ルーフVIP丸の内 | 「HajiQ(はじキュー)」インタビュー記事【はじめての風俗アルバイト】

フリーワード店舗検索
全国TOPへ
東海の風俗求人バイト

HajiQ(はじキュー)インタビュー

保証制度ありで 出勤すれば 稼げるお店

丸の内・ファッションヘルス『ルーフVIP丸の内』で在籍2年の岬つばささん(22)にインタビュー!事務のお仕事を週2~3日しながら、掛け持ちで働いているつばささん。旅行が趣味で、やりたいことが見つかったときのためにしっかり稼ぎたいとこの業界で頑張っています。

昼職との掛け持ちで心のバランスを上手にとる

―長く働けているポイントってありますか?

嫌なことは引きずらずに、できるだけストレスをためずに仕事をするのがいいと思います。今はすごい、ストレスフリーで働けています。解消法はプライベートはよく食べるとか、お酒をたくさん飲むとかですかね。あと、仕事以外ではなるべく仕事のことを考えずに、プライベートに専念してます。自分の中でうまく切り替えてやってます。

―大変じゃないですか、掛け持ちされてると。

そこまで、負担なく働けているので、思ったほど大変ではないですね。『ルーフVIP丸の内』のスタッフの方は優しくて、気遣いができる方が多いので、本当に助かっています。昼間の仕事をすることで、バランスを取っています。

―この業界に入るきっかけってなんだったんですか?

シンプルに興味がありました。こういうお仕事、もちろん偏見ある人はあると思うんですけど、私はそんなになかったんです。普段、仕事してても、表面的で深いところに関わることってないじゃないですか。この仕事だと、裸と裸の付き合いじゃないですけど、そうするとプレイが終わる前より終わった後のがなんとなく深い話をするし、そういうとこは結構、普段関わらない人と関われるっていうのは面白いですね。

友達の話を聞いて「やってみようかな」の軽い気持ちで風俗業界入り

―『ルーフVIP丸の内』は求人サイトとかで検索されました?

友達に紹介してもらったんです。友達が働いていて、話聞いてみて「やってみようかな」って感じでした。決め手は、制服が可愛かったことですね。

―初めてのお仕事どうでした?

お客様から「顔」をとても褒めていただいたことを覚えています。写真だと、私、緊張しちゃってつんってした感じなんですけど、しゃべるとそんなことなくてそのギャップがいいって言われます。今でも写真より実物のがいいねって言ってくださいます。

―講習はありましたか?

口頭講習がありました。本当に服着たまんまで、こういうときはこうしますって流れをまず教えてもらって、本当に細かく教えてもらったんですよ。「タオルをこうやって引いてね」とか。初めてだけど、そんなに緊張もせずにできたかなって思います。1時間くらいかけて教えてもらいました。

―働く上で、不安なこととかなかったですか?

今でも不安だなって思っていることは、身バレですね。私の中では、エクステとメークで全然変わると思っていて。普段しないメークをしたり、カラコン入れるだけでも雰囲気変わりますね。あと、髪型は本当に大きいと思います。写真撮影のときだけでも、エクステつけたりするだけでガラッと印象変えられますね。

優しいスタッフには何でも相談できる!優しいお客様には時に励ましてもらえる!

―『ルーフVIP丸の内』のお店自慢をお願いします。

機室が広くてきれいなことと、スタッフの方、全員が優しいこと。お店からの差し入れがあるんですよ。焼き肉弁当とか、矢場とんのお弁当とか。スイーツ系も用意してくれて、気配りがすごいんです。悩み相談にも気軽に乗ってもらえるし、仕事以外の話も嫌な顔せず聞いてくれますね。

―『ルーフVIP丸の内』のお店の雰囲気とかはどうですか?

スタッフの方とは誰とでも気軽に接することができますね。女の子同士は、他の子たちは仲がいいと思うんですけど、私はほどよく、近過ぎず遠過ぎず。一応お仕事なので、そこの線引きはしてますね。スタッフの方も女の子も一緒にやる食事会みたいなのも開催されてるみたいです。カラオケ行ったり、誰かのお誕生日のお祝いしたりしているみたいです。

―お客様はどんな方が多いですか?

年配の人が多いです。20代はまれで、30代はちょこちょこ、40~50代が一番多いですね。たまに、70代くらいの方も来ますね。お話メインで来られます。差し入れをたくさん持って来てくれて、長い時間一緒にスイーツを食べながら、ずっとしゃべってたり。40~50代の方は、仕事終わりに来る方が多いですね。みなさん、元気ですよね。仲がいいお客様だと、自分の話がメインになっちゃって。落ち込んでるときとか、「頑張れよ、つばさ」って励ましてもらってます。

―何か面白かったエピソードはありますか?

日々、面白いなって思ってることは、休みの日に何するのとかいう話になって、自分が全く興味がないこととかも教えてもらえたりすることです。この仕事をしていて、ゴルフする方がすごく多くて。ちょっと興味あるしやってみようってなってゴルフ始めたんですよ。そういうきっかけももらえたりして、楽しんでお仕事できてます。

「危ないから」心配してどこでも送ってくれる優しいスタッフが自慢

―待機って個室、集団って選べるんですか?

両方あって選べますね。待機中は、ストレッチとか、ヨガしてます。気分がのったときに、無理しない程度に。この仕事をしていて思ったのが、体柔らかいほうがいい。いろんな体勢になるんで、私もともと体が硬かったんですけど、硬いと足がつっちゃうんですよ。

―『ルーフVIP丸の内』に入店してよかったことは何かありますか?

店長含めスタッフの方々がとても優しいこと。ラストまで働くときちんと送ってくれます。私、そんなに遠くないので、タクシーなり電車で帰れるんですけど、「いやでも危ないから」って言って送ってくれます。家じゃなくても送ってくれます。今日は飲み会だからっていうと「どこまで?送っていくよ」って言ってくださいます。

何かやりたいことができたときのためのお金を稼ぎたい!

―趣味とかってあるんですか?

旅行が大好きなんです。海外旅行が大好きで、そういうときにやっぱ普通の仕事って有給申請してとか手間じゃないですか。会社の目とかもあるし、でもこのお仕事なら自分で予定を決めてシフトを提出できるじゃないですか。あとよくやるのは、生理期間、どうせ休まなきゃいけないときに合わせて海外に行きます。海外の魅力は自分が見たことがないものばっかり見れるところですね。

―一番感動したものとかあります?

感動したものは、一昨年にニューヨークに行ったんですけど、そのついでにカナダまで飛んでナイアガラの滝を見てきて、そんときは、わーって、もう語彙力がなくなります。東南アジアの、絶対日本にはない発展途上な感じとか、ヨーロッパのずっと変わらない風景とか。旅行にいったら普段できないことをしますね。今年はアジアで虫をたくさん食べました。

―旅行の他に、何かお金の使い道はありますか?

日頃ぜいたくはしません。旅行にしかお金かけないです。ご飯もだし、服とかブランド物には全く興味がなくて。お金がたまったら旅行行ってみたいな感じですね。貯金もしてます。その三つですね。生活費と旅行と貯金だけです。

―貯金は何のためにされてるんですか。

貯金は、将来のためというか、やりたいことができるように貯金はしときたいなと。今は海外旅行にはまって、いろんな景色を見たいからっていってるんですけど、でもそこで例えばふと、これやりたいって思ったときにお金がないと何もできないから。そういうときのためにためてます。貯金の額は、ご想像ください。

―そしたら最後なんですけど、これを読んでる女の子に一言。

『ルーフVIP丸の内』はサポートがすごいしっかりしてるお店です。悩みもすぐさらっと相談できるし、さらっと相談してもちゃんと聞いてくれます。きちんとアドバイスもくれるし、身バレ対策もきちんと対応してくれます。とにかく、スタッフの方が優しくて、お客様も優しい方が多いので、安心して働けると思います。

ルーフVIP丸の内(丸の内|ファッションヘルス)

こんな記事も読まれています

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む

検索結果0