GOGO日本橋 | 「HajiQ(はじキュー)」インタビュー記事【はじめての風俗アルバイト】

フリーワード店舗検索
全国TOPへ
関西の風俗求人バイト

HajiQ(はじキュー)インタビュー

―実際にお店で働く、琴音さんに直接インタビューして来ました。

―それでは、インタビューさせてもらいます。よろしくお願いいたします。

お願いします。

―まずはお名前とご年齢をお伺いしてもよろしいでしょうか?

名前は琴音(ことね)で、年齢は22歳です。

―琴音さんは『GOGO日本橋』様の入店歴はどのくらいになりますか?

1年半ぐらいです。

―結構長いんですね。今は昼職とかはされてるんですか、学生さんですか?

他にはしてないです、『GOGO日本橋』一本です。

―今はお一人暮らしですか?

はい。一人暮らしです。

―琴音さんの普段の勤務時間は何時から何時くらいですか?

朝10時から夕方の17時、18時までです。

―結構健康的な時間に働いていらっしゃるんですね(笑)。

はい(笑)。

―次にお店への連絡方法や面接について伺ってみました。

―『GOGO日本橋』様に最初に連絡した方法は覚えてますか?求人雑誌を見たとか、ネットを見たとか、友達の紹介だったりとか。どういう感じで入店されたんですか?

知り合いの紹介で入りました。

―紹介ですね。面接はどちらで行いましたか?

ここ(店内)で面接しました。

―面接時間はどれくらいかかったか覚えてますか?ざっくりでいいですけど。

むちゃくちゃ長くはなかったです。10分、15分ぐらいで大事な説明をしてもらいました。

―面接はどんな感じでしたか?例えば圧迫面接だとか、ちょっとやんわりしてたとか。

あ、やんわりでした。面接官の人も優しい感じやったと思います。

―面接の際に必要な持ち物は何かありましたか?

身分証明書ぐらいですね。住民票を持って行きました。

―琴音さんは、『GOGO日本橋』様の他にも何店か面接に行かれたりしましたか?

あんまり行かなかったです。

―次にこのエリア、お店を選んだ理由について伺ってみました。

―それでは、『GOGO日本橋』様を選ばれた理由は何ですか?

働く環境がいいのと、もらえる金額が良かったからです。

―金額は大事ですよね。このミナミの日本橋エリアを選んだ理由は何かあるんですか?家が近いからとか。

電車で通いやすいからです。

―電車通勤なんですね。琴音さんは『GOGO日本橋』様は初めてのお店ですか、以前にも別の風俗店で働いてたことはありますか?

はい。以前のお店はミナミじゃなかったですけど。『GOGO日本橋』が2店舗目です。

―このお店に入店を決めたときは、友人や彼氏さんに相談とかはしましたか?

誰にも相談してないです。自分で決めました。

―実際に入店されてみて、紹介してくれた方が言ってた待遇や内容に違いはありましたか?例えばお給料が違ったとか。

いえ、そういうのはなかったですね。

―求人内容通りですね。面接してどれくらいで入店されたんですか?すぐですか?

私は1週間ぐらい経ってからだったと思います。当時は学校とかあったので。

―面接して入店して、体験入店はされましたか?

1日体験入店しました。なんか、働きやすかったです。

―次にお仕事を始めたきっかけや入店して良かったことについて伺ってみました。

―良かったですね!琴音さんは『GOGO日本橋』様が2店舗目ということですけども、この風俗業界に入ったきっかけは何だったんですか?

普通に貯金をしたかったからです。

―貯金ですね。『GOGO日本橋』様はピンクサロンという業種ですが、以前のお店も同じ業種でしたか?

はい。

―では、このピンサロという業種を選んだ理由を教えていただけますか?高収入が稼げそうな業種は、他にもいっぱいあるじゃないですか。普通のキャバクラだったりとか、デリバリーヘルスだったりとか。

まずキャバクラじゃない理由は、お酒たくさん飲めないといけないし。デリヘルやホテヘルは、本番強要する人もすごくいそうなので。『GOGO日本橋』ならピンサロだから、そんなことできる環境ではないので。

―店舗型ですし安心ですよね。

はい。

―風俗業界に入る前は学生だったとおっしゃってましたが、その時は何かアルバイトされてたんですか?

キャンギャルのバイトしてました。

―キャンギャル時代のお給料は良かったですか?

そうですね、時給は良かったです。でもやっぱり土日だけとかなので、お給料は限られてました。

―出勤数が限られますよね。『GOGO日本橋』様のことに戻りますが、入店する際に講習はありましたか?

講習っていうほどのことはなかったです。口頭説明ぐらいでした。

―実技講習はなしですね。では、『GOGO日本橋』様に入店して良かったことを教えていただけますか?

待機室の雰囲気がいいことです。女の子同士もだし、ボーイさんとかも。お店の環境がいいと思います。

―皆さん仲いい感じですか?

仲いいです。

―良いですね。お客様はどういった方が多いですか?

サラリーマンの方が多いです。30代から50代ぐらいの方が多いですね。

―おとなしめの方が多いとか、紳士的な方が多いとかありますか?

たぶん時間帯によって違います。朝は静かな方が多いですけど、やっぱり夜になってくると、お酒入ってる方が多いですね。めちゃくちゃうるさいとかはないですけど。

―朝は皆さんお酒飲まれてないんですね。乱暴な方とかは来ないですか?

はい。そういうのはないので大丈夫です。

―最初のイメージと実際に働いた時の違いについて伺ってみました。

―琴音さんは、初めて風俗のお仕事をされたころは、多少なりとも怖いとかそういうイメージがあったと思います。実際にやり始めてみて、比較してどうですか?

怖いとかは全然ないですね。やり始めの時は少し抵抗ありましたけど、やっていく中で得るものもあるので。大丈夫です(笑)。

―バレないための対策や待機方法についても伺ってみました。

―お仕事のことは、ご家族や知り合いの方はご存知なんですか?

いや、知らないです。

―バレないように何か秘策とか、対策とかはしていますか?

ホームページにそんなに顔出さないとか、写メ日記であんまり顔を出さないとかですね。あと、コールセンターで働いてることにしています。

―それで時間帯も10時~18時にされてるんですね。

はい。

―では待機室のことお聞きしたいんですけど、集団待機ですか?

はい。

―曜日や時間帯によってバラバラだと思うんですけど、平均で何人ぐらいいらっしゃるんですか?

平均7~8人ぐらいいます。少ない日は少ないですけど。

―7、8人は常時いらっしゃるわけですね。琴音さんは待機中はいつも何してますか?

女の子同士でしゃべってたり、携帯触ったり、テレビ見たりですね。

―テレビがあるんですね。じゃあ、集団待機は全然抵抗がないですか?

そうですね、楽しいです。

―スタッフや店長さんとかは、どんな感じの方ですか?

優しいし面白いです。

―次に気になる収入面についても伺ってみました。

―では、琴音さんが思う高収入のお仕事のいいところと悪いところを1つずつお願いいたします。

いいところはやっぱり、昼のお仕事より貯金が早くできるところです。でも、それは自分自身がしっかりしてないとできないことですよね。

―ルーズになっちゃうというか、金銭感覚の面ですね。良いところは一番はお金の面ということで、ざっくりでいいので月収を教えていただけますか?

月収45万円ぐらいです。

―稼いだお金はどんなことに使ってますか?やっぱり貯金ですか?

貯金だけじゃないですけど(笑)。でも別に遊びに使うってこともなくて、生活費とか、美容とかですね。

―1日平均はどれくらい稼げるんですか?

平均だと1日3万円です。

―1日最高どれくらい稼がれたことありますか?

今まででマックスは1日5万円です。

―すごいですね!逆に今までの人生でマックスどれくらい使ったことありますか?

3万円とかです(笑)。

―安いですね(笑)。何に使ったんですか?

時計買いました…(笑)。

―もっとパーッと使っているイメージがありました(笑)。結構堅実ですね!これは答えられたらでいいんですけど、貯金はいくらぐらい貯まりましたか?

100万円から300万円ぐらいですかね。

―働き始めて生活に変化があったか、今後の目標についても伺ってみました。

―いいですね。キャンギャル時代よりは稼げるようになってると思うんですけど、生活に何か変化はありましたか?良い家に住んでるとか。

そういうのはないですけど、キャンギャル時代より身に着けるものというか服の量はやっぱり変わってきました。でも、そんなめちゃくちゃ変わったわけじゃないです。

―最高3万円ですからね(笑)。キャンギャルの時と比べると収入はどれくらい増えたんですか?何倍になったとか。

5~6倍です。

―そんなにですか、すごいですね!まあ、出勤日数も違いますもんね。

はい。

―琴音さんは、貯金の目標金額はあるんですか?

目標500万円です。

―それは何か夢のためみたいな感じですか?

いや、夢は特にないです。お金無いの怖くないですか?

―怖いです。お金があることで安心感というか、そういう感じなんですね。

はい、そこですね。

―目標の500万円貯めた後も、この風俗のお仕事は続けますか?

多分その時の環境とか、自分の身の回りの環境によって、続けるか続けないか決めると思います。

―まあその時になってみないとわからないですよね。とりあえず500万円貯めるまでは続けていく感じですか?

そうですね。

―ではこの風俗のお仕事を始めて、何か自分自身で変わったなと思うことありますか?男性を見る目が変わったとか。

うーん…それよりも、自分の見た目とかに気を使うようになりました。

―女子力をすごく上げてって感じですか?自分にお金を使ってるっていうか。

女子力(笑)。そうですね、そんな感じかな。

―次にお店の自慢について伺ってみました。

―では、『GOGO日本橋』様の最大の自慢を教えてください。

自分で指名を取りに行けるところです。

―なるほど。環境面だとどうですか?

みんなの仲がいいっていうのが、一番だと思います。

―最後に琴音さんから一言頂きました。

―それでは最後に質問になります。これを読んでる女性は、これから風俗で働こうとしている未経験の女性が多いんです。そういう方に向けて、琴音さんから何か一言いただけますか?最初は不安な方が多いと思うので、『GOGO日本橋』様の先輩から一言いただきたいと思います。

夜の業界やから、みんななんか闇とか思ってるかもしれないけど、別にそんなんじゃないです。「これをやってしまったら人生終わり」ぐらいに思い込んでる人も絶対いると思うけど、別にそうじゃないって私は思います。

―毎日、そこまで後ろめたい感じでは働いてないってことですね。イキイキしている感じですね。

うん。みんなそれぞれ目標あるし、前向きに頑張ってる感じですね。

―全然気張らずに来てくださいって感じですね。インタビューは以上になります、今日はお忙しいところありがとうございました。

ありがとうございました。

こんな記事も読まれています

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む

検索結果0