コスプレイヤーズコレクション/実務は2~3時間!なのに収入3倍!日本橋イメクラ店

フリーワード店舗検索
全国TOPへ
関西の風俗求人バイト

HajiQ(はじキュー)インタビュー

―では、今からインタビュー始めさせてもらいます。よろしくお願いします。

お願いします。

―まず、お名前とご年齢を教えてもらえますか?

いおりです。19歳ですね。

―人気キャスト「いおり」さんの勤務スケジュールなど

―若いんですね。このお店入られて、どれぐらい経ちますか?

1カ月ぐらいですね。

―入りたてなんですね。1日大体どのぐらい働かれてるんですか?

大体4時間ぐらいとかですかね。長いときで5時間ぐらいかな?

―週何日ですか?

今は週2回ですね。

―週1とかでも全然働ける感じなんですか?

そうですね。

―今は学生さんですか?

学生です。

―お住まいは1人暮らしと実家暮らしとどちらですか?

実家暮らしですね。

―実家から通ってるんですか?

そうです。

―大変ですね。

でも、学校がこっちなんで。

―そうなんですね。学校から家に帰るついでに…っていう感じなんですかね?

そうです。

―『コスプレイヤーズコレクション』に連絡した方法は?

―最初にこちらのお店に連絡した方法を教えてもらえますか?

ネットで探して、求人サイトから応募しました。

―メールで問い合わせしたんですか?

LINEが載ってたんで、LINEから問い合わせました。

―LINEの反応って早かったですか?

すごい早かったですね。

―面接は店長と女性キャストが担当!緊張もせず和やかな雰囲気で…

―面接はどちらで行われたんですか?

この事務所ですね。

―どういう感じだったか覚えてますか?

面接していただいた方がすごく優しくて、初めてでもあんまり緊張しないで出来ましたね。雑談をしながらいろいろ教えてもらいました。

―面接官の方っていうのは男性の方ですか?

女の人でした。なので、喋りやすかったっていうのはあります。聞きにくいこととかも聞けたんで。

―面接官は女性の方お一人でしたか?

その方と店長さんがいましたね。

―なるほど。店長は男の人ですか?

店長は男の人です。

―面接時間って大体どれぐらいでしたか?

雑談もしてたんで、多分1時間ぐらいやったんじゃないかなって思います。

―ほぼ雑談っていう感じだったんですか?

ほぼ雑談と、あとは写真撮影をしたんで…。

―もうその日にそこまでされたんですね。

はい。全部で2時間ぐらいやったんかな、と思います。

―その面接官の女性の人ってどんな感じの方なんですか?

ここで働いてる方だったんで、実際の体験談とかも分かりやすく教えてくれましたね。

―面接のときに必要なものってありましたか?

特に…。ああでも、身分証とかは要りましたね。免許証とかです。

―身分証は一つで大丈夫だったんですか?

はい、一つです。

―日本橋を選んだ理由は、『オタロード』!?

―こういうお店を探されてるときに、日本橋エリアのお店に決められたのは何か理由があるんですか?

学校から近いっていうのが一番の理由なんですけど、あとはまあ自分がアニメ好きなんで帰りにアニメの店に行けたりとか…。ハハハ。(笑)

―オタロードありますもんね。

そうなんです!オタロードあるんで、ここが良いかなと思いました。

―よく行くんですか、オタロード。

結構行きますね。(笑)

―フフ。(笑)週何日ぐらいで行くんですか?

でも学校帰りとかに行くんで結構、週2~3回とか。

―フフフフフフ。(笑)このお店に入るより行く感じなんですね。

そうですね。このお店に入るよりも多いくらいです。(笑)

―このお店を選んだ理由っていうのもやっぱり、オタロードに通えるからですか?

ていうのもあるんですけど、すごくお店の雰囲気が良くて、皆さん仲良さそうだったんで。ギスギスしてないっていうか…。やっぱり怖いイメージがあったんですけど、そんなことなかったんで、それで選びましたね。

―「いおり」さんの風俗経験は…?

―こちらのお店で、働かれるっていうことを彼氏さんとかご友人の方に相談とかってされましたか?

いや全く。もちろん内緒で働いてます。(笑)

―誰にも言ってないですか?

誰にも言ってないです。

―こういった風俗のお仕事は何店目になりますか?

1店目です。初めてです。

―すごいですね。どうしてこの業界に入ろうと思ったんですか?

長々とバイトする時間がなかったんで、短時間で稼げたらいいかなあっていうのがあったんですよね。

―初めてだったら、抵抗とかってなかったですか?

やっぱりちょっとあったんですけど、実際面接来てみて体験談というか実際の話を聞けたんで、やってみようかなあっていうのが出てきましたね。

―初任給は「え!こんなに貰えるの?」

―ではネットでこのお店の求人内容を見られたとき待遇とかいろいろ書いていたと思うんですけど、実際に働いてみてそれと違うとこってありましたか?

いや、全然なかったですね。

―ぶっちゃけお給料ちょっと少なかったとか…。

むしろ思ってたよりもすごい多かったというか、「え、こんなにあるんや!」みたいな感じで、結構びっくりしましたね。

―講習はないけど、初めてのお客様は安心の『常連様』!

―体験入店はされたんですか?

体験入店はしてないですね。いきなり次から働きますみたいな。

―面接してからどれぐらいで働かれたんですか?

1週間経ってなかったんじゃないかなって思いますね。

―このお店は体験入店はあるんですか?

このお店…ないんじゃないかな?あ、あるんかな?多分、言ったらできそうな…。(笑)

―なるほど。(笑)初めてのお店で、この業界も初めてで、いきなり入ってっていうのは不安だったんじゃないですか?

不安やったんですけど、ここのお店は面接してくれた人のお客様を付けてくれるというかそういうのがあるんです。

―ああ、常連様というか…。

そうですね。馴染みのある方が体験になってくれるみたいな感じなんで、全然不安じゃなかったですね。

―講習とかってありましたか?

講習もなかったです。

―すごいですね。講習もなしでいきなり行ったんですね。

いきなり行きました。

―口頭でこういうふうにするんだよとかっていうのもなかったですか?

あ、口頭では教えてもらいました。

―あとはもう、なじみのお客様にゆだねて…。

そうです、そうです。「なんかあったらお客様に聞いたら大丈夫だよ」みたいな感じやったんで。

―お客様に講習してもらう感じですね。面白いですね。

そうですね。そこもちょっと面白かったですね。(笑)

―もうお客様任せだったんですね。(笑)

そうですね。(笑)

―「いおり」さんがデリヘルを選んだ理由は?

―では、いおりさんがこのデリバリーヘルスっていう業種を選んだ理由は何ですか?

特に何もないですね。求人に、「自由に働ける」っていうのがあったんで気になって。全く何も知らなかったんで「このお店で一回聞いてみよう」っていう感じで面接に行ってみたんです。

―そうなんですね。特にこだわりとかはなかったんですね。

何もなかったですね。

―サービスの内容とかも分かんないですもんね。初めてだったら。

そうですね。ただ、自分がオタクなんで、そういうコスプレもしたいなっていうのでこのお店を選んだっていうのもあります。

―ああ、なるほど!よくコスプレはされるんですか?

はい。プライベートでも。

―へえ!結構お金かかりませんか?

結構かかりますね。

―月どれぐらいかかるんですか?

衣装は本当に好きなアニメのしか買ってないですけど。最初は多分2~3万円ぐらいかかりました。

―『コスプレイヤーズコレクション』に入店して1番良かったこと

―このお店に入店して良かったことって何かありますか?

良かったことは、自由に働けるっていうことですね。時間もそうですけど、しばりがないってところがいいです。何時から何時まで働かなきゃいけないとかがないんで自分が働きたいシフトを入れられるんです。

―自由にシフトを出しても特に何も言われないですか?

特に何も言われないです。

―じゃあ「今日は何時から何時まで入ります」みたいな感じでも大丈夫ってことなんですね。

そうですね。休むときも「休みます」だけですね。

―本当に自由なんですね。

本当に自由です。

―ズバリ、コスプレ専門店ってオタクじゃないと働けませんか?

―お店の雰囲気とか環境とかってどうですか?

皆仲良さそうです。ここが家みたいな感じですね。なんか皆家族みたい。

―女の子同士で何か話されたりするんですか?

そうですね、いろんな話します。

―それは分からないこととか聞いたりとかですか?

聞いたりもするし、普通にプライベートの話をしたりもします。

―ああ、そうなんですね。仲いいんですね。

すごい仲いいです。

―派閥とかは特になく?

特にないです。皆優しいです。

―働いてる方って皆オタクさんなんですか?

オタクの人も多いですけど、オタクじゃない人もいますね。

―オタクじゃないと働けないとかっていうしばりはないんですね。

ないです。

―いおりさんはたまたまオタクだった。

そうですね。

―面接官の方はオタクだったんですか?

オタクじゃないですね。一般の人が知ってるアニメは知ってるかな?ぐらいです。

―人気コスプレ専門デリヘルのお客様とは…?

―お客様は基本的にオタクの方が多いんですか?

そうですね。お客様はオタクの人が多いですけど、優しい人がすごく多いですね。

―仮にオタクじゃない人が働いてて、オタクのお客様が来たとしてもそこって話合わせるの大変じゃないですか?

全然大丈夫だと思います。オタク話じゃなくても普通の話もしますしね。

―そうなんですね。「あのアニメ見た?」とか話されるのかな…と。

そうですね。あとはまあ好きなテレビの話とか、趣味の話とかもしますよね。

―なるほど、そうですね。では基本的にお客様は優しいと…。

そうですね。

―だって講習してくれるぐらいですもんね!

そうですね。お客様が本当に優しいです。

―最初は怖かった風俗業界…「いおり」さんが思う今の風俗の印象とは?

―では、いおりさんも最初は不安だったと思うんですが、この業界に入る前に思い描いてたイメージと、実際働いてみて印象に違いってありましたか?

イメージでは、怖い人が多いとか、お店の女の子同士も派閥とかありそうっていうのがあったんですけど、いざ働いてみたらそういうのは全然なくて、お客様がこんな優しい人ばっかなんだっていうのがすごいびっくりしましたね。

―怖い人に当たったことってないですか?

ないですね。全然ないです。

―「いおり」さんの身バレ対策について

―いおりさんは周りの方にはここでお仕事されてること完全に内緒って言ってたんですけど、バレないようにするための工夫とかって何かされてますか?

コスプレ店なんでよくウィッグかぶったりするんです。イメージがまず全然違ってくるんですよね。その時点でバレないのと、写真あげてもらうときとかに顔を隠してもらってます。モザイクかけてもらって…。

―お店側からこういうふうにしたほうがいいよとかって言われてることはありますか?アリバイ作りとかに関して。

それは特に何もないですね。

―なくても全然大丈夫な感じですかね?

なくても大丈夫ですね。

―じゃあ、今までいおりさんもバレたことはないっていう。

そうですね。バレたことはないです。

―待機は集団でも自宅でもオタロードでもOK!

―待機は個室待機と集団待機どちらですか?

集団待機です。

―自宅待機とかもできるんですかね?

自宅待機もできます。

―出勤したいときにお店に連絡してっていう感じなんですね。

そうですね。予約入ったときに連絡くれるんで、そのときに来たらいいよみたいな感じですね。

―自宅待機ありがたいですね。変な気も使わなくていいですし。

そうですね。好きなことしながらお仕事待ってれるんで。

―ちなみに、オタロードで待ってることもできるんですか?

オタロードで待ってることもできます。(笑)

―なるほど。じゃあもう、本当に自由なんですね。

本当に自由ですね。

―買い物してる途中に呼び出しかかって、「あ、んじゃあ行こうかな」ぐらいの…。

そうですね。普通にあります。

―待機中は、こちらで待機されてるんですよね?いつも何されてるんですか?

ずっとゲームしてます。(笑)

―店長は気さくで優しいオタク?

―店長さんってどういう方ですか?

店長さんは、すごく気さくな人ですね。面白い人です。

―店長さんはオタクなんですか?

店長さん、オタクみたいです。

―ハハハ。(笑)

―「いおり」さんが思う高収入バイトの良いところ・悪いところ

―いおりさんの思う高収入のお仕事のいいところってなんだと思いますか?

自分の好きなことがちょっとやりやすくなった、とかかな?

―それは、金銭的な面で…ですか?

そうですね。今まで欲しかったものとか、コスプレで必要なものとか、買えなかったものが買えるようになりましたね。

―我慢する必要がなくなったということなんですね。逆に悪いところって何かありますか?

あんまり思い付かないですね、悪いところは。

―金銭感覚がおかしくなるとかは…。

そんなに働いてないんでちょっと分からないですね。

―4時間を週2回で、月収10万円!?

―まだ入られて1カ月だと思うんですけど、月収って大体どれぐらいでしたか?

10万円ぐらいです。

―4時間を週2回で10万円だったらすごいですね。

すごいですよね。普通のバイトだったらそんなにはいかないですもん。

―いかないですね。1日何千円とかで終わっちゃいますもんね。

そうですね。

―1日平均は大体どれぐらいなんですか?

日によりますね。でも2万円くらいとかですね。でも、短い時間なんで…。

―どれぐらいですか?

働いてる時間は全部で多分2時間とかですね。

―なるほど。時給1万円ぐらいですよね。

ですね。フフフ。(笑)

―この1カ月間で一番稼いだときの日給ってどのくらいでしたか?

多分4万円ぐらいです。

―おお、すごいですね!これちなみに何時間ぐらいで4万円なんですか?

多分、3時間ぐらいだったと思います。

―すごいですね!4~5時間の勤務時間ですもんね。

そうですね。実際働いてるのは3時間とか2時間とかですから。

―趣味は料理!稼いだお金はコスプレ費用と、食材・調理器具に!

―お金って、やっぱりコスプレのものを買うのに使ってるんですか?

そうですね。それもあるし、学校に要るもの買ったりとか。

―学費とかですか?

いや、料理に使う食材買ったりしてます。

―ああ、なるほど。料理系の学校なんですね。

そうなんです。お菓子を作る学校なんで、お菓子いっぱい作ったりとか…。

―結構お金かかるものなんですか?

結構かかります。

―学校用意してくれないんですね。

趣味で、家でも作ったりするんです。

―結構、凝ったものを作られるんですね。

そうですね。

―1日のお買い物の最高額っていくらくらいですか?

まだそんな稼いでないんで、使っても1万円ぐらいかな?

―1万円ぐらい何に使ったんですか?

服とか、お菓子の道具とかですね。そんなにいっぱい使わないようにしてます。フフフフ。(笑)

―気になる貯金は目標金額は…?

―貯金とかってされてますか?

まだ全然できてないですけど、ちょっとずつしていこうかなと。

―なるほど。目標金額とかってありますか?

そうですね。100万円ぐらいしたいですね。ひとまず100万円。学生なんで。

―100万円持ってたら、全然違いますよね。

そうですね、学生生活に必要かなと思って。

―高収入のお店で働き始めて変わったこと

―今、お金を人よりも稼いでると思うんですけど、そうなって生活の変化とかってありましたか?

お金使えるようになったんですけど、まあ、バレないようにあんまり何も買わずに生活してます。

―「最近、羽振りいいね」みたいなこと言われないようにっていうことですね。

そうですね。

―特に生活を変えないように心がけてるんですね。

はい。

―夢は「パティシエ」!でもこのお店も続けたい…

―お菓子を作る学校に通われてるっておっしゃってたんですけど、やっぱ夢とか目標っていうのはパティシエになるんですか?

そうですね。パティシエになりたいです。

―自分のお店とか持ちたいですか?

持てたら、持ちたいですね。

―パティシエって結構力要るんですよね。

そうですね、要ります。

―力はあるほうですか?

結構あるほうです。こう見えて。(笑)

―もしその夢がかなったときこのお仕事は続けていこうと思われますか?

続けていけたらいいかなとは思いますけど、まあ、就職とかしたら無理ですよね。

―まあ、そうですね。でも辞めたいなっていう気持ちはそんなに持ってないですか?

ないですね、今は。皆いい人なんで。

―うんうん。なるほど。

―飲食店のアルバイト時代と比べ収入は3倍に…!?

―前のバイト時代と比べて、収入って大体何倍ぐらいなりました?

結構増えましたよ。バイト、月3万円ぐらいしか稼いでなかったんで。

―学校忙しいですもんね。

そうです。

―そのころと比べたら3倍ぐらいはいってるんじゃないですか?

そうですね。めっちゃ増えました。

―接客のために、身だしなみとアニメ研究は欠かせません!

―このお仕事始めて、自分自身が内面的に変わったなって思うことってありますか?

身だしなみには気を付けるようになりましたね。あと、いろんなアニメを見るようにしてます。

―ああ。なるほど!

自分の好きなジャンル以外も見たりとか…。

―お客様との会話にもなりますしね。

そうですね。

―例えばどんなアニメを見始めたんですか?ロボ系とか…?

ロボ系とか見なかったんで、見るようにしてます。スマホとかで調べるようにもしてますね。

―そうなんですね。(笑)学校の勉強もあるのに大変ですね。

そうですね。学校のは趣味…いや、どっちも趣味なんで。(笑)

―フフフフ。(笑)

―『コスプレイヤーズコレクション』はとにかく自由!?

―じゃあ、このお店の自慢って何かありますか?

自由なところですね。

―フフフ。(笑)自由押しですね。

そうですね。自由なところと、仲が良いところです。

―スタッフさんとかだけじゃなく、お客様とも仲良いってことですよね。

仲良いですね。仲良くて自由なところが良いです。

―「いおり」さんから『はじ風』をご覧の皆さんにメッセージ

―これは『はじめての風俗アルバイト』というサイトのインタビューなんですが、業界未経験の女の子がよく見るサイトになってるんですね。いおりさんみたいにこの業界で初めて働いてみようっていう女の子が迷ってたりすると思うんですよ。そういう子に向けて何か一言アドバイスをお願いできますか?

実際行ってみて話を聞くのが一番いいんじゃないかなと思います。私もそうだったんで。行ってみたら不安なこととかに関してのイメージが本当に変わりました。

―何事も取りあえずは問い合わせて…っていう感じですよね!

そうですね。問い合わせて、実際面接行ってみて良かったなって思います。

―もし、嫌だなと思ったらそこでやめればいいっていう話ですもんね。

そうですね。迷ってるんだったら面接ぐらいは行ったらいいんじゃないかなと思います。

―分かりました。では、インタビュー以上になります。ありがとうございました。

ありがとうございました。

こんな記事も読まれています

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む

検索結果0