ぷるるん小町 京橋店 | 「HajiQ(はじキュー)」インタビュー記事【はじめての風俗アルバイト】

フリーワード店舗検索
全国TOPへ
関西の風俗求人バイト

HajiQ(はじキュー)インタビュー

容姿・体型不問!どんな子でも採用。大型グループ店!

京橋のホテヘル『ぷるるん小町京橋店』のみいこさんにインタビュー!

―よろしくお願いします。まず最初にお名前とご年齢をお伺いしてもいいですか?

名前はみいこです。20歳です。

―入店歴はどれくらいですか?

3カ月ぐらい経ちました。

―普段はどれくらい勤務されていますか?

大体15時~23時(ラスト)まで入っています。多くて週3,4日で、少ないときは週2日くらいです。

―今は学生さんですか?

いえ、昼に飲食のバイトをしています。

―昼職とのダブルワークなんですね。一人暮らしですか?

一人暮らしです。

風俗未経験で『ぷるるん小町京橋店』を選んだ理由

―初めにこちらのお店を見つけた方法ってなんでした?

私が体型に自信がなくて、ぽっちゃりでも大丈夫そうなお店を検索サイトとかで探しました。それで自分の家から遠すぎず近すぎずの地域で探してたら『ぷるるん小町京橋店』を見つけまして、お話だけでも聞きに行こうかなって思ったのがキッカケです。

―京橋エリアを選んだ理由って家から近いってこと以外にもあったんですか?

あんまりプライベートでこっちのほうに来ないので、私を知ってる人がいなそうだなっていうのも理由の一つですね。

―ちなみに『ぷるるん小町京橋店』で働くのは何店舗目ですか?

1店舗目です。全くの未経験で始めました。

―入店する前に彼氏さんや友人にご相談はされましたか?

彼氏はいなくてお友達にも言ってないので、本当に1人で決めちゃいましたね。

―じゃ親御さんも知らないってことですね。なぜ受付型(ホテヘル)を選んだんですかね?

お店の人がちゃんとお客様の顔を見て通さないと不安っていうのがあって。やっぱりどんな人が来るかもわからないですし聞くこともできないので。

―逆にスタッフがお客様を見て通した人なら安心できるなってなりますもんね。

面接はカチッと。でもフランクな雰囲気

―面接はちなみにどちらで?

お店の事務所です。

―面接時間はどれくらいでした?

30分~1時間ぐらいでしたね。

―面接はどんな感じでしたか?

1対1で最初はカチッとしてたんですけど、面接官の方がものすごく気さくな方で「緊張しなくていいからね」って、スムーズにお話できるような雰囲気にしてくれました。

―みいこさんの気持ちをほぐして良い空気にしてくれたんですね。面接に必要なものは何かありましたか?

身分証と住民票ですね。

はじめての体験入店…求人内容と違うところは?

―講習とかってありました?

口頭説明での講習がありました。

―体験入店はすぐされたんですか?

はい、面接したその日にやりました。

―どうでした?結構ドキドキしました?

すごくドキドキしました。やっぱりどんな人が来るのか分からないから。

―最初は緊張しますよね。1人目のお客様はどんな人でしたか?

年配の方だったんですけど、すごく親身にしてくれました。

―良かったですね。一発目が大事ですから。実際働いてみて求人内容と違うところってありましたか?

最初の頃は求人内容を把握する間もなくお仕事をたくさん入れていただいてたんで、その辺のことはあんまり考えてはなかったですね。3か月経ちましたが、求人内容と違うところはないですね。

―給料が違うとか、プレイ内容が違ったとかはなかったってことですね。

思っていた業界とは違った!? どんなお客様が多いのか

―みいこさんがこのお仕事を始めたキッカケって何ですか?

飲食のバイトをする前は学生だったんですけど、学費とかもあるし1人暮らしなので生活費を稼がなきゃってなったんです。それで風俗だったら自分の頑張り次第でいくらでも稼げるんじゃないかなって思ってこの仕事を始めました。

―入店する前はこの業界に対してどういうイメージがありました?

自分とは縁もゆかりもない世界だと思ってましたけど、別に偏見とかも何もなかったです。働いてる人はそれぞれ事情もあるわけなので、何とも思ってなかったですね。

―初めてお仕事をした時って思い描いていたイメージとは違いました?

最初の頃は、次は何をすればいいとかが分かんなくて「ちょっと待ってくださいね」ってお客様に言いながらやってて。「次はこうする」って考えながらやってたんですけど、実際やってみると出来ないことが多かったので思ってたのより大変でしたね。

―てんやわんやですね。『ぷるるん小町京橋店』はどういったお客様が多いんですか?

比較的多いのは30代とか40代の人ですね。お仕事帰りとかたまたま休みだったっていう方とか。

みいこさんから見た『ぷるるん小町京橋店』

―『ぷるるん小町京橋店』の雰囲気とか環境はどんな感じですか?

和気あいあいとはしてないんですけど、女の子のことを考えて配慮してくれたりしてるんで働きやすいなって思います。

―スタッフさんや店長さんはどんな人ですか?

スタッフさんはみなさん優しいですね。LINEとかも送ってくれて気遣ってくれるので。あと店長さんが、やっぱりすごい。女の子が元気になるような声掛けとかをよくしてくれるんですよ。「大丈夫?」とか「元気出して」とか「よっしゃ!あと1本頑張ろう!」みたいな…次も頑張りたいって気持ちにさせてくれます。

―めちゃくちゃ良いスタッフさんたちですね!『ぷるるん小町京橋店』は集団待機ということなんですけども、待機中はいつも何して過ごしてますか?

お化粧直しと携帯いじったり、お腹が空いたら間食したり…っていう感じですね。

―他の女の子とかもいると思うんですけど、どんな雰囲気ですか?

集団といっても女の子が同じに部屋に密集してるってことがあんまりなくて。でも気を遣ったりせず自分のしたいようにできるのはいいですね。そんな堅っ苦しいもんでもないので。

『ぷるるん小町京橋店』のお店自慢

―『ぷるるん小町京橋店』に入店して良かったことってありますか?

安心感を感じられることですね。普通の接客業だとお客様との距離があるんですけど、この仕事だと前もってスタッフさんがお客様を選ぶのでそういう安心感がありますね。

―『ぷるるん小町京橋店』のお店自慢ってありますか?

自由度がものすごく高いです。

―分かりました。この仕事のことはご家族や知り合いの方はご存知ないということですが、何かバレないようにしている工夫とかってありますか?

まずはエリアを選んでるってことと、服装を変えてますね。普段はズボンとか履いてボーイッシュな恰好をしてるんですけど、働くときはスカートとか可愛らしい恰好で普段の自分じゃあり得ない感じで振る舞います。

―なるほど。いつもの自分じゃない見た目を意識してるんですね。

高収入業界のメリット、デメリット

―みいこさんが思う高収入業界の良いところと悪いところってありますか?

良いところは、その日働いた分の収入がすぐ目に見えてもらえるところ。悪いところは、特にないですね。でも、待機してるときに「どんな人が来るんだろう」っていうドキドキ感が苦手ですね(笑)

―この仕事をはじめてから生活の変化って何かありました?

そうですね、支払いとかに追われることがなくなったので、心に余裕を持ってお仕事ができるようになりましたね。無駄にストレスがなくなったのですごく良くなりました。

―性格とか自分自身が変わったこととかはありますか?

言葉遣いが変わりましたね。普段だと気を抜いて言葉が崩れちゃったりするんですけど、親身になってお客様と接するって時は、気は抜いちゃダメだけど堅っ苦しくならずに自然と敬語で丁寧に接客するようになりました。

みいこさんの収入を聞いちゃいました!

―ズバリ、月収ってどれくらいですか?

出勤日数が少ないんですけど、多くて15万円くらい、少ないときで10万円くらいです。

―週2~4日で大体10~15万円くらいですね。

出勤時間が短くて日数も少ない中、そこまで稼がしてもらってるのはすごくありがたいなって思ってます。

―1日だと平均でどれぐらい稼がれてるんですか?

15時~23時(ラスト)ってすごいお客様が入りやすい時間帯なので、3~5万円くらいです。

―1日で最高どれぐらい稼いだことがありますか?

5万円ぐらい。もらった時はすごい驚きましたね。

―昼職と比べて収入はどれぐらい増えました?

昼職だと働ける時間も限られちゃうってところもあるんですけど、3倍近くは変わりましたね。

―3倍はめっちゃデカいですよね。

お金は何に使ってる?

―お金は大体何に使われてますか?

生活費ですね。昼のバイトだけだと、どうしても携帯代とか家賃とかで全部消えちゃうんで。

―最近、高い買い物とかはされましたか?

いえ、質より量って感じなのでしてないですね。高いの1個買うよりは安いのをたくさん買うタイプなんです。服とかもそれで着回ししていくのが楽しいんで。でも一気に買った時は2万円くらい使いましたね。

―節度あるお金の使い方をされてるんですね。

みいこさんの夢や目標

―貯金とかはどれくらいありますか?

今は5万円ぐらいですね。必要最低限だけ稼いでる感じなので。

―みいこさんは夢や目標って何かありますか?

保育園の先生になりたいんです。それで今、資格講座みたいなのを受講してまして。最終的には保育園の収入だけで生活できるように貯金をするのが目標です。

―ちなみに目標金額はいくらですか?

30万ぐらいですね。

―目標金額を稼いだあともこのお仕事は続けますか?

うーん、そのときに考えようと思います(笑)

未経験の方に向けてメッセージ

―このページを見てる人が、1人暮らしの学生の方だったり未経験の方が多いんですけど「怖い」とか「良くない」とかっていうイメージがあって踏み出せないでいるんですよ。そういった方に向けて何かアドバイスをいただいてもいいですか?

1回は体験入店でもいいので、どこか自分が「ここならイケそう」っていうお店に行ってみるのがいいかなと。

―面接だけでもいいですもんね。

そうですね。面接にしろ何もしないで「やっぱ無理」って思うのはもったいないので。やっぱ自分のトーク力や体が武器になると思うんですよね。だから自分にできるかどうかを1回試してみてもらいたいですね。怖がるのはその後でもいいんじゃないかな。

―大概の女性はできるってことなんですかね?

うーん、全然無理なら無理でいいんですけど、やってみないうちから決めつけるのはちょっと違う気もするので。

―とりあえずやってみることが大事ってことですね。インタビューは以上となります。ありがとうございました!

ありがとうございました。

こんな記事も読まれています

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む