中まで全部きれい。

―確かに。今3日間働いて、どれぐらい稼げました?

でもまだ全然。1日目が本当に撮影とかで全然働いてなくて。実質2日間。まあほぼ1日ですけど、でも6万円。

―おお!すごいですね。今東京で1日6万円てなかなかないですよね。

きつい。5万円が限界ですね。東京のときは4~5万円が限界でした。

数万円差が出るって大きいですもんね。

大きいです、全然。交通費も払ってもらえるので。しかも平日でそれなんで、多分金土日でもっといけると思います。

―買い物よりも美容強化!稼いだお金の使い道

―こういう高収入のお仕事始めて、高い買い物とかしましたか?

高い買い物はしてないです。

―偉いですね。お金は基本的に貯金してるんですか?まさかその若さで老後に備えてるとか(笑)

いえ(笑)自分のことですね。美容院とかにめっちゃお金かけるようになりました。

―1回の値段が高くなった?

そう。めっちゃ高いですもん。エクステつけてるんですけど、シールエクステとカラーで4~5万円ぐらいするんですよ。

―ちょっと待って、すごいですね!1回で?

なんかシールエクステがめっちゃ高くて、これまでずっとできなかったんですよ。編み込みだと多分1万円ぐらいで付けれるんですけど。シールだと3万円。

―そんな違うんですか。すごい。

あと、ネイルとかそういうのも行けるようになりました。

―やっぱり接客業だから気を使ってるんですね。

まあ、それなりに。

―そういうわけでもない?自分の趣味でもあるみたいな?

はい、そうですねぶっちゃけ(笑)でも派手過ぎないようにはしてます。

―たしかに派手ではないですよね。

―お金を稼げるようになって変わったこと

―風俗業界を始める前は学生さんでしたか?

学生です。

―お金を稼げるようになって、生活とか変わりました?

普通に変わりますね。買い物とかで買うものの値段が上がったと思います。スーパー行ってたのも全部コンビニとか。あとはタクシーめっちゃ乗るようになりました。それぐらいですね。

―あるあるですね(笑)生活面とは別に、自分自身が変わったことってありますか?

別に変わんないです。若干金銭感覚が変わったぐらいです。

―特に変わらずですね。

―貯金のこと、これからのこと

―今貯金ってどれぐらいたまったんですか?

貯金してないです(笑)

―アハハ(笑)これからどれぐらい貯めたいですか?

全然決めてないです。あればあるだけ頑張って貯めたいみたいな。

―どれぐらいまでこういう風俗のお仕事やろうかなと思ってますか?

え、もう辞めたいです。あんまりやりたくないから。

―まあ、すごいやりたくてやってるっていう人は本当に少ないと思います。

あと1年か2年かな。長くて2年ぐらい。

―それぐらいで上がろうかなって感じですね。

―最後に、風俗業界未経験の女の子に向けてメッセージ

―ことねさんも、やっぱり風俗業界に入る前は結構悩んだと思うんです。

はい。

―このインタビュー読んでる方もそういう未経験の子が多いので、そういう子に向けて一言アドバイスいただけたらと思います。

私も1店舗目は、踏み込むまでにめっちゃ時間かかったんですよ。仕事始めるまでに。

―はい。

でも、踏み込んだらわりとできるし。若いうちしかできない仕事だから、稼げるうちに稼いで、それで自分の好きなこととかやったほうがいいと思います。まあ、そういう仕事ができないなら無理しなくていいですけど。

―まあ、1回やってみてって感じですよね。挑戦して無理だったらやめればいいし。

そう。それでできそうなら働いて、自分が頑張って仕事して稼ぐから、全部自分の好きなことに使ったらいいと思います。

―わかりました。インタビュー以上です、ありがとうございました。

はい。ありがとうございました。

こんな記事も読まれています

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む

人気の業種から探す

人気の業種から探す

人気のエリアから探す

人気のエリアから探す

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む