熟女家グループ | 「HajiQ(はじキュー)」インタビュー記事【はじめての風俗アルバイト】

フリーワード店舗検索
全国TOPへ
関西の風俗求人バイト

HajiQ(はじキュー)インタビュー

40代で風俗デビュー、最高日給5万円の大阪梅田の熟女店

業界未経験の49歳!『熟女家グループ』の「はれ」さんにインタビュー!

―はじめにお名前とご年齢、入店歴を教えていただけますでしょうか?

はれです。年齢は49歳です。去年の4月から働いているので11カ月ですね。もうすぐ1年です。

―週どれくらい出勤されてるんですか?このお仕事以外には何かされていますか?

週5日、出勤していて、16時からラストまで働いてます。今はこのお仕事だけですね。

―この『熟女家グループ』を選んだ理由って何かありますか?

検索して一番に出てきたところに応募しました。

―一番上に出てくるっていうのは広告宣伝費にしっかりお金をかけられる会社っていうことですもんね。

そうですよね。

―はれさんは何故この東大阪・布施のエリアを選んだんですか?

通勤に時間をかけたくないっていうのが第一にあって、あとは育った場所じゃないというところでここを選びました。

最初は風俗求人だと思わなかった!?内容を知らずに面接へ!

―最初にお店に連絡した方法って何か覚えてますか?

スマホで求人サイトを見ていて問い合わせを押したらLINEに繋がったんです。でも申し訳ないんですけど私、最初は風俗業を探してたわけじゃなくて…(笑)ずっと介護の仕事をしてたんですよ。夜勤で入っていたということもあって「夜勤、求人、介護」で検索したらこういうお店の求人が上がってきてたんですよね。ハハハハ(笑)

―えー、すごい!!偶然見つけられたんですね!

そうなんです(笑)だから正直に言って風俗業っていうのも知らずに面接に来ました(笑)

「駅まで迎えに行きます」に驚き!『熟女家』の面接について

―面接の場所はこの事務所だったんですか?

そうです、ここです。最初は十三店と繋がったんですけど、見学も兼ねて面接に来られませんか?っていうお言葉をいただいて「十三まで遠いので、近くにないですか?」って言ったらここを紹介してくださったんです。

―面接時間や、面接の雰囲気について教えてもらえますか?全く違う業界からこちらに来られたとの事ですし、最初はどんな感じでしたか?

面接時間は1時間ちょっとだったと思います。最初「布施駅まで迎えに行きます」って言ってもらったのが、すごく衝撃的でしたね(笑)普通の企業なら自分で場所探して面接場所まで行くじゃないですか?だから最初は「素晴らしい企業やな」って思ってきたんですよ(笑)実際に来て見て事務所もキレイにしてるので私は何の違和感もなく面接を受けさせていただいたんです。
今までの面接は緊張する雰囲気のところが多かったんですけど、ここでは本当にリラックスして受けれました。店長が最初にお会いした方で、面接を担当してくださったんですけど店長の雰囲気とか会話も、私が緊張しないように考えてくださってましたね。

―面接のときって必要な物は何かありましたか?

普通だったら履歴書とか要ると思うんですけど、そういうのもなかったですね。

―ネットで検索して求人でお給料こととかも見られたと思うんですけど、実際に働いてみて求人内容と違ったことって何かありましたか?

いや、もうそこまで求人情報もちゃんと見てないですね。ハハハハハ(笑)

―珍しいですね(笑)その求人の何に惹かれて応募されたんですか?

夜の空いた時間に自由に働けるっていう求人を見て応募したんです。私の場合、求人を細かく見るっていうよりもLINEの問い合わせのところに入っていったから、すぐにお話に…っていう流れになったんですよ。気軽に来てくださいっていう感じやったので「じゃあ、見せてもらうだけでもいいですか?」って言ったら「いいですよー」っていう感じだったので、直接会ってから色々聞こうと思ってましたね。

未経験で即、本入店!スタッフからは「自分のカラーでいけばいい」

―そこで初めてデリバリーヘルス店なんだっていうことを知ったんですね。はれさんは体験入店ってされましたか?

いや、してないです。1回目の時も普段通りの仕事でした。介護の仕事をやりながらこちらに来させてもらってたので、朝からの出勤だったんですよ。大丈夫なのかな?っていうのがありましたけど…もうほんまにいきなり実戦っていう感じでしたね。お客様と会ったら電話して…ってそのときに流れも色々聞いてたのでそれを実践しました。

―最初にお仕事の流れを説明してもらってたんですね。

そうですね。ただお客様と会ってどういう会話して…っていうのは自分のカラーでいけばいいっていうふうに説明を受けました。「そこで分からんことが出てきたらいつでも聞いてね」っていう状況でしたね。
一度やってみないと分からないので、まず仕事に入りました。面接の際に一生懸命、説明してくださったんですよ。風俗業を知らない私に不安を与えないように色んな説明をしてくださって時間を割いてもらったのに、それを聞いたままにして断るってできないですよね。アハハハハ(笑)

完全未経験!「はれ」さんの気になる風俗初仕事は…?

―全く経験がなかったと思うんですけど、はじめの1人目のお客様を接客したとき、どんな風に感じましたか?

最初はすごく不安だったんですけど、私人見知りがないんですよ。まあお話ししてても多分感じてられると思うんですけど(笑)

―ハハハハ。そうですね(笑)

初対面でも普通にお話しできるっていうのが長所なのかもしれないんですけど、相手さんにも不快な思いをさせていなかったのか、話しやすかったですね。
お客様の方にも「この人はこういう人で…」ってスタッフさんなり店長さんなりが話してくれたのかもしれないんですけど、本当に会う時の不安だけでした。

―特に不安や迷いはなかったですか?

まあ「やってみないと分からんな」とは思いました。(笑)

―ハハハハ(笑)そうですよね、質問とかはやってみてから出てきますよね。

そうですね。女性には、男性の心理が分からない部分が多いと思うんで「何を求めて来てはるんやろう?」とか考えたりはしますね。でも分からないときはスタッフさんにその都度聞いてます。

『熟女家グループ』に入店して良かったこと…「全てです!」

―『熟女家グループ』に入店して良かったことって何かありますか?

いやもう、全てです!ハハハ(笑)
私は介護の仕事が嫌になったからここ1本で働き出したというわけではないんですよ。会社とトラブルがあったから辞めただけでそれがなかったら続けてたとは思うんですけど、逆に言えば『熟女家』で掛け持ちのお仕事をさしてもらってたから、踏ん切りがついたっていうところもありますね。

待機中も仕事中!「はれ」さんの待機室での過ごし方

―お店の雰囲気、待機環境はどうですか?

良いです。ハハハ(笑)事務所の雰囲気がとにかく明るいので、落ち込んでてもここで立ち上がれます。明るく「こんにちは」って声を掛けてくれるのでそれに乗せられる感じですね。

―待機は集団待機ですか、それとも個室待機ですか?

個室待機です。ここは全部個室になってます。寝転べる環境ですし、隣と仕切りがあってカーテンも付けられてるので、プライバシーは守られてますね。待機中の飲食は自由で、Wi-Fiも繋がってます。

―はれさんは待機中は何をしてることが多いんですか?

自分を売り込むための写メ日記を書いたり、姫直でお客様とお話ししたり…っていうことをしてますね。やっぱり仕事に来てるので仕事に携わらないことはあんまりしたくないっていうのはあります。

―凄いですね!積極的にお仕事を取り組まれているんですね!

ハハハ(笑)そりゃドラマを見たいと思ったりするけど、でもそれって家でもできるじゃないですか?別にここでせんでも休みのときにできるし、ここはやっぱりがっつり仕事しに来る所だから仕事に関係することをしてます。

―たまにドラマを見たりとかも無いんですか?

いや、しないですね。どんなドラマをやってるかな?の検索くらいですかね。アハハハ(笑)お車の中で女性と会うこともあるんですけど、その中でちらっと聞いたドラマのことが気になって検索したりはします。でもそのまま見ることはないですね。

いつも笑顔!『熟女家』のスタッフ・店長について

―店長さんやスタッフさんは優しくて頼りがいがあると先程お聞きしたのですが具体的にはどうなんですか?

そうですね。頼りがいがあるし、いつも笑顔で対応してくれます。だからもう癒やしですね。だって落ち込んでても上げてもらえるんですよ。上がり過ぎてたら普通に戻してもらえる(笑)私だけじゃなくって、一人一人のことをすごく分かってはるんじゃないかなって、思いますね。

『熟女家グループ』のお客様ってどんな人が多い?

―お客様ってどんな人が多いんですか?

年齢層はバラバラで20代の方もいらっしゃれば70代の方もいらっしゃいます。20代の方ははっきり言って息子みたいですよね。フフフ(笑)でもやっぱり多いのは40代~50代の方かな、と思います。紳士的で遊び方を分かってる方たちばっかりなんで嫌な思いもしたことないです。私自身、この業界を知らなかったときは「風俗なんか…」ていう目で見てたと思うんですよ。でもここで働くことでそれを払拭してもらえましたね。

「はれ」さんが思う『熟女家グループ』一番の魅力は?

―お店のことを沢山聞かせていただいたんですけど、お店の自慢を一つ挙げるとしたら何ですか?

そりゃもう、スタッフさんじゃないですかね。

何歳になっても稼げる!人気熟女店の最高日給

―ここからお金のお話になるんですけど、1日のお給料は平均どのくらいですか?

2万5000~3万円ぐらいですね。

―平均が高いですね。一番稼げた日ってどれくらいとか覚えてますか?

多分5万円弱ぐらいやったと思います。夜に出勤してお泊まりでお仕事させてもらえるときがあったのでそのときですね。

介護歴は17年!風俗デビューで訪れた変化とは…?

―『熟女家グループ』で働かれてから生活の変化は何かありますか?

自分自身、生活に変化はつけないでおこうと思ってるんでこれまで通りですね。
ただ化粧するようになったり、洋服が増えたり、下着もやっぱり良いものを買うようになったっていうのはありますね。私今までは介護職やったし、化粧もせずすっぴんで行くのが当たり前やったから、そこが大きく変わった部分かもしれません。

―介護は結構長かったんですか?

長いです。17年くらいですね。でも人に接するっていう部分でこのお仕事もやっぱり通じるところがありますよ。

お給料のほとんどは貯蓄!たまには旅行も…♪

―美容や、洋服にもお金を掛けられてるとは思うんですけど他に何か使われることってありますか?

私はほとんど貯蓄ですね。あんまり大きい買い物はしないです。

―たまに旅行行こうかな、とかはないですか?

旅行は介護職のときからしてるので全然変わらないですね。年に2~3回は絶対東京行くとか、そういうのは今に始まったことじゃないんです。

―当時と比べたら、泊まるホテルが良くなってるとかでは…?

あ、それもないですね(笑)もう決まったホテルがあるのでそこで泊まりますし、外食も基本はしないのでコンビニのパンとかでも全然へっちゃらなんです。家で作れない物は食べに行きたいですけど大抵の物は作れるので旅行のときもそうしてますね。

―凄いです!生活力が全然違う…。でももしこのお店で働いていなかった生活は安定してないですよね。他のアルバイトだったら月給も4分の1くらいだと思うんで。やっぱり働かれて良かったと思います。

本当にそうですね。

月収50万円以上!しっかり貯まったら定期預金へ…

―月収だとおいくらくらいになるんですか?

どのくらいやろう…50~60万円とかじゃないですかね。60万円はちょっと見ないかもしれないですけど。

―すごいですね!ちなみに目標にしてる貯金額とかはありますか?

それは特にないです。ただ、普通預金で100万円貯まったら定期預金に入れようかなと思っています。

―答えられなかったらいいんですけど…貯金額はいくらくらいでしょうか?

ハハハハハハハ(笑)

―…秘密にしましょう!(笑)

このお店で元気を貰えるから健康になれる!

―個人的な夢や目標って何かありますか?

私あんまり夢とかないんです。今楽しむ感じなのでこうなりたいとかもあんまりなくて、ただ楽しんでてこうなりましたっていう結果でいいんです。
働くのも嫌いじゃないのでいいかなと思ってます。普通の企業で働いてたら60歳、65歳で定年だと思うんですけど嘱託になってでも仕事続けたいって思ってます。もしくは宝くじ当たっても働いてるタイプ、というか(笑)

―凄く活動的ですね!

私は働くって言うのは生活の一部なんですよ。ずっと働いていたいんです。多分介護を経験して動けなくなった人を見てたからやと思うんですね。

―では、目標は「健康」ですかね。

はい。そりゃそうですね(笑)本当にそうです。こどもたちも自立してくれたので健康だけですね。これまで通り働いていくことが目標かもしれません。あとは最後の最後まで2本の足で歩きたいっていうことですね。歩行器押してでも自分の足で歩いて、最後まで自分でトイレ行けるっていうふうにはしたいですね。

―健康のために良い物を食べたりとか、サプリを飲んだりとかはされてるんですか?

サプリは全然です(笑)サプリって注射で打たん限り吸収されないんですよ。だからそこにはお金をかけてないですね。でも、気持ちの問題だと思うんですよ、これ飲んでたら元気になるんやっていう気持ちの問題ですよね。私は飲まんでもここで元気もらえるし、いろんな所で元気もらえるから健康的ですよ。

夜勤の介護から月収は2倍以上に!

―はれさんはご家族で住んでおられるんですか?

今は息子と2人です。

―介護のときと比べたら収入はどれくらい増えてるんですか?

夜勤だったので高かったですがそれでも多分2倍以上ですね。

掛け持ちを探し始めたキッカケは「最近つまらないな…」

―ネット検索の求人でこのお店を偶然見つけられたと思うんですけど、掛け持ちのお仕事を探し始めたきっかけって何だったんですか?

きっかけは、介護の仕事だけではつまらなくなってきたから。フフフ(笑)
私が働いていた施設は30人満床のとこやったんですけど満床になったら利用者さんも代わらない、スタッフも代わらない…それが面白くなくなってきて、新しい環境を求めて仕事を探していました。あとはさっきも言ったように会社でちょっとトラブルがあったのでそれで、ですね。

―はれさんはこの業界は完全に初めてですもんね。

水商売もしたことないです。飲めないとできへんのやろなって思っていたので、そういうところは受けなかったですね。やっぱり年齢も年齢だし…っていうのもあります。
このお店は『熟女家』やからそういった熟女コンセプトという意味でも自分にハマっていたということもありますよね。それで惹かれたっていうのもあると思います。

「はれ」さんのアリバイ・身バレ対策について

―この『熟女家グループ』で働いていることは周りの方には秘密ですか?

そうですね。内緒です。

―バレないように工夫されてることとかってありますか?

何もしてません!

―ハハハハハ(笑)

ハハハハハ(笑)でも写真では顔を隠すとかそういうのはしてますね。
でも最近ね、どっちが本名か分からなくなるんですよ。働いてる時間のほうが長いし本名に戻ってる時間はほぼ人と会わないんで…多分私は、「はれ」なんやろうなって思います(笑)

「はれ」さんが思う、このお仕事の良いところ・悪いところ

―この高収入のお仕事の良いところと悪いところって何かありますか?

良いところは自分のペースで仕事に取り組めるところと、休みも自分の計画通りに組めるところです。沢山女の子がいて、スタッフさんもいてって会社みたいな感じやけど、やっぱり個人事業主なので気兼ねせんでも休めて、気軽に「この日は来れません」って言える環境があると思います。
やっぱりそれも良い環境をつくってくださってるスタッフがいてるからというのもありますよね。普通の企業やったらあり得ないです。

―逆に何か悪いところってありますか?

悪いところは今のところないんじゃないかな?1年続いてますからね、自分でもびっくりですよ。まず、年齢等で採用されると思ってなかったし(笑)

何事も勉強!高収入のお仕事を始めて内面的に変わったこと

―さきほどお金は増えたけど生活は大きくは変化してないっておっしゃってましたけど、何か内面的に変化したことってありましたか?

私勉強するの嫌いじゃない方なんですよ。どっちかっていったら考えるのが好きでこの仕事に関しても色々考える方なんです。写メ日記のランキングでも1から10位までの人たちの所には絶対アクセスして勉強させてもらってるんです。だからこのお仕事も真面目にさせていただいてるんで内面的にもそんなに変わってないと思います。この業界で働いている女性=精神的に病んでしまうってイメージありますけどそんな事ないですよ(笑)

子どもに「その下着、派手じゃない?」と言われたら…

―ご家族に対する身バレ対策は、なんて言ってるんですか?

仕事のことはなんにも言ってないです。基本、なんにも聞いてこないしこっちも聞かない。ただ、洗濯物を干してたら子どもから「最近さ、下着の色めっちゃカラフルじゃない?」とは聞かれます。でも「女、目覚めてん」言うたらそこで終わるから(笑)

―そこで終わる。ハハハハ(笑)

介護の世界もいろんなレクリエーションせなあかんから、短いスカートを干してても、またなんかイベントしたん?ぐらいで終わるんです(笑)

自分じゃない自分になれた!『熟女家グループ』で働いて嬉しかったこと

―先ほどスタッフさんもこともそうですし、お客様も遊び方が分かっている良い方が多いっておっしゃってくださったんですけど、そういう方たちと関わってきた中で特に嬉しかったことや、楽しかったことってありますか?

お客様ってやっぱりいろんな性癖持ってはって、それってこの仕事をしてなかったら、見れないし知らなかったと思うんですよ。それを知ったがために、自分じゃない自分になれたときにやっぱり楽しいなと思います。
例えば女装とかしはる人、いるじゃないですか?見掛けは男子やけど、中身は女子であったり…そういう方と関われるのは楽しいですね。普通やったら絶対出会えないようなお客様やったりいろんな職業の方やったりがいらっしゃるので楽しいですね。色んなお話もしてくださいますし。

最後に「はれ」さんから『はじ風』をご覧の皆さんにメッセージ

―この『はじめての風俗アルバイト』というサイトは、若い年齢層からはれさんくらいの年齢層(40代)の方がお仕事探しで見られていらっしゃるんですが、あと一歩応募の連絡をするまでは踏み出せないっていう方が多いんですよ。そういった方にアドバイスをお願い致します。

やっぱり連絡先にアクセスするとこからはじまるので、メールやLINEの応募を一度押してみてください。

―ストレートな意見ですね(笑)こちらのスタッフさんは駅まで迎えに来てくれますし、まずは1回面接で会ってみてから考えて、という事ですね。

はい、そうですね。やっぱり自分の目が一番確かやと思うので、まず始めることです。一歩踏み出してほしいですね。

―インタビューは以上です。有難うございました。

有難うございました。

こんな記事も読まれています

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む

検索結果0