愛のささやき | 「HajiQ(はじキュー)」インタビュー記事【はじめての風俗アルバイト】

フリーワード店舗検索
全国TOPへ
東海の風俗求人バイト

HajiQ(はじキュー)インタビュー

―最初にお名前と年齢をお伺いしてもよろしいですか?

37歳、あゆみです。

―あゆみさんは『愛のささやき』に入店してどれぐらい経たれましたか?

入店して6年です。

―すごいですね、6年目。じゃあもう本当に大先輩というか、ベテランさんというか。

そうですねぇ。

―やっぱり長くいれるっていうのは、居心地が良かったりとか、そういう感じなんですか?

私にとっては居心地がいいです。

―どういうところが、長く続けられた秘訣だなとかってあります?お客様が良かったりとか。

お店の雰囲気かな。

―スタッフさんだとか?それが一番大きいですか?

まずはそこですね。お客様も大事ですけど。

―ちなみに今ってどれぐらい勤務されてるんですか?

週6日で、10時~17時です。

―結構入られてるんですね!

生理のときはお休みです(笑)

―6年前最初に『愛のささやき』を見つけたときって、どうやって知りましたか?

当時は求人サイトで見つけました。

―結構いっぱいお店が出てきたと思うんですけど、その中でどうして『愛のささやき』を選んだんですか?

その当時住んでた所の近所だったっていうのがありますね。今はちょっとだけ離れてます。

―当時住んでた所から近くて、通いやすいなと思って選んだ感じですかね。

そうですね。

―あゆみさんは、もともとこういう風俗のお仕事ってやられてたんですか?

いや、ここが初めてなんです。

―それで6年間。すごい。面接はここでやったんですか?

うん。お店でやりました。

―面接はどんな感じでしたか?

ま、やっぱり緊張はしましたよね。

―そうですよね。緊張しながらも、その当時の店長さんが対応してくれてっていう感じですか?

うん。分かりやすく、親切に教えてくれました。

―お給料のこととか、仕事内容とか、これやっちゃ駄目とかいいとか、そういうことを説明してくれたと。

はい。

名古屋って店舗型の風俗店がいっぱいあるじゃないですか。その中でも『愛のささやき』が良かったっていうのは、何かあるんでしょうか?

何でしょうね(笑) 親切な感じが本当に良かったです。すごく人見知りなので。

―ちょっと引きつってますもんね(笑)

アハハハ!

―大丈夫ですよ。何店舗か面接って行ったんですか?

行ってないですね。

―こういう風俗のお仕事を始めるにあたって、誰かに相談とかってしましたか?

してないと思います。

―それはそうですよね。もちろん内緒でやられてると思います。でも本当に6年間続けられるというのは、いいことですよね。転々とするのはやっぱり嫌じゃないですか。

転々とすると、また1からお客様を作らなきゃいけないし、そこのシステムに1から沿わなきゃいけないしっていうのがありまして。

―それも考えて、同じお店でできれば長く働きたいなと思ったってことですね。6年もいらっしゃるんであれば、こんなことないと思うんですけども、働いてみて求人内容と違うところとかってありました?

求人内容…(笑)

―もう昔すぎて、求人内容を覚えてないってなりますよね(笑) 面接していざ働くってなったとき、すぐに働いたんですか?面接終わった後に「じゃあ体験入店します」みたいな感じで。

面接終わってから、先にちょっとだけ流れを教えてもらいました。それですぐに体験入店っていう感じでしたね。

―その日のうちに働いたんですね。1人目のお客様とか覚えてます?緊張しました?

緊張しいなので緊張しました(笑)

―6年前の未経験のころに、こういう高収入のお仕事を始めたきっかけは何だったんですか?

まあ、お金が欲しかったと思うんですよね(笑)

―基本、皆さん金銭面でっていう感じですよ(笑)

そうですよね。最近はなんかちょっと、小遣い稼ぎたいからとか、そういう方が多いですよね。旅行行きたいからとか。

―確かに多いですね(笑) 旅行に行きたいが、結構多いです。

そうですよね。フランクな感じで働いていますよね。

昔より、風俗業界に対する敷居が下がった気がします。

働きやすいと感じることがすごく多くなったと思います。

―昔より働きやすくなったと思います。あゆみさんがこのファッションヘルスっていう業種を選んだ理由ってあったんですか?デリヘルとかソープとか、他にも業種はありますけど。店舗型と派遣型の違いとか。

店舗型のほうが安心だと思いました。

―派遣型で離れた所でお仕事するよりも、店内にスタッフさんがいたほうが安全なのかなって。やっぱりそれは、未経験ながらも思ってたことだったんですか?

そうですね。うんうん。

―未経験の人って、ファッションヘルスのこともよくわからないじゃないですか。どこまでのサービスなのかとか、単語自体がちょっと分からなかったり。あゆみさんは事前準備でいろいろ調べたりしたんですか?

ちょっと調べたかもしれない。ソープではない、デリヘルでもない、店舗型のお店で。

―風俗業界に入る以前は、どのようなお仕事をされてたんですか?

以前はエステというか、美顔というか、お化粧品を売ってました。

―そちらを辞めた理由とかあってあったんですか?

もうちょっとお給料が欲しいなと思って、まあそれだけですね(笑) それで勇気を持って飛び込んだっていうことです。

―なるほど。こちらの『愛のささやき』に入店して良かったこととかございます?

入店して良かったことは、いっぱいありますけど。まずはスタッフさんの人柄がいいっていうことですね。

―僕もさっき対応していただいたんですけれども、本当良くしていただいて。信用できるスタッフさんというか、女性も安心して働けるようなお店なんだなって思いました。

本当ですか?ありがとうございます。

―あゆみさんは未経験だったから、面接したときに講習ってありましたか?

初めてだからもちろん講習ありました。お仕事の流れとかを口頭説明で教えてくれたっていう感じです。

―説明があると安心ですよね。未経験の頃、風俗業界に対してどういうイメージがありました?

お仕事を始める前は、やっぱり夜の世界っていうイメージがあるので、どうしても怖いっていうイメージがあったんですけれども。働いてみたら、そういうのはなくなりましたね。

―年齢ってどれぐらいの人が多いですか?

ここは幅広いです。若い20代前半の人から、60、70歳近い人まで来られます。

―すごいですね!いろんな世代が集まるお店。いいお店ってことですもんね。今ってお仕事のことは周囲に内緒にしてると思うんですけど、バレないための工夫とかってしてますか?

人に聞かれたときは、うそついてます(笑) 事務やってますとか。あとは深くしゃべらない。

―それが一番ですね(笑)  『愛のささやき』では待機中って個室待機ですか?

私は大部屋にいます。

個室待機か集団待機か選べるんですか?

はい。

―個室待機がいいって方が圧倒的に多いんですけど何で大部屋なんですか?

1人でいると、寂しいから。それだけです。お客様がいるときはいいんですけど。

―すごい分かります。嫌ですよね。待機中は、その大部屋で一緒にいる人と話したりしてるんですか?

そうですね。あとはテレビ見たりとか。

―ちょっと寝てみたり。基本的に自由な感じですか?

待機中はそうですね。

―じゃあ結構女性同士で交流があるんですか?

深くなく浅く。あんまり入り込まない。それが、仲良くする秘訣だと思う。

―なるほど。僕今日お会いしてないんですけど、店長さんってどんな人なんですか?

店長っていう役職の人はいないんですけれど(笑)

―そうなんですね!常務さんとか専務さんとか、いろんな役職の人がいるってことですか?

ここは1店舗なので、社長がいます。あとはスタッフさん2人です。

―社長さんってどんな方ですか?

気さくな方です。

―結構店舗に顔出されたりするんですか?お店の女の人とも交流をちゃんと取ってくれて「どうですか?」みたいな感じで。

うん。そうですね。

―それは良いですね。あゆみさんが思う、高収入のいいところと悪いところありますか?

いいところは稼げるとか、即日にお金が入るとか。

―はい。悪いところは、例えば最近多いのが金銭感覚がマヒするとか。

あ、それはありますね。むしろお金をためづらいっていうのがあります。

―逆にですか?次の日もお金もらえるからいいやみたいな感じで。ちょっとコンビニ寄ったら多めに買ってしまうとか。やっぱりあるんですね。

ありますね。すごい意志を強く持ってないと駄目です(笑)

―なるほど。今どうなんですか?

全然駄目です(笑)

―何か趣味とかあるんですか(笑)?

趣味は特にないですけど。お買い物だったりとか、通販にはまったりとか。通販で下着買っちゃったりとか、お洋服買っちゃったりとか。

―でも下着とかは、お客様に接客する際にも大事なので、投資じゃないですけど。お店のためを思って買ってるものだと思うんで、僕はいいと思うんですけどね。

ありがとうございます(笑)

―今、大体月収ってどれぐらいか分かります?日払いだから計算したことないですか?

月収は40万から良くて50万円とかです。でもやっぱり40万円ぐらいかな?そこは目指そうかなって。

月収40万円、十分すごいですよ!お金は生活費とか買い物とかに使ってるって感じですか?

そうですね。

1日平均だと大体どれぐらい稼げるものなんですか?

出勤日数が月20日ぐらいとして、40万÷20日=2万円ですね。

―1日2万円ぐらい。今までで一番稼いだ額は覚えてますか?

まあでも、1日5万円ぐらいかな。

1日で5万円ってすごいですよね!

そうなんですよ。そういうのがあるから、ね。

やめられないっていう話ですか(笑)

そう(笑) 

―お金を稼げるようになって、高い買い物とかしましたか?テレビ買ったとか車買ったとか。

いや、あんまりないですね(笑) 何買ったかなあ。

―ちょこちょこ使ってく…。

うん。私はそうですね(笑)

―よく聞くのは友達にご飯を誘われたときに、お金が無くて行けなくなるのが嫌だから、こういうお仕事を始めましたっていう子もいました。

へえ、そうなんだ。いろいろありますね(笑)

―高収入のお仕事を始めてから、生活の変化ってありましたか?以前はエステとかのお仕事をされてたそうですけど、収入が結構変わったりとか。

収入は変わりました。びっくりしました。1日でこれだけもらえるんだって。

―確かに。エステはどれぐらい頂いてたんですか?

手取りで17万~18万円。

―おお、じゃあもう2倍以上ですもんね。全然違いますね。

そうですね。

―やっぱり生活は変わるんですか?焦りがなくなったとか。

うん。変わりました。なんか、バンバンお金を使うようになりました(笑)

―今は大体、貯金はどれぐらい貯められましたか?

貯金ないんですよ(笑)

―えっ、そうなんですか?

真面目に。一番あるときで150万円ぐらいあったんじゃないですかね。

―すごいすごい。

でもなんか昔、お金使いが荒くなった時期があって、今はほとんどないです。

―そうだったんですね。今後は幾ら貯めたいとかってありますか?

あればあるだけいいんですけど(笑) 

―そうですよね。こういう高収入のお仕事を始めて、何か自分が変わったことってありますか?人見知りがなくなったとか。

人見知りは今でもあるんで(笑) 変わったこと、何だろう。

―お金の使い方ですか(笑)?

そうですね。

―まあでも、ストレスなく使えるっていうのはいいんじゃないですかね。

うん。

接客する上で気を付けてることとかってありますか?例えば容室にこまめに行くとか。

あんまり太らないようにはしています。

―サプリ飲んだりとかですか?結構大変ですよね、あれって高くないですか?

美容の部分でサプリメントは飲んでるけど、ダイエットの部分では飲んでないんです。

―ジム行ったりとか?

体重が増えたら、もう食べない(笑) あまり食べない。

―断食するんですね(笑)

うん。夜、軽くするとか。

お客様に気を使った生活をしてるというか。

うんうん。

―素晴らしいですね。じゃあこれで最後になります。このインタビューを読んでる方は、初めて風俗をやろうかな、どうしようかなって悩んでいる子達が多いんです。そういう子に向けて、何か一言アドバイスをいただければなと思います。

悩んでるようであれば、1回ちょっと体験してみるのもいいと思います。

―先ほど、やっぱり新しい人入ってきてほしいなってちょっと話してたじゃないですか何歳ぐらいの女性がいいかなって思います?

『愛のささやき』の話でいいんですよね?一応人妻店なので、30代の方。30~40代前半の方がいいと思います。

40代から始める方とかもいますからね。そういう方だったら、お店のコンセプトとかにマッチして、働きやすいっていう感じなんですかね?

そうですね。今の質問難しかった(笑)

―まあ自分に合ったお店を探して、働いてみたらどうですかって感じですか?もし合わなかったら辞めればいい話ですからね。

うん。居心地が悪いとね、来たくもなくなっちゃうと思うから。

―そういう居心地の面では、『愛のささやき』はお薦めできるという感じですか?

そうですね。私はそう思います。

―良かったです。それではインタビューは以上になります、ありがとうございました。

はい。ありがとうございました。

こんな記事も読まれています

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む