アラフォーna奥様(埼玉ハレ系) | 「HajiQ(はじキュー)」インタビュー記事【はじめての風俗アルバイト】

フリーワード店舗検索
全国TOPへ
関東の風俗求人バイト

HajiQ(はじキュー)インタビュー

西川口にありますファッションヘルス、『アラフォーna奥様』「西野かえで」さんにインタビュー!

今回は埼玉県の西川口にありますファッションヘルス、『アラフォーna奥様』(アラフォーなおくさま)にお邪魔いたしました。インタビューのお相手は在籍している「西野かえで」さん(48歳)です、よろしくお願いします。

お名前:西野かえで さん
年齢:48歳
入店歴:4カ月ぐらい
業界経験:初めて(未経験)
勤務形態:週3~4日、昼職(介護福祉)とかけもち
環境:バツ1(お子様1人)

西野さん、全然48歳に見えないです。年齢を上にごまかされてるのかと思いきや、そうでもないようですが「お客様にも結構そう言っていただいてます(笑)」とのことでした。

在籍4カ月ということで、お仕事には慣れてきましたか?

・新人期間が2ヶ月と決まっていて、それがようやく外れたくらいなので、まだ全然慣れない。
昼職の空いている日にこっちでアルバイト
・昼職は介護福祉士

― 介護のお仕事とちょっと通じるところはありますか(笑)?

― どうですかね(笑)?人妻店なので、なんとなくお客様も年齢が上の方が多かったりします。ちょっと基本的に、似たものはあるかもしれないです(笑)

風俗のお仕事を始められるにあたり、求人を探した方法

・ネットでホームページをあちこち探した。
・年齢が年齢なので、ただ求人サイトを見ただけではすぐに見つからないので、条件を入れて探せるサイトを使った。
業種などをなるべく事細かに入れて検索した。

「はじ風」の姉妹サイトに、そういったお姉様、奥様世代に向けた「30からの風俗アルバイト」があります。かえでさんはそちらも見てくださったそうです(ありがとうございます)。求人を探すにあたり、かえでさんなりにこだわられたポイントもお聞きしました。

― 年齢を入れるところは大前提なんですけれども、それ以外にはこういう個室の店舗型を探しました。やっぱりデリヘルみたいにどこかに行ってっていうのはちょっと、初めてなので怖いし。初めてなので風俗業界の単語とかそういったものも全然わからなかったので、とにかく安心・安全をまず優先で、そういうところでっていうのを探しました。

― 店舗型なら、スタッフがすぐ近くにいますからね。

― はい。何かあったらすぐ助けに来てくれるし。同じ仕事をされてる女性が隣の部屋にいるって思うと、何かあったときに「同じ境遇で働いてる方がすぐそばにいる」っていうだけで、ちょっと心強かったりして(笑)

― そうですね。

― 全く単独で、「はい、あなたここに行って。あそこに行って、1人で行ってらっしゃい」っていう、1人で行動するのがまず怖かったので。この仕事に飛び込む時点で、まず不安でいっぱいなので。そういう不安を一つでも解消できるところっていうことで、色々探しました。

西川口エリアについて

場所は、あんまり遠くても近くでもっていう、家からの距離感を考えた
・家から30分~1時間ぐらいの間で通えるところを探した。
・遠からず、近からず。
・まだ子供がいるので、あんまり通勤時間がとられてしまっても困る。
・かといって近いと、知り合いが来たときにちょっと不安。
・ちょうどいい距離感で、安心できるところで探した。

『アラフォーna奥様』で働かれる前は、西川口に来たことがあったのかなどもお聞きしました。

・西川口に来たことは全くなかった。
・怖いイメージがあった。
・降りて買い物をするとか何かする場所でもなかったので…。
・買い物は他の地域で間に合うので、来たことはなかった。
・『アラフォーna奥様』の面接をするために初めて降りた。

― 実際に降りてみて、どうでしたか?

― お店の場所が分からなかったので、駅降りてすぐの所に、お店の方が迎えに来てくださったんです。なので迷うことなくスムーズにお店に行けました。「ここを通って、こう来ると安全だよ」みたいに教えていただいて、通ってきたので、そんなに怖い思いをすることはなかったんですけれども。その後やっぱり、通勤してる間に「ああ、本当にいろんなお店があるんだな」っていうのを初めてわかりました。

― 西川口は似たような風俗店が密集してますもんね。

― でも、噂で聞いてるよりは縮小されてる感じを受けました。普通の方が駅を乗り降りされてるので、それもそっかって(笑)

風俗関係者やお客様しか行かない街というイメージがなんとなくあったようです(笑)。西川口は縮小というか、前より健康的な街になってきています。昔から風俗が有名な場所ではあるんですけど、紆余曲折ありました。

お店に連絡した方法と、面接の様子

・メールで電話して、面接のお話をさせていただいた。
・面接では、全くこの業界に触れたことも、見たことも聞いたこともない生活を送ってきてたので、一つ一つ全てが驚きの連続だった。
面接で聞いた内容と、求人内容に違いは全くなかった。
・むしろもっと細かく丁寧に教えてくれた。

― 面接官の方の印象はどうでしたか?

― こういう業界だからということは全くなく、逆に親切丁寧といいますか、私の不安をくみ取ってくれてるような感じでした。スタッフの方もそういう女性(未経験の女性)が来るってことはわかった上で、接してくれてる感じはしました。

最初は不安に決まってますよね。本当に業界未経験だったかえでさん、ちょっとビックリのエピソードもお話しくださいました。

― 私、面接じゃなくて講習の時に不安で1回泣きました(笑)。つらくてではなくて、もう入店する前の段階で、不安で、わーんって泣いてしまいました。

― でも店長が、「泣くぐらい真面目に話を聞いてくれる子だったら絶対大丈夫だよ」っていうふうに真摯に受け止めてくれて。「こんなに真面目に物事を全部受け止めてくれる人だったら、絶対大丈夫だから」っていうふうに言ってくださって。

― よかったですね。僕が言うのも変な話ですけど、ものすごい丁寧で、親切で、優しいスタッフさん方だと思いますよ。『アラフォーna奥様』だけではなくて、ハレ系のどのお店もですけど。だから多分、最初からいきなりいいお店を選ばれたんだと思います。

― ありがとうございます。よかったです。

『アラフォーna奥様』の客層

年齢層はものすごく幅広い。
・皆さんごく普通の方が多くて、特に変な方もいない。
・自分の場合は20歳~80歳まで(笑)

― 80歳まで?それこそ介護ですね(笑)

― フフフ。でも全然、本当にお元気というか、しっかりされてるというか。逆にうらやましいなと思うぐらい、はつらつとされてました。

お店で働いてる女の子たちの世代

・『アラフォーna奥様』というくらいなので、30代~40代の方だと思う。
・基本は個室待機なので、すれ違ったりとか出勤時間が重なった時に一緒になるくらい。・別々にお仕事してるので、直接たくさんお話しする時間もない。
・挨拶したりとか、ちょっと話したり、通りすがりや待ってる間とかに何かおかしかったら「大丈夫?」って直してくれたりする。
「お疲れ様」とか声かけてくれたり、みんな優しい。

待機中のことや、スタッフさんのこと

出勤さえしてしまえば、個室待機なのでお部屋の中でゆっくりできるし、プライベートがあるようです。かえでさんの待機エピソードをお聞きしました。

― 私、一度ちょっと時間が空いたときに、ここで横になってたら、本当に寝ちゃったんです(笑)。そしたらお客様が来た連絡の電話がかかってきたときに「起こしちゃってすいません」って、逆にスタッフの方が優しく言ってくださって。あ、寝てたのばれたなと思ったんですけど(笑)

― 「起きろー!」じゃないんですね(笑)。優しいですね。

―  はい。雪が降った日とかには、先に来てエアコンつけててくださったりとか。ここのスタッフさんは、すごく気遣いしてくださいます。

ハレ系グループについて

『アラフォーna奥様』はハレ系という大きなグループの店舗ですが、かえでさんはそのことは全然知らなかったそうです。

・全然知らなかったけど、面接のときに大手さんだということは聞いた。
・店長を介さない女の子用の相談窓口のことも教えてもらった。
直接電話すれば、名前を言わなくても「◯◯店なんですけど、こういう相談があって」と連絡できる相談窓口がある。(自分はやったことはない)

大手ならではの環境もあり、お客様の信頼にもつながっているようでした。

― やっぱりお客様にも「大手さんだから、ここはものすごく管理がしっかりしてるし。女の子も安心して会うことができる」っておっしゃってくださって。お客様も大手だとわかってて、それがよくて選んでいらっしゃるみたいなところはあるみたいです。

大人の女性ならではのアリバイ対策

かえでさんはお子様もいらっしゃるということで、若い子と違って気を付けなければいけないことも多いと思います。風俗のお仕事をされていることを、外に知られないために気を付けていることをお話しいただきました。

■『アラフォーna奥様』側の対策

まずマジックミラーでお客様を確認。
知り合いかどうかをまず確認して、万が一知り合いだった場合は拒否できる。(お店のスタッフに言えば、会わなくて済むようにしてもらえる)
・写真も、顔を出さないでお店の中に貼るとか、ホームページでも全くわからないように出すとか対応をしてくれる。
・顔を出す、出さないの判断も自分でできるので安心。

■かえでさんご自身の対策

― まだ始めたばっかりなので、私のほうが教えてほしいぐらいなんですけど(笑)。でも皆さん見てると、それまでは「顔を隠して、背中を丸めて」っていうイメージだったんですけど、皆さん堂々とはつらつとされてて、明るく「お疲れ様!」とかそういう感じなので、1個の仕事として確立されている感じはします。まあ子供とか身内とかには正直知られたくはないですけど。今は携帯や出入りぐらいしか思いつかないです。

自由出勤やお店の待遇のこと

時間もこちらの都合で融通してくれる。
・例えば「今日学校に行かなきゃいけないから、何時に上がらせてください」とか最初のシフト予定時間から変わっても対応してくれる。
・この前も午前中用事があって、店長と相談して時間を変えてもらった。
・ケガしたりとか、急用ができたのでちょっと早く帰してくださいとか、前もってでも当日でも対応してくれる。

― 若い子のお店とはちょっと違う気遣いを、お店なりにもしなきゃいけないんでしょうね。

― そうですね。皆さん同じ年代だからお子さんとかいらっしゃって、「今日は授業参観があります」とか「子供が熱出しちゃったので、ちょっと帰りたい」とかいうときに、融通を利かせてくれると思います。そこが、アラフォーというか私たちの年代にはありがたい、働きやすい部分だと思います。

気持ちの切り替え・やる気スイッチ

介護のお仕事と掛け持ちされているかえでさんですが、自分の中で気持ちの切り替えややる気スイッチみたいなのはあるのでしょうか?

― 介護の方は結構プロフェッショナル的にやらせていただいてるんですけど、こっちはまだ新人ということで、やっぱり気持ち的に「向こうは教える立場・こっちでは教わる立場」っていう感じで気持ちの切り替えはあります。

― 介護の方だと私がやってあげる立場で、私が指示を出して「こうして、ああして」ってやってるんですけど。こっちだと本当にお客様に教えていただいてます。年齢的に「得でしょ?」とか「詳しいでしょ?」って思ってるお客様もいらっしゃるかもしれないんですけど、なにせ本当に入店4カ月目なので、もう全くわからないので、もう教えてもらう立場ってことでいます。

― 介護はすごく大変なお仕事だって聞きますけど、具体的にはどうですか?

― でも、慣れもあるし、私はこっちのお仕事のほうが大変だと思ってるので(笑)。全て毎回、初対面の方だったりとかすることもありますし。何回もリピートして来てくださる方もいらっしゃいますけど、こっちの仕事はこっちの仕事なりに常に緊張感がありますね。

― 4カ月の中でかえでさんなりに仕事のペースというか、「こういうことをするとお客様がまた来てくれるんだな」とか、そういうコツみたいなのは見えてきてたりしますか?

― 今模索中ですけど、やっぱりそれだけを目的にしてるお客様ってほとんどいらっしゃらないので。それ以外の部分で気を付けてるようにはしてます。会話だったり、癒やし的な空間だったりとか、年上に求めるものだったりとか、そういう若い子にはないもの、サービス的なもの以外でできればなと。

お客様のこと・お仕事のやりやすさ

かえでさん的には、お客様は若い人のほうがやりやすいのか、上の人がやりやすいのかをお話しいただきました。

・どちらにもいい面があるので、何とも言えない。
・自分は息子がいるので、あまり若いと息子とダブっちゃう気がする(笑)
・20歳っていう子がいた。息子はそこまではいってないけど、なんとなく近い。
・息子ももうちょっとしたらこうなるのかなじゃないけど、なんかそういうお母さんみたいな感覚になる気はする。

人によりますが、若い子は母性みたいなものを求めて来るのかもしれませんね。

高収入のお仕事を始めようと思ったきっかけや、お金のこと

・金銭面がきっかけ。
他のお店はわからないけど、思ってたような金額はいただけてるほうだと思う。
1日平均3万円ぐらい
幅があるので、いただけるときはもっといただける
・月収にするとかなりの額。(週3~4日出勤)

■生活の変化について

お金を大事に使おうと思うようになった。
・お金のありがたさがわかった。

■お金の使い道について

・今は返す方に使ってるのでそこまではまだいってない。
・でも少しずつ自分に返ってくるようになった。
・美容院に行ける回数が増えた。
・今までは子供にとか生活にあてていたところが、ちょっと自分にも返ってくるようになった。

― 自分にもご褒美しないとですよね。

― そうです。自分が商品になるので(笑)。他のお姉さまがた、みんなおきれいなので。

■本来は使っちゃう派ですか、貯める派ですか?

・本来はどっちかっていうと貯める派になりたい(笑)
・目標金額を決めてしまうと、なんか「お金、お金」ってなっちゃう気がする。
もちろん介護もそうだけど人間関係のお仕事なので、あんまり「お金お金」ってなって、人がお金に見えちゃうと嫌だなって思う。
・だからあまり目標金額は意識しないようにしてる。
帰るときにお金をいただくときだけ、ウフッて思う(笑)

― あ、お金に変わったっていう(笑)

― あ、こんなにいっぱいいただけたって思って帰るようにして、それまではあんまり考えないようにしてます(笑)

将来的な夢や目標

・介護の仕事の方で、資格を取っていきたい。
・資格を取るにはやっぱりお金がかかるので、そっちに回せるようになったら取りたい。
・自分のスキルアップをしたい。

― まだまだこれからも、このお仕事は『アラフォーna奥様』で続けていきそうな感じですか?

― そうですね。ありがたいことに、お客様から「やめないでね」「いつやめる予定なの?」とか、いろいろ言ってくださる方がいらっしゃるので、もうちょっと頑張りますって言ってます(笑)

『アラフォーna奥様』のお店自慢

― まずはやっぱりスタッフの皆さんがものすごく良い方ばかりで、毎回毎回気遣ってくださいますし。あとはやっぱり店舗型で、個室待機で。自分に人気があってもなくても、ある程度集客力が大きい会社なので、お客様は来てくださいますから。もちろん上を目指せばきりがないですけど、まあそこそこ普通のサラリーマンと同じくらいの金額以上のものはいただけると思ってます。

― いいですね。そこそこ普通の金額をサラリーマンは今もらえないですから(笑)

― フフ(笑)。やっぱりこういうお仕事を始めるのがどれだけ不安で、怖くて、緊張することなのかっていうのは、私も一番分かってるので。面接で泣いちゃってるぐらいなので、すごくよくわかるので。そういう「不安だけど働きたい」という人がいたら、このお店をおすすめします。

■収入的には、介護とこちらで何対何ぐらいですか?

正直言って、介護の仕事をしてるのがばからしいぐらい違う(笑)
・時給にしたら、もう本当に子どもと大人の世界っていうぐらい全然違う。
多分4倍とか5倍とかぐらい違う。
・介護は結構安い。
・でも表と裏じゃないけど、どちらもあってバランスが取れてる部分もあると思う。

それがあるからこっちも頑張れるというか、上手にバランスが取れているようでした。

最後に、かえでさんからメッセージ

入店前に悩んでいたかえでさんのように、お金欲しいけどお仕事どうしようと悩んでいる女性達に向けて、メッセージをいただきました。

― 本当に、その不安だっていう気持ちは誰よりよくわかるので、一番はやっぱりお店選びで間違えないことだと思います。

― そこで間違えちゃうと、やっぱり怖い思いをしたり、失敗してつらい思いをして、傷ついてしまうことになると思うので。相談できる、ちゃんとバックアップしてくれるところを見つけるのが、ものすごく大事だと思います。

― 私の場合は本当に1店舗目が『アラフォーna奥様』でラッキーでした。ちょっとしたことでもスタッフに相談したら、対応してくれますし。男性スタッフなので、ちょっと言いづらいこともあるかもしれないですけど、ちゃんと相談すればアドバイスもいただけますし。

― お店選びで失敗しないためのポイントって何でしょうか?

― 自分がどういう所で働きたいかっていうことを明確にして、そこを探すっていうのが大事だと思います。例えば、同じ風俗って一言で言ってもいろんな種類があるじゃないですか。その中でこれをするために自分はここは譲れないな、というところを。

― 例えば距離感だったり、金額だったり、業種だったりいろんなことを、ここは譲れないっていうポイントを持って。確かに私達ぐらいの年齢になると選択肢が少ないので、その中から探すのは大変だし、若い子だったら逆にいっぱいあるので、よく吟味して、自分のこれっていうのを、まず考えてから探したほうがいいと思います。

― お店もたくさん出てくるので、その中で、じゃあどれにしようかなってなったときに、やっぱり不安だと思うので、まず面接してもらうのがいいかなと思います。

― 面接して、自分には合わないなとか無理だなと思えば、断ればいいだけですよね。

― そうですね。いいことばっかり言うお店とかも、もちろんみんなそうでしょうけど、その中でもちょっと、話聞いてみるっていうのがいいかもしれないですね。

― その中でも『アラフォーna奥様』はおすすめですよと(笑)。

― そうですね(笑)。こんな私でもやれているので、どなたでもできると思います。私の場合は本当にド新人だったので、お客様にちゃんと「新人で全くやったことないんです」って説明して、お客様が納得した上でいらっしゃるので。そういう意味ではすごく助かりました。

― 本当に何もできない、わからない、風俗の常識を知らない子がいるんだけど、それでもどうですかっていう感じで…まあもっときれいな言葉で説明するんでしょうけど(笑)。お店がそう言ってくださって、お客様も納得してくださるので。「こんなはずじゃなかった」とか言うお客様は絶対出てこないので。それ言われたらショックじゃないですか。

― そうですよね。

― そういうのとかもちゃんと分かった上で、育ててくれるっていうんですかね。お店もちゃんとそういうところをバックアップして、女の子が少しでも傷付かないように、ショック受けないように、嫌にならないようにって、根回ししてくれてるんだと思います。

― わかりました。これからも頑張ってください。足も治して…。

― ありがとうございます。皆さん、ヒールには気を付けてください(笑)。これね、階段から落ちたんです。引っ掛かって。

― 痛そう。気を付けてください。健康第一で頑張ってください。今日はありがとうございました。

― はい(笑)。ありがとうございました。

こんな記事も読まれています

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む