NOVA-ノヴァ- | 「HajiQ(はじキュー)」インタビュー記事【はじめての風俗アルバイト】

フリーワード店舗検索
全国TOPへ
東海の風俗求人バイト

人気の業種から探す

人気の業種から探す

人気のエリアから探す

人気のエリアから探す

HajiQ(はじキュー)インタビュー

―最初にお名前と年齢を聞いてもいいですか?

名前は「のあ」です。20歳です。

―今、『NOVA-ノヴァ-』に入店してどれぐらい経ちました?

半年ですね。

―結構慣れましたか?

はい。

―普段はどれぐらい勤務されてますか?

時間は15時~ラストです。

―週どれぐらい働かれているんですか?

出稼ぎなので、週単位じゃないんですけれど。

―へえ!じゃあほぼほぼ毎日出ているという感じですか?

そうです。今週はずっといますね。

―何か他にお仕事ってされてますか?

今はしてないです。

―最初に『NOVA-ノヴァ-』を見つけた方法って覚えてますか?

ネットの求人を見ました。

―どういうふうに問い合わせしたとか覚えてますか?電話とかメールとか。

メールです。

―メールで、いついつ面接行きたいですみたいな感じで。お返事はすぐに返ってきましたか?

早かったですね。

―他にも何店か問い合わせしてみましたか?

2、3個したかもしれないです。

―半年前ですから覚えてないですよね。面接はどこでやったんですか?

お部屋(プレイルーム)で店長さんが対応してくれました。

―面接はどんな感じでした?ざっくりでいいんですけど、初顔合わせですよね。

面接の前に大体全部話はメールで決まってて、仕事の説明だけって感じでした。多分、イメクラだからイメクラの説明ぐらいだったと思います。

スムーズなやり取りだったんですね。店長さんはどんな人ですか?

店長さんは優しい人です(笑)

この名古屋エリアを選んだ理由とかってあるんですか?

愛知(名古屋)は来やすくてバレにくいから。

―ご自分が住んでいる所から来やすくて、名古屋に住んでいる知人もいなくて、ですね。例えば東京都内とかはやっぱりちょっと遠すぎますか?

都内のほうが近いんですけど。都内って店舗型が多分少ないんですよね。少なくて安いので。

―少ないかもしれない。僕、今日東京から来たんですよ。愛知の方が単価が高くてしっかり稼げそうですよね。

名古屋はお店も多いですしね。選びやすいかもしれない。

―ネットで求人を何店舗か見たと思うんですけど、最終的に『NOVA-ノヴァ-』に決めた理由は何でしたか?

最終的に決めた理由は、返事の早さと、こちらが聞いたことに対する返事の仕方ですね。

―質疑応答の話ですか?丁寧さというか。

雑なところってもう決まり文句があるのでテンプレみたいなのが返ってくるだけとかが多かったんです。

―聞きたいことに対して的外れなことを返してくるお店もあるってことですね。

そうですね。時間の無駄になっちゃうので。

―簡潔にちゃんと話してほしいですよね。そういう面で『NOVA-ノヴァ-』は対応がちゃんとしてたんですね。

はい、ちゃんとしてました。

―のあさんは、地元のほうでもこういう風俗のお仕事はされてたんですか?

地元ではしてないです。

―じゃあ『NOVA-ノヴァ-』一本ですね。お仕事を始めるにあたって、誰かに相談とかしましたか?

相談してないです。誰も知らないです。

―みんな内緒ですよね。風俗業界のお仕事は、『NOVA-ノヴァ-』で何店舗目ですか?

ヘルスは3店舗目です。エステもやってたので。エステの方が長いです。

―いざ『NOVA-ノヴァ-』で働いてみて、求人内容と違うことってありましたか?

サイトの内容はそんなに覚えてないですけど、メールで聞いたところと違うとこはなかったです。

―じゃあちゃんと正直に話してくれたって感じですね。それもお店選びの上で大事な一つですよね。

そうですね。

―結構対応の良さみたいなところを気にされてるじゃないですか。やっぱり慎重にちゃんと選びたいという感じですか?何か嫌な思いをされたのかなって思ったんですけど。

嫌とかだまされたとかはないですけど。たぶん出稼ぎなので余計にですよね。来てから何かあってだと遅いので。

―確かに。全くの嘘求人でも「帰ります」って言えないですからね。その点『NOVA-ノヴァ-』は嘘偽りなく説明してくれたんですね。

はい。

―面接のときって何か必要なものございましたか?顔写真付きの身分証ぐらい?

その身分証と、本籍地が入っている身分証。

ちゃんとした風俗店だったら必要ですからね。ちなみにこういう風俗のお仕事を始めたきっかけって何だったんですか?

きっかけは仕事を辞めて、何をしたいか分からなくなってしまって、出勤とかの縛りがない仕事を探して。

―ちょっと、自由に働きたいなと思ったんですか?

それが大きいかもです。それぐらいですね。

―以前はどういうお仕事をされていたんですか?

販売員です。

―結構大変じゃないですか、立ちっぱなしとか。業種にもよりますけど。そういうのもあって、ちょっと変えたいなって。やっぱり出勤制限とかきつかったんですか?

仕事は仕事なので普通にやってたんですけど、まあいろいろあって辞めてから1、2カ月何もしてなかったので。そこでどうしようみたいな感じでエステを探して。

―そのときはどういうのを見たとかあります?求人サイトですか?

探すときは全部ネットです

―エステは何で辞めようと思ったんですか?

エステを辞めようと思った理由は、行ってたお店が遠くて。で、何となくヘルスってなんだろうと思って始めたんです。

―派遣型エステだったんですか?

ホテルに行くやつですね。

―そんなに遠かったんですか?

片道4時間ぐらいかかっていたので。

―片道4時間ですか、それはきついですね!旅ですね(笑)

旅ですね(笑) 出稼ぎの所に朝行ってました。

―ファッションヘルスが気になって働いたっていうことなんですけど、やっぱり店舗型の安心感というところにひかれたんですか?

夜中は営業していないので夜中働かなくていいっていうのが大きかったかもしれないです。

―確かに12時で閉まりますからね。今までのお店は深夜営業もしてて、ちょっと嫌だったというか?

ファッションヘルスは24時まで回しているお店ですけど、エステは深夜3時までやってたので。デリヘルさんとか調べたけど、大体が多分夜ですよね。

―朝4時とか5時までやってますよね。

それが嫌かなと思って。

―あとは、お客様が向こうから来てくれるから移動もなくて効率良く稼げたりとかそういう感じですか?

そこまで考えてなかったですけど(笑)

―正直ですね(笑) いざ自分で探して『NOVA-ノヴァ-』に入店して、良かったことってありますか?

良かったことは、稼ぎがいいところですね。

―本当ですか?すごい。自分が思っていた以上に稼げていますか?

前にいた別のお店よりは全然稼げます。

―すごい。稼ぎは大事ですよね。のあさんは経験者ということですけど、入店した時に講習はありましたか?

実技講習はなかったです。

―お仕事説明だけですかね。お店の雰囲気とか環境はどうですか?

店員さんが優しいです。変な人がいないです。

―お客様は、基本的に何歳ぐらいの方が多いですか?

30~40代だと思います。結構年配の方もいらっしゃいました。

―幅広くですね。のあさんは風俗業界が初めてのときは、業界に対してどういうイメージを持ってましたか?

イメージは、怖いとこ。お店の雰囲気は怖いかなと思ってました。

―ちょっとどんよりしてるとか、閉鎖的なのかなって?自由がないとか。

何ていえばいいんだろうな。ドライというかきついというか、そんな感じ。

―人が冷たいとかですかね。気を使ってくれなさそうな世界だと思っていた?

それ、そうかもしれないです。

―実際働いてみてどうですか?

割とそういうとこは少ないと思います。私が出会った限りでは少ないです。

ちゃんとお店の人も女の子を大切にしてくれているんですね。『NOVA-ノヴァ-』は待機中は個室待機ですか、集団待機ですか?

ここは完全に個室待機です。

―完全個室待機。集団待機というのはないんですか?

人が本当にあふれたときに、多分数分とか数十分だけです。

―じゃあ基本的には他の女の子との交流というのはないんですね。

廊下でたまに会ったりして、あいさつとか世間話ぐらいですね。

―のあさんは、待機中はいつも何しているんですか?

寝てます(笑)

―コール待ちみたいな。

そうです。

―では、のあさんが思う高収入のいいところと悪いところってありますか?

いいところはやっぱり、高収入なことですね。あとは出勤時間を自分で決めれるところと、自分で日にちを選べるところでしょうか。

―やっぱりのあさんは、時間が大事だったんですか?

多分シフトに疲れちゃったんでしょうね。よく遅刻とかもあったので。

―シフトって、この日に絶対行かなきゃいけないってなりますもんね。それがちょっと憂うつだったというか。

疲れちゃったんだと思うんです。

―だったら自由出勤で高収入なお仕事がいいなって思ったと。

そうですね。

―わかりました。『NOVA-ノヴァ-』のお店自慢とかありますか?お店きれいですよね。

はい。お店の自慢は、お部屋がきれいです。あと本当に店員さんに変な人がいないです。ちゃんとお仕事としてしっかりやっているんで。

―変な言い方ですけど、チャラついてないというか。

セクハラとかがあるお店もあるけど、そういうのは本当に一切ないですし。

―『NOVA-ノヴァ-』の店員さんは、変な手出したりはしないというか(笑)

ここは、ちゃんとしています。

お仕事として働いている、しっかりした人が多いってことですね。ちなみに今って月収で大体どれぐらいなんですか?ざっくりでいいですよ。

大体私どれぐらい出ているんだろう?2週間出たとして、えーと…。(※スマホを出す)

―ちゃんと記録に残しているんですか?

いや、計算しようかと思って。2週間は14日だから…本当に稼げるときは多分これぐらい稼げるんですよね。(※画面を見せる)

マジですか?2週間で?

うん。でも保証の話をすると5万円だから、それでもこれぐらいは稼げている。

―すごい…!

出稼ぎだと最低でも保証で結構もらえるので、もっと長く時間出ている人はもっと稼げています。実際にいるんですよ、12時ラストで出ている人とか。私は15時ラストですけど、12時から出ていればもっと稼げるから。

―すごいな。じゃあ、1日平均大体5万円以上ですか?

そんな感じですね。

―平均1日5万円で、最高どれぐらい稼いだとかってあります?

1日最高いくらだったかな?でも10万円いかないぐらい。9万ちょいとかあった気がします。

―それでもすごいですね!やっぱり集客率がすごくいいんですか?

集客率もいいし単価もいいと思います。

お仕事1本に対するバックも良くて、すごく稼げるという感じですね。

普通のお店に比べて、オプションとかもわりと付く気がします。

お客様ももったいぶらないというか、羽振りがいいというか。自分に正直な人が多いってことですね。

確かに。やりたいことはちゃんと付ける気がします。イメクラなので、ちょっと特殊なのかも。

―変わった性癖を持ったお客様が来るイメージがありますね、イメクラは。これをしたいから来るという感じですもんね。のあさんは、稼げるようになって何か大きい買い物とかしましたか?

最近の大きい買い物は、冷蔵庫ですかね。大きいやつなので、10万円ちょっとでした。

―まあ高いですね。それ寮に置いてあるんですか?

家です。

―おうちに。今って大体貯金はどれぐらい貯まりましたか?

貯金はそんなにない気がする。

―お金は何か趣味に使われたりしているんですか?

最近は本当、家に使ってます。家電とかに使っちゃって。冷蔵庫とか。

―欲しくなっちゃうというか。炊飯器、掃除機…。

あ、そうです。掃除機も買ったし、エアコンも買ったし。

―家電芸人みたいですね(笑)、めっちゃ家電好きじゃないですか。ヤマダ電機大好きみたいな。こっちヤマダ電機っていうんですか?

ヤマダ電機かな?電機屋さん大好き(笑)

―まあ、今は電機屋さんに貢いでいると。

そうですね(笑)

―今後いくら貯めたいとかってあります?

辞めるまでは…頑張って貯めたいです。

―貯金できたらいいなみたいな感じですね。辞めるまでって仰ってましたけど、どれぐらいで風俗のお仕事を辞めようかなって思ってるんですか?

どうですかね。嫌になったら(笑)

―ちょっともう限界かなと思ったら(笑)。結構収入が変わって、生活も変わったと思うんですけれど、どういう変化がありましたか?

家が大きくなりましたね。

―引越しですか?何LDKのとか?

そっか、この仕事を始めたきっかけは引越しだ。賃貸ですけど、もともと住んでたところが全然考えずにすごい急に引っ越した場所で、すごい狭かったんですよ。広い所に引っ越したいって思って。

―それで引っ越しのお金を稼ぐために風俗業界で働きだしたんですね。

そうですね。引っ越しプラス初期費用とか家電とかですよね。有意義に使いました。ソファ買ったりとか。

―ソファ買ったり、ベッド買ったり。カーペットとか。

それがエステ始めた理由だった気がする。

―謎が解けて良かったですね(笑)前のお店と比べて結構収入が変わったって言ってましたけど、どれぐらい変わりましたか?

『NOVA-ノヴァ-』の前にいたお店は5日間しか働かなかったんですけど、本当に少なかったです。自分のエステのお客様を呼んだぐらい少なかった。

―仕事熱心で素晴らしいです。じゃあ、もうかなり変わったってことですね。

そうです。でも同じ業種だからあんまり言わないほうがいいと思う(笑)

―了解しました(笑) こういう風俗のお仕事を始めて自分が変わったことってありますか?人見知りがなくなったりとか。

余計になんか人見知りしている気がする(笑)

―逆に(笑) あとはまあ、お金の感覚が変わったとか。

お金の感覚。でも昔は買えなかったですよね、家電とか。

好きなことにお金を使えるようになったというのが一番大きいですかね。そんなに家って広くなったんですか?

今、4部屋。

―ちょっとすごいですね。それを維持していくために頑張っていきたいなみたいな感じですか?

そうですね。

―それではこれで最後になります。このインタビューを読んでる女性は、風俗未経験の人が結構多かったりするんですよ。のあさんも初めてのときって悩みました?

悩みましたね。多分メールとか送って、すぐには行かなかったです。2、3日ちょっと悩んでたかな。

―以前インタビューした女の子は、1~2カ月って言ってました。

でも本当に行動するまではそれぐらいかかっている気がするんです。で、いろんなところにメール送ってみたりとかして。

―行かないけどとりあえずメール送って話を聞くみたいな。で、決心して行くみたいな。そういう方が本当に多いんですよ。そういう子に向けて何か一言いただければなと思います。

『NOVA-ノヴァ-』に入るにあたってということなら、安心していいと思います。

店員さんの面や、お給料の面もそうですし。総合的に安心できるいいお店ということですよね。

あとやっぱりイメクラなので、始めるまでにいろいろ聞いたほうがいいと思います。イメクラって名前だけだと大変なイメージがあるけど、わりと何とかなります。

思っているよりも難しい業種ではないと。悩んでいるんだったらちょっと1回やってみてと。

わかんないことは全部聞いたら全部ちゃんと返ってくるから、聞いたほうがいいと思います。

―例えば一つでも納得できないことがあったら、ちゃんと答えてくれるまで聞いたりとか。

それ大事だと思います。

―ちゃんと誠実に対応してくれる店舗を探して面接に行くのが一番いいという感じですかね。でものあさんがここにいるので、僕は『NOVA-ノヴァ-』は大丈夫だと思っているんですけれども。

モヤモヤしたまま働かないほうがいいと思う。で、あとはイメクラだけど最初はイメージやらなくてもいいので、普通にヘルスと変わらないコースだけでもやれるから、とりあえず入ってみるといいと思います。

―まあ、それで合わなかったら辞めればいいですし。ちょっと1回挑戦してみて、もし合ったら一緒に働いていけたらなみたいな感じですかね。

そうですね。

―わかりました。インタビューは以上になります。ありがとうございました。

はい。ありがとうございました。

こんな記事も読まれています

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む

人気の業種から探す

人気の業種から探す

人気のエリアから探す

人気のエリアから探す

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む