厚木人妻城 | 「HajiQ(はじキュー)」インタビュー記事【はじめての風俗アルバイト】

フリーワード店舗検索
全国TOPへ
関東の風俗求人バイト

HajiQ(はじキュー)インタビュー

風俗で借金完済!月収70万円稼げる大手人妻デリヘル

大手グループの厚木デリヘル『厚木人妻城』で働く女性にインタビュー!

―今日はよろしくお願いします。まず、お名前と年齢お伺いしてもよろしいですか?

莉里菜(りりな)です。30歳です。

―莉里菜さんが『厚木人妻城』に入店したのは大体どのくらい前ですか?

何年前とかです。実は出戻りなので、最初の時は2~3年ほど前だったと思います。2年前にこちらに入店していて、一回辞めて、今年の6月に戻ってきました。今10月なので復帰して4カ月ぐらいですね。

―そうでしたか!2年前はどのくらい働かれてたんですか?

4~5カ月とか多分そのぐらい。

―辞められた後、どんなお仕事をされてきたか、お伺いすることできますか?

神奈川で飲食の自分のお店をやってました。飲み屋さん、バー(スナック)なんですけど。

―そっちのお店は今は誰かに任せてるんですか?

いや、5月いっぱいで閉めて、『厚木人妻城』に戻ってきた感じです。

バー(スナック)のママさんしてました!莉里菜さんのお仕事経歴

―1年半ぐらい自分のお店をやられてたんですね、どんなお店だったんですか?

バーっていうか、スナックみたいなものなので。バーっぽくはなかった。

―閉めた理由だったりとかあるんですか?

うちは借り主が別でいたんですけど、それで全部やらしてもらってたんですけど。ちょっといろいろあって。それで泣く泣く閉めた感じです。

ママさんやられてたんですね、何人かスタッフも雇って?

いえ、最初のうちは少し雇ってたんですけど、最後はもう一人でずっとやってました。休みは週1日だったんですけど、スタッフが出勤少なければ、自分で休みも削って出勤するときもいっぱいありました(笑) 夜9時~朝5時までずっと一人で。

―翌5時まで?なかなか酷でしたね。

めっちゃきつかったです(笑)

―ドリンクバックとかもご自分で計算されて、自分で自分の給料を計算してやってたと思うんですけど…結構稼げました?

まあそうですね。マイナスではなかったです。

―2年以上前は、もともとお水系のお仕事されてたんですか?

そうです、キャバ系とかやってました。それでお店も任せていただいてたんですけど、泣く泣く閉めて戻ってきました。

莉里菜さんの風俗経験

―『厚木人妻城』に最初に入店したのは2年前ですけど、これよりも前って、風俗業界のご経験はありましたか?

やってました、他のお店で働いてたことがあります。それも神奈川のデリヘルです。

―業種はデリヘルぐらいしかやったことないですか?

他の業種はないですね。お店はそこの1店舗だけなので、『厚木人妻城』は2店目です。

―ここが2店舗目ですね。風俗のお仕事のことは、ご家族には秘密ですよね?

はい。

―この業界に入ることは、周りの友達や、特に仲いい人とかに相談したりしましたか?

相談してる子はいますね、本当に仲いい子。風俗業界の経験がある人なんですけど、経験がない友達でも、知ってる人はいます。

―そういう友達には、具体的に「このお店はこうだったよ」とか聞いたりするんですか(笑)?

そういうことはない、そこまではないですね(笑)

―お友達に相談もしつつ、自分で決断して、自分で選んだんですね。

はい、そうです。

『厚木人妻城』を選んだ理由は大手グループ&年齢層&エリア面!

―一番最初に『厚木人妻城』に応募したときのこと覚えてますか?

何となくは覚えてます。携帯でいろいろ求人サイトを見てて決めました。

―『厚木人妻城』は『モアグループ』っていう大手グループのお店ですけど、その当時は『モアグループ』の存在はご存知でしたか?

はい、大きいグループなので、そこもまあ決め手となったという感じです。

―そうなんですね。莉里菜さん的にお店探しをするときは、大手グループを探すんですか?

はい、目が行きますね。やっぱり大手グループだと安心感がありますし、検索で最初に出てきたりとかもするので。あちこちで見かけるので。

―『厚木人妻城』は名前にも「人妻」って付いてるじゃないですか。大手グループのデリヘルの中から人妻店を選んだ理由は、何かあったんですか?

そうですね、やっぱり年齢面が…自分の中にあって、あえてこの人妻店にしました。

―働く場所を決めるときは、厚木エリアに決めてたんですか?

自宅から近くもなく、遠くもなくみたいな所を選んでます。ちょうどいいのは厚木だなって思って探したら、『厚木人妻城』が出てきました。

―こちらには電車で通われてるんですか?

車です。

車通勤なんですね。今はお一人暮らしですか?

今は実家に戻ってます。

お店からの対応は丁寧でスムーズ!面接したときのこと

―応募方法はお電話ですか?それともメールとか、最近はLINEとか。

確かメールで問い合わせして、連絡いただいたと思います。ちょっとあんまり覚えてない(笑)

―2年前ですからね(笑) メールで日時決めて?

はい、それで電話して。

―メールとかって、その人の人柄だったりとか、お店の対応力が文章で分かるじゃないですか。どうでしたか?

すごい丁寧なお返事をいただきました。レスポンスもすごく早かったです。

―1時間以内ぐらいに返信来たりとか。スムーズにやりとりをして、日時決めて、面接っていうことですね。

そうですね。こちらの事務所で面接していただきました。

―面接のときに何か必要な持ち物はございませんでしたか?

顔写真付きの身分証明書です。住民票も、確かあったと思う。

面接官の方って覚えてますか?

覚えてます。店長さんで、すごく良い印象の方でした(笑)

―メールのやりとりしてたスタッフさんと同一人物ですか?

いや、メール対応してくれたのは別の方だった気がします。

風俗求人を探すとき、莉里菜さんはココを見る!

―求人サイトはお店の情報がいっぱいあるじゃないですか。給料がいくらとか、待遇がこんな感じとか。莉里菜さんはそういうのをじっくり見る派ですか?ざっと見てフィーリングというか、直感で決める派ですか?

何となく直感で気になった所をじっくり見ます。結局見てる(笑)見出しから見てますね。

―ちゃんと読む派(笑)覚えてないかもしれないですけど、莉里菜さんはどういうところを大事にされてお店選ぶんですか?人によっては「まずはお金」で、人によっては「働ける時間帯」とか…いろんな働く理由や選択をされているかと思います。

私は環境ですね、待遇だったりとか。金額がどうよりも、待遇がどういうものかっていうのを気にします。

―そこは例えば、待機が集団待機だったりとか、個室待機とか。ちなみにどっちがいいですか?

個室派ですね。

個室待機のほうがいいんですね。集団待機は周りの目が気になるから落ち着かない、くつろげない?

そうですね、基本。集団待機はちょっときつい。苦手ですね。

―待機所以外に気にしたところはありますか?大手なではの環境面だと例えば『モアグループ』だったら『人妻城』というブランドが確立していますし、モアポイントっていうお客様が使えるポイントがあるんですけど、そういう環境も事前にご存じでした?

モアポイントは知ってました。でも、そこら辺が選んだ理由にはなりませんが、お茶引く事がないのでその部分で良いなと感じます。あとは働きやすい環境でいれるかどうかが大事なので、働ける時間帯だったりとかいうのを気にしました。

普段のシフトは無理なく昼間に!

―時間帯って、基本はどんな感じなんですか?

今は週3~4日で、時間は10時~17時までです。

1日7時間くらいですね。17時以降はあんまり働かないんですか?

全くっていうわけではないんですけど、出るときもあるかなっていう。基本は昼間です。平日と土曜日はやって、日曜日は今、出てないです。週末は出るようにしてます、金、土。

―週3~4で平日と土曜日の昼間。で、日曜日だけ休み。実家暮らしですもんね。夜中ばっかり働いてたらバレちゃう(笑) あ、でもスナックって言えばいいのか。

そうですね。ずっと夜やってきてるんで、別にそれは平気なんですけど(笑)

―昼間のシフトの方が、体調面でもいいですか?

はい。せっかく自分の体のリズムが戻ったので、また夜ってなるとちょっときつい。

実技講習はなし!体験入店したときのこと

―『厚木人妻城』の前にお仕事の経験があるから、こちらでは特に実技講習とかはなかったですか?

そうですね。講習はないけど、体験入店はやりました。

―体験入店は、何本付いたか覚えてますか?

何本だったかは覚えてないです。だけど、ちゃんと稼がせていただいたっていう記憶はすごいあります。

―初日に日払いでお給料がもらえると思うんですけど、大体いくらぐらいだったか覚えてますか?

ごめんなさい。全然覚えてない(笑)

借金完済!風俗業界に入ったきっかけ

―莉里菜さんがこの風俗業界に入るきっかけになったことをお聞きしたいと思います。やっぱりこういうお仕事をしたことがない方にとって、風俗業界って壁があるじゃないですか。その一線を越えるきっかけになった何か、自分の気持ちの変化とかを教えてください。

やっぱ金銭的な問題があるので。それが大きかったですね。

―スナックやりたいとか、そのお金をためるために?

そういうのとはまた別で。その当時はまた全然違う意味で選択しました。

―それは何か他に目的があったんですか?お金貯めなきゃいけないみたいな。

というか、その当時は借金があったんです。だから完済して貯蓄をしたいっていうのが目的でした。借金は100万円もいかないぐらいでしたけど。

―それはもう返済済みですか?

当時働いてた最初のお店のときにすぐ返しました。

―全部完済したときって、やっぱり気持ち的にだいぶすっきりしますよね。

そうですね、肩の荷がおりたというか (笑)

―その借金はカードキャッシングみたいに、お金簡単に借りれる系のやつが積み重なって、「何日までに返済しなきゃいけない…」、即日で稼がないといけないから、って感じで風俗系求人サイトを見たんですか?

そうですね。

初めてお給料を手渡し(日払い)されたときのこと

―一番最初は何も分からない状態だから、日払いで本当に3万円以上とか10万円もらえるのかなって、半信半疑だったと思うんですけど。

それはありました。でもちゃんとそれ相応の感じで頂いてきました。

―当日手渡しされた瞬間は…まあ嬉しいとは思うんですけど。

はい。まあちょっと複雑な気持ちもありながらも。

―複雑でしたか。それで、数カ月ぐらいに借金を完済したと。

はい。

自由シフトのデリヘルは一般職とかけもちしやすい!『厚木人妻城』は出戻りもスムーズ

デリヘルは出張型の風俗業種ですけど、デリヘル以外はあんまり考えなかったんですか?

ずっと今のようなシフトではないので。普通に昼間の仕事とかけもちしていた時期があって、その頃は昼をやりながら風俗はたまに出てっていうのもあったので。

―昼職メインの時期があったんですね。それも飲み屋が多かったですか?

いえ、以前はしばらく営業系の仕事をしてました。営業しながら、風俗が副業みたいな感じでやってたから。週2回とか。

風俗はシフトが自由だから、かけもちしやすいですよね。『厚木人妻城』さんで4~5カ月くらい働いて、スナックを始めるからいったん辞めて、それで出戻ったわけですよね。出戻ったっていうことは、やっぱりお店が居心地良かったから戻ったんですか?

そうですね、はい。

―その時は自分から「昔働いてた何々ですけど、戻れますか」みたいな感じで問い合わせるんですか?

そうですね、そういう感じです。最初のころにお世話になってたスタッフさんとかも、まだいらっしゃいました。

―でしたら話、早いですね。

『厚木人妻城』の良いところ

『厚木人妻城』に入って良かったなって思うこと、何かありますか?

スタッフが皆さんすごくいい方で、そこがいいなと思います。

―運営スタッフさんって全員で何人ぐらいいらっしゃるんですか?

全員で結構いらっしゃると思います。常時事務所にいるのは2~3人ぐらいかな?

―スタッフさんとのコミュニケーションもよく取れますか?

そうですね。前のお店はなんかちょっとガチガチというか、ギスギスしてた感じがあったので。結構ドライなイメージがあったんで、『厚木人妻城』はアットホームな感じがすごく良いと思います。

1日4万円以上稼げます!気になるお給料について聞きました

―今は週3~4日で7時間くらい働いていて、1日平均でどのくらい稼げるんですか?

平均で4万円、良くて5万円。そのぐらいです。

―4~5万円ですね。最高日給はどのくらいですか?

6万近く…6万台はない。6万円弱ぐらいだと思います。

―となると…週3~4だから、月収だと平均60~70万円ぐらいとか?

そうですね。まあそのぐらいです。

月収70万円の使い道!貯金もしつつ、美容に投資!

―70万円って大金ですけど、どう使ってるんですか?

貯金ですね。やっぱお金ためたいので貯金して、あとは生活費だとか。実家暮らしなので家にお金も入れてます。

―実家には結構お金入れます?でも、変に高額入れちゃうと怪しまれちゃうか。家賃代わりに7~8万円ぐらいですか?

そうです。

―8割方、ためてます?

いや、そうでもない。なんか意外と出てきます。なぜか意外と出て(笑)

―余った分を貯めるみたいな感じなんですか?それとも、一番最初にドカッて入れちゃう?

どちらかというと余った分ですね。全部、必要なものをしてから貯金って感じです。

―ご趣味とかって多趣味なんですか?

いや、それがそんな趣味なくて。お酒を飲みに行くのは好きなんですけど(笑)

―結構友達におごっちゃったりします?結構高い物を買っちゃったりとか。

いえ、言うほどでは…そういうことはしないです(笑)

―どんなことにお金かかってる感じなんですか?

美容院だったり、ネイルだったりとか。化粧品とかも。で、結構使って余った分を貯金しています。

美容系ですね。ネイル、エステ、美容院、マッサージとか。で、なんでか分かんないけど、あんまり貯まらない(笑)

(笑)なんでか分かんない。気付くと「あれ?」ってなって。

―でもそうですよね。お金はあってもあっても使っちゃいますよね。なんか最近、大きい買い物とかされました?車買ったとか。

最近はしてないですね、おっきい買い物。車は欲しいですけど。

―旅行行ったとか。

あ、旅行は結構好きなので。海外行ったことないので、海外に行きたくて。パスポート取って、ちょっとあちこち行きたいなと思っています。

高収入を稼げるようになって変わったこと

―お金稼げるようになって、ご自分の感覚的にライフスタイルが変わったとか、何か新しいこと始めたとか、ありますか?

そんなにないですね。知り合いの仕事をちょっと手伝ったりとかいうのはしてるんですけど、特にそんな変わったっていうのはない。

―気持ちの面ではどうですか?未経験のときは風俗業界に対して、色々思うところもあったと思うんですけど、実際やってみたらギャップとか。

そんなにないかな。その頃は借金返済に重きに置いてたので、そこに無我夢中だった(笑)

目標はスナック開業!莉里菜さんが将来的にやりたいこと

―漠然としてでもいいんですけど、将来的に何かこういうことをやっていきたいっていうのはありますか?

今、またリベンジで新しくお店を持ちたいので、それの資金を貯めたいなと思っています。

―それも飲み屋的な感じなんですか?

そうですね。以前はオーナーが別にいたけど、次はもう完全に一から全て自分でやりたい。

―楽しみですね。従業員雇って、自分の体も少し休めながら。

はい。第2のママ的な人ができればね。ゆくゆくはそういうふうにしたい。信用できる人に任せて、またもう1店舗持って、増やしたいです。

―本当、スナックの不思議なことって、つぶれないんですよね、ママがしっかりしてれば。

そうですね。そのために最低でも開業資金500万円は貯めたいですね。

―お金も貯まって、テナント(物件)見つかりました、従業員も見つかりました、とトントン拍子にいったら、この業界は辞めますか?

そうですね。そんなにだらだら続ける気持ちはないので、できるだけ短いスパンで卒業したいと思っています。

莉里菜さんから、業界未経験の女の子に向けてお店選びのアドバイス

―これで最後になります。莉里菜さんはこの高収入の業界や『厚木人妻城』で働いている先輩(経験者)なので、風俗未経験の女の子たちにアドバイスをお願いいたします。求人サイトやネット上の情報でしかお店のことがわからない女の子たちに、「こういうお店を選んだほうが良いよ」というアドバイスや、この記事を読んでいる女性に対して何か一言いただけますか?

待遇だったり、求人内容はしっかり見たほうがいいかな思います。あと、直感は大事だと思います。自分が良さそうだなって思ったら、とりあえず面接しに行ったほうがいい。あとはもう、そこから自分が決めていかなきゃ。

―フィーリングも大事だし、あとは「人妻系」とか自分の性格がお店のコンセプトに合うかとか、待遇なら「個室待機」とか。自分のゆずれないポイントを把握しておくとか。

そうです。自分の希望と照らし合わせながら。まあ、あとはフィーリングでお店探しをするといいと思います(笑)

面接だけでもいいし、体験入店もできますからね。分かりました、インタビューは以上になります、ありがとうございます。

はい、ありがとうございました。

こんな記事も読まれています

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む